食育資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
食育健康アドバイザーW資格取得講座
食育健康アドバイザー

今人気の 食育資格 を通信講座で自宅にいながら 簡単に最短で資格取得できます

諒(りょう)設計アーキテクトラーニングの通信講座は食育健康アドバイザー資格の食育健康アドバイザー資格と管理健康栄養インストラクター資格を家にいながら自宅で最短2か月で課題を提出するだけで2つの資格を通信講座で簡単に取得できます。

食育健康アドバイザーW資格取得講座
20,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます
全講座資格取得対応!最短2ヶ月で資格取得が目指せる、アーキテクトラーニングの通信講座
諒設計アーキテクトラーニングの教材は、資格協会認定教材
諒設計アーキテクトラーニングスクールは、ゼネラルリサーチ調査により通信講座わかりやすさ・通信講座品質評価・資格取得者が選ぶ通信講座1位を2年連続3冠を達成しています。諒設計アーキテクトラーニングの教材は資格協会に認められた教材です。
諒設計アーキテクトラーニングの教材は、資格協会認定教材

名刺や履歴書に記載できる人気の
2つの資格を
同時に取得できます!

  • 取得できる資格1

    食育健康アドバイザー

    食育健康アドバイザー
    日本安全食料料理協会(JSFCA)主催
    食育健康アドバイザーとして、食育の基本的な知識を有していることを認定されます。例えば、食育基本法、諸外国の食育に対する取り組み、食育と生活習慣病との関連性に関する知識を有していることが証明されます。資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。
    食育健康アドバイザー資格
  • 取得できる資格2

    管理健康栄養インストラクター

    管理健康栄養インストラクター
    日本インストラクター技術協会(JIA)主催
    管理健康栄養インストラクターとして、ビタミンなどの栄養素に関する知識や、腸内細菌が身体に及ぼす働きなどの知識を有していることを認定されます。各栄養素を含む食材への知識、食品表示の見方など、食品に関する理解度を証明する資格です。
    管理健康栄養インストラクター資格

最短2ヶ月で
資格が取得できます!

諒設計アーキテクトラーニングの通信講座カリキュラムは、1日30分程度の学習で、初心者でも約6ヵ月で無理なく食育健康アドバイザー資格講座を学ぶことができます。空いた時間を活用して、自分のペースで食育健康アドバイザー資格講座に取り組みましょう。短期集中で頑張りたい方のために、最短2ヵ月で食育健康アドバイザー資格を取得することもできます。
20,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます

食育の資格保有者が求められる現代。初心者でも取得しやすい資格は?

食育の資格保有者が求められる現代。初心者でも取得しやすい資格は?
子供の健全な心身の発育のために重要なのが、日々の食事です。近年では子供だけではなく、栄養バランスの偏りや過度のダイエットなど、大人の食生活に起こる多くの問題にも注目が集まっています。このような中で、正しい食の知識を持つ食育の資格保有者が、ますます必要とされるようになりました。
ここでは、現代の食生活における食育の重要性や、食育の資格を活かせるフィールドのほか、初心者でも取得しやすい食育の資格をご紹介します。

食育が現代社会で重要視される理由

食育が現代社会で重要視される理由
現在、保育現場や学校などを中心に、「食育」という言葉が一般的に聞かれるようになってきました。農林水産省によれば、食育は「生きる上での基本であって、知育・徳育・体育の基礎となるものであり 、さまざまな経験を通じて『食』に関する知識と『食』を選択する力を習得し、健全な食生活を実現することができる人間を育てること」と定義されています。
食育とは、ただ「食べる」という行為だけではなく、食を通じて「生きる力」をはぐくむものなのです。

国も食育を推進

食の環境が大きく変化していることを踏まえ、2005年に食育基本法が制定されました。食育基本法は、「国民が生涯にわたって健全な心身を培い、豊かな人間性をはぐくむための食育を推進する施策」であり、健全な食生活や伝統的な食文化の継承、健康の確保、低下傾向にある食料自給率や、廃棄食材の問題を地球規模で考えるための判断力など、食に対する知識と理解を深めるための基本となる法律です。国を挙げて食育を計画的に推進しようとしていることからも、食の問題がどれほど重要視されているかがわかります。

子供の食生活の乱れが社会問題化

近年では、ファストフードやレトルト食品などの味の向上、共働き家庭の広がりなどにより、子供の食生活の乱れが多く指摘されています。また、偏った栄養や添加物過多によって、子供の肥満やアレルギー、免疫力・運動機能の低下といった問題も増えています。
このような状況において、食生活が子供の心身の影響に与える影響やリスクについて、正しい知識に基づき適切に対応できる力が求められています。

幼稚園や保育園、学校などで食育の取り組みが増加

幼稚園や保育園などでは、子供たちに食べることの楽しさと大切さを伝えるために、食育の取り組みが積極的に行われています。同様に学校でも、給食や課外活動などの時間に食育が取り入れられています。そのため、保育や教育の現場における取り組みを適切にサポートできる、食育の専門家のニーズが高まっています。

生活習慣病予防のための食育の重要性

子供への教育面が注目されがちな食育ですが、暴飲暴食や外食中心の食事、偏った栄養バランスなど、大人の中にも正しい食生活を実践できていない人は少なくありません。特に、デスクワークが多いと運動不足になりやすく、栄養バランスの悪い食生活によって肥満やメタボリックシンドローム(メタボ)になる可能性も高まります。メタボは、糖尿病をはじめとする生活習慣病の前段階といわれており、健康を守る上でも、正しい食育の知識を身に付けることはとても重要なのです。

食育の資格保有者が活躍できるフィールドは?

