幼児食資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
幼児食資格のおすすめ10選!最短2ヵ月で取得する方法も解説資格取得講座
幼児食マイスター

幼児食資格のおすすめ10選!最短2ヵ月で取得する方法も解説

みなさんは「幼児食資格」をご存知ですか?
子どもの成長に欠かせない毎日の食事。
最近では「食育」という言葉もよく聞くようになりました。
幼児食資格とは「幼児食」に関する知識を持ち、子どもが正しい食事ができるよう成長に合わせた献立を考え提供できる方に与えられる資格です。
しかし幼児食資格と言ってもたくさんの種類があります。
この記事ではおすすめの幼児食資格と取得方法についてご紹介します。

目次

01幼児食資格とは?

「幼児食資格」とは「幼児食」に対する十分な知識を持っている方が取得できる資格です。
成長著しい幼児にとって正しい食事はとても大切です。最近では「食育」という言葉もよく耳にするようになりました。
心と身体が健康に育つために食事は欠かせません。
しかし、中には子どもの食育に悩みを抱えている方もいらっしゃるでしょう。「幼児食資格」は、子どもに関わる仕事に就いている方だけでなく、子育て中の方も幼児食に関する正しい知識とスキルを身につけるのに役立ちます。

02おすすめの幼児食資格10選

おすすめの幼児食資格10選
幼児食資格にはさまざまな種類があります。資格によって受験できる条件が異なるため、どの資格を取得するかじっくり考えた方がよいでしょう。
ここではおすすめの幼児食資格10選をご紹介します。

2-1幼児食マイスター

「幼児食マイスター」は、日本安全食料料理協会(JSFCA)が認定する資格です。
子どもの成長に合わせて栄養バランスのとれた献立を作れる方が認定されます。離乳食から幼児食に変える時期や幼児食に向く食材など、幼児食に関する知識を持っていると証明してくれます。
幼児食で気をつけたいのが蕁麻疹・赤み・かゆみなどを引き起こす「食物アレルギー」です。アナフィラキシーの予防や適切な対処の仕方も幼児食マイスターでは問われます。
この資格は誰でも受験できます。受験料は10,000円(税込)。在宅で受験が可能です。
70%以上正答していれば合格できるため、比較的受験しやすい認定試験です。
この認定資格は通信講座「諒設計アーキテクトラーニング」でも取得できます!興味のある方はこちらの「諒設計アーキテクトラーニング」をご覧ください。

2-2ベビーフードインストラクター

「ベビーフードインストラクター」は、日本インストラクター技術協会が認定する資格です。
子どもの成長に合わせた食事に関する十分な知識を持ち、季節の献立・幼児におすすめの食材を使った献立を考えられる方が認定されます。栄養バランスはもちろん、幼児の体格や運動量・体質に合わせて食事量をコントロールできます。
この資格は誰でも受験可能です。受験料は10,000円(税込)。在宅で受験できます。
この認定資格も通信講座「諒設計アーキテクトラーニング」で取得可能です!気になる方はこちらの「諒設計アーキテクトラーニング」をご覧ください。

2-3離乳食・幼児食コーディネーター

「離乳食・幼児食コーディネーター」は、一般財団法人日本味育協会が認定する資格です。乳幼児の食と身体発達について正しい知識を持ち、発達に合わせた食事を作れると証明してくれます。
この認定資格は協会が指定する通信講座を受講しなければ受験できません。受験料は講座受講料に���まれており、在宅で受験できます。講座テキストに沿った内容の問題が出題されるため、講座をしっかり受けていれば比較的簡単に取得できます。

2-4幼児食インストラクター

「幼児食インストラクター」は、一般財団法人日本能力開発推進協会(JADPA)が認定する資格です。幼児食の基礎知識だけでなく、幼児期の発達・発育を考慮した食事や栄養素の基礎知識、病気・食物アレルギーの対処法など幅広い知識が必要です。
この資格は協会が指定する認定教育機関のカリキュラムを修了した方しか受験できません。受験料は5,600円(税込)ですが、別途講座受講料が必要です。カリキュラムを修了していればいつでも在宅で受験できます。
ほかにも「上級幼児食インストラクター」という認定資格があります。幼児食インストラクターを取得していなくても受験できますが、協会が指定する講座を受講し全カリキュラムを修了した方のみ受験可能です。すでに幼児食インストラクターを取得していても、新たに指定講座を受講する必要があります。

2-5乳幼児食指導士

「乳幼児指導士」は、株式会社日本フローラルアート(東京カルチャーセンター)が認定する資格です。子どもの成長に合わせた離乳食・幼児食の作り方や病気への対応、食物アレルギーを考慮したレシピなど実践的なノウハウを学べます。
この資格は東京カルチャーセンターが開催している講座を受講しなければ取得できません。試験はなく、受講期間内に講座の課題すべてをクリアすると資格がもらえます。
通信講座なので全国どこからでも受講が可能です。

