食育健康アドバイザーW資格取得講座
食育とは 食育基本法

食育インストラクター

健全な食生活を送る為に。
もっと理解したい 「食」 のこと。

人気の通信教育講座1位に選ばれました。
今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!

食に対する知識や栄養学、
健康のための理想的な食生活を学べます。

食育アドバイザー

食育健康アドバイザーW資格取得講座、食育健康アドバイザーW資格取得スペシャル講座では、食育の基礎知識、食事と健康の関係、また栄養学や社会における食育について学習し、食育に関する2資格取得が目指せる講座です。
初心者の方でも問題なく進められるカリキュラムを採用しているので、どなたでも安心して受講できる内容となっています。

「食育健康アドバイザー」、
「管理健康栄養インストラクター」の2資格同時取得可能!

本講座はJSFCA(日本安全食料料理協会)主催の「食育健康アドバイザー」、JIA(日本インストラクター協会)主催の「管理健康栄養インストラクター」の2資格に対応しています。

資格1食育健康アドバイザー
JSFCA(日本安全食料料理協会)

食育健康アドバイザー

食育健康アドバイザーとして、食育の基本的な知識を有していることを認定されます。例えば、食育基本法、諸外国の食育に対する取り組み、食育と生活習慣病との関連性に関する知識を有していることが証明されます。資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

資格2管理健康栄養インストラクター
JIA(日本インストラクター協会)主催

管理健康栄養インストラクター

管理健康栄養インストラクターとして、ビタミンなどの栄養素に関する知識や、腸内細菌が身体に及ぼす働きなどの知識を有していることを認定されます。各栄養素を含む食材への知識、食品表示の見方など、食品に関する理解度を証明する資格です。

試験免除で資格が取れる!
資格協会指定のスペシャル講座も用意!

食育健康アドバイザー

当スクール限定で各協会が指定するスペシャル講座を受講する事が出来ます。スペシャル講座では添削課題を全てクリアした後、卒業課題を提出する事と試験免除で「食育健康アドバイザー」、「管理健康栄養インストラクター」の2資格が講座卒業と同時に認定されます。すぐにでも資格を取得したい方、確実に資格を取得したい方にお勧めのコースです。

通常の講座

自身で受験し、試験に合格する事で資格取得

食育健康アドバイザー

「食育健康アドバイザー」、「管理健康栄養インストラクター」の試験をそれぞれ受験し、試験に合格することで資格が認定されます。

スペシャル講座

卒業課題を提出する事で、卒業と同時に資格取得

食育健康アドバイザー

添削課題を全てクリアした後、卒業課題を提出すると試験免除となり、
「食育健康アドバイザー」、「管理健康栄養インストラクター」の2資格が講座卒業と同時に認定されます。

卒業後は、資格を活かして
「食育」に関する活動が出来ます!

食育健康アドバイザー

講座卒業後、取得した資格を活かしてアドバイザーとして講師活動、また食育のインストラクターとしての活動などが可能です。「食」に関する場であれば需要のある資格なので、様々な可能性が広がります!

食育講座紹介

食育健康アドバイザーW資格取得講座
初心者からでも大丈夫。食育の基本から学べる。
食育健康アドバイザー教材

受講証、受講マニュアル、完全攻略テキスト、練習問題集/解答用紙、練習問題解答集、模擬試験/解答用紙、模擬試験解答集、添削課題/提出用解答用紙、質問用紙、封筒

期 間6ヶ月(最短2ヶ月)添 削5
受講料一括 59,800円 分割3,300円×20回(初回4,276円)
食育健康アドバイザーW資格取得スペシャル講座
試験免除講座100%2資格取得!!今すぐに資格が欲しい方に!
食育健康アドバイザー教材

受講証、受講マニュアル、完全攻略テキスト、練習問題集/解答用紙、練習問題解答集、模擬試験/解答用紙、模擬試験解答集、添削課題/提出用解答用紙、質問用紙、封筒、卒業課題

卒業試験 「食育健康アドバイザー」、「管理健康栄養インストラクター」卒業試験(提出にて資格認定)

期 間6ヶ月(最短2ヶ月)添 削5回 卒業課題+1回
受講料一括 79,800円 分割3,800円×24回(初回3,891円)

