今人気の発酵食品資格を通信講座で自宅にいながら簡単に最短で資格取得できます | 

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
発酵食品資格講座の特徴W資格取得講座
発酵食品マイスター

初心者からでも大丈夫!
在宅で発酵食品マイスターの資格が取れる人気講座!

発酵食品マイスター
講座の特徴
講座の特徴
  • メンタル心理ヘルスカウンセラー
  • 発酵食品の種類や歴史、発酵食品の製造方法、発酵食品の健康効果や利用方法などを一通り学べる講座となっています。
    初心者の方でも問題なく進められるカリキュラムを採用しているので、どなたでも安心して受講できる内容となっています。
70,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます

2つの資格を同時取得できる!
本講座は講座を学ぶと同時に資格対策にもなるカリキュラムを採用しています。講座で学ぶ内容は 日本安全食料料理協会(JSFCA)の「発酵食品マイスター」、 日本インストラクター技術協会(JIA)の「発酵食健康アドバイザー」 それぞれの資格試験対策としても有効です。

  • 取得できる
    資格その1
    発酵食品マイスター
    発酵食品マイスター
    日本安全食料料理協会(JSFCA)主催
    発酵食品に関する幅広い知識を有していることを証明する資格です。発酵と腐敗の違いや主な発酵食品、麹や菌の働き、醤油、味噌、みりん、酢、納豆、鰹節、チーズ、ヨーグルト、酒粕、キムチ、甘酒などそれぞれの発酵食品に関する知識、発酵過程での微生物の働きや美容・健康効果など、発酵食品に関する深い知識と理解を有していることが求められます。
    資格取得後は、日常に発酵食品を取り入れた健康的な生活に役立てるだけでなく、飲食関係はもちろん、健康に関する仕事、美容に関する仕事、食育に関する仕事など、様々な活躍の場面があります。
    主催団体 日本安全食料料理協会(JSFCA)
    受験資格 特になし
    受験料 10,000円(税込)
    受験申請 インターネットからの申し込み
    受験方法 在宅受験、期日までに解答用紙を提出
    合格基準 70%以上の正答率
  • 取得できる
    資格その2
    発酵食健康アドバイザー
    発酵食健康アドバイザー
    日本インストラクター技術協会(JIA)主催
    発酵食品や発酵食品を使った料理に関する十分な知識を有している方を認定する資格です。発酵過程における微生物の働きを熟知し、美容・健康効果、乳酸発酵・アルコール発酵・酢酸発酵の仕組みや違い、それぞれの菌の働きや効果に関する知識を備えていることが求められます。
    また、発酵食品を使った料理や効果的な食べ合わせの方法、自家製発酵食品の作り方、普段の生活に効果的に発酵食品を取り入れるための知識や技能も必要です。
    資格取得後は、発酵食品に関するスペシャリストとしての活動や、美容・健康などさまざまな側面からアドバイスができる講師としても活動することができます。
    主催団体 日本インストラクター技術協会(JIA)
    受験資格 特になし
    受験料 10,000円(税込)
    受験申請 インターネットからの申し込み
    受験方法 在宅受験、期日までに解答用紙を提出
    合格基準 70%以上の正答率
最短2ヶ月で資格が取得できる!
  • 最短2ヶ月で資格が取得できる
  • スペシャル講座なら簡単100%資格取得
    好きな時間に自分のペースで学べ、進め方次第で最短2ヶ月で資格を取得することができます!
    また当スクールでは各協会が指定するスペシャル講座を受講する事ができ、添削課題を全てクリアした後、卒業課題を提出する事と試験免除で「発酵食品マイスター」「発酵食健康アドバイザー」 の2資格が講座卒業と同時に認定されます。すぐにでも資格を取得したい方、確実に資格を取得したい方は当スクールでの受講がピッタリです!

諒設計アーキテクトラーニングは
ここが違う!
通学より効率的な完全個別指導、専属講師による学習サポートなど諒設計アーキテクトラーニングならではの、資格を取得する方の学習を全面的にサポートし、確実に資格を取得できるようお手伝いいたします。

