イタリア料理ソムリエW資格取得講座
イタリア料理とは

イタリア料理とは

イタリア料理の全てがわかる!
料理も覚えられて2資格取得もできます!

人気の通信教育講座1位に選ばれました。
今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!

イタリア料理の基本から実践レベルまで。
自分のペースで徹底的に学べる講座です。

イタリア料理ソムリエ

イタリア料理ソムリエW資格取得講座、イタリア料理ソムリエW資格取得スペシャル講座ではイタリア料理に関する様々な知識、食材や扱い方、メニューの構成や食材の組み合わせ、イタリア料理のレシピなどを一通り学べる講座となっています。
初心者の方でも問題なく進められるカリキュラムを採用しているので、どなたでも安心して受講できる内容となっています。

「イタリア料理ソムリエ」、
「イタリアンコーディネーター」の2資格同時取得可能!

本講座は日本安全食料料理教会(JSFCA)主催の「イタリア料理ソムリエ」、日本生活環境支援協会(JLESA)主催の「イタリアンコーディネーター」の2資格に対応しています。

資格1イタリア料理ソムリエ
日本安全食料料理協会(JSFCA)主催

イタリア料理ソムリエ

イタリア料理ソムリエとは、イタリアンに関する様々な知識を有していることを認定する資格です。イタリア料理に使用するオリーブやチーズ、野菜や果物、食肉加工品などといった食材やその伝統的な製法、種類、正しい取り扱いや保存方法、北イタリアや中部、南部のイタリア料理のそれぞれの特徴、アンティパストやドルチェなどイタリアンのコースのメニュー構成やテーブルマナー、カトラリーの使い方、パスタの食べ方、ピッツァの食べ方、オリーブオイルの選び方、パスタの種類などについて、正しい知識を有していることを証明する資格です。自宅で日常的にイタリア料理を楽しみたい方はもちろん、飲食業界の方にも人気のある資格です。

資格2イタリアンコーディネーター
日本生活環境支援協会(JLESA)主催

イタリアンコーディネーター

イタリアンコーディネーターとは、イタリア料理の食材やその作り方、メニューの構成や選び方、食材との組み合わせ方、ドルチェやカフェと料理の相性などをしっかりと理解し、かつ実践的にコーディネートすることができる知識、技能を証明する資格です。アンティパスト、プリモピアット、セコンドピアット、ドルチェ、カフェの組み合わせ方やパンチェッタ、生ハム、サラミ、プポルチーニ、トマト、アーティチョークなどイタリア料理に使用する代表的な食材の使い方やそのレシピ、また、ビネガーやフレーバーオイル、ハーブやスパイス、ロングパスタ、ショートパスタなどの使い方やそのレシピなどの知識を有していることを認定します。

試験免除で資格が取れる!
資格協会指定のスペシャル講座も用意!

イタリア料理ソムリエ

当スクール限定で各協会が指定するスペシャル講座を受講する事が出来ます。スペシャル講座では添削課題を全てクリアした後、卒業課題を提出する事と試験免除で「イタリア料理ソムリエ」「イタリアンコーディネーター」の2資格が講座卒業と同時に認定されます。すぐにでも資格を取得したい方、確実に資格を取得したい方にお勧めのコースです。

通常の講座

自身で受験し、試験に合格する事で資格取得

イタリア料理ソムリエ

「イタリア料理ソムリエ」「イタリアンコーディネーター」の試験をそれぞれ受験し、試験に合格することで資格が認定されます。

スペシャル講座

卒業課題を提出する事で、卒業と同時に資格取得

イタリア料理ソムリエ

添削課題を全てクリアした後、卒業課題を提出すると試験免除となり、
「イタリア料理ソムリエ」「イタリアンコーディネーター」の2資格が講座卒業と同時に認定されます。

卒業後はイタリア料理教室を開催して
副業が可能です!

イタリア料理ソムリエ

本講座で取得可能な「イタリア料理ソムリエ」「イタリアンコーディネーター」の2資格は講師資格です。資格取得後は副業として自宅やカルチャースクールで料理教室などを開く事が出来ます。

イタリア料理ソムリエ資格講座紹介

イタリア料理ソムリエW資格取得講座
初心者からでも大丈夫。最短2ヶ月で2資格取得!
イタリア料理ソムリエ教材

受講証、受講マニュアル、完全攻略テキスト、練習問題集/解答用紙、練習問題解答集、模擬試験/解答用紙、模擬試験解答集、添削課題/提出用解答用紙、質問用紙、封筒

期 間6ヶ月(最短2ヶ月)添 削5
受講料一括 59,800円 分割3,300円×20回(初回4,276円)
イタリア料理ソムリエW資格取得スペシャル講座
試験免除講座100%2資格取得!!今すぐに資格が欲しい方に!
イタリア料理ソムリエ教材

