今人気のヨガ資格を通信講座で自宅にいながら簡単に最短で資格取得できます | 

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
ヨガインストラクターjp®W資格取得講座
  • 累計受講者数70,000人突破!
  • 初学者92%!簡単カリキュラム!
  • 自宅で試験OK!在宅受験に対応!
ヨガインストラクターjp®
今人気の ヨガ資格 を通信講座で自宅にいながら 簡単に最短で資格取得できます

諒(りょう)設計アーキテクトラーニングの通信講座はヨガインストラクターjp®資格のヨガライフセラピスト®資格とヨガインストラクターjp®資格を家にいながら自宅で最短2か月で課題を提出するだけで2つの資格を通信講座で簡単に取得できます。

ヨガインストラクターjp®
「自宅でゆっくり」OK!
「今すぐ」資料が欲しい方
講座の事が詳しくわかる!パンフレットを無料でお届けします
これまで70,000名以上に支持されてきた講座の魅力をさまざまな確度から詳しくご紹介!学習方法やカリキュラム、安心&万全の充実したサポート内容もじっくりご確認ください。
  • 講座について知りたい方はこちら
    無料で資料請求
  • スグに申し込みたい方はこちら
    受講お申込み
諒設計アーキテクトラーニングの教材は、資格協会認定教材
諒設計(りょうせっけい)アーキテクトラーニングの通信講座は、各資格団体に認められた教材です。教材は初心者の方でも学習できる内容で、自宅にいながら在宅で検定試験を受験できます。全資格、講師資格対応、履歴書に書ける人気資格です。
諒設計アーキテクトラーニングの教材は、資格協会認定教材

名刺や履歴書に記載できる人気の
2つの資格を
同時に取得できます!

  • 取得できる資格1

    ヨガライフセラピスト®

    ヨガライフセラピスト®
    日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)主催
    ハタ・ヨガから派生したヨガである、パワーヨガやホットヨガ、アシュターンガヨガ、インテグラルヨガなどヨガの種類やチャクラ、瞑想について身に付けており、体の不調だけでなく、心から気持ちの落ち着いた状態やリラックスした状態、脳波をアルファ波にすることで心地のいい状態にすることができます。ヨガの基礎となっているヨーガスートラやア シュターンガなどについて学び、内なる自分、さらには人間とは、という哲学的なところまで考えを深めていくことができます。自分自身の心や体に意識を向けることで、ヨガの効果をさらに高め、心から美しくなることができるよう、セラピストとして活動することができる方へ認定される資格です。
    主催団体 日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)
    受験資格 特になし
    受験料 10,000円(税込)
    受験申請 インターネットからの申し込み
    受験方法 在宅受験、期日までに解答用紙を提出
    合格基準 70%以上の正答率
    ヨガライフセラピスト®資格
  • 取得できる資格2

    ヨガインストラクターjp®

    ヨガインストラクターjp®
    日本インストラクター技術協会(JIA)主催
    ヨガの語源や代表的な流派、ヨガの歴史、ヨガの効果などヨガの基礎知識からヨガをする上で注意するべきこと、ヨガの呼吸法、ヨガの食事法、朝昼晩のヨガの違い、ヨガで使用するグッズ、ヨガのポーズなどヨガの実践的な知識を身に付けている方へ認定される資格です。肩立ちポーズや三角ポーズ、英雄ポーズなど30以上のヨガのポーズを習得し、ヨガのポーズ別の効果を理解することができています。肩こり改善や骨盤の歪み解消など悩みに合ったポーズを指導したり、アドバイスしたりすることができます。資格取得後は、講師として活動することができます。ヨガに興味がある方、ヨガの教室を開きたい方などに人気のある資格です。
    主催団体 日本インストラクター技術協会(JIA)
    受験資格 特になし
    受験料 10,000円(税込)
    受験申請 インターネットからの申し込み
    受験方法 在宅受験、期日までに解答用紙を提出
    合格基準 70%以上の正答率
    ヨガインストラクターjp®資格

最短2ヶ月で
資格が取得できます!