  • 信頼と実績の通信講座!
  • 受講申込み20,000人以上!
数多くの卒業生から当スクールの通信講座を選んで良かったとのお言葉を頂いています!
  • 全ての講座が完全初心者対応!
    全ての講座が完全初心者対応!
    講座では初心者でも基礎から実践、更に応用まで1つずつ確実に学習できるカリキュラムを取り入れています。実用的なプロの知識を確実に覚え、また同時に資格取得対策にもなるので、効率的で無駄の無い学習が可能です。1つ1つの講座・学習カリキュラムは、その道のプロが手掛けたもので、毎年多くの資格試験合格者を出す実績を持っています。
  • 1日30分でOK!効率的に無駄なく学べるカリキュラム
    1日30分でOK!
    効率的に無駄なく学べるカリキュラム
    講座は1日30分のゆっくり学習ペースでも着実に資格取得が目指せる内容となっているので、日々の空いた時間を使って勉強するだけで資格取得が目指せます。また、ハイペースで学習した場合は最短1ヶ月~2ヶ月程の短期間で資格取得を目指すことも可能です。自分にあったペースで学習可能なのが当スクールの人気の秘密です。
  • 添削課題を提出するだけで資格が取れる!
    添削課題を提出するだけで資格が取れる!
    スペシャル講座は、資格協会認定の人気講座!テキストを学習し添削課題と卒業試験を提出するだけで家にいながら在宅で資格を取得できます。
  • 入学金無料。教材費込みの低価格受講料設定
    入学金無料
    教材費込みの低価格受講料設定
    通学にしても通信教育にしても、技術を身につけようと思ったときに壁となる受講料。当スクールでは低料金設定を心掛け、入学金も無料です。
70,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます

発酵食品とは

発酵食品とは

発酵食品は、現代の非常に肥満や成人病が深刻化する先進国で注目される食材です。中には発酵食品とは意識せずに使われている食材も、日本では非常に多いです。
身近ななものでは、納豆、醤油、味噌、それにみりんも製造工程では発酵食品です。近代ではヨーグルトもやはり乳製品の中での発酵食品です。加工食品でありながら、天然の細菌類、あるいは酵素の働きで食材を分解し、古代から何故そのような味や香りや食感になるのかはハッキリしないまま、伝統的に食されてきた民族特有の加工食品ですね。人類にとっては、お酒などを筆頭に有史以前から、様々な発酵食品が利用されています。
例えば、浅漬けなども野菜についた酵母や細菌を、塩というアルカリ成分を使ったある種の発酵食品で、考古学的には最も古いのはワインになります。これはぶどうの皮についた天然の酵母を利用したもので、発酵食品は、原則食材を潰したり、あるいは茹でたりして雑菌を取り除いて、細菌や酵母の力で、食材を放置して自然加工させます。納豆、醤油や味噌など、日本の伝統的な調味料には、発酵食品が非常に多いのです。
日本インストラクター技術協会の主催する、「発酵食品アドバイザー」では、こうした発酵食品を使ったレシピや種類、あるいは扱い方について、幅広い知識を認めてもらって、様々な分野で活躍することを期待できる認定試験です。発酵食品のスペシャリストとしての活躍が期待されます。

発酵食品の種類

発酵食品の種類

現代ではメディアでも注目される発酵食品の数々ですが、それは世界中のあらゆる国でも同じようにたくさんの発酵食品があります。
腸内細菌の栄養素や、その善玉菌を増やす働きが期待される発酵食品の摂取は、健康の維持だけではなく、今日では成人病の予防にも一定の効果が認められているものです。醤油や、味噌、ぬか漬けもそうですし、納豆も有名な発酵食品です。それ以外には、酵母菌を使ったイカの塩辛、キムチもやはりそうで、奈良漬やべったら漬などの漬物類は、殆どが発酵食品です。みりんは醸造品であれば発酵食品であり、酢もやはりそうです。また調味料では、中華料理に使われる豆板醤、豆鼓、辛味噌であるコチジャンもまた、発酵食品の一つです。
発酵食品は、特に熱を加えた調理に積極活用すると、レシピの幅が広がります。中華料理の調理料の主役は、殆どが発酵食品です。また日本の伝統的な和食に精通すれば、それは発酵食品である味噌や醤油、あるいは本みりんを使い分ける調理法にあるといっても過言ではありません。西洋では、アンチョビ、あるいはサワークラウト、パンもまた発酵食品となります。これらは工夫次第で、いつでも毎日の食事に取り入れる事が可能です。
日本インストラクター技術協会の主催する、「発酵食品アドバイザー」では、世界各地の発酵食品に精通し、そのレシピ、調理法についても精通していることが必要でしょう。そのスキルは、料理教室以外にも、他人の食生活に適切なアドバイスが出来る存在として重宝されるはずです。

70,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます
無料資料請求
受講お申し込み

トップ
に戻る