受講証、受講マニュアル、完全攻略テキスト、練習問題集/解答用紙、練習問題解答集、模擬試験/解答用紙、模擬試験解答集、添削課題/提出用解答用紙、質問用紙、封筒、卒業課題

卒業試験 卒業試験(提出にて資格認定)

期 間6ヶ月(最短2ヶ月)添 削5回 卒業課題+1回
受講料一括 79,800円 分割3,800円×24回(初回3,891円)

イタリア料理ソムリエ講座内容

イタリア料理の基礎知識/イタリア料理と食材/品質を保ち生産者を守るため/イタリア食材の原産地表示とは/DOP(保護指定原産地呼称)/IGP(保護地理表示)/STG(伝統的特産品保証)/原産地表示の対象になっている食材/オリーブ/チーズ/野菜や果物/食肉加工品/イタリアンレストランの種類/レストランにも種類がある/リストランテ(Restorante)/トラットリア(Trattoria)/オステリア(Osteria)/よりカジュアルに楽しめるのは/ピッツェリア(Pizzeria)/タヴェルナ(Taberna)/クチーナ(Cucina)/バール(Bar)/料理や目的で使い分けよう/イタリアの料理の特徴①北イタリア~中部イタリア/南北に長いイタリアは伝統料理の宝庫/イタリア北部の料理/イタリア中部にはなじみのある食材/イタリアの料理の特徴②中部イタリア~南イタリア/中部~南イタリアは庶民的な料理が多い/ローマには伝統的パスタやピッツァ/南イタリアにはおなじみの美味がたくさん/イタリア料理のメニュー構成/イタリア料理のフルコースとは/アンティパストからセコンドピアットまで/アンティパスト(前菜)/プリモピアット(第一の皿)/セコンドピアット(第二の皿)/ディナー後半、チーズからカフェまで/チーズ/ドルチェ/カフェ/イタリア料理のマナー/イタリア料理にもテーブルマナーがある/ナプキンの使い方/カトラリーの使い方/食べ方マナー/パスタの食べ方のマナー/ピッツァの食べ方のマナー/スープの食べ方のマナー/大切なのは周りへの思いやり/食後のマナー/イタリア料理の歴史/古代ローマの時代に原点があった/パスタの大量生産で一気に進化を遂げる/イタリア料理はフランス料理のルーツ/パスタの歴史/パスタのルーツ/パスタの食べ方の変遷/17世紀以前/シチリアやフィレンツェ/大量生産によって大衆食へ/18世紀の産業革命期以降/ピッツァの歴史/古代エジプトから古代ローマ時代へ/イタリアピッツァの歴史はトマトとの出合いから/マリナ―ラの誕生/マルゲリータの誕生/日本のイタリア料理のルーツ/西洋料理そのものは戦後の横浜から/日本の本格イタリアンの誕生/日本オリジナル・和風スパゲティの登場/イタリア料理と食材/イタリア料理と塩/イタリア料理や食材の味の決め手/イタリアの自然塩/塩の効果的な使い方/オリーブオイル①歴史と種類/オリーブオイルの歴史とは/オリーブオイルの種類/オリーブオイルの選び方/オリーブオイル②効用/オリーブオイルが身体にいい理由は/オリーブオイルの美容効果/オリーブオイルで身体の中から健康に/オリーブオイル③各地のオリーブオイル/イタリアとオリーブオイル/各地のオリーブオイルの特徴/【北部】リグーリア・ロンバルディア・ヴェネト・フリウリなど/【南部】プーリア・カラブリアなど/【中部】トスカーナ州、ウンブリア州/こだわって選ぶならテイスティングを/オリーブオイルのテイスティング方法/イタリア料理の副食材/主役ではないけれど欠かせない食材/ニンニク/赤唐辛子/松の実/ケッパー/ビネガーの種類と使い方/イタリアには2種類のお酢がある/バルサミコ酢/ワインビネガー/バルサミコ酢の格付け/ビネガーの使い方/バルサミコ酢の使い方/ワインビネガーの使い方/フレーバーオイル/香り豊かなフレーバーオイル/フレーバーオイルの作り方/ペペロンチーノオイル/ガーリックオイル/ローズマリーオイル/エストラゴンとタイムのオイル/バジルオイル/手作りフレーバーオイルの使い方/ガーリックオイル/ローズマリーオイル/バジルオイル/イタリアの魚加工品/イタリア人の知恵が生んだ食材/魚の旨味を凝縮した「アンチョビ」/アンチョビの作り方/その他の水産加工品/イカスミ/ボッタルガ/バッカラ/ストッカフィッソ/イタリアの水/イタリアでは「飲み物」/日本でもおなじみのイタリアンウォーター/自分好みの水を見つける/イタリア野菜/イタリア料理に欠かせないトマト/サンマルツァーノ/ローマ種/日本でもなじみのある野菜/ズッキーニ/ルッコラ/ポルチーニ/その他の珍しい野菜/アーティチョーク/トレビス/イタリア料理ときのこ/イタリアのきのこ/イタリアの代表・ポルチーニ茸/家庭向けの加工品/イタリアの高級食材「トリュフ」/トリュフの収穫時期/オリーブの実の栄養素/オリーブの歴史は紀元から/オイルと加工品/オリーブの実の緑と黒/緑色のオリーブの実/黒いオリーブの実/オリーブの健康効果/抗酸化作用/アンチエイジング/降圧効果、悪玉コレステロールを減らす/便秘解消/ハーブ①代表的な8種のハーブ/料理のおいしさを引き立てるハーブ/イタリアンの基本ハーブ/バジル/イタリアンパセリ/ローズマリー/タイム/オレガノ/ルッコラ/その他のハーブ/チャービル/セージ/タラゴン/ハーブ②効果と育て方/ハーブは食べ物でもあり薬でもある/心もカラダも元気にするハーブの力/ハーブの栽培方法/初めての場合/自家製のドライハーブを作る/食肉加工品/イタリアの「サルーミ」/代表的な加工品/パンチェッタ/サラーメ/サルシッチャ/その他の加工品/グアンチャーレ/コッパ/ラルド/イタリア料理の生ハム/長期熟成で完成される逸品/パルマハムの特徴/プロシュットのDOP/生ハムのおいしい食べ方

