今人気の介護食資格を通信講座で自宅にいながら簡単に最短で資格取得できます

介護食マイスター®W資格取得講座
  • 累計受講者数70,000人突破!
  • 初学者92%!簡単カリキュラム!
  • 自宅で試験OK!在宅受験に対応!
介護食マイスター®
今人気の 介護食資格 を通信講座で自宅にいながら 簡単に最短で資格取得できます

諒(りょう)設計アーキテクトラーニングの通信講座は介護食マイスター®資格の介護食マイスター®資格と介護食作りインストラクター®資格を家にいながら自宅で最短2か月で課題を提出するだけで2つの資格を通信講座で簡単に取得できます。

介護食マイスター®
「自宅でゆっくり」OK!
「今すぐ」資料が欲しい方
講座の事が詳しくわかる!パンフレットを無料でお届けします
これまで70,000名以上に支持されてきた講座の魅力をさまざまな確度から詳しくご紹介!学習方法やカリキュラム、安心&万全の充実したサポート内容もじっくりご確認ください。
  • 講座について知りたい方はこちら
    無料で資料請求
  • スグに申し込みたい方はこちら
    受講お申込み
諒設計アーキテクトラーニングの教材は、資格協会認定教材
諒設計(りょうせっけい)アーキテクトラーニングの通信講座は、各資格団体に認められた教材です。教材は初心者の方でも学習できる内容で、自宅にいながら在宅で検定試験を受験できます。全資格、講師資格対応、履歴書に書ける人気資格です。
諒設計アーキテクトラーニングの教材は、資格協会認定教材

名刺や履歴書に記載できる人気の
2つの資格を
同時に取得できます!

  • 取得できる資格1

    介護食マイスター®

    介護食マイスター®
    日本安全食料料理協会(JSFCA)主催
    介護食マイスターとして、介護食についての基本的な知識を有していることが認定される資格です。介護食を食べ始めるタイミング、介護食の種類、介護食のつくり方、高齢者と食事の関係、食育と介護食の関係、状態に応じた介護食の種類、経管栄養の種類と手順、流動食の種類と特徴等についての基本的な知識を有していることの証明になります。食事介助の手順と方法やポイント、調理サービスについて、の知識を有していることを証明されます。また、介護食づくりの便利なアイテムについての知識、レトルト介護食のメリットとデメリットなど、様々な知識を有していることも証明されます。資格取得後は、介護食マイスターとして福祉施設などで活躍することができます。
    主催団体 日本安全食料料理協会(JSFCA)
    受験資格 特になし
    受験料 10,000円(税込)
    受験申請 インターネットからの申し込み
    受験方法 在宅受験、期日までに解答用紙を提出
    合格基準 70%以上の正答率
    介護食マイスター®資格
  • 取得できる資格2

    介護食作りインストラクター®

    介護食作りインストラクター®
    日本インストラクター技術協会(JIA)主催
    介護食作りインストラクターとして、介護食の役割や介護食の作り方に関する基本的な知識を持っていることが証明されます。 介護食の栄養バランス、施設での食事、誤嚥性肺炎などの高齢者に必要な食事の注意点、高齢者の口腔ケア、高齢者に必 要な水分について等、介護食づくりに必要な基本的な知識を有しており、専門的な栄養指導ができることが証明されます。きざみ食、ゼリー食、ミキサー食等の高齢者の嚥下能力に適したレシピ、魚、肉、野菜、卵などを中心にした介護食レシピ、介護食のデザートレシピなど、様々なレシピに関する知識があることも証明されます。資格取得後は、介護食作りインストラクターとして自宅やカルチャースクールで講師活動をすることができます。
    主催団体 日本インストラクター技術協会(JIA)
    受験資格 特になし
    受験料 10,000円(税込)
    受験申請 インターネットからの申し込み
    受験方法 在宅受験、期日までに解答用紙を提出
    合格基準 70%以上の正答率
    介護食作りインストラクター®資格

最短2ヶ月で
資格が取得できます!

諒設計アーキテクトラーニングの通信講座カリキュラムは、1日30分程度の学習で、初心者でも約6ヵ月で無理なく介護食マイスター®資格講座を学ぶことができます。空いた時間を活用して、自分のペースで介護食マイスター®資格講座に取り組みましょう。短期集中で頑張りたい方のために、最短2ヵ月で介護食マイスター®資格を取得することもできます。
70,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます

資格協会指定のスペシャル講座も用意
課題を提出するだけで
簡単に資格が取れる
資格協会指定の
スペシャル講座をご用意!

