お米資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
講座の特徴
料理・調理・家庭料理の資格

お米ソムリエW資格取得講座

お米ソムリエ

初心者からでも大丈夫!
在宅でお米ソムリエの資格が取れる人気講座!

お米ソムリエW資格取得講座
講座の特徴
講座の特徴
  • メンタル心理ヘルスカウンセラー
  • お米の基本知識からお米の利用方法、お米の健康効果や美容効果、お米の扱い方、お米を使った様々な料理レシピなど、お米について一通り学べる講座となっています。
    初心者の方でも問題なく進められるカリキュラムを採用しているのでどなたでも安心して受講できる内容となっています。
20,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます

2つの資格を同時取得できる!
本講座は講座を学ぶと同時に資格対策にもなるカリキュラムを採用しています。講座で学ぶ内容は 日本安全食料料理協会(JSFCA)の「お米ソムリエ」、 日本インストラクター技術協会(JIA)の「白米ソムリエ」 それぞれの資格試験対策としても有効です。

  • 取得できる
    資格その1
    お米ソムリエ
    お米ソムリエ
    日本安全食料料理協会(JSFCA)主催
    お米ソムリエとは、お米に関する様々な知識を有していることを証明する資格です。白米や稲はもちろん、うるち米、もち米、玄米、黒米、赤米、ひえ、あわ、麦などお米の種類はもちろん、その栄養や美容効果、カロリー、健康効果などについての知識も求められます。また、お米を使った酒や味噌、みりん、化粧品、美容品、米粉、ぬか床、オイルなどの加工品やその選び方、お米の炊き方や水加減、計量方法などの基礎的なことに関しても、十分な知識を求められます。飲食業、販売業にお勤めの方はもちろん、健康や美容に興味のある方にも人気のある資格です。
  • 取得できる
    資格その2
    白米ソムリエ
    白米ソムリエ
    日本インストラクター技術協会(JIA)主催
    白米ソムリエとは、お米に関する様々な知識を有し、かつ生活の中に取り入れるための実践的なレシピや方法などの技術を有していることを証明する資格です。お米の炊き方や洗い方、水加減などはもちろん、お米を使ったチャーハンやフォー、カオマンガイ、ガパオライス、ちまき、蒸し寿司、ピラフ、かき餅、五平餅、きりたんぽ、ナシゴレン、リゾット、ゴイクン、ジャンバラヤ、ライスプディング、米粉を使ったパンなどのレシピについての知識も求められます。資格取得後は、それを活かしてカルチャースクールなどで講師として活動したり、料理教室を開業したりするなど、活躍の場が広がります。
最短2ヶ月で資格が取得できる!
  • 最短2ヶ月で資格が取得できる
  • スペシャル講座なら簡単100%資格取得
    好きな時間に自分のペースで学べ、進め方次第で最短2ヶ月で資格を取得することができます!
    また当スクールでは各協会が指定するスペシャル講座を受講する事ができ、添削課題を全てクリアした後、卒業課題を提出する事と試験免除で「お米ソムリエ」「白米ソムリエ」 の2資格が講座卒業と同時に認定されます。すぐにでも資格を取得したい方、確実に資格を取得したい方は当スクールでの受講がピッタリです!

諒設計アーキテクトラーニングは
ここが違う!
通学より効率的な完全個別指導、専属講師による回数無制限の学習サポートなど諒設計アーキテクトラーニングならではの学習サポートにより、資格を取得する方の学習を全面的にサポートし、確実に資格を取得できるようお手伝いいたします。