諒設計アーキテクトラーニングの通信講座カリキュラムは、1日30分程度の学習で、初心者でも約6ヵ月で無理なくヨガインストラクターjp®資格講座を学ぶことができます。空いた時間を活用して、自分のペースでヨガインストラクターjp®資格講座に取り組みましょう。短期集中で頑張りたい方のために、最短2ヵ月でヨガインストラクターjp®資格を取得することもできます。
70,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます

資格協会指定のスペシャル講座も用意
課題を提出するだけで
簡単に資格が取れる
資格協会指定の
スペシャル講座をご用意!

当スクール限定で各協会が指定するスペシャル講座を受講する事が出来ます。スペシャル講座では添削課題を全てクリアした後、卒業課題を提出する事と試験免除で「ヨガライフセラピスト®」、「ヨガインストラクターjp®」の2資格が講座卒業と同時に認定されます。すぐにでも資格を取得したい方、確実に資格を取得したい方にお勧めのコースです。
 通常の講座
通常の講座の流れ
「ヨガライフセラピスト®」、「ヨガインストラクターjp®」の試験をそれぞれ受験し、試験に合格することで資格が認定されます。
 スペシャル講座
スペシャル講座の流れ
課題を全てクリアし、コースを卒業すると試験免除となり、「ヨガライフセラピスト®」、「ヨガインストラクターjp®」の2資格が講座卒業と同時に取得出来ます。
70,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます

100%資格が取れる
スペシャル講座
がおすすめ!

当スクールのヨガインストラクターjp®講座には基本講座とスペシャル講座の2コースがあります。
費用を抑えたい方は基本講座を、すぐにでも資格を取得したい方、確実に資格を取得したい方はスペシャル講座を選べます。
  •  
    ヨガインストラクターjp®W資格取得講座
    基本講座
    59,800
    分割 3,300円×20回(初回4,276円)
    受講期間
    6ヶ月
    (最短2ヶ月)
    添削
    5回
    ガイドブック・受講証・受講カード・完全攻略テキスト2冊・練習問題・練習問題解答・模擬試験・模擬試験解答・添削課題・添削課題提出用紙・質問用紙・封筒
    基本講座
  • 試験免除講座
    ヨガインストラクターjp®W資格取得講座
    スペシャル講座
    79,800
    分割 3,800円×24回(初回3,891円)
    受講期間
    6ヶ月
    (最短2ヶ月)
    添削
    5回
    +
    卒業課題1回
    ガイドブック・受講証・受講カード・完全攻略テキスト2冊・練習問題・練習問題解答・模擬試験・模擬試験解答・添削課題・添削課題提出用紙・質問用紙・封筒
    ヨガライフセラピスト®&ヨガインストラクターjp® 卒業試験(提出にて資格認定)
    スペシャル講座
70,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます

受講生の口コミ・体験談

受講生様からの評価が高いからこそヨガインストラクターjp®資格を短期で楽に合格したい方にお薦めの講座です!

実際に合格された受講者の体験談!

カラダへの効果や注意点、ヨガの歴史、呼吸法等の知識も身に付きました。
カラダへの効果や注意点、ヨガの歴史、呼吸法等の知識も身に付きました。
金子啓子 さん / 50代

今回受講コースで、わかりやすく説明があり、ヨガのクラスのアーサナにとても役立ちました。また、アーサナ一つひとつのカラダへの効果や注意点、ヨガの歴史、呼吸法等の知識も身に付きました。
ヨガのクラスを受けていましたが、アーサナの際のインストラクターの説明がよく理解できず、体幹が上手く使えているのかがわかりませんでした。頭でも理解して体を使うことができるようになりたいと思い受講しました。テキストはとても細やかに記載があり、スムーズにアーサナに導いてくれました。

ヨガの知識を深めていくことが出来ました。
ヨガの知識を深めていくことが出来ました。
渡邊優妃 さん / 30代

自分の時間のなかで、無理なくマイペースに学習を進めることができ、更に前々から興味があり習っていたヨガの知識を深めていくことが出来ました。そして、自信が付いたので、今後はインストラクターとして、仕事をしながら、身に付けた知識を多くの場で広めて皆さんに発信して行きたいです。

70,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます

初心者からヨガインストラクターになるには、資格取得が近道!

