ヨガ資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
ホットヨガとは?ヨガとの違いや効果・注意点について徹底解説!資格取得講座
ヨガインストラクターjp

ホットヨガとは?ヨガとの違いや効果・注意点について徹底解説!

最近よく聞く「ホットヨガ」。
「普通のヨガ」と異なり気温・湿度が管理された環境で行うヨガです。
高温多湿でヨガポーズを行うので通常のヨガより大量に汗をかきます。
ダイエット効果は抜群ですがホットヨガの効果はそれだけではありません。
この記事ではホットヨガとヨガの違いだけではなくホットヨガの効果や注意点についてもご説明していきます。

目次

01ホットヨガとは?

ホットヨガは体を動かし精神を養う「ハタヨガ」から派生したヨガの一つです。特に女性からの人気が高いヨガです。通常の「ヨガ」とはどう違うのでしょうか?

1-1普通のヨガとはどう違う?

通常のヨガは常温で行いますがホットヨガは高温多湿で行います。
だいたい気温38~40℃、湿度55~60%程度の環境でヨガポーズを行っていくのです。真夏の蒸し暑い環境で行うヨガと思えばイメージしやすいのではないでしょうか。
ホットヨガは通常のヨガより大量の汗をかきます。こまめに水分をとりながら行うのですが60分で1リットル以上の水分補給が必要です。
キレイな水分を取り込むと代謝がよくなり全身の血の巡りもよくなります。大量の汗で体の老廃物を排出するのでデトックス効果も高まります。
一方通常のヨガは自然な環境で行うのでホットヨガほどのデトックス効果は望めません。ですが深い呼吸法で集中力を高め、多くのヨガポーズを行えば筋力アップが期待できます。
またホットヨガは体が硬くて心配という人にもおすすめです。高温多湿の環境で行うので筋肉や関節がほぐれて通常の環境で行うよりもポーズがとりやすくなります。呼吸法もあわせて行うのでより柔軟性がアップしますよ。

02ホットヨガの効果は?

ホットヨガの効果は?
通常のヨガに比べて特殊な環境で行うホットヨガ。どのような効果があるのでしょうか?

2-1ダイエット効果

全身を使う動きがたくさん取り入れられている上に脂肪燃焼に効果のあるポーズもあります。内臓機能が活性化して代謝が上がり太りにくく痩せやすい体になっていきます。
またホットヨガは自律神経も整えてくれるので良質な睡眠をとることができるのです。睡眠不足は記憶力や集中力の低下だけではなく肥満・イライラ・肌荒れなど体の不調の原因になります。ダイエットには良質な睡眠が欠かせません。
さらにホットヨガは便秘解消にも効果が。体の老廃物の7割以上は便だと言われています。排便がうまくコントロールできていないと老廃物が溜まり痩せにくくなってしまいます。
ホットヨガは内臓を刺激したくさんの水分を取ることができるので排便を促し腸内環境を整えてくれるのです。ダイエットにホットヨガはぴったりです。

2-2リラックス効果

ホットヨガはゆっくりとした動きを静かな場所で行うので、交感神経の働きを抑え心を鎮めることができます。交感神経が優位になりやすく自律神経のバランスが乱れがちな方が多いのですが、ホットヨガで自律神経を整えリラックス効果を得ることも。
また深い呼吸を行うことで集中力を高めて瞑想を行います。
ストレスの高い現代社会。自分自身と向き合い心の中を空っぽにしてストレス源から離れましょう。そうすることで心を整理し前向きに考えられるようになります。

2-3美肌効果

ホットヨガではたくさん汗をかきます。汗と一緒に体の老廃物も流し出してくれるのですが、同時に毛穴や皮脂汚れも洗い流してくれるのです。また細胞の水分代謝も上がってデトックス効果はバッチリ。
特に「ニキビ」で悩んでいる方はホットヨガのデトックス効果がニキビを改善してくれます。ニキビはストレスが原因で生じることもあるのでデトックス効果とリラックス効果のあるホットヨガはまさにニキビ改善にうってつけです。
新陳代謝も高まり肌のターンオーバーが正常化するので高い美肌効果が期待できますよ。

2-4冷え性改善

冷え性の主な原因は自律神経の乱れや血流の悪さと言われています。
ホットヨガを行うと血流がよくなり全身に血が巡ります。さらにホットヨガで行われている深い呼吸は副交感神経の働きを活性化し、自律神経のバランスを整えてくれる効果も。
ホットヨガは冷え性で悩む方にピッタリのヨガです。

2-5むくみ解消

ホットヨガを行うことで血液の循環がよくなり老廃物が排出されます。
通常のヨガと比べて発汗作用のあるホットヨガ。普段あまり汗をかかない人も汗をかきやすくなるので体内の水分環境が改善し、むくみ解消につながります。

03ホットヨガはサウナが苦手な人でもできる?

