風水資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
風水と陰陽五行説五行とは?
占い・風水・スピリチュアルの資格

風水セラピストW資格取得講座

風水セラピスト

風水と陰陽五行説五行とは?

風水の土台となる陰陽五行説の陰陽については、前回紹介しました。今回は五行についてまとめてみましょう。火・水・土・金・木の五行が、相互にどのように関連し合い、宇宙を動かす法則とどのように連動しているのかがわかれば、風水の深淵が垣間見えてきます。

風水と陰陽五行説五行とは?
目次

01五行とはなにか?

風水では、この宇宙に存在する森羅万象のすべては、火・水・土・金・木の5つの属性のどれかに、属するととらえます。森羅万象のすべてであるからには、目に見える有形のものも、目には見えない無形のものも含まれます。
ある物が5つの属性のどれに属するのかの判断は、さほど難しくはありません。
植物や花は、もちろん「木」に属します。鉛筆や木製の家具など、木でできている物はすべて「木」です。
水に近いものは、そのまま「水」に属します。プラスチック製品や化繊類などは「火」に属します。照明など光を発するものも火です。
土でできている陶器や、地中からとれる石・クリスタル・玉石・ガラスなどは、「土」に属します。アルミやステンレス、ブロンズなどの金属製品、金や宝石は、「金」に属します。金属の風鈴や振り子時計など、空気を振動させる金気のものは、特に強い金の気を出します。
また、無形の味覚や方位・季節・色なども5つの属性をまとっています。なかでも方位と色は、風水では極めて重要なため、それぞれが五行のどれに属するのか、覚えておいたほうがなにかと役立ちます。
木の方位は東と南東です。青と緑が木に属する色です。火の方位は南です。
赤が火に属する色です。土の方位は中央と北東と南西です。黄が土に属する色です。金の方位は西と北西です。白が金に属する色です。水の方位は北です。黒と紫が水に属する色です。

02五行の関係

風水では、五行のすべてがバランスを保ちながら存在していると考えます。陰陽の気がバランスを保っていることと同じです。そして五行には3つの相関関係があります。
まず、互いを活かしあい、運気を強めていく関係を「相生」と呼びます。たとえば、木を燃やすと火が出ます。火にとって木は、自分の勢いを強めてくれる存在にあたります。
火が燃えて灰になることで、土が生じます。土があるからこそ、土のなかで金が生じます。金の表面には水滴がつきます。
水があるからこそ木は育つことができます。このように、木・火・土・金・水は、その順番通りに互いを高めてくれる相生の関係にあります。風水では、幸運をもたらす吉相の働きを、より強めるために相生を利用します。
その一方で、互いが互いを傷つけ合う関係もあります。これが「相剋」です。水は火によって、消されます。金は火によって溶かされます。金は木の根を傷つけます。木は土から養分を奪い取ります。
土は水を吸い取り、水の流れを阻みます。つまり五行の各要素が、相手を押さえつけて弱めようとする関係にあります。風水では不幸を呼び込む凶相を弱めるために、相剋を利用します。
3つめは「逆生」で、ちょうど相生を裏返しにしたような関係です。火は木を焦がし、土は火を弱めます。金属製の農耕具は土を動かし、水は金属を錆びさせ、木は水を吸い取ります。
このように、相手を適度に弱める関係です。風水では場のバランスを整えるために、逆生を利用します。
風水では陰陽五行説に基づき、陰陽と五行のバランスをとることで、運気の流れをコントロールします。
この原理さえわかれば、方位と部屋の関係や、色の組み合わせの関係などが、自ずからわかってきます。風水を生活のなかに取り込むためには、その基本的な原理をしっかりと理解することが大切です。理解さえできれば、さまざまな応用を、自らの手で紡ぎ出せるようになります。

20,000人以上が受講申し込みしている諒設計アーキテクトラーニングの通信講座
あなたも早速受講して、資格を取得しましょう!
あなたも資格取得へ!
諒設計アーキテクトラーニングの通信講座で最短資格取得
関連記事を見る
無料資料請求
受講お申し込み