3年連続口コミ評判ランキング1位を獲得した人気の通信教育!!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!

イタリア料理のメニュー

イタリア料理の基盤を作った古代ローマ帝国では、食事にかける時間を大切にしており、当時から1日に3度の食事をしていました。その頃から食事はコース式で2~3時間かける習慣がありました。現代でもイタリアではコースで食事する習慣を持つ人も多いものです。 1. アペリティーヴォ 食前に、食欲を増進する効果のあるお酒を飲みます。薬草入りのアマーロ(イタリア語で「苦い」の意味)や、軽いスプマンテ、カンパリといったお酒が好まれます。 2. アンティパスト 前菜として冷製の軽い料理を取ります。ハムやチーズ、燻製、カルパッチョなど、作り置きの惣菜のようなものが多いです。 3. プリモ・ピアット 主菜の第1皿です。1皿ではなく複数の皿で出されることもあります。サラダやパスタ、リゾット、ポレンタ(とうもろこしの粉のお粥のようなもの)、クスクスなどがあります。 4. セコンド・ピアット 主菜の第2皿となります。ここで魚や肉といったメイン料理が出されます。魚料理と肉料理がある場合には、魚料理から出されます。 5. コントルノ 副菜です。セコンドピアットの付け合せとして供されます。野菜を使用した料理が多いです。 6. ドルチェ 甘いお菓子や果物、チーズが出ます。 7. カッフェ イタリア料理では、基本的にエスプレッソ・コーヒーが出ます。 8. ディジェスティーヴォ (digestivo) 食後酒です。グラッパやリモンチェッロなどのリキュールが小さなグラスで出ます。

イタリア料理のレシピ

イタリア料理はイタリアを発祥とする料理です。地方によって特徴があり、地中海に面する地方では魚介類を使った料理も多く、北イタリアでは隣接するフランスやスイスと同様に乳製品を利用、南イタリアではオリーブオイルやトマトを使用するといった特徴があります。 現代のイタリア料理に至るまでの歴史は古く、古代ローマ帝国に起源を発します。世界三大料理に数えられるフランス料理も、イタリア料理が原型となっています。2010年にはギリシャ料理、スペイン料理、モロッコ料理とともにイタリア料理を「地中海の食事」として国連教育科学文化機関の無形文化遺産に登録されました。 イタリア料理で使用されるオリーブオイル、野菜、チーズなどが効く能力や健康に良好な結果が得られるとされています。イタリア料理の代表的なものとしてパスタがあります。スパゲッティに代表されるロングパスタや、ペンネに代表される小型のパスタ、それ以外にも板状のラザニェなど多様なパスタが見られます。 パスタをオイルソースやトマトソース、クリームソースと合わせることが多いです。このようにイタリア料理のレシピでは、素材を活かしたものがよく見られ、世界中で好まれています。

3年連続口コミ評判ランキング1位を獲得した人気の通信教育!!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!

3年連続口コミ評判ランキング1位を獲得した人気の通信教育!!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!
ページトップへ