食育の資格保有者が活躍できるフィールドは?
食育の資格は、教育・保育の現場や飲食業界など、幅広い分野の仕事で活かすことができます。ここからは、食育の資格を活かせるフィールドについて見ていきましょう。

幼稚園や保育園

保育園をはじめとする子供を預かる施設では、厚生労働省が定める「保育所における食育に関する指針」のもと、子供一人ひとりの食べる力を豊かにはぐくめるような指導を取り入れています。食育の資格を活かせば、子供への適切な指導はもちろん、子供の食事に悩む保護者の相談にもしっかり対応できるようになります。

学校

学校では、給食や授業、課外活動を通して、食育の取り組みが積極的に行われており、学校によっては生徒自身で作物を栽培したり、食育に関するイベントや調べ学習を実施したりしているのです。子供たちの健全な成長と学びのため、食育の資格者が担う役割は大きいといえます。

飲食店

資格を通じて身に付けた食育の知識を、子供用メニューの開発や販売に活かすことも可能です。親子連れが多く来店する飲食店なら、子供といっしょに参加できる食育イベントを企画するのもおすすめです。

介護施設・医療施設

介護施設や医療施設では、食育が健康管理の基礎として重視されています。特に近年では、高齢者の低栄養の問題が深刻化しています。食育の知識があれば、高齢者の味覚や栄養吸収力の変化にも配慮した食事の指導が可能です。

食品メーカー

食の安全や健康は、食品メーカーにとっても重要な課題です。特に、子供や高齢者を対象とした商品を販売する食品メーカーでは、食育の考え方は必須ともいえます。商品やサービスの開発に携わる際には、食育の資格者としての視点が大いに役立つでしょう。

料理教室

「子供に正しい食生活を身に付けさせたい」「食育を通じて楽しく栄養バランスの良い食事を与えたい」と考える保護者は多いものです。資格を活かしてそのような人々に向けた料理教室を開き、正しい食育の知識を伝えていくこともできます。

家庭の食卓

子育て中の人であれば、資格によって学んだ食育の知識を家庭ですぐに活かせます。栄養について子供にわかりやすく伝えたり、子供といっしょに料理をしたりすれば、コミュニケーションをとりながら食への興味を高められるでしょう。

食育に関する資格を取る方法は?

食育を学んで資格を取りたいと思ったら、どのような方法で勉強をすればよいのでしょうか。食育の知識を習得するには、主に下記のような方法があります。

書籍などで独学する

市販されている食育に関する書籍を活用すれば、食育の基礎知識を身に付けることができます。ただし、初心者から勉強を始める場合、多くの書籍や参考書から自分にぴったりの物を選ぶのはたいへんな作業です。仕事として活かせる実践レベルの知識を習得するには、独学だけでは少し難しいかもしれません。

セミナーや講習で学ぶ

食育に関するセミナーや講習会には、専門家の講演を聞くものや料理のデモンストレーションがあるもの、参加者が実際に調理できるものなどさまざまなタイプがあります。「まず食育の概要を知りたい」という場合は、このようなセミナーに参加してみるのもひとつの方法です。

大学や専門学校、各種スクールに通う

大学や専門学校で食育を勉強できるのは、栄養学や食物学に関する学部・学科・コースになります。通学にはある程度まとまった費用と期間が必要ですが、食育を含めた食の専門知識をしっかりと習得することができるでしょう。

通信講座で学ぶ

「仕事や子育ての合間に食育を学びたい」「自分のペースで無理なく食育の資格を取りたい」という人には、通信講座で食育を学ぶ方法もあります。通信講座の中には、修了と同時に試験免除で資格認定が受けられるものもあります。初心者からでも無理なく学習できるようにテキストが構成されているので、食育の実践に必要な知識を総合的に身に付けることが可能です。

諒設計アーキテクトラーニングの食育健康アドバイザー講座を受講するメリット

諒設計アーキテクトラーニングの食育健康アドバイザー講座を受講するメリット
食育に関する資格は、多くの人から注目されています。諒設計アーキテクトラーニングの食育健康アドバイザー講座を受講することで、どのようなメリットがあるのでしょうか。

食に関する知識が身に付く

食育に関する知識をしっかりと身に付けるには、体系的に学ぶ必要があります。食育健康アドバイザー講座を受講することで、食育の基本的な知識だけでなく、栄養バランスの重要性や食の指導法、社会における食育の取り組みなど、さまざまな専門知識を幅広く習得することが可能です。

