風水資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
青色風水学初心者でもわかりやすく
占い・風水・スピリチュアルの資格

風水セラピストW資格取得講座

風水セラピスト

青色風水学初心者でもわかりやすく

風水上の意味を持つ風水色はさまざまな意味を持ちます。
存在するすべての色に意味がありすべての色が良い意味ばかりを持つわけではありませんが、その色の意味によって、インテリアなどを考えるため風水的には重要な立ち位置です。
今回は風水色の青系をご紹介します。

青色風水学初心者でもわかりやすく
目次

01風水における「青」

青、特にパステルブルー(水色)は運気のもととなる「気」の種類の中でも「水の気」に属し、水を象徴する色となっています。
赤色のように勢いのある活発的なやる気を促す事はできませんが、静かで流れるようなやる気を促すことが出来ます。
また、濃い青(紺色など)は水の気には属さず「木の気」に属します。
この色は冷静さや判断力の象徴とされる風水色です。
紺色などは仕事運の上昇にかなりの影響力を及ぼします。
さらに仕事運に強い北の信頼感にもつながっていきますので、ビジネスを良い方向に持って生きたいという方は少し濃い目の青色を取り入れると効果的です。
青系統の色は全般的にすべて緑系統の色と相性が良いとされています。
ライトグリーンなどの薄い緑を合わせれば金運や仕事運に効果があるとされ、深緑のような色との組み合わせは健康運の上昇につながります。
水色限定に考えると、暖色系全般と組み合わせることで恋愛運や家族運が上昇すると考えられています。
特に恋愛運に関しては燃えるようなドキドキ感を味わうような恋愛運は赤、穏やかな恋愛運に関してはピンクやオレンジが良いと考えられます。

02北と東に適している「青」

なぜ北も東もなのか。
北に属していると考えられるのは「水の気」に属しているもの。
水色などの薄い青系です。
水の持つ清潔なイメージから、また信頼の象徴である色であるので、仕事運や金運、恋愛運などの上昇が期待できます。
またみずみずしいというイメージも持つこの色は肌のハリをアップさせる効果があります。
また「木の気」に属している濃い青系の色は、木の気の方角である東に属します。
この色は成長に関して運気を発揮し、仕事運や試験運などの成長(上昇)をサポートしてくれます。
インテリアよりはスケジュール帳やノートなど、仕事や試験などで使うものに取り入れることで効果が出ると考えられます。
青はインテリアに多く取り入れすぎるともともと冷静というような意味を持つ色なので運気が硬直し流れが悪くなってしまいますので、クッションなどに適度に取り入れるのが1番よいのではないかと考えられます。

20,000人以上が受講申し込みしている諒設計アーキテクトラーニングの通信講座
あなたも早速受講して、資格を取得しましょう!
あなたも資格取得へ!
諒設計アーキテクトラーニングの通信講座で最短資格取得
関連記事を見る
無料資料請求
受講お申し込み