中華料理資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
講座の特徴
料理・調理・家庭料理の資格

中華料理ソムリエW資格取得講座

中華料理ソムリエ

初心者からでも大丈夫!
在宅で中華料理ソムリエの資格が取れる人気講座!

中華料理ソムリエW資格取得講座
講座の特徴
講座の特徴
  • メンタル心理ヘルスカウンセラー
  • 中華料理の基本的な知識から中華料理の歴史、中華料理の食材や調理用具、それぞれの扱い方や様々な中華料理のレシピなどを一通り学べる講座となっています。
    初心者の方でも問題なく進められるカリキュラムを採用しているので、どなたでも安心して受講できる内容となっています。
20,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます

2つの資格を同時取得できる!
本講座は講座を学ぶと同時に資格対策にもなるカリキュラムを採用しています。講座で学ぶ内容は 日本安全食料料理協会(JSFCA)の「中華料理ソムリエ」、 日本インストラクター技術協会(JIA)の「四川料理ソムリエ」 それぞれの資格試験対策としても有効です。

  • 取得できる
    資格その1
    中華料理ソムリエ
    中華料理ソムリエ
    日本安全食料料理協会(JSFCA)主催
    中華料理とは、中華料理の歴史、四大中華料理とは、北京料理、広東料理、四川料理、上海料理、地方料理、中華鍋や中華土鍋、中華包丁、穴杓子、玉杓子、せいろなど中華料理で使われている道具、中華料理を食べる際の基本的なマナー、中華料理と美容の関係などを十分理解している方に認定される資格です。また、麻婆豆腐や天津飯、酢豚、フカヒレスープなど中華料理の作り方の知識を有していることを証明する資格です。資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。中華料理が好きな方、飲食店で働きたい方などに人気のある資格です。
  • 取得できる
    資格その2
    四川料理ソムリエ
    四川料理ソムリエ
    日本インストラクター技術協会(JIA)主催
    四川料理ソムリエとして、中華料理の歴史、四大中華料理、精進料理、中国茶、中国酒など中華料理の基本的な知識を有していることを証明する資格です。中華料理に欠かすことのできない中医学や漢方と薬膳、碗や盤、盆、盆子鍋、鍋子など中華の食器、カトラリーなどについて十分理解している方へ認定されます。また、中華料理の作り方を理解することができる方へ認定される資格です。例えば、水餃子、小籠包、担々麺、酢豚、焼売、エビのチリソース、杏仁豆腐、ゴマ団子など作ることができます。資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。
最短2ヶ月で資格が取得できる!
  • 最短2ヶ月で資格が取得できる
  • スペシャル講座なら簡単100%資格取得
    好きな時間に自分のペースで学べ、進め方次第で最短2ヶ月で資格を取得することができます!
    また当スクールでは各協会が指定するスペシャル講座を受講する事ができ、添削課題を全てクリアした後、卒業課題を提出する事と試験免除で「中華料理ソムリエ」「四川料理ソムリエ」 の2資格が講座卒業と同時に認定されます。すぐにでも資格を取得したい方、確実に資格を取得したい方は当スクールでの受講がピッタリです!

諒設計アーキテクトラーニングは
ここが違う!
通学より効率的な完全個別指導、専属講師による回数無制限の学習サポートなど諒設計アーキテクトラーニングならではの学習サポートにより、資格を取得する方の学習を全面的にサポートし、確実に資格を取得できるようお手伝いいたします。