家庭での食事づくりに活かせる

食育を学ぶことで、その知識を基に日々の食事づくりに活かすことができます。家族のために食事を通して病気の予防や体力増進などに一役買ってくれるでしょう。また、子供がいるご家庭の場合、食事の大切さと同時に、食べる楽しさや食への感謝を伝えていくこともできます。

キャリアアップや開業・副業に役立つ

飲食業界や教育に関わる仕事をしている人なら、食育の知識はキャリアアップにも直結するでしょう。食育の専門知識を活かして食の専門アドバイザーや、カルチャースクールなどで講師として活動する道も開けます。

初心者におすすめ!食育健康アドバイザー講座で取得できる資格

ここからは、初心者でも取得しやすい食育の資格をご紹介しましょう。通信講座で取得が可能な資格なので、仕事や家事、育児で忙しい人でも無理なく取得を目指せます。

食育健康アドバイザー

食育健康アドバイザー
食育健康アドバイザーは、日本安全食料料理協会(JSFCA)の認定資格です。
資格を取得すると、食育基本法などの基礎知識や、日本だけでなく諸外国の食育に対する取り組みのほか、食育と生活習慣病との関連性についての知識を持っていることが証明されます。

管理健康栄養インストラクター

管理健康栄養インストラクター
管理健康栄養インストラクターは、日本インストラクター技術協会(JIA)の認定資格です。
各栄養素を含む食材への知識、食品表示の見方など、食品に関する理解度を証明します。ビタミンなどの栄養素に関する知識や、腸内細菌が体に及ぼす働きなどの知識も習得できます。

食育に関する資格保有者は、今後ますます需要が高まる

食育に関する資格は、保育園や学校など、子供と食に関わるあらゆるシーンで活かすことができます。また、最近では大人や高齢者に向けた食育も重視されるようになり、食育に関する資格保有者のニーズはますます高まっていくでしょう。
通信講座を活用すれば、仕事や家事、育児などで忙しい人でも、無理なく確実に資格取得を目指すことができます。興味のある人は、ぜひ諒設計アーキテクトラーニングで資格の取得に挑戦してみてはいかがでしょうか。

資格協会指定のスペシャル講座も用意
課題を提出するだけで
簡単に資格が取れる
資格協会指定の
スペシャル講座をご用意!

当スクール限定で各協会が指定するスペシャル講座を受講する事が出来ます。スペシャル講座では添削課題を全てクリアした後、卒業課題を提出する事と試験免除で「食育健康アドバイザー」、「管理健康栄養インストラクター」の2資格が講座卒業と同時に認定されます。すぐにでも資格を取得したい方、確実に資格を取得したい方にお勧めのコースです。
 通常の講座
通常の講座の流れ
「食育健康アドバイザー」、「管理健康栄養インストラクター」の試験をそれぞれ受験し、試験に合格することで資格が認定されます。
 スペシャル講座
スペシャル講座の流れ
課題を全てクリアし、コースを卒業すると試験免除となり、「食育健康アドバイザー」、「管理健康栄養インストラクター」の2資格が講座卒業と同時に取得出来ます。
20,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます

大丈夫!プロの監修を受けた教材です!

講座のテキスト、問題集や添削課題は すべてプロの先生によって監修されています。
初心者の方でも安心。自信を持ってお勧めできる内容となっております。
あい 先生
スピリチュアルカウンセラー
1978年生まれ。札幌市出身。
フードアナリストの資格を持つ占い師として、風水や西洋占星術など占いを活用した「ラッキー〇〇」として有名企業の企画の執筆も手掛ける。

100%資格が取れる
スペシャル講座
がおすすめ!

当スクールの食育健康アドバイザー講座には基本講座とスペシャル講座の2コースがあります。
費用を抑えたい方は基本講座を、すぐにでも資格を取得したい方、確実に資格を取得したい方はスペシャル講座を選べます。
  •  
    食育健康アドバイザーW資格取得講座
    基本講座
    59,800
    分割 3,300円×20回(初回4,276円)
    受講期間
    6ヶ月
    (最短2ヶ月)
    添削
    5回
    受講証・受講マニュアル・完全攻略テキスト2冊・練習問題集/解答用紙・練習問題解答集・模擬試験/解答用紙・模擬試験解答集・添削課題/提出用解答用紙・質問用紙・封筒
    基本講座
  • 試験免除講座
    食育健康アドバイザーW資格取得講座
    スペシャル講座
    79,800
    分割 3,800円×24回(初回3,891円)
    受講期間
    6ヶ月
    (最短2ヶ月)
    添削
    5回
    +
    卒業課題1回
    受講証・受講マニュアル・完全攻略テキスト2冊・練習問題集/解答用紙・練習問題解答集・模擬試験/解答用紙・模擬試験解答集・添削課題/提出用解答用紙・質問用紙・封筒
    食育健康アドバイザー&管理健康栄養インストラクター 卒業試験(提出にて資格認定)
    スペシャル講座
20,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます
動画でわかる!
食育健康アドバイザー
資格
おすすめコラム

Official Sponsor

20,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます
無料資料請求
受講お申し込み