2-6幼児食アドバイザー

「幼児食アドバイザー」は、一般社団法人母子栄養協会が認定する資格です。子どもの成長や病気・食物アレルギーへの対応に関する知識を学べます。また幼児期の食問題と解決策・幼児向け食育など幅広い知識を習得できます。
この資格は協会が開催している講座を受講すれば取得可能です。講座修了後に課題を提出して合格すると、幼児食アドバイザーとして活動できます。

2-7ベビーフードコンサルタント

「ベビーフードコンサルタント」は、一般社団法人日本能力教育促進協会(JAFA)が認定する資格です。幼児食の栄養・献立の基礎知識のほか、子どもの発達に合った食事や正しい食事の進め方など食生活の指導ができると証明してくれます。
この資格は協会が指定する認定機関の講座を受講しなければ受験できません。受験料は講座受講料に含まれています。指定された機関の講座を修了すれば在宅でいつでも受験できます。

2-8母子栄養指導士

「母子栄養指導士」は、一般社団法人母子栄養協会が認定する資格です。乳幼児・小学生・妊産婦の栄養まで総合的に支援できる知識・技術を持つ方が認定されます。
この資格は協会が開催する講座を受講しなければ取得できません。
ただし、この協会が認定する「妊産婦食アドバイザー」「離乳食アドバイザー」「学童食アドバイザー」「幼児食アドバイザー」の4つの資格を持つ方のみ受講可能です。すべての資格を取得しなければいけないため、ハードルの高い資格です。
講座で提出する課題すべてに合格すると認定資格を取得できます。

2-9幼児食プランナー

「幼児食プランナー」は、一般社団法人日本技能開発協会の認定資格です。子どもの身体作りやアレルギーに関する知識に加え、子どもの成長に合わせた料理方法の知識が必要です。
この資格は指定の講座を受講すれば受験できますが、ある程度知識に自信がある方のために試験のみのコースも準備されています。試験のみの場合は11,000円(税込)。講座を受講したい方は受講料に試験料も含まれます。
幼児食プランナーはどこでも受験可能です。

2-10栄養士

「栄養士」は幅広い年代・病気や症状に合わせた食事、栄養バランスの知識・技術を持つ方が取得できる国家資格です。
この資格は厚生労働省が定める大学・短大・専門学校いずれかの「栄養士養成施設」を卒業しなければなりません。有効期限はなく一度取得すれば一生自分の保有ライセンスとして使えます。
ほかの認定資格とは異なり国家資格であるため、就職で非常に有利な資格です。しかしその分取得までに時間がかかります。
栄養士からさらにステップアップした国家資格に「管理栄養士」があります。栄養士として実務経験を積むか、大学・専門学校の管理栄養士養成課程を卒業すれば受験が可能です。非常に難易度の高い資格ですが、特に病院や福祉施設などで専門的な業務を行いたい方は取得しておくとよいでしょう。

03幼児食資格の取得方法は?

幼児食資格を最短2ヵ月で資格取得する方法
さまざまな幼児食資格をご紹介してきましたが、ここからは取得方法をご紹介します。取得方法は大きく分けて「独学」「学校」「通信講座」の三つです。
どの方法にもメリット・デメリットがあります。

3-1独学で頑張る

まず独学で頑張る方法です。参考書やインターネットを利用して自分で勉強をしていきます。
この方法のメリットは自分のペースで学習を進められることです。仕事や育児などで時間が限られている方でも都合のいいタイミングで勉強できます。
またお金がかからないのもメリットの一つです。学校や通信講座はある程度まとまったお金が必要ですが、独学の場合は参考書などを用意する程度で済みます。
一方、大きなデメリットもあります。それは挫折する人が多いことです。
一人で学習していくため、励まし合える仲間や質問できる相手がいません。その結果、学習が続けられず資格取得を諦めてしまう方が多いです。
またどのように学習を進めていくのか自分で考えなくてはいけない点もデメリットです。学習計画を間違えると必要のない知識に時間を取られてしまったり、逆に学ばなくてはいけない知識が抜けていたりなど学習にロスがでます。
目標に向かって適切な学習計画を立て、実行する強い意思を持った方でないと独学で取得するのは難しいでしょう。

3-2大学や専門学校・スクールに通う

続いて大学や専門学校・スクールに通う方法です。
この方法のメリットは直接対面で講師に指導してもらえる点です。目の前で見て学べ、自分の手技を直接見て指導してもらえるため効率的に知識・技術の習得ができます。わからないことがあればリアルタイムで講師に質問も可能です。
また同じように資格取得に向けて学ぶ仲間がいるのも大きなメリットです。仲間の頑張る姿を見るとモチベーションを維持しやすくなります。
一方デメリットもあります。
それは場所や時間が限られていることです。日中働いている方や育児・介護でまとまった時間を取りにくい方は、指定された時間に授業を受けられないこともあります。特に大学や専門学校で学ぶとなると通える人は限られます。
また大学や専門学校・スクールはまとまった授業料が必要です。大学に通う場合、数百万かかることも想定しておきましょう。
ただし栄養士などの国家資格は大学・専門学校のカリキュラムを修了していないと取得できません。また資格によっては協会が指定したスクールに通わないと受験できないものもあるため、その点も踏まえた上で決めることをおすすめします。