  • 信頼と実績の通信講座!
  • 受講申込み20,000人以上!
数多くの卒業生から当スクールの通信講座を選んで良かったとのお言葉を頂いています!
  • 全ての講座が完全初心者対応!
    全ての講座が完全初心者対応!
    講座では初心者でも基礎から実践、更に応用まで1つずつ確実に学習できるカリキュラムを取り入れています。実用的なプロの知識を確実に覚え、また同時に資格取得対策にもなるので、効率的で無駄の無い学習が可能です。1つ1つの講座・学習カリキュラムは、その道のプロが手掛けたもので、毎年多くの資格試験合格者を出す実績を持っています。
  • 1日30分でOK!効率的に無駄なく学べるカリキュラム
    1日30分でOK!
    効率的に無駄なく学べるカリキュラム
    講座は1日30分のゆっくり学習ペースでも着実に資格取得が目指せる内容となっているので、日々の空いた時間を使って勉強するだけで資格取得が目指せます。また、ハイペースで学習した場合は最短1ヶ月~2ヶ月程の短期間で資格取得を目指すことも可能です。自分にあったペースで学習可能なのが当スクールの人気の秘密です。
  • 完全個別指導で、納得いくまで学習!
    完全個別指導で、納得いくまで学習!
    受講生一人一人に専門スタッフが付き、受講生一人一人の学習ペースに合わせた学習のサポートやアドバイスをさせて頂きます。学習の途中でわからない事があれば何度でも、質疑応答無制限で応対致しますのでつまずく事無く安心して進める事が出来ます。
  • 入学金無料。教材費込みの低価格受講料設定
    入学金無料
    教材費込みの低価格受講料設定
    通学にしても通信教育にしても、技術を身につけようと思ったときに壁となる受講料。当スクールでは低料金設定を心掛け、入学金も無料です。
20,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます

中華料理のメニュー

中華料理のメニュー

中華料理のメニューの特徴として、西洋料理のコースでは魚料理、肉料理、といったように素材を中心にメニューが決定されますが、中華料理の場合には調理法がメニューの中心となります。
また供される順番も西洋料理の場合には軽い前菜に始まり、魚料理、肉料理と続いていくるのに対し、中華料理では大まかな流れはあるものの、途中で別の皿が出ることもあるなど、より柔軟な構成となっています。基本的な流れとしては冷菜(前菜)、熱菜(メイン料理)、スープ、点心と呼ばれる皿になります。
冷菜とありますが、中華料理では通常冷たい料理は少なく、これも身体を冷やすのは良くないという医食同源の思想からきています。主菜となる熱菜は、複数供されることが多いです。最初に出される皿がメインとなり、頭菜と呼ばれます。頭菜は残さず食べる、中座しないのがマナーです。最後に出される点心は、甘いデザートとしてのものもあれば、甘くない軽いおつまみのようなものもあります。
最後に出されることもありますが、コースの途中で箸休めのような目的で出てくる場合もあります。「小吃」と呼ばれることもあります。「小吃」は春巻きなどの通常の料理(菜)が出てくる場合もありますが、菜と違って小皿で出されると「小吃」になります。

中華料理のレシピ

中華料理のレシピ

一言で中華料理と言っても、広く、多様な民族が集まっている中国では、地方によってさまざまな料理があります。その歴史も古く、人類の4大文明の一つである黄河文明が中国に存在していることからも、数千年前から中華料理は発展し続けていると言えるでしょう。
中華料理の多様さをまとめることは難しいのですが、根底にある思想として、医食同源と言うのが挙げられます。食べるものがすなわち薬である、という考え方です。中国では古くから自分の弱っている部分と同じ、動物の内臓などの部分を食べると、その部分を補うことができると考えられています。
また、食べ物には人間の身体を温める作用と、冷やす作用のある食べ物がそれぞれ存在し、陰と陽で分けられます。中国春秋戦国時代ごろに五行思想が結びつき、陰陽五行説が生まれました。五行説は万物のもとになる5つの元素があると言うものです。五行の五味には、木・火・土・金・水の順に、酸・苦・甘・辛・鹹が対応しています。
「金」に属する「辛み」が多すぎると「木」に属する五臓五腑の肝や胆を痛めるとされます。そこで、「木」に属する「酸味」を多く取り入れることでバランスを取り、身体を守ることができる、というものです。中華料理のレシピの多くにこの思想が取り入れられています。

20,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます
無料資料請求
受講お申し込み