紅茶資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
初心者でも簡単!紅茶染め資格取得講座
紅茶

初心者でも簡単!紅茶染め

私は紅茶が大好きでよく飲むのですが、おいしい紅茶はないか探していたらたまたま紅茶染めというものがあることを知り、やってみることにしました。
やり方をご紹介しますので、ぜひみなさんも一度やってみてください。

初心者でも簡単!紅茶染め
目次

01下準備

紅茶染めは失敗が少なく、誰でも染めることが出来る手法として人気があります。
ブラウン系の染め物をしたい方にはオススメです。
まず始めに下準備をしましょう。
布に着いている糊をとります。レースなどの糊がついていないと思われがちな布も、汚れなどがついていると染まりにくいためしっかりと下準備をします。
糊は水で手洗いをするだけで十分に取れます。
濡れた布の方が染まりやすいので、十分に濡らしておきましょう。

02材料の用意

次に材料の用意です。
茶葉に色んな種類があるように、その種類によって染まり方も異なります。
ブレンドティーやハーブティーなどの紅茶は、紅茶葉の含有量が少ないものは煮出した色は綺麗なのですが、布に染まりにくいので注意が必要です。
用意するものは、染める用の鍋、色止め用の塩、新品か出がらしの紅茶のティーパックを2~3個ほどです。
出がらしの紅茶を使う場合はよく乾かしてから使ってください。

03染めてみましょう

準備が整ったら染めてみましょう。
水から煮出し、濃いめの染め液を作ります。
染め液の分量は染めるものがひたひたになる程度用意をします。
染め液が沸騰をしたら、塩を入れます。
塩が完全に溶けたら染めるものを染め液の中にいれます。
そのままお好みの色に染まるまでそっとしておきましょう。
乾くと色は少し薄くなります。
濃い目の色が好みの場合は、少し長めに染め液につけておいて下さい。
ナイロン製のレースなどは熱い染め液につけてしまうと、変形してしまうことがあるので、少し冷めてから染め液にいれます。
化学繊維はすごく染まりやすいので、冷めた染め液にいれても十分染まります。
好みの色に染まったら、十分にすすぎ余分な液を落とします。
すすいでいる水が透明になるまでやります。
染めたものを干す場合は直射日光をさけて干して下さい。
同じ茶葉を使っても、色味は異なります。
そういった染め物の楽しみをぜひ楽しんで下さい。

この講座は!プロの監修を受けています!

講座のテキスト、問題集や添削課題と共に、プロの先生によって監修されています。
片野圭子 先生
紅茶のけいこ運営
1979年生まれ。茨城県つくば市出身。紅茶専門店のスタッフを経験。その後紅茶メインの小さなお茶会を開催。 現在は日本ティーコンシェルジュ協会つくば校を開校。ティーコンシェルジュとしてお稽古教室や資格講座、お茶会を開催。

20,000人以上が受講申し込みしている諒設計アーキテクトラーニングの通信講座
あなたも早速受講して、資格を取得しましょう!
あなたも資格取得へ!
諒設計アーキテクトラーニングの通信講座で最短資格取得
無料資料請求
受講お申し込み