インド料理資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
講座の特徴
料理・調理・家庭料理の資格

インド料理ソムリエW資格取得講座

インド料理ソムリエ

初心者からでも大丈夫!
在宅でインド料理ソムリエの資格が取れる人気講座!

インド料理ソムリエW資格取得講座
講座の特徴
講座の特徴
  • メンタル心理ヘルスカウンセラー
  • インド料理の基本的知識からインド料理の歴史、インド料理の食材、スパイスについて、その特徴や使い方、また家庭で実践できる様々なインド料理のレシピを一通り学べる講座となっています。初心者の方でも問題なく進められるカリキュラムを採用しているのでどなたでも安心して受講できる内容となっています。
20,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます

2つの資格を同時取得できる!
本講座は講座を学ぶと同時に資格対策にもなるカリキュラムを採用しています。講座で学ぶ内容は 日本安全食料料理協会(JSFCA)の「インド料理ソムリエ」、 日本インストラクター技術協会(JIA)の「インド食文化士」 それぞれの資格試験対策としても有効です。

  • 取得できる
    資格その1
    インド料理ソムリエ
    インド料理ソムリエ
    日本安全食料料理協会(JSFCA)主催
    インド料理ソムリエとして、インド料理の作り方やインド料理に使われる材料の種類、インド料理の代表的なスパイスの種類などに関する知識を有していることが証明されます。例えば、インド料理に使われる米、小麦製品、豆、肉、魚介、野菜、果物、乳製品のパニール、発酵乳のダヒ、油、インド料理にあうチャツネなどのつけあわせ、菓子、飲み物のレシピやアジョワン、フェンネル、アニス、カルダモンなどのインド料理に使われるスパイスの種類や使い方に関する知識を有していることが証明されます。資格取得後は、インド料理ソムリエとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。
  • 取得できる
    資格その2
    インド食文化士
    インド食文化士
    日本インストラクター技術協会(JIA)主催
    インド食文化士として、インド料理の成り立ち、インドの食文化、地域によるインド料理の違い、世界や日本におけるインド料理に関する知識を有していることが証明されます。例えば、インド料理の歴史的背景、ヒンズー教とイスラム教の食事、シーク教など少数派の宗教の食事、ポルトガルとインド料理の関係性、インドの食事作法、菜食と非菜食、アーユルヴェーダと食事の関係、インドの定食、インドの弁当、北インド料理・南インド料理・ゴア料理・ベンガル料理の違い、イギリスやアジアで発展しているインド料理に関する知識を有していることが証明されます。資格取得後は、インド食文化インストラクターとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。
最短2ヶ月で資格が取得できる!
  • 最短2ヶ月で資格が取得できる
  • スペシャル講座なら簡単100%資格取得
    好きな時間に自分のペースで学べ、進め方次第で最短2ヶ月で資格を取得することができます!
    また当スクールでは各協会が指定するスペシャル講座を受講する事ができ、添削課題を全てクリアした後、卒業課題を提出する事と試験免除で「インド料理ソムリエ」「インド食文化士」 の2資格が講座卒業と同時に認定されます。すぐにでも資格を取得したい方、確実に資格を取得したい方は当スクールでの受講がピッタリです!

諒設計アーキテクトラーニングは
ここが違う!
通学より効率的な完全個別指導、専属講師による回数無制限の学習サポートなど諒設計アーキテクトラーニングならではの学習サポートにより、資格を取得する方の学習を全面的にサポートし、確実に資格を取得できるようお手伝いいたします。

