筋トレ資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
筋トレインストラクターW資格取得講座
筋トレインストラクター

今人気の 筋トレ資格 を通信講座で自宅にいながら 簡単に最短で資格取得できます

諒(りょう)設計アーキテクトラーニングの通信講座は筋トレインストラクター資格の筋トレインストラクター資格とトレーニングサポーター資格を家にいながら自宅で最短2か月で課題を提出するだけで2つの資格を通信講座で簡単に取得できます。

筋トレインストラクターW資格取得講座
20,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます
全講座資格取得対応!最短2ヶ月で資格取得が目指せる、アーキテクトラーニングの通信講座
諒設計アーキテクトラーニングの教材は、資格協会認定教材
諒設計アーキテクトラーニングスクールは、ゼネラルリサーチ調査により通信講座わかりやすさ・通信講座品質評価・資格取得者が選ぶ通信講座1位を2年連続3冠を達成しています。諒設計アーキテクトラーニングの教材は資格協会に認められた教材です。
諒設計アーキテクトラーニングの教材は、資格協会認定教材

名刺や履歴書に記載できる人気の
2つの資格を
同時に取得できます!

  • 取得できる資格1

    筋トレインストラクター

    筋トレインストラクター
    日本インストラクター技術協会(JIA)主催
    筋トレインストラクターとして、筋トレに関する基本的な知識を有していることを認定されます。筋肉を鍛えるのに必要な道具や実践的なトレーンングの方法について、手順やポイントを理解し、効率的なトレーニングの方法についての知識があることも証明されます。実際のトレーニングに関して、鍛えることができる筋肉、ダイエット面での効果、実際のメニューとポイント、基礎と実践のメニューなどの知識を持ち、効率的にトレーニングを行う方法を理解していることが証明 されます。資格取得後は筋トレインストラクターとして活躍でき、自宅やスクールで活躍できます。
    主催団体 日本インストラクター技術協会(JIA)
    受験資格 特になし
    受験料 10,000円(税込)
    受験申請 インターネットからの申し込み
    受験方法 在宅受験、期日までに解答用紙を提出
    合格基準 70%以上の正答率
    筋トレインストラクター資格
  • 取得できる資格2

    トレーニングサポーター

    トレーニングサポーター
    日本生活環境支援協会(JLESA)主催
    トレーニングサポーターとして、それぞれの筋力トレーニングの基礎知識があることを認定されます。トレーニングの道具の使い方、トレーニングに適した食品やトレーニング前後の食事、プロテインの選び方、トレーニングに適したストレッチについてその方法と食事についての知識があることの証明になります。 例えば、筋トレと合わせることでダイエットにも効果的な有酸素運動や、行うタイミングによって異なる効果的なストレッチの種類に関しての知識も証明されます。資格取得後はトレーニングサポーターとして活躍でき、自宅やスクールで活躍できます。
    主催団体 日本生活環境支援協会(JLESA)
    受験資格 特になし
    受験料 10,000円(税込)
    受験申請 インターネットからの申し込み
    受験方法 在宅受験、期日までに解答用紙を提出
    合格基準 70%以上の正答率
    トレーニングサポーター資格

最短2ヶ月で
資格が取得できます!

諒設計アーキテクトラーニングの通信講座カリキュラムは、1日30分程度の学習で、初心者でも約6ヵ月で無理なく筋トレインストラクター資格講座を学ぶことができます。空いた時間を活用して、自分のペースで筋トレインストラクター資格講座に取り組みましょう。短期集中で頑張りたい方のために、最短2ヵ月で筋トレインストラクター資格を取得することもできます。
20,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます

筋トレに関する資格で理想のボディメイクをしよう

筋トレに関する資格で理想のボディメイクをしよう
近年、世代や性別を問わず、筋肉トレ-ニング(筋トレ)の人気が高まってきています。「筋トレは体を鍛えたい人がするもの」というイメージは、もはや昔のものかもしれません。運動が苦手な方や高齢者にとっても、筋トレは大切だという認識が広がっています。
筋トレに関する資格を取得することで、自分自身の健康や美容につながるのはもちろん、正しい方法で指導をすることも可能になります。ここでは、筋トレが人気を集めている理由や、筋トレに関する資格保有者が活躍できるフィールドのほか、筋トレの資格を取得する方法などについて解説します。