READ
初心者からヨガインストラクターになるには、資格取得が近道!
健康や美容のためにヨガを始めたり、趣味でヨガを続けたりする中で、「ヨガインストラクターを目指したい」と考える人は多いかもしれません。ヨガインストラクターとして活躍するには、ヨガに関する資格を取得するのがおすすめです。
ここでは、ヨガが人気を集めている理由やヨガに関する資格を活かして働けるフィールドのほか、ヨガを学ぶ方法について解説します。

ヨガの人気が世代や性別を問わず高まっている理由

ヨガの人気が世代や性別を問わず高まっている理由
健康的な体づくりや心身のリフレッシュなど、ヨガに取り組む目的は人それぞれです。かつては女性人気の高かったヨガですが、最近では世代や性別を問わずヨガを楽しむ人が増えてきました。なぜヨガは、幅広い世代に親しまれているのでしょうか。

姿勢を整え、バランスのとれた体づくりができるから

ヨガでさまざまなポーズをとることで関節の可動域が広がり、筋肉の柔軟性向上につながります。また、ヨガを続けると、背骨や骨盤を支える深層部の筋肉(インナーマッスル)が鍛えられます。背骨や骨盤をしっかり支えられるようになると、猫背になりがちな人も自然と正しい姿勢を維持できるようになるでしょう。

肩こりや腰痛の緩和に役立つから

長時間のデスクワークやパソコン、スマートフォンの使用などで、肩こりや腰痛に悩む人が世代を問わず増えています。ヨガで血流が促進されることで、血液中の老廃物もスムーズに流れるようになるものです。さらに、体の柔軟性が向上することで疲れにくくなり、首・肩のこりや腰痛の改善が期待できます。

ストレスや疲れの軽減につながるから

ストレスや疲れが溜まると呼吸が浅く短くなり、不眠や倦怠感などにつながるといわれています。ヨガではポーズをとりながら腹式呼吸を繰り返し行うことで呼吸量が増え、心身のリフレッシュに役立ちます。「ヨガの後は体も心もスッキリする」と実感する人も少なくありません。

妊婦や子供、シニアなど、幅広い層が手軽に取り組めるから

ヨガの目的は、激しい動きをすることではありません。そのため、体力に自信がない人や子供からシニア層まで、幅広くヨガを楽しめます。マタニティヨガや産後ヨガ、ベビーヨガ、親子ヨガなども人気を集めています。

オンラインレッスンなども増えているので自宅でもできるから

最近ではオンラインのヨガレッスンも充実し、誰でも気軽に自宅でヨガに取り組めるようになりました。ヨガマットさえあればすぐに始められるヨガは、運動習慣の第一歩としても最適です。天候などに左右されることもないため、初めての人が「オンラインなら気軽にできそう」とヨガを始めるケースも増えています。

ヨガに関する資格保有者が活躍できるフィールドは?

ヨガに関する資格保有者が活躍できるフィールドは?
ヨガの指導を行うのに資格は必須ではありませんが、ヨガインストラクターとして活躍する人の多くは、何らかのヨガに関する資格を取得しています。資格があれば専門スキルの証明になり、活躍フィールドも広がります。ヨガに関する資格保有者が活躍できるフィールドについて見ていきましょう。

ヨガスタジオ

ヨガに関する資格を活かせる場として、まず挙げられるのがヨガスタジオです。ヨガのレッスンを専門に行うヨガスタジオには、年齢や性別、ライフスタイルの異なるさまざまな人が集まります。ニーズに合わせてクラスを組み立て、わかりやすくポーズなどを教える専門スキルが求められます。