3-3通信講座で学ぶ

最後に通信講座で学ぶ方法です。
幼児食に関する通信講座はたくさんあります。この方法のメリットは、自分の好きなタイミングで講座を受けられることです。
まとまった時間が取れなくても空いた時間を利用して自宅で学習を進められます。独学と異なり専用の教材が用意されているため、無駄なく知識を習得できるのもメリットです。さらにサポート体制が充実している講座も多く、わからないことは講師に聞けます。
メリットの多い通信講座ですがデメリットもあります。
自分のペースで進めていかないといけないため飽きっぽい人には向きません。コツコツと計画を立てて学習を進めていける方でないと受講修了するのは難しいです。
しかしそういった方のためにサポート体制を整えている講座もあります。
中でも「諒設計アーキテクトラーニング」がおすすめです。サポート体制もしっかり整っていますし、教材が非常にわかりやすいです。興味のある方はぜひこちらの「諒設計アーキテクトラーニング」をご覧ください。

04幼児食資格はどれを選べばいい?

たくさんある幼児食の資格。どれを選べばよいのか迷ってしまいます。
選ぶポイントの一つとして「どの年代の食事について学びたいのか」を考えるとよいです。自分の子どものために学びたいと考えている方なら、お子さんの年齢を加味して対象の資格を選ぶとよいでしょう。
資格を活かして働きたい方であれば、すべての年代を網羅できる資格を取得しておくとよいです。
さらに「資格取得が可能なのか」を考えるのも重要です。例えば日中勤務していてスクールに通えないのであれば、スクール受講が必須の資格は取得できません。
資格取得の条件と自分のライフワークを照らし合わせ、取得を目指せるか検討するとよいでしょう。

05幼児食資格を最短2ヵ月で資格取得する方法

幼児食資格を取得するなら、通信講座「諒設計アーキテクトラーニング」の「幼児食マイスターW資格取得講座」がおすすめです。
この講座では「幼児食マイスター」と「ベビーフードインストラクター」の2つの資格が取得可能です。最短2ヵ月で資格が取得できます!
さらにスペシャル講座なら試験を受けることなく講座卒業と同時に資格を取得できます。興味のある方はぜひこちらの「諒設計アーキテクトラーニングの幼児食マイスターW資格取得講座」をご覧ください。

06幼児食資格を取るメリット

幼児食資格を取るメリット
幼児食資格についてご紹介してきましたが、この資格を取得するメリットは何でしょうか?
この項では4つのメリットを取り上げます。

6-1子育てに活かせる

一番のメリットは子育てに活かせる点です。
資格取得を通して得た知識を使い子どもの成長や体調に合わせた食事を作れば、食を通して子どもを育てることができるでしょう。健康な心と身体の成長に正しい食事は不可欠です。
また子どもの食事を通して大人の食事を見直すきっかけにもなります。

6-2料理教室の講師として活躍できる

幼児食資格を取得後は、ママや子ども向けの料理教室の講師としても活躍できるでしょう。
学んだ知識を活かしてメニューを考えたり、好き嫌いを克服するための料理教室を開いたりなど、さまざまなニーズに応えられるレッスンを開催できます。

6-3食に関するアドバイスができる

子どもの食事で悩んでいる方は多くいます。遊び食べをしたり好き嫌いが多かったり、幼児期特有の悩みは尽きません。
幼児食資格を取得すると、このように悩んでいる方に専門家として正しいアドバイスをすることができます。
時代遅れの知識やインターネットにあふれる間違った知識に惑わされることなく、正しい情報と対策を伝えられます。

6-4飲食店で子ども向けメニューの開発ができる

飲食関係の仕事に就いている方や就きたいと考えている方なら、専門の知識を使って子ども向けのメニューを考案するなど仕事に活かせます。
子ども向けメニューが充実したカフェを開きたいと思っている方にも幼児食資格はぴったりです。

07まとめ

幼児食資格にはたくさんの種類があります。どの資格を選ぶべきか迷ってしまいますが、どういう目的で資格を取得したいのか、取得可能なのかを考えて選ぶとよいでしょう。
「食育」という言葉が浸透してきている昨今。正しい食事を通して子どもの成長を促してあげられる幼児食資格は人気の資格です。
子どもに関わる仕事に就いている方だけでなく、子育て中の方もこの機会に幼児食に関する正しい知識を深めてみませんか。

この講座は!プロの監修を受けています!

講座のテキスト、問題集や添削課題と共に、プロの先生によって監修されています。
むろいのりこ 先生
フードコーディネーター
病院・福祉施設の栄養士・大手食品メーカーの経験を経て、出産を機に独立。 15年以上給食業界に携わった経験を活かし、現在はレシピ提案の他、不定期の料理教室や、食品メーカーのアドバイザーまで幅広く行っています。

20,000人以上が受講申し込みしている諒設計アーキテクトラーニングの通信講座
あなたも早速受講して、資格を取得しましょう!
あなたも資格取得へ!
諒設計アーキテクトラーニングの通信講座で最短資格取得
無料資料請求
受講お申し込み