筋トレ人気が広がっている理由

最近は、ダイエットをする際にも、筋肉量を増やして基礎代謝を上げることが重要であることが知られるようになってきました。また、年齢を重ねても健康でいきいきと過ごすには、筋肉量を維持するためのトレーニングが必要だといわれています。このような背景から、手軽に取り組める筋トレの人気が広がっているのです。

デスクワークなどで運動不足に悩む人が増加

長時間のデスクワークやパソコン、スマートフォンの普及などにより、運動不足に悩む人が増加しています。運動不足によって筋肉量が低下すると、姿勢が悪くなり、心身にさまざまな悪影響を及ぼすこともあります。しかし、運動しようと思っても、日常生活の中ではハードなスポーツをする時間も場所もありません。そのため、思い立ったときに実践できて効果が現れやすい、筋トレに取り組む人が増えています。

効率的にボディメイクができる

美しいスタイルを作るには、ただ体重を落とせば良いというわけではありません。おなかや二の腕、太ももなど、気になる部位を引き締めるためのトレーニングが必要です。筋トレによって筋肉量が増えれば基礎代謝もアップするため、太りにくくやせやすい体を目指すこともできます。

ストレス解消や集中力アップに役立つ

筋トレをすると、セロトニンやドーパミンといったホルモンが分泌されます。セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれ、緊張をゆるめたり気持ちを前向きにしたりする働きがあるといわれるものです。また、アドレナリンが分泌されると脳内の酸素量が増加し、集中力が高まることも期待できます。実際に、ストレス解消やリフレッシュ目的で筋トレを習慣にしている人も少なくありません。

筋トレに関する資格保有者が活躍できるフィールドは?

筋トレに関する資格保有者が活躍できるフィールドは?
筋トレに関する資格を取得すると、その人に適切なトレーニング方法をアドバイスできるようになります。筋トレに関する資格保有者は、主に次のようなフィールドで活躍しています。

スポーツジムやフィットネスクラブ

筋トレに関する資格を活かして、スポーツジムやフィットネスクラブでインストラクターとして働くことができます。スポーツジムやフィットネスクラブには、世代や性別、体力などが異なる多くの人が訪れるため、担当するクラスに合わせた適切な指導が必要です。

パーソナルトレーナーとして活動

「自分の目的に合った最適な指導を受けたい」と、パーソナルトレーニングを希望する人も増えています。資格を通じて学んだ筋トレの専門知識を活かせば、一人ひとりの課題を的確に分析した上で、目的に応じた最適なメニューを提案できるでしょう。

プロやアマチュアのスポーツチーム

日々のトレーニングは、アスリートにとって非常に重要なものです。そのため、スポーツチームで筋トレ指導にあたるトレーナーには、高いスキルと専門知識が求められます。一般的な筋トレだけではなく、競技に適した指導を行うことで、選手のパフォーマンス向上に貢献できるはずです。

高齢者向けの福祉施設

筋トレは、高齢者の生活機能向上や転倒予防のほか、腰痛やひざの痛みの改善にも効果的です。最近では、高齢者向け施設などでも、適切な負荷の筋トレが取り入れられるようになってきました。高齢者の場合は、加齢による筋力や筋肉量の低下などを考慮した上で、トレーニングメニューを考えていく必要があります。筋トレについて熟知した専門家でなければ、的確な指導を行うのは難しいでしょう。

健康や美容関連の教室

筋トレは、ダイエットや健康維持にも有効です。資格を活かして、運動が苦手な方でも無理なく取り組める筋トレメニューを提案すれば、世代や性別を超えて多くの人に喜ばれるでしょう。健康や美容に関するイベントなどで、トレーニングのアドバイスをすることもできます。

講師としてインストラクターを養成

インストラクターやトレーナーを養成するスクールで、後進の育成にあたる道もあります。一般的には、スポーツジムなどでインストラクターとして経験を積んだ後に、養成教室などで講師を務めるケースが見られます。

筋トレに関する資格を取る方法は?

