幼児食マイスターW資格取得講座
レシピ

白菜 幼児食

子供に安全な食生活を。
基礎から学べる幼児食。

人気の通信教育講座1位に選ばれました。
今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!

幼児に必要な栄養、理想的な食事、レシピも学べ、
資格取得も目指せる講座です。

幼児食マイスター

幼児食マイスターW資格取得講座、幼児食マイスターW資格取得スペシャル講座では、子どもの成長に合わせた食事に関する知識、幼児食に向く食材、幼児に必要な栄養、季節ごとの理想的な幼児食レシピなどを基本的な部分から学習することが出来ます。
初心者の方でも問題なく進められるカリキュラムを採用しているので、どなたでも安心して受講できる内容となっています。

「幼児食マイスター」、
「ベビーフードインストラクター」の2資格同時取得可能!

本講座はJSFCA(日本安全食料料理協会)主催の「幼児食マイスター」、JIA(日本インストラクター協会)主催の「ベビーフードインストラクター」の2資格に対応しています。

資格1幼児食マイスター
JSFCA(日本安全食料料理協会)

幼児食マイスター

子どもの成長に合わせて栄養バランスを考えた献立を作ることができる知識や離乳食から幼児食に変える時期、幼児食に向く食材・不向きな食材など幼児食に関する知識を有する人に対し与えられる資格です。子どもの身体の作りを理解し、脳や神経細胞の成長に合わせた食事や、骨や筋肉を成長させる食事を意識し、最適な環境を作ることが大切です。また、蕁麻疹、赤み、かゆみなどの全身の皮膚への症状を起こすアナフィラキシー症状の予防・対策を身に付けており、適切な対処をすることができたり、子どもの手づかみ食べや遊び食べの克服するためのしつけができたりします。

資格2ベビーフードインストラクター
JIA(日本インストラクター協会)主催

ベビーフードインストラクター

子どもの成長に合わせた食事に関する知識を十分に理解しており、春夏秋冬の献立や、キャベツやじゃがいも、れんこんなど幼児に与えるおすすめの食材を使用した献立、正月や節分、桃の節句、クリスマスなど行事に合わせた献立を考え、食事を作ることができる方に与えられる資格です。エネルギーとなるもの(黄色)、身体をつくるもの(赤色)、 身体の調子を整えるもの(緑色) の三色の栄養素がバランスよく含まれている献立で、幼児の体格、体質、運動量によって食事量を考えることができます。資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師として活動することができます。

試験免除で資格が取れる!
資格協会指定のスペシャル講座も用意!

幼児食マイスター

当スクール限定で各協会が指定するスペシャル講座を受講する事が出来ます。スペシャル講座では添削課題を全てクリアした後、卒業課題を提出する事と試験免除で「幼児食マイスター」、「ベビーフードインストラクター」の2資格が講座卒業と同時に認定されます。すぐにでも資格を取得したい方、確実に資格を取得したい方にお勧めのコースです。

通常の講座

自身で受験し、試験に合格する事で資格取得

幼児食マイスター

「幼児食マイスター」、「ベビーフードインストラクター」の試験をそれぞれ受験し、試験に合格することで資格が認定されます。

スペシャル講座

卒業課題を提出する事で、卒業と同時に資格取得

幼児食マイスター

添削課題を全てクリアした後、卒業課題を提出すると試験免除となり、
「幼児食マイスター」、「ベビーフードインストラクター」の2資格が講座卒業と同時に認定されます。

卒業後は「幼児食」のプロとして
様々な活動が可能です!

幼児食マイスター

講座卒業後、「幼児食マイスター」、「ベビーフードインストラクター」の資格を活かして講師活動や、幼児食に関わる仕事でのキャリアアップなど、幼児食のプロとして活動をすることが可能です。

幼児食講座紹介

幼児食マイスターW資格取得講座
初心者からでも大丈夫。一から学べる幼児食。
幼児食マイスター教材

受講証、受講マニュアル、完全攻略テキスト、練習問題集/解答用紙、練習問題解答集、模擬試験/解答用紙、模擬試験解答集、添削課題/提出用解答用紙、質問用紙、封筒

期 間6ヶ月(最短2ヶ月)添 削5
受講料一括 59,800円 分割3,300円×20回(初回4,276円)
幼児食マイスターW資格取得スペシャル講座
試験免除講座100%2資格取得!!今すぐに資格が欲しい方に!
幼児食マイスター教材

受講証、受講マニュアル、完全攻略テキスト、練習問題集/解答用紙、練習問題解答集、模擬試験/解答用紙、模擬試験解答集、添削課題/提出用解答用紙、質問用紙、封筒、卒業課題

卒業試験 「幼児食マイスター」、「ベビーフードインストラクター」卒業試験(提出にて資格認定)

期 間6ヶ月(最短2ヶ月)添 削5回 卒業課題+1回
受講料一括 79,800円 分割3,800円×24回(初回3,891円)