当スクール限定で各協会が指定するスペシャル講座を受講する事が出来ます。スペシャル講座では添削課題を全てクリアした後、卒業課題を提出する事と試験免除で「介護食マイスター®」、「介護食作りインストラクター®」の2資格が講座卒業と同時に認定されます。すぐにでも資格を取得したい方、確実に資格を取得したい方にお勧めのコースです。
 通常の講座
通常の講座の流れ
「介護食マイスター®」、「介護食作りインストラクター®」の試験をそれぞれ受験し、試験に合格することで資格が認定されます。
 スペシャル講座
スペシャル講座の流れ
課題を全てクリアし、コースを卒業すると試験免除となり、「介護食マイスター®」、「介護食作りインストラクター®」の2資格が講座卒業と同時に取得出来ます。
70,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます

100%資格が取れる
スペシャル講座
がおすすめ!

当スクールの介護食マイスター®講座には基本講座とスペシャル講座の2コースがあります。
費用を抑えたい方は基本講座を、すぐにでも資格を取得したい方、確実に資格を取得したい方はスペシャル講座を選べます。
  •  
    介護食マイスター®W資格取得講座
    基本講座
    59,800
    分割 3,300円×20回(初回4,276円)
    受講期間
    6ヶ月
    (最短2ヶ月)
    添削
    5回
    ガイドブック・受講証・受講カード・完全攻略テキスト2冊・練習問題・練習問題解答・模擬試験・模擬試験解答・添削課題・添削課題提出用紙・質問用紙・封筒
    基本講座
  • 試験免除講座
    介護食マイスター®W資格取得講座
    スペシャル講座
    79,800
    分割 3,800円×24回(初回3,891円)
    受講期間
    6ヶ月
    (最短2ヶ月)
    添削
    5回
    +
    卒業課題1回
    ガイドブック・受講証・受講カード・完全攻略テキスト2冊・練習問題・練習問題解答・模擬試験・模擬試験解答・添削課題・添削課題提出用紙・質問用紙・封筒・※講座修了証、資格認定証は無料。合格認定証、合格認定カードは別途有料になります。
    介護食マイスター®&介護食作りインストラクター® 卒業試験(提出にて資格認定)
    スペシャル講座
70,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます

受講生の口コミ・体験談

受講生様からの評価が高いからこそ介護食マイスター®資格を短期で楽に合格したい方にお薦めの講座です!
70,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます

高齢化社会でニーズが高まる介護食とは?介護食に関する資格を紹介

READ
高齢化社会でニーズが高まる介護食とは?介護食に関する資格を紹介
介護食は、食事が困難な状態であっても食べやすいように、調理方法などを工夫した料理です。高齢や病気のために噛む力や飲み込む力が弱くなり、食事をとりづらくなってしまうと、低栄養(栄養不足)状態に陥るリスクがあります。そのため、高齢化が進む日本において、高齢者の健康を支える介護食のニーズはますます拡大しているのです。
ここでは、介護食の重要性や介護食に関する資格を取得して活躍できるフィールドのほか、資格取得のメリットなどについて解説します。

介護食に注目が集まる理由

介護食に注目が集まる理由
食は、人が生きる上で欠かすことのできない重要なものです。中でも介護食が注目されているのには、主に下記のような理由があります。

ますます加速する超高齢社会

内閣府が発表した「令和4年版高齢社会白書」によれば、総人口に占める65歳以上人口の割合(高齢化率)は28.9%です。この高齢化率は年々上昇傾向にあり、日本が超高齢社会と呼ばれるステージに到達したことを表す一方で、出生数は年々減少しており、今後も少子高齢化が急速に進むと予測されています。
このような状況の中、課題となっているのが介護業界の人手不足です。介護食の専門スキルを持つ人材が、多くの介護施設で求められています。

高齢者に起こりやすい低栄養の問題

高齢になると多くの人が若い頃に比べ、食欲や噛む力が低下します。そのため、食べる量が減ったり食べられる物が限定されたりして、本人も自覚のないうちに低栄養(栄養不足)に陥ってしまう可能性があります。偏食や少食によって必要な栄養が不足すると、体力や筋力、免疫力の低下を招き、病気や寝たきりのリスクが高くなってしまうのです。