筋トレに関する資格を取る方法は?
筋トレに関する知識やスキルを学ぶには、どのような方法があるでしょうか。主な方法には、下記のようなものがあります。

書籍などで独学する

筋トレに関する書籍が販売されており、それらを活用することでトレーニングに関する基礎知識を学ぶことが可能です。ただし、一般的な書籍の内容は、自分一人で筋トレを行うためのノウハウを説明したものになっています。インストラクターやトレーナーとして指導できるレベルまでスキルを高めるには、完全独学では難しいかもしれません。

スクールに通う

専門のスクールに通うと、トレーニングの理論から具体的なトレーニング方法までを、幅広く身に付けることができるでしょう。スクールによっては実習などを交え、実践的なスキルが学べることもあります。ただし、スクールに通うにはまとまった期間と費用が必要になるため、仕事や育児などと両立するのは難しいかもしれません。

スポーツクラブなどに就職して経験を積む

筋トレについて詳しく学ぶには、未経験からスポーツクラブなどに就職し、仕事をしながら経験を積む方法もあります。社内の研修制度などを利用して、筋トレ指導に必要なスキルを磨いていくことができるでしょう。クラブ独自の資格制度を設けていたり、資格取得に向けたサポートが受けられたりする場合もあります。

通信講座で学ぶ

筋トレに関する資格の中には、通信講座で取得可能なものがあります。通信講座なら自分のペースで勉強できるため、仕事や育児、家事などで忙しい人でも、無理なく資格取得を目指すことができます。通学に比べて費用もかからないため、初心者でも気軽に挑戦できるでしょう。

諒設計アーキテクトラーニングの筋トレインストラクターW資格取得講座を受講するメリット

諒設計アーキテクトラーニングの筋トレインストラクターW資格取得講座を受講するメリット
諒設計アーキテクトラーニングの筋トレインストラクターW資格取得講座では、わかりやすい内容や隙間時間を活用できるカリキュラムなど、初心者でもスムーズに学習が進められるような工夫をしています。初心者として筋トレについて学びたい人も、通信講座なら自宅にいながら資格取得が可能です。

隙間時間で効率よく学べる

諒設計アーキテクトラーニングの筋トレインストラクターW資格取得講座は、初心者でも1日30分・約半年で修了できるカリキュラムになっています。仕事や子育てなどで忙しい人でも、隙間時間を活用して効率よく勉強を進めることができるでしょう。
さらに、学習ペースを速めれば、最短2ヵ月で資格取得を目指せます。通学も不要なので、「自分のペースで学びたい」「空いた時間を有効活用したい」という人におすすめです。

ボディメイクやダイエットに役立つ

筋トレと聞くと、「重い負荷をかけて器具を持ち上げるトレーニング」「体力のある人が行うもの」というイメージを持つ人もいるかもしれません。しかし実際には、女性でも無理なく行える、負荷の軽い筋トレメニューもたくさんあります。
基礎代謝をアップしてやせやすい体を作ったり、体の気になる部分を引き締めたりするのにも、筋トレは効果的です。筋トレでしなやかな筋肉をつければ、メリハリのある美しいスタイルを目指せるでしょう。

ストレスを解消できる

筋トレで汗を流すと気分がスッキリして、ストレス解消やリフレッシュにつながります。また、集中力アップやメンタル強化にも、筋トレは効果的だといわれています。トレーニングを習慣化することで、体だけではなくメンタル面にも良い影響を与えられるかもしれません。

インストラクターとしてキャリアアップできる

すでに、スポーツジムやフィットネスクラブなどで働いている人にとっても、筋トレに関する資格取得がおすすめです。資格を取得することで、ほかのインストラクターとの差別化を図れ、キャリアアップにつながるでしょう。専門知識にもとづく的確な指導を行えるため、利用者からの支持も増えるはずです。

開業や副業も目指せる

資格取得後、さらにスキルを磨けば、トレーナーとして独立することも可能です。パーソナルジムを開いたり、セミナーなどで講師活動を行ったりすることもできるでしょう。高齢者向けの健康教室や、ダイエット目的のトレーニングなど、専門性を高めるのもひとつの方法です。

初心者におすすめ!筋トレインストラクターW資格取得講座で取得できる資格

諒設計アーキテクトラーニングの筋トレインストラクターW資格取得講座を受講して試験に合格すれば、「筋トレインストラクター」と「トレーニングサポーター」の2つの資格を取得することができます。
さらに、スペシャル講座なら、添削課題をすべてクリアしてから卒業課題を提出することで、試験免除で2つの資格の取得が可能です。