食育健康アドバイザー講座内容

食育の基本/食育とは食育という言葉の意味/食育とは食育基本法/食育とは食育推進基本計画/食育とは食育月間と食育の日/食育とは厚生労働省の取組/食育とは地方の活動/食育とは諸外国での取組/食事と生活習慣病/高血圧/食事と生活習慣病/糖尿病/食事と生活習慣病/脂質異常症/食事と生活習慣病/メタボリックシンドローム/食事バランスガイド/栄養管理妊産婦/栄養管理乳幼児・小児/虫歯予防8020運動/虫歯予防子どもの虫歯予防法/虫歯予防成人/栄養素のはたらき炭水化物とは/栄養素のはたらきタンパク質とは/栄養素のはたらき脂肪とは/栄養素のはたらき脂溶性ビタミンとは ビタミンA/栄養素のはたらき脂溶性ビタミンとは ビタミンD/栄養素のはたらき脂溶性ビタミンとは ビタミンE/栄養素のはたらき脂溶性ビタミンとは ビタミンK/水溶性ビタミンとは ビタミンB1/水溶性ビタミンとは ビタミンB2/水溶性ビタミンとは ナイアシン/ビタミンB6/ビタミンB12/葉酸/パントテン酸/ビオチン/ビタミンC/多量ミネラルとは/微量ミネラルとは/食育と身体/老化と酸化/老化と酸化の関係/老化と酸化/抗酸化物質のはたらき/老化と酸化/抗酸化作用による老化予防は可能か/腸内細菌叢について/腸内細菌叢とは/腸内細菌叢と疾患/善玉菌のはたらき/善玉菌の増やすには/食育と社会/学校教育における食育について/企業における食育/食育に関する話題/コレステロールを含む食品の制限の必要性/食育に関する話題/夕食と就寝時間/食育に関する話題/魚油摂取と脂肪燃焼細胞/食育に関する話題/口腔用の健康食品/食育に関する話題/体質を測定する/ながら食事はなぜダメなのか/世界保健機構が推奨する地中海食とは/日本食のすすめ/WHOの食育/医薬品と健康食品(サプリメント)の違い

3年連続口コミ評判ランキング1位を獲得した人気の通信教育!!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!

食育とは

近年、欧米化の影響で日本人の食事形態にも様々な変化がありました。一昔前までは一汁一菜が基本のシンプルな食事であったのが、戦後欧米文化の流入により、一食における品数は増加し、穀物や魚にとどまらず、肉食の比重が高くなったという背景があります。 これは、日本人の食生活事情が戦前や戦時中と比べ格段に改善したことが大きい反面、これまで日本人にはあまり顕著に見られなかった生活習慣病や糖尿病、肥満、動脈硬化といった症状が、悪い形でも現れるようになったからです。 こうした慢性疾患や血管に関連した疾患は近年において増加傾向にあり、日本人の健康に深く関連しています。 昔と比べても格段に平均寿命が延びる一方で、病で不自由な生活をしたり、寝たきりになるなどの状態ではなく、健康に生活することのできる期間は健康寿命と命名され、長くなった人生をできるだけ健康に過ごすためにも、日々の食生活から得られる栄養の質の改善は必要不可欠であり、それを食べることの喜びと関連付けて適切な食事行動が行えることが重要であるという考え方が主流となりつつあります。 その指標として、昔には存在しなかったカロリーや含まれる微細な栄養素のバランスといったものが存在します。先人の知恵や身体的な感覚だけでなく、科学的に数値として一般化できる方法で、自分に必要なものや不必要なものを明確に把握し、自らそれらをコントロールしていく考え方は、今や先進国では標準となっています。これがまさに「食育」というものです。 さらに、食事に含まれるエネルギーだけでなく、食事という行動により必要とされる五感をはじめ、口や歯、あご、喉、飲み込みといった一連の機能を形成・維持し、高齢になっても自分の口で、自分の歯でおいしく栄養摂取ができることにも重点が置かれており、健康寿命を維持するための非常に大きなファクターと捉えられています。 食育は、同時に古きよき日本の食文化を正しく理解し、民族的、身体特徴的に適した食事形態の知識も習得した上で、総合的によりよい食事を目指していくという狙いがあります。 高齢化社会から名実共に高齢社会へとシフトし、全国民の30%近くが高齢者であり、今後も増加傾向にあるという誰も経験したことのない時代において、国民ひとりひとりが食生活に気を使う上で、この食育の浸透と充実はまさに国家的な急務課題ともいえるものです。

食育の仕事について

食事というのは生活の中でも、非常に重要なセイフティ・ネットの一つです。日本では義務教育の学校給食においても、幼児の頃からの基本的な食習慣は、時に問題となる事があります。出来るだけ偏食をなくし、食事の中で栄養と食事のマナーについては、家庭での基礎的な経験が非常に影響を与える場合があるのです。 文部科学省の推進する「食育推進事業」に基づき、食育基本法の施行に伴い普及している家庭での食卓における栄養価のバランスとその必要性を理解し、マナーや独立した食習慣を養うための教育の一つです。 近年では共働き世代の増加により、子供が家で1人で食事をする「孤食」や好きなもの以外は口にしない偏食、あるいは無理な体型へのコンプレックスからくる過剰な少食など、そうした極端な食生活を防止しようとする取り組みの一環です。 食育の基本的な考え方は、家庭内における一家だんらんを理想として、「会話」や食事マナーを通し、健全な食卓を一人でも独立して行えるように、幼児から教育しようというものです。それによって、子供の発想力や、偏食によってイライラや精神的な悪影響を防ぎ、「食事に楽しさ」を添えて、子供の心身共にその健康を成人するまでに獲得しようとするものです。 食品添加物の多い趣向性の強いお菓子や、あるいは炭水化物オンリーの食事などを防ぎ、子供自身が栄養のバランスを想像して、自身の健康を考えさせるのがその目的になるでしょう。 食育健康アドバイザーのような、食習慣、食事の栄養価やマナーについて、一定の習得をしたアドバイザーが講師として、セミナーやスクールで多くの一般家庭の両親にアドバイスを行うなどがあります。保育所や養育施設でもその活躍はこれから期待されることでしょう。

3年連続口コミ評判ランキング1位を獲得した人気の通信教育!!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!
通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング資格講座Topへ