幼児食マイスター講座内容

はじめての離乳食/離乳食開始の適した時期/離乳食のすすめ方/幼児食とは/必要な栄養素と量/幼児の身体の成長に合わせた生活/月齢によるごはんの量の目安/食事時間の目安/幼児食に向く食材/幼児食に不向きな食材(食品添加物)/幼児食に不向きな食材(要注意食材)/食中毒について/幼児の食事マナーについて(手づかみ食べ、遊び食べ編)/幼児の食事マナーについて(好き嫌い編)/味覚について/食物アレルギー/特定アレルギーとは/アレルギー食材の代替え/アナフィラキシーショックから幼児を守る/アレルギーが発症したときの対処法/幼児食の基礎/栄養の話エネルギーになる栄養素/栄養の話身体を作る栄養素/牛乳の話/ミルクの種類/牛乳の危険性/お茶の話/赤ちゃんの飲み物/ジュース・清涼飲料水について/カフェイン含有量比較/糖尿病とは/間食について/幼児への間食の与え方/食品添加物について/魚を生で与える時期/豊かな食生活を築く/幼児のための献立作り/旬の食材を使う/幼児食の応用レシピ集/春の献立例/夏の献立例/秋の献立例/冬の献立例/幼児へ与える簡単食材 -ツナ缶/幼児へ与える簡単食材 -クリームコーン/幼児へ与えるのにおすすめな食材高野豆腐/幼児へ与えるのにおすすめな食材キャベツ/幼児へ与えるのにおすすめな食材じゃがいも/幼児へ与えるのにおすすめな食材さつまいも/幼児へ与えるのにおすすめな食材れんこん/幼児へ与えるのにおすすめな食材かぼちゃ/レシピ集(離乳食)/レシピ集(幼児食)/ハレの日の食事/幼児と過ごすお正月/幼児と過ごす節分/幼児と過ごす桃の節句/幼児と過ごすクリスマス

3年連続口コミ評判ランキング1位を獲得した人気の通信教育!!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!
幼児食資格取得通信教育講座の口コミ評判はこちら

幼児食について

幼児食は、それまでの乳幼児から子供として自立する第一段階、本格的な食卓デビューの時期でもあます。この時期における食育、そして幼児が自分で食べる行為に興味や関心をもって、自立した人間性を獲得する第一歩にもなるのです。 幼児食とは、離乳食とミルクなどの乳児から幼児に一歩進んだ、通常の食事に慣れるまでの間の、一時的な食事メニューのことです。離乳食には、段階的に与える量やミルクとの兼ね合いを変えていきますが、生後12ヶ月以降、18ヶ月前後で離乳食を終えたら成人と同じ食事が可能となるわけではありません。 幼児食とは、原則的に1日3度の食習慣に幼児が慣れて、食べ物を奥歯で食べられるようになってから与えるようになります。同時に、幼児自身が親の介助無しで自ら食事をする行動が出来ることも、非常に重要です。また飲み物もストローではなく、直接コップから飲めるようにするための訓練もここから始まります。 いつから幼児食に切り替えるかは目安は、それほどハッキリしたものはありません。しかし少なくとも5歳頃までには幼児食で、幼児が自分で食事を出来るようになっているのが理想です。離乳食に比べて、1日に必要な最低限のエネルギーだけではなく、運動量に応じたカロリー摂取がその目的となります。 味付けは味蕾の未発達もあるので、原則薄味です。量的には離乳食よりも多いですが、大切なのは栄養バランスが良いことです。またスプーンやフォークも、使い方に慣れる必要があります。 離乳食をやめて子供の成長では、運動量と筋力が増す時期に入るので、旬の素材の美味しさや食習慣で季節を感じるような食育もこの幼児食には含まれます。従って、保育所入園前のセミナー、子育て支援のイベントなどで、「ベビーフードインストラクター」など、専門職として有益なものとなるでしょう。

幼児食のレシピ

基本的な事を抑えてしまえば、幼児食のレシピはそれほど難しいものではありません。幼児食の基本は、食事のタイミングは大人と同じで1日朝、昼、夕の3回であることには変わりません。 まず、離乳食では物足りなく、キチンと食べ物をすりつぶして食べるようになっているかは幼児食に切り替える目安となります。フォークやスプーンに関しても、幼児が自分で持ったり、関心を示すようになったら、考えて行くことも良いしょう。 幼児食の目安は、1歳から2歳であれば、「食パン1枚」、「ご飯80グラム」、「うどん半玉」くらいが一回の主食の目安です。肉類は薄切り肉3分の2切れ、魚はタラ一切れの3分の1程度がおかずです。 野菜はバランスよく緑黄色野菜と白菜やキャベツなどで合計180グラム、きのこ類は10g程度です。イモ類は小ぶりを半分、果物はバナナ1本、牛乳はマグカップ小で1杯程度で、ヨーグルトは小分けされたものを約半分程度で充分です。これらは3歳位までの平均的分量ですので、それぞれ年齢に応じて量を加減して行くことになります。 基本的には筋肉や骨の形成で、アミノ酸とカルシウムは必須の栄養素で、レシピには必ず1品は加えることを目指します。 また幼児で食べやすい、五目ご飯、野菜スープなどは、こうした栄養価を一度に簡単に食べられるレシピでもあります。 幼児食のレシピの考え方は、一般的な成人のレシピに比べては総量が少ないことが第一ですが、栄養価のバランスは、非常に慎重に考えるほうが良いです。

3年連続口コミ評判ランキング1位を獲得した人気の通信教育!!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!

幼児食資格の関連講座はこちら

食育資格取得講座スポーツフード資格取得講座

3年連続口コミ評判ランキング1位を獲得した人気の通信教育!!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!
ページトップへ