高齢者の生活の質(QOL)向上には食事が重要な役割を果たす

食事は、ただ栄養を摂取できれば良いというものではありません。「おいしく食べる」「楽しく食べる」ということによって、人は精神的な満足感を得られます。高齢者にとって「うまく食べられない」「食事がおいしくない」という悩みは、精神的なストレスに直結します。食べやすくおいしい介護食を提供することは、高齢者の生活の質(QOL)向上にもつながるのです。

適切な介護食を作るには専門的な知識が必要

介護食には、きざみ食やソフト食、ミキサー食などさまざまなタイプがあります。ただやわらかくするだけではなく、一人ひとりの噛む力や飲み込む力、消化機能、必要な栄養などを十分考慮した上で、調理方法を工夫しなければなりません。日々の食事は高齢者の健康状態を左右する重要な要素でもあり、介護食に関する専門的な知識を持つ人材が求められているのです。

介護食に関する資格保有者が活躍できるフィールドは?

介護食に関する資格保有者が活躍できるフィールドは?
介護食に関する資格は、介護業界をはじめとした幅広い業界で活かすことができます。すでに介護に関わる仕事をしている人も、介護食について学ぶことで、さらなるキャリアアップを目指せます。介護食に関する資格保有者が活躍するフィールドにはどのようなものがあるのか見てみましょう。

高齢者向けの介護施設

高齢者向けの介護施設では、入所者一人ひとりの健康状態に合わせた介護食が求められます。例えば、特別養護老人ホームなどでは、食べやすさや栄養はもちろん、食べさせる側の介護者にも配慮した食事づくりが必要でしょう。介護食に関する資格があれば、身に付けたスキルを活かして、介護施設で食事づくりに携わる調理師として働くことも可能です。

訪問介護のヘルパー

高齢者の自宅を訪問して日常生活を支える介護ヘルパーは、高齢者本人や家族から食生活のアドバイスを求められることも少なくありません。介護食に関する資格があれば、適切なアドバイスができ、利用者に大きな安心感を与えられるでしょう。

宅食サービス

最近では、自宅に食事を届ける宅食サービスも人気です。宅食サービスは、買い物や調理が難しい高齢者世帯に多く利用されており、今後も需要が伸びていくと考えられています。資格を通して身に付けた介護食の知識があれば、高齢者のニーズを把握した上でメニュー開発などに活かすことができます。

食品メーカー

高齢化社会の加速に伴い、介護食市場も近年ますます拡大傾向にあります。各食品メーカーも、温めるだけで簡単に食べられるレトルト介護食など、高齢者向けの商品を多数開発しています。介護食に関する知識を活かし、商品の企画や開発、マーケティングなどに役立てることができるでしょう。

料理教室の講師

高齢の家族と同居している人から、「どんな食事を作ればいいかわからない」という悩みが聞かれることもよくあります。料理教室の講師として介護食に特化したレッスンは、多くのニーズがあると予想されます。

介護食に関する資格を取る方法は?

介護食に関する知識を学び、資格を取得するには、主に下記のような方法があります。

書籍などで独学する

書籍などから、高齢者向けの食事の考え方や基本的な作り方を学ぶことができます。家族や親族のために作る食事であれば、レシピ本なども参考になるでしょう。ただ、介護食に関わる仕事に活かすためには、栄養などの専門知識が必須になるため、完全独学だけでは難しいかもしれません。

大学や専門学校、スクールなどに通う

栄養学について学べる大学や専門学校に通えば、介護食に関する専門的な知識を身に付けることができます。また、大学などに通うのはハードルが高いという場合は、栄養や介護分野について学べる民間スクールに通う方法もあります。選択するコースによっては、介護食以外の介護・福祉に関わる知識も習得することができるでしょう。ただし、いずれも卒業までにはある程度の期間と費用を要します。

高齢者向け施設の厨房で働く

資格を取得するより先に、高齢者向け施設の厨房で働くというのもひとつの手です。調理補助などの仕事であれば未経験可の求人も多いため、実務を通してスキルアップしていくことができるでしょう。食事に対する利用者の反応をダイレクトに感じられ、やりがいにもつながるはずです。

通信講座で学ぶ

介護食に関する資格は、通信講座でも取得が可能です。通信講座なら、初心者でも無理なくステップアップできるカリキュラムが組まれている上、自由な時間・場所で学びを進めることができます。確実に資格を取得したい場合は、カリキュラムを修了すれば資格が認定される通信講座を選ぶのがおすすめです。