スポーツジムやフィットネスクラブ

スポーツジムやフィットネスクラブでも、数多くのヨガクラスが開催されています。施設によってはヨガのほか、ほかのプログラムのインストラクターを兼任する可能性も高いでしょう。ヨガのスキルはもちろんのこと、健康や運動全般に関する知識があるとキャリアアップにもつながります。

カルチャースクールや各種イベント

カルチャースクールで開講されているヨガクラスでレッスンを担当するヨガインストラクターもいます。また、健康や美容に関するイベントなどでヨガのレッスンが行われることもあります。いずれも参加者は初心者が多いので、安全性にも配慮した指導が必要です。

ヨガスクールの講師

ヨガスクールの講師として、ヨガインストラクターを目指す人の養成にあたる道もあります。指導を行うには、より専門的な知識が必要となりますが、自身のスキルを活かして人材を養成する仕事は大きなやりがいを得られることでしょう。

ヨガインストラクターとして独立・開業

ヨガインストラクターとして経験を積めば、フリーランスとして独立したり自分自身のヨガスタジオを開いたりすることも可能です。独立後はヨガスタジオやヨガスクールと業務委託契約を結ぶケースが多いですが、フリーランスとしてオンラインでのパーソナルレッスンを行うといった働き方もあります。

ヨガに関する資格を取る方法は?

ヨガに関する知識を学び、資格を取得するには、主に下記のような方法があります。

書籍などで独学する

ヨガ関連の書籍からは、ヨガの基礎知識や基本のポーズなどを学ぶことができます。また、ウェブ上にある動画などからも、ヨガのポーズを習得することができるでしょう。ただ、独学だけでは、学んだやり方が本当に正しいのか確認することができません。ヨガがどのようなものかを知るには手軽で良い方法ですが、ヨガインストラクターを目指すには、さらに高度な知識を得たりスキルを磨いたりする必要があるでしょう。

スクールに通う

ヨガスクールに通えば、実践を交えながらヨガの知識をしっかりと学ぶことができます。一口にヨガスクールといっても、生徒として通うのとインストラクターを目指すのではカリキュラムの内容が違うため、目的に合ったものを選び、時間的・経済的に無理なく通えるかどうかを確認することも大切です。

ヨガスタジオやスポーツクラブなどに就職する

ヨガスタジオやスポーツクラブに就職することで、働きながらインストラクターに必要な知識を学べます。職場によっては、資格取得のサポートが受けられる場合もあるでしょう。未経験からすぐにレッスンを担当することはできませんが、研修やアシスタント業務などを経てスキルアップを目指せるはずです。

通信講座で学ぶ

ヨガに関する資格は、通信講座でも取得が可能です。通信講座なら、初心者でも無理なくステップアップできるカリキュラムが組まれており、自由な時間・場所で学びを進めることができます。確実に資格を取得したい場合は、カリキュラムを修了すれば資格が認定される通信講座を選ぶといいでしょう。

諒設計アーキテクトラーニングのヨガインストラクターjp®W資格取得講座を受講するメリット

諒設計アーキテクトラーニングのヨガインストラクターjp®W資格取得講座を受講するメリット
諒設計アーキテクトラーニングのヨガインストラクターjp®W資格取得講座では、わかりやすい内容や隙間時間を活用できるカリキュラムなど、初心者でもスムーズに学習が進められるような工夫がされています。ヨガの知識を身に付けて将来仕事に活かしたいと考えている人も、通信講座なら自宅にいながら資格取得が可能です。

隙間時間で効率良く学べる

諒設計アーキテクトラーニングのヨガインストラクターjp®W資格取得講座は、初心者でも1日30分・約半年で修了できるカリキュラムとなっています。仕事や子育てなどで忙しい人でも、隙間時間を活用して効率良く勉強を進めることができるでしょう。
さらに、学習ペースを速めれば、最短2ヵ月で資格取得を目指せます。通学も不要なので、「自分のペースで学びたい」「空いた時間を有効活用したい」という人におすすめです。

