幼児食資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
幼児の食育に関わる資格について
講座コラムの資格

幼児食マイスターW資格取得講座

幼児食マイスター

幼児の食育に関わる資格について

幼児の食育は将来にも影響を及ぼす大切なもの。そんな食育について学びたいと思ったときには、資格の取得を通じてさらに深い知識を身につけるという方法もあります。今回は、幼児の食育に関わる資格についてご紹介します。

幼児の食育に関わる資格について
目次

01幼児の食育に関わる資格

それでは、幼児の食育に関する資格にはどのようなものがあるのでしょうか。

1-1幼児食アドバイザー

幼児食アドバイザーは、幼児に与える幼児食について詳しい知識を身につけることができる資格です。幼児食アドバイザーの講座では、幼児食づくりの基礎から実践、栄養学、生理学の基礎知識、発育段階に応じた対応や理想的な生活リズムなど、食事に限らず幼児の健康に関する多くの知識を学ぶことができます。
幼児食アドバイザーの資格を取得するには、東京カルチャーセンターが開講している通信教育の「幼児食アドバイザー養成通信講座」を受講するか、「一般社団法人母子栄養協会」が開講する「幼児食アドバイザー養成講座」を受ける必要があります。
東京カルチャーセンターの場合、全六回の課題を提出、それに合格すると修了証が与えられます。
講座は半年の通信制ですが、一方、一般社団法人母子栄養協会の場合には一日の講座を受講、その後在宅で調理課題や執筆試験を受験・合格することが必要です。
幼児食アドバイザーの資格を取得すると、幼児食づくりの技術はもちろん、開始と終了のタイミング、食事の内容で注意したいポイントといった食事の知識を身につけることができます。
また、資格を活かして新しい仕事に挑戦することも可能になります。

1-2幼児食マイスター

幼児食マイスターは子どもの成長段階に合わせて、それぞれに必要な栄養バランスを含んだメニューを作るための知識を身につけるための資格です。この資格は「日本安全食料料理協会」が主催するもので、離乳食から幼児食への切り替えのタイミングや、幼児食に向いた食材といった食事そのものに関するものだけでなく、子どもの身体や成長の仕組みを理解して、身体や脳、神経細胞の成長に合わせた食事を学ぶことができます。
幼児食マイスターの受験は在宅でも可能、インターネットからの申し込みもできることから、比較的ハードルの低い資格ということができます。
そのため、まず幼児食に関する資格を取得したいという方にはおすすめです。

1-3ベビーフードインストラクター

ベビーフードインストラクターは「日本インストラクター技術協会」が認定を行う資格です。
ベビーフードインストラクターの資格の取得には、子どもの成長に合わせたメニューに関する知識が必要ですが、この資格の特徴としては、春夏秋冬の季節に合わせた献立や、キャベツ、じゃがいも、れんこんなど、幼児食に最適の食材を使用したメニュー作り、お正月や節分、節句といった年中行事に合わせたメニューについても学ぶことができます。
そのため、日々の献立に悩むことが多い方には最適の資格と言えるでしょう。
また、エネルギーとなるもの、身体を作るもの、身体の調子を整えるものなど栄養バランスの取れた献立を考えることもでき、幼児の成長や体格、体質に合わせた食事を提供することが可能になります。
ベビーフードインストラクターは受験のための資格は特に設けられておらず、申し込みはインターネットから可能、在宅で受験できるなど、忙しい方にもおすすめできる資格ということができるでしょう。