諒設計アーキテクトラーニングの介護食マイスター®W資格取得講座を受講するメリット

諒設計アーキテクトラーニングの介護食マイスターW資格取得講座を受講するメリット
諒設計アーキテクトラーニングの介護食マイスター®W資格取得講座では、わかりやすい内容や隙間時間を活用できるカリキュラムなど、初心者でもスムーズに学習が進められるような工夫がされています。介護食の知識を身に付けて将来仕事に活かしたいと考えている人も、通信講座なら自宅にいながら資格取得が可能です。

隙間時間で効率良く学べる

諒設計アーキテクトラーニングの介護食マイスターW資格取得講座は、初心者でも1日30分・約半年で修了できるカリキュラムとなっています。仕事や子育てなどで忙しい人でも、隙間時間を活用して効率良く勉強を進めることができるでしょう。
さらに、学習ペースを速めれば、最短2ヵ月で資格取得を目指せます。通学も不要なので、「自分のペースで学びたい」「空いた時間を有効活用したい」という人におすすめです。

介護・福祉業界への就職に有利になる

今後ますます進むとみられる超高齢社会において、介護・福祉業界の人手不足は大きな課題となっています。介護食の専門知識を身に付けた資格保有者は、介護・福祉に関わる幅広いシーンで即戦力として重宝されるに違いありません。未経験から介護・福祉業界への転職を希望する場合にも、資格が大きな武器になるはずです。

飲食業界や外食業界でのキャリアアップにつながる

高齢者の人口が増加傾向にある現代の日本において、飲食・外食の分野でも、高齢者のニーズは市場拡大の大きなポイントとなっています。介護食に関する資格があれば、メニューやサービス開発にあたり、高齢者も飲食店で食事を楽しめる工夫ができるようになります。すでに飲食の仕事に携わっている人にとっても、資格がキャリアアップのきっかけになるでしょう。

高齢者に「食べる楽しさ」を提供できる

多くの人にとって、おいしい食事は生活の中での大きな楽しみです。特に、高齢者は若い人に比べて行動が制限されることが多いため、日常生活における刺激が少なくなりがちです。食べやすくおいしい介護食を提供して高齢者の喜ぶ顔が見られれば、自分自身の達成感ややりがいにもつながります。

家族や親族の食事づくりに活かせる

介護食に関する資格を取得すると、その人の年齢や健康状態、体の機能に応じた適切な食事を作れるようになります。特に、祖父母や両親など、高齢の家族の健康をサポートしたいと考えている人にとっては、介護食の知識は非常に役立つでしょう。同居する高齢家族のための献立に悩むこともなくなるはずです。

初心者におすすめ!介護食マイスターW資格取得講座で取得できる資格

諒設計アーキテクトラーニングの介護食マイスター®W資格取得講座を受講し試験に合格すれば、「介護食マイスター®」と「介護食作りインストラクター®」の2つの資格を取得することができます。
さらにスペシャル講座なら、添削課題をすべてクリアしてから卒業課題を提出することで、試験免除で2つの資格の取得が可能です。

介護食マイスター®

行動心理カウンセラー
介護食マイスター®は、日本安全食料料理協会(JSFCA)の認定資格です。資格を取得することで、介護食を食べ始めるタイミングや、状態に応じた介護食の種類・作り方のほか、経管栄養や流動食などについての基本的な知識があることの証明になります。

介護食作りインストラクター®

行動主義心理アドバイザー
介護食作りインストラクター®は、日本インストラクター技術協会(JIA)の認定資格です。介護食の栄養バランス、施設での食事、誤嚥性肺炎といった高齢者に必要な食事の注意点に加え、高齢者の口腔ケアなど、介護食づくりに必要な知識を持っていることが証明されます。また、さまざまなレシピについても学べます。

介護食に関する資格で超高齢社会において求められる人材になろう

介護食は、高齢者の心身の健康にとって非常に重要な意味を持ちます。超高齢社会の到来によって、介護食に関する資格保有者が必要とされるフィールドはますます拡大していくでしょう。
介護業界への就職を希望する人や、キャリアアップを目指す人にも、介護食に関する資格は大いに役立ちます。興味のある人は、ぜひ諒設計アーキテクトラーニングの介護食マイスター®W資格取得講座で資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。
70,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます

大丈夫!プロの監修を受けた教材です!

講座のテキスト、問題集や添削課題は すべてプロの先生によって監修されています。
初心者の方でも安心。自信を持ってお勧めできる内容となっております。
石本淳嗣
石本淳嗣 先生
尼崎食支援研究会運営
1959年大阪生まれ。介護食資格保持者フードスタディマイスター。
石本淳嗣
70,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます
無料資料請求
受講お申し込み

トップ
に戻る