保存・常備菜漬け料理アドバイザー資格試験日

保存・常備菜漬け料理
保存・常備菜漬け料理資格

保存・常備菜漬け料理資格試験日

保存・常備菜漬け料理資格検定の保存・常備菜漬け料理アドバイザー資格の資格概要、試験日や一覧、難易度、受験料・受験費用や受験資格、受験方法、合格基準を紹介しています。資格試験は2か月に1回!!いつ受講しても資格試験に間に合います!!

試験は家で受ける在宅試験!!保存・常備菜漬け料理アドバイザーの資格が必ず取れる講座はこちら

保存・常備菜漬け料理資格の保存・常備菜漬け料理アドバイザー試験はこちら

1月2月3月4月
 
 
 
5月6月7月8月
 
  
9月10月11月12月
 

1

保存・常備菜漬け料理アドバイザー 資格概要

保存・常備菜漬け料理アドバイザーとは、漬け料理を使って、保存料理や作り置き・常備菜を作るための知識を持ち、それを活かした食生活への提案ができる知識と技能を有した方に認定される資格です。酒漬けやオイル漬け、酢漬け、ヨーグルト漬け、はちみつ漬けなどの漬け料理を活用した保存食や常備菜などの作り方、日本各地の郷土漬け料理に関する知識、和食と洋食の漬け料理の違いと食材の保存方法・活かし方、春夏秋冬の季節の食材を使った漬け料理、肉の漬け方や魚の漬け方や野菜の漬け方やフルーツの漬け方、調味料を使った作り置きの漬け料理の作り方など、食材や用途に応じて様々な漬け料理に関する知識が求められます。 資格取得後は、それを活かしてカルチャースクールなどで講師として活動したり、料理教室を開業したりするなど、活躍の場が広がります。

保存・常備菜漬け料理アドバイザー試験
主催団体日本インストラクター技術協会主催
受験資格特になし
受験料10,000円(税込み)
受験申請インターネットからの申込み
受験方法在宅受験、期日までに解答用紙を提出
合格基準70%以上の正答率

保存・常備菜漬け料理アドバイザーの通信講座

ページトップへ