  • 信頼と実績の通信講座!
  • 受講申込み20,000人以上!
数多くの卒業生から当スクールの通信講座を選んで良かったとのお言葉を頂いています!
  • 全ての講座が完全初心者対応!
    全ての講座が完全初心者対応!
    講座では初心者でも基礎から実践、更に応用まで1つずつ確実に学習できるカリキュラムを取り入れています。実用的なプロの知識を確実に覚え、また同時に資格取得対策にもなるので、効率的で無駄の無い学習が可能です。1つ1つの講座・学習カリキュラムは、その道のプロが手掛けたもので、毎年多くの資格試験合格者を出す実績を持っています。
  • 1日30分でOK!効率的に無駄なく学べるカリキュラム
    1日30分でOK!
    効率的に無駄なく学べるカリキュラム
    講座は1日30分のゆっくり学習ペースでも着実に資格取得が目指せる内容となっているので、日々の空いた時間を使って勉強するだけで資格取得が目指せます。また、ハイペースで学習した場合は最短1ヶ月~2ヶ月程の短期間で資格取得を目指すことも可能です。自分にあったペースで学習可能なのが当スクールの人気の秘密です。
  • 完全個別指導で、納得いくまで学習!
    完全個別指導で、納得いくまで学習!
    受講生一人一人に専門スタッフが付き、受講生一人一人の学習ペースに合わせた学習のサポートやアドバイスをさせて頂きます。学習の途中でわからない事があれば何度でも、質疑応答無制限で応対致しますのでつまずく事無く安心して進める事が出来ます。
  • 入学金無料。教材費込みの低価格受講料設定
    入学金無料
    教材費込みの低価格受講料設定
    通学にしても通信教育にしても、技術を身につけようと思ったときに壁となる受講料。当スクールでは低料金設定を心掛け、入学金も無料です。
20,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます

お米 1合

お米 1合

お米は、日本人のわれわれであればかなり毎日お世話になっている主食といえるでしょう。お米の量は合という単位で表されますが、これは昔から日本で使われている計測の単位を基準としています。現在では欧米式の単位が採用されていますが、1合が約180.39mlとなっています。お米は乾燥した状態から炊く事で約22倍にかさが増えますから、このお米を炊くと1合でおおよそ350g、お茶碗一杯分をまかなえる、生活に密着した計算がなされています。
合のほかにも、升、斗、石といった単位が存在しており、それぞれ10合=1升、100合=1斗、1000合=1石といった合を中心とした体系となっています。古くは加賀100万石といわれるように、税として徴収したお米の量によってその地域がどれだけ財産をもっているのか、といった一つの指標にもなっていました。このため、昔の統治者は国民からかなり躍起になってお米を集めていたことが知られています。
現代では日本のお米に近い種類がアメリカのカリフォルニアでも栽培されているほか、ピラフなど炒め物にはタイ米が非常にマッチすることが知られており、料理や用途によって使い分ける人も少なくありません。

お米 炊き方

お米 炊き方

お米はそのままでは乾燥していて食べることが難しいため、大抵の場合お米を炊いておいしく食べられるように調理します。お米のたき方は、その他の一般的な料理とは違い、少し複雑な工程をたどります。現代は炊飯器があるので随分と簡単になりましたが、基本は変わりません。炊飯器用のカップを使って、炊きたいお米を用意します。
一般的にお茶碗1杯分が1合ですから、人数分の合数を用意することで丁度よい量を用意することができるでしょう。炊飯器の容器を用意したら、その中に計測したお米と冷たい水を同時に入れて用意していきます。米にはぬかの部分が残っていますから、これを落とさないとおいしくならないためです。さっと2~3回手でかき混ぜて米を洗ったら水だけをうまく捨てます。多くの場合において、3~4回ほどかるくすすぐことが良いとされています。
はじめはにごっていますが、だんだんと透明に近づいてきます。完全に透明になるまでぬかを捨ててしまうと、逆にまずくなってしまうので注意しましょう。その後、水につけたまま、最低でも30分から2時間はそのままにしておくというのがもっともやわらかくおいしくご飯が炊けるコツです。後は炊飯器のスイッチを入れることで、簡単にお米が炊き上がります。

20,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます
無料資料請求
受講お申し込み