1-4幼児食インストラクター

「幼児食インストラクター」は「一般財団法人日本能力開発推進協会」が主催する資格です。幼児食インストラクターは幼児食に関する知識と子どもの健全な食生活を支える存在。一般的に幼児食と呼ばれるのは1歳から6歳ごろの幼児期に与えられる食事ですが、この時期は心身の発達の基礎を作るために非常に重要な時期とされています。
この時期の食事は味覚はもちろん、身体と脳の発達にも大きな影響を与えるもの。幼児食インストラクターは、幼児期の食事に関して栄養面や成長に合わせたメニュー作りなどを学び、アドバイスを与えることを目的としています。
幼児食インストラクターの資格を取得するには、協会指定の認定教育機関でカリキュラムを修了することが条件となります。
カリキュラム受講後は在宅にて受験、合格すれば資格の認定が行われます。

1-5子供食育健康管理コーディネーター

子供食育健康管理コーディネーターは一般社団法人資格支援能力振興協会が主催する資格です。
子供食育健康管理コーディネーターは子どもの栄養学入門を基本とした食育管理の基礎知識と技術を持ったスペシャリストに与えられる専門資格で、子どもの健康やスポーツと栄養学など様々な分野から子どもの食育のサポートを行います。
そのため、スポーツをするお子さんをお持ちの方や、子どものスポーツコーチを目指す人にとって最適の資格ということができます。
資格の取得は通信教育で行われ、在宅で試験を受けることができるため、自分のペースで学習したい方にとってもおすすめです。

02幼児食資格の選び方のポイント

数多くある幼児食に関連した資格ですが、資格を選ぶときにはどのようなポイントに気を付ければよいのでしょうか。

2-1目的をはっきりさせる

まず資格を選ぶときには、なぜ資格を取得したいかといった目的をはっきりさせることが必要です。たとえば、子育てに活かしたい、仕事にしたいなど目的によって取得すべき資格は異なります。
また、栄養学が中心となるものや、メニュー作りを重視したものなど、実際の学習内容も資格によって異なるため、自分がどんな知識を身につけたいのかといった点を中心に考えてみるとよいでしょう。

2-2通信講座や通学講座で費用も異なる

資格を取得するときに気になるのが費用です。幼児食に関する資格では、資格取得のための費用もそれぞれ異なります。
また、資格の中には完全に在宅でも取得できるものや、通学が必要なものなどが存在します。
もし資格の取得を考えた場合には、どの程度時間や経済的な余裕があるのかといった点も考慮するとよいでしょう。

あなたも資格取得へ!
諒設計アーキテクトラーニングの通信講座で最短資格取得

03資格をとることのメリット

子どもにとって食育は非常に重要ですが、食育関連の資格を取得することにはどんなメリットがあるのでしょうか。

3-1子どもの食育をサポートする

食育に関する資格を取得する大きなメリットは、自分の子どもの食育をサポートできるという点です。
子どもは成長のスピードや体質など、それぞれで異なるもの。また、アレルギーの有無なども個人差があります。
もし資格を取得していれば、子どもを安全に育てられるだけでなく、ひとりひとりにあった提案が可能になります。

3-2仕事に活かせる

幼児食に関する資格を取得することは、家庭での食育だけでなく、現在の仕事に活かすことにつながります。
たとえば、保育士の場合には、資格取得を通じて身につけた知識を使い、保育園での食事や保護者へのアドバイスなどの活用が期待できます。
その他、飲食業界の従事者などにとっても食育関連の資格は仕事に役立ちます。

3-3仕事のスキルアップにつながる

現在、非常に大きな注目を集めている食育は、仕事のスキルアップにもつながります。
たとえば幼児食の料理教室や、子育ての悩みを抱えるお母さんたちの相談など、幅広い分野で仕事に役立てることも可能。
また、歯科や看護師など、子どもの健康管理に関わる方にもおすすめです。

04まとめ

今後ますます重要になっていく子どもの食育。子育てにも仕事にも役立つものなので、ぜひ資格の取得にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

20,000人以上が受講申し込みしている諒設計アーキテクトラーニングの通信講座
あなたも早速受講して、資格を取得しましょう!
あなたも資格取得へ!
諒設計アーキテクトラーニングの通信講座で最短資格取得
無料資料請求
受講お申し込み