風水資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
水周りを盛り塩風水で厄よけ、運勢Upを呼び込みます。
占い・風水・スピリチュアルの資格

風水セラピストW資格取得講座

風水セラピスト

水周りを盛り塩風水で厄よけ、運勢Upを呼び込みます。

家の中でも、キッチンやトイレ、バスルームは水関係ですので、金運や恋愛、愛情運に関係してきますね。
最近、入るお金より出るお金の方が多いと感じたり、夫婦仲、家族仲、そして恋愛運が何だか今一つだわ、などという場合に役に立つのが清める意味を持つ盛り塩です。

水周りを盛り塩風水で厄よけ、運勢Upを呼び込みます。
目次

01盛り塩風水で厄よけ

水周りの厄を払う前に玄関の風水をチェックすることにしました。玄関という場所は、外から持ち帰ったものを体ごと持ち込む場所です。
それは、目に見えるものだけではなくて、外で受けて来たダメージも一緒に持ち込んでいるのです。それを、盛り塩で厄落としするのです。
玄関に持った盛り塩は、取り換えのときに玄関の周囲にパラパラとまくのです。この場合は、玄関がどの方位でも構わないのです。
と、同時に玄関を水ぶきすると、なお一層、家の中の運気がパワーアップするのです。
盛り塩の器の色は、カラー風水を参考にしましょう。もちろん、置く場所はげた箱などの人目に触れない場所で良いのです。
そうすると、厭な人の訪問を防ぐ効果と、家の人の触りを防ぐ効果があるのです。さらに、家の中のごたごたを外にまで持ち出さないのです。
仕事を外でしている人には、やはり、家の中のごたごたを持ち出したくはないですよね。 そうした上で、家の中の水回りに盛り塩を施していきます。
トイレは厄落としの場所です。置く場所は、床、棚、収納庫、どこでも大丈夫なのです。 次はキッチンです。キッチンは金運と健康運を、盛り塩でアップできます。
我が家は、西側のキッチンで、無駄な出費と収入減に悩みましたが、盛り塩でこれらを解消できました。お金の使い方も上手になりました。
そして、バスルームは全体的な運気の厄落としの場所です。盛り塩をするのは、方位によって器の色を変えます。
お風呂から上がるときに、盛り塩を浴槽に入れて排水すると、体から流れ出た毒を解毒して排水溝に流してくれるのです。
それぞれの盛り塩の交換は、週に一度程度が良いのです。禁物なのは、一カ月も置きっぱなしにしておくことです。 もちろん、水周りをきれいにしておくことは必要ですね。
これは余談ですが、トイレに関しては、私は出先で使用した場合も掃除をしてからトイレの個室を出ます。
やはり、用を足した感謝の意味を込めて掃除するのです。垂れ流したままよりも、絶つ鳥跡を濁さずですね。
家でも、トイレは毎日掃除をするのが当たり前になっています。これで、風水的にも、においを無くして空気をきれいにすることで金運がアップしたのです。

20,000人以上が受講申し込みしている諒設計アーキテクトラーニングの通信講座
あなたも早速受講して、資格を取得しましょう!
あなたも資格取得へ!
諒設計アーキテクトラーニングの通信講座で最短資格取得
関連記事を見る
無料資料請求
受講お申し込み