ホットヨガと聞いて「サウナのような暑い環境が苦手でもできるのか?」と心配になる方もいると思います。サウナに入って暑すぎたり息苦しいと感じたり。そんな環境で体を本当に動かせるのか心配になりますよね。
でも安心してください。
ホットヨガの環境はサウナほど暑くなく湿度も高すぎず乾燥していることもありません。ちょっと蒸し暑いな…と思う環境で行っているとイメージするといいと思います。
またインストラクターが適宜水分補給を促してくれるので、息苦しさはサウナほど感じないという方がほとんどです。
気になる方はホットヨガの体験教室に参加して大丈夫かどうかぜひ試してみてください。

04ホットヨガの注意点

ホットヨガの注意点
身体にいいホットヨガですが行う上で注意してもらいたいことがあります。

4-1水分補給は必ず行う

熱中症や脱水にならないように水分補給はこまめに行いましょう。インストラクターが様子を見ながら水分補給を促してくれると思いますが、自分でも意識して水分をとるようにしてくださいね。「喉がかわいたな」と思ったら我慢せず飲んでください。
必要な水分量ですが1時間のレッスンで1〜2リットルの水分は用意しておきましょう。
またレッスン前にも水分を摂っておくといいです。飲みすぎてお腹がいっぱいになってしまうのはよくないので少なくともコップ一杯はとりましょう。
摂取する水分ですがなるべくミネラルの入ったものにしてくださいね。汗を大量にかくと一緒に体の中のミネラルも排出されてしまいます。ミネラル不足になるとめまいや貧血を起こしてしまう恐れが。
おすすめはミネラルウォーターです。スポーツドリンクでもいいのですが糖分が含まれているので水で少し薄めたりミネラルウォーターと合わせて摂取するなど工夫が必要です。お茶の場合は利尿作用が少ないノンカフェインのものがおすすめですよ。

4-2妊婦さんは注意

妊娠期はデリケートな時期です。脱水症状を起こしてしまう危険性も高いので妊婦さんのホットヨガはおすすめできません。
妊婦さんがヨガを行いたいときはマタニティヨガを行うようにしましょう。

4-3無理をしない

ゆっくりした動きで行うホットヨガですが身体に負担がかかります。体調が優れないときに無理して行うと逆に体調が悪化することも。
無理をせずその日の体調に合わせて行うようにしてくださいね。

4-4レッスン後の体温管理も注意する

レッスン後も体温管理は気をつけましょう。
夏なら火照りを残さないようにシャワーを浴び、冬は外気で急激に体温が下がらないように暖かい服装でレッスンに向かうようにするといいですよ。

05まとめ

「ホットヨガ」は「通常のヨガ」に比べて大量の汗をかきデトックス効果が高いヨガです。普段汗をかきにくい人も何度かレッスンを受けているうちに大量の汗をかけるようになります。
また「デトックス効果」だけではなく「美肌効果」「リラックス効果」「冷え性改善」「むくみ解消」などさまざまな効果が期待できます。ホットヨガってキツそうと不安になる方もいるかもしれませんが汗をたくさんかいたあとの爽快感はクセになりますよ。日常生活であれほど汗をかくことは滅多にありません。
ぜひこの爽快感を体験してみてください。
ホットヨガができるか不安という方は体験レッスンを受けてホットヨガがどういうものなのか実際に感じてみるといいのではないでしょうか。
ホットヨガを含めヨガを指導してくれる方をヨガインストラクターと言います。ヨガについてポーズや歴史をしっかり学びたいという方はヨガインストラクターの資格取得を目指してみませんか?
「諒設計アーキテクトラーニング」では通信講座で「ヨガインストラクターjp」と「ヨガライフセラピスト」の資格取得が可能です。
興味のある方はこちらをご覧ください。

この講座は!プロの監修を受けています!

講座のテキスト、問題集や添削課題と共に、プロの先生によって監修されています。
浜北恵 先生
自宅サロン運営
1976年生まれ。埼玉県出身。十数年のアパレル業界での販売、そしてブランドの40店舗総括する管理職を経験。忙しい日々と大きなプレッシャーで心身ともに健康であることが必要だと思うようになり、スポーツクラブでインストラクターの道へ。

20,000人以上が受講申し込みしている諒設計アーキテクトラーニングの通信講座
あなたも早速受講して、資格を取得しましょう!
あなたも資格取得へ!
諒設計アーキテクトラーニングの通信講座で最短資格取得
関連記事を見る
無料資料請求
受講お申し込み