筋トレインストラクター

筋トレインストラクター
筋トレインストラクターは、日本インストラクター技術協会(JIA)の認定資格です。資格取得によって、筋肉を鍛えるために必要な道具や、実践的かつ効率的なトレーニング方法についての知識があることが証明されます。さらに、ダイエット面でのトレーニング効果、実践的なメニューなどについても理解できるようになります。

トレーニングサポーター

トレーニングサポーター
トレーニングサポーターは、日本生活環境支援協会(JLESA)の認定資格です。筋トレの基礎知識や道具の使い方、トレーニングに適した食事などの知識がある人が認定されます。また、筋トレと組み合わせると効果的な有酸素運動や、ストレッチの最適なタイミング方法などについても学ぶことが可能です。

筋トレに関する資格を取得して自分の健康やキャリアアップに活かそう

筋トレには、筋力や体力の向上、代謝アップ、ストレス解消など、さまざまなメリットがあります。筋トレに関する資格を取得して専門知識を身に付けることで、自身の健康や美容に活かせることはもちろん、幅広いニーズに対して的確なアドバイスができるようになるでしょう。
健康意識や美容意識の高い人を中心に、筋トレの人気はますます高まりを見せています。興味のある人は、諒設計アーキテクトラーニングで筋トレに関する資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

資格協会指定のスペシャル講座も用意
課題を提出するだけで
簡単に資格が取れる
資格協会指定の
スペシャル講座をご用意!

当スクール限定で各協会が指定するスペシャル講座を受講する事が出来ます。スペシャル講座では添削課題を全てクリアした後、卒業課題を提出する事と試験免除で「筋トレインストラクター」、「トレーニングサポーター」の2資格が講座卒業と同時に認定されます。すぐにでも資格を取得したい方、確実に資格を取得したい方にお勧めのコースです。
 通常の講座
通常の講座の流れ
「筋トレインストラクター」、「トレーニングサポーター」の試験をそれぞれ受験し、試験に合格することで資格が認定されます。
 スペシャル講座
スペシャル講座の流れ
課題を全てクリアし、コースを卒業すると試験免除となり、「筋トレインストラクター」、「トレーニングサポーター」の2資格が講座卒業と同時に取得出来ます。
20,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます

大丈夫!プロの監修を受けた教材です!

講座のテキスト、問題集や添削課題は すべてプロの先生によって監修されています。
初心者の方でも安心。自信を持ってお勧めできる内容となっております。
西川勇麻 先生
パーソナルトレーナー
1992年生まれ。大阪府出身。総合格闘技歴10年、怪我をきっかけにトレーニング・ダイエットの勉強&指導に没頭。Twitter、instagramで「YUMA@パーソナルトレーナー」としてトレーニング動画&知識を発信中。
西川勇麻

100%資格が取れる
スペシャル講座
がおすすめ!

当スクールの筋トレインストラクター講座には基本講座とスペシャル講座の2コースがあります。
費用を抑えたい方は基本講座を、すぐにでも資格を取得したい方、確実に資格を取得したい方はスペシャル講座を選べます。
  •  
    筋トレインストラクターW資格取得講座
    基本講座
    59,800
    分割 3,300円×20回(初回4,276円)
    受講期間
    6ヶ月
    (最短2ヶ月)
    添削
    5回
    受講証・受講マニュアル・完全攻略テキスト2冊・練習問題集/解答用紙・練習問題解答集・模擬試験/解答用紙・模擬試験解答集・添削課題/提出用解答用紙・質問用紙・封筒
    基本講座
  • 試験免除講座
    筋トレインストラクターW資格取得講座
    スペシャル講座
    79,800
    分割 3,800円×24回(初回3,891円)
    受講期間
    6ヶ月
    (最短2ヶ月)
    添削
    5回
    +
    卒業課題1回
    受講証・受講マニュアル・完全攻略テキスト2冊・練習問題集/解答用紙・練習問題解答集・模擬試験/解答用紙・模擬試験解答集・添削課題/提出用解答用紙・質問用紙・封筒
    筋トレインストラクター&トレーニングサポーター 卒業試験(提出にて資格認定)
    スペシャル講座
20,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます
動画でわかる!
筋トレインストラクター
資格
おすすめコラム

Official Sponsor

20,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます
無料資料請求
受講お申し込み