  • 信頼と実績の通信講座!
  • 受講申込み20,000人以上!
数多くの卒業生から当スクールの通信講座を選んで良かったとのお言葉を頂いています!
  • 全ての講座が完全初心者対応!
    全ての講座が完全初心者対応!
    講座では初心者でも基礎から実践、更に応用まで1つずつ確実に学習できるカリキュラムを取り入れています。実用的なプロの知識を確実に覚え、また同時に資格取得対策にもなるので、効率的で無駄の無い学習が可能です。1つ1つの講座・学習カリキュラムは、その道のプロが手掛けたもので、毎年多くの資格試験合格者を出す実績を持っています。
  • 1日30分でOK!効率的に無駄なく学べるカリキュラム
    1日30分でOK!
    効率的に無駄なく学べるカリキュラム
    講座は1日30分のゆっくり学習ペースでも着実に資格取得が目指せる内容となっているので、日々の空いた時間を使って勉強するだけで資格取得が目指せます。また、ハイペースで学習した場合は最短1ヶ月~2ヶ月程の短期間で資格取得を目指すことも可能です。自分にあったペースで学習可能なのが当スクールの人気の秘密です。
  • 完全個別指導で、納得いくまで学習!
    完全個別指導で、納得いくまで学習!
    受講生一人一人に専門スタッフが付き、受講生一人一人の学習ペースに合わせた学習のサポートやアドバイスをさせて頂きます。学習の途中でわからない事があれば何度でも、質疑応答無制限で応対致しますのでつまずく事無く安心して進める事が出来ます。
  • 入学金無料。教材費込みの低価格受講料設定
    入学金無料
    教材費込みの低価格受講料設定
    通学にしても通信教育にしても、技術を身につけようと思ったときに壁となる受講料。当スクールでは低料金設定を心掛け、入学金も無料です。
20,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます

インド料理のメニュー

インド料理のメニュー

広大な土地を持ち、インダス文明を起源とする長い歴史、アーリア系やドラヴィダ系などの多民族国家であるインド料理のメニューは多様で、一言で表すことはできません。インド料理のメニューの根底にあるのは、大多数を住めるヒンドゥー教の思想です。ヒンドゥー教やジャイナ教の戒律で、菜食主義としている宗教が多く、インドでは菜食主義の料理が発達してきました。
インドの菜食料理では、豚や牛の脂、ゼラチンなども含めて一切の動物を原料とする食材を利用しません。その一方で動物を傷つけずに得ることができる乳製品を使用することが多く、インドの菜食主義者の多くは乳菜食主義者(ラクトヴェジタリアン)と言われています。
このようにインド料理のメニューは植物と乳製品を使用したものが中心となっています。高温多湿であるインドでは、食物の腐敗を防ぐのと、インドを原産とする香辛料やハーブが育つのに適した環境であったことから、スパイスを多様した料理が多く見られます。
また、稲作も行われ、特に南インドでは米飯が主食となっています。北インドではナンやチャパティといったパンを主食にしているのが特徴です。東インドでは、ダルと呼ばれる豆が食されます。

インド料理のレシピ

インド料理のレシピ

広いインドでは、地方によって料理もレシピも異なります。北インドでは、かつてイスラム王朝であるムガール帝国が存在し、中央アジアや中東ペルシャの影響を受けています。また、肥沃な大地はインドでも有数の穀倉地帯でもあり、小麦を加工したチャパティやナンなどのパンが主食です。
パンと合わせるためにこってりとしたカレーが多く見られます。穀倉地帯では良質な乳製品も豊富だったため、脂を多く使ったこってりとしたカレーが主流です。南インドでは、米が主食で、北インドよりもさらっとしたカレーが主となります。
ココナツの木が多く、北インドのようにギーを使うよりもココナッツオイル、乳製品よりもココナッツミルクを使用します。東インドも米が主食で、隣国の影響を受けたレシピが見られます。西インドでは厳格な菜食主義者が多く、菜食のレシピが発達しました。胸痛しているのは、ハーブやスパイスを生のまま多用するところです。
油で加熱することで香りを出し、複数のスパイスを使うことで奥深い味わいを出しています。インド料理のレシピの基本にあるのが、この油でスパイスを熱することで香りを油に移していくテンパリングにあります。ここをうまく行うことで、香りを引出、おいしいインド料理になります。

20,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます
無料資料請求
受講お申し込み