無理なく体力アップを目指せる

ヨガは、一般的な運動だけではなかなか鍛えにくいインナーマッスルに効率良くアプローチすることができます。さらに、ヨガの呼吸法やポーズは、血流や代謝の向上を後押しします。免疫力アップにもつながるため、無理なくバランスのいい体づくりができるでしょう。

実践的なヨガのスキルが身に付く

諒設計アーキテクトラーニングのヨガインストラクターjp®W資格取得講座では、ヨガの基礎知識から呼吸法、効果を上げるためのコツなどを幅広く学ぶことができます。健康や美容、リラックスなど、目的別の実践的なポーズについてもしっかりと習得できます。

自分自身の心身の健康に役立つ

ヨガには、肩こりや腰痛など、体のさまざまな悩みに効果的とされるポーズや呼吸法があります。また、ヨガを習慣にすることで、ストレス解消やリラックスにも役立つとされています。自分自身の心身の健康につながるのはもちろん、家族など周りの人に教えても喜ばれるに違いありません。

開業や副業も目指せる

ヨガに関する資格を取得し、さらにスキルを磨けば、ヨガインストラクターとして開業することも可能です。自宅を利用してヨガレッスンを行うなど、資格を副業につなげることもできるでしょう。ヨガレッスンを行うにあたって特別な設備は必要ないため、開業のハードルも低いといえます。

初心者におすすめ!ヨガインストラクターjp®W資格取得講座で取得できる資格

諒設計アーキテクトラーニングのヨガインストラクターjp®W資格取得講座を受講し試験に合格すれば、「ヨガライフセラピスト®」と「ヨガインストラクターjp®」の2つの資格を取得することができます。
さらに、スペシャル講座なら、添削課題をすべてクリアしてから卒業課題を提出することで、試験免除で2つの資格の取得が可能です。

ヨガライフセラピスト®

ヨガセラピスト
ヨガライフセラピスト®は、日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)の認定資格です。ヨガの種類や瞑想に関する知識が身に付き、体の不調だけではなく心もリラックスした状態にすることができます。哲学的な部分まで考えを深め、自分自身の心や体に意識を向けることでヨガの効果をさらに高め、セラピストとして活動できる人へ認定される資格です。

ヨガインストラクターjp®

ヨガインストラクターjp®
ヨガインストラクターjp®は、日本インストラクター技術協会(JIA)の認定資格です。ヨガの流派や呼吸法、食事法、ポーズ、効果など、ヨガの基礎から実践までの知識を身に付けた人へ認定されます。資格取得によって、肩こりや骨盤の歪みなど、悩みに合ったポーズを指導できるようになります。

ヨガに関する資格でプロのヨガインストラクターに必要な知識を身に付けよう

ヨガを仕事にしたいと考えるなら、知識やスキルを証明するためにも資格の取得が近道です。「ヨガに関する資格を取るのは難しいのでは」「仕事や育児と両立はきびしそう」と考える人もいるかもしれませんが、通信講座なら自分のペースで無理なく資格取得を目指せます。
ヨガに関する資格は、自分自身の心身の健康にも役立ちます。興味のある人は、ぜひ諒設計アーキテクトラーニングのヨガインストラクターjp®W資格取得講座で学んでみてはいかがでしょうか。
70,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます

大丈夫!プロの監修を受けた教材です!

講座のテキスト、問題集や添削課題は すべてプロの先生によって監修されています。
初心者の方でも安心。自信を持ってお勧めできる内容となっております。
浜北恵 先生
自宅サロン運営
1976年生まれ。埼玉県出身。十数年のアパレル業界での販売、そしてブランドの40店舗総括する管理職を経験。忙しい日々と大きなプレッシャーで心身ともに健康であることが必要だと思うようになり、スポーツクラブでインストラクターの道へ。
70,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます
無料資料請求
受講お申し込み

トップ
に戻る