風水資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
風水では形殺と呼ばれる状態は避けなければなりません
占い・風水・スピリチュアルの資格

風水セラピストW資格取得講座

風水セラピスト

風水では形殺と呼ばれる状態は避けなければなりません

風水には建物によっては形などが尖っている等する形殺と呼ばれる状態があります。
また建物と道路の関係が形殺になってしまっている場合もありますので一度調べて見るようにしましょう。

風水では形殺と呼ばれる状態は避けなければなりません
目次

01形殺と呼ばれる状態は避ける

建物と道路が形殺になってしまうのは次のような場合です。街道反弓と呼ばれる形で緩やかに曲がった道路に外側に家が建っている場合を指します。
道路を走っている車からの悪い気を浴びてしまいさらにブレーキの音がうるさかったり事故も増えてしまいます。
またこのカーブの途中に電柱や木が建立っているのも特に良くないとされています。
この状態は精神的に混乱したり怪我や病気を招きやすくなってしまいますので車からの邪気を跳ね返すためにカーテンを取り付けて邪気避けの八卦の鏡を設置しておくといいでしょう。
次にこの街道反弓とT字路が組み合わさったものを彎弓直箭といいます。
これは風水的に街道反弓よりもさらに良くない形殺の形になってしまいます。これも悪い気を受け安い形になる事から事件に巻き込まれたり病気をしたりといった災難が起こってしまいます。
これを避けるためには道路から受ける邪気を避けるための塀を作ったり家の中の道路が見える位置に八卦鏡を設置して対策をする必要があります。
鎌刀殺と呼ばれるものは高速道路などの車が猛スピードで走っているばしょの外側にある建物の事をいいます。鎌刀殺は高層マンションや高層ビル内のオフィスに多く見受けられる形です。
これも道路を走る車からの邪気を受けてしまいますのでイライラしてしまったり怪我をしてしまったりする場合があります。
これを避けるのも同様にカーテンや八卦の鏡を用いるといいでしょう。ただし高速道路よりも高い位置にある部屋やオフィスはこの影響は受けにくくなっています。
建物同士でも形殺の形になってしまう場合もあります。2つの高い建物の隙間に面して低い建物があるような形をといいます。
これはビル風とともに悪い気がモロに建物に当たってしまうために良くない形とされています。建物の高低差があるほど悪いとされますが、高い建物の隙間から別の建物が見える場合は天斬殺とはなりませんので安心しても大丈夫です。
隔角殺と呼ばれる形は隣合う二軒の家の角がもう一軒の家に向いてしまっている状態をいいます。
これも風水的にはよくありませんので角をカーテンで隠したりする必要があります。このように風水は土地や建物または道路などの立地を重要視します。
新しく家を建てる場合などにはこういった点に注意して家を建てるようにしましょう。

20,000人以上が受講申し込みしている諒設計アーキテクトラーニングの通信講座
あなたも早速受講して、資格を取得しましょう!
あなたも資格取得へ!
諒設計アーキテクトラーニングの通信講座で最短資格取得
関連記事を見る
無料資料請求
受講お申し込み