紅茶資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
紅茶の保存容器いろいろ
講座コラムの資格

紅茶W資格取得講座

紅茶

紅茶の保存容器いろいろ

あなたは、紅茶の茶葉をどのような容器に入れて保存していますか?
買ったときの缶のまま、という人がかなりいるかもしれません。あるいは、ガラス製の保存容器??紅茶の茶葉を保存することが出来る容器には、さまざまなバリエーションがあります。
それぞれにメリットとデメリットがあるのですが、どのような点に注意すればよいのでしょうか??

紅茶の保存容器いろいろ
目次

01紅茶缶

海外ブランドの茶葉やデパートで購入したものなどはほどんどが四角い缶に入っています。
この缶のまま、保存しても問題はありません。
ただ、紅茶の缶は何度もふたを開け閉めしていくうちに形が変わってしまって、それとともに密閉性も低くなっていくものですから、1ヶ月~2ヶ月程度で交換できればよいですね。
紅茶用の缶は、100円ショップでも見られるのですが、こちらは密閉性に疑問が残るものが多いため、理想的とはいえません。

02コルク栓の容器

ガラスや陶器の容器にコルク製のフタがついているものはお店でよく見かけますね。
でも、こういった容器の密閉性は非常に低いので、茶葉の保存には不向きなのです。

03ガラス製のキャニスター

本体がガラス製で、ゴム製のパッキンでフタをはさんで留め金を使って密閉する方式の容器です。
金具で固定すると、かなりしっかりと密閉されるので、長期の保存には適しているといえます。
価格も、それほど高くないものも多いです。
ただ、透明のガラスのものは、必ず暗い場所で保存してくださいね。

04プラスチック製のキャニスター

ガラス製のもの同様、本体とフタの間をゴムのパッキンによってはさみ、留め金で固定する方式です。
本体がプラスチック製です。
パッキンがないタイプや、金具なしでフタを回して閉じるタイプのものなどもありますが、密閉性はあまり高くありません。
また、プラスチックは茶葉の香りを吸収してしまうので、保存には向いていません。
また、プラスチックにはにおいが残りやすく、洗っても落ちないので、使い回しが出来ず不便ですね。

20,000人以上が受講申し込みしている諒設計アーキテクトラーニングの通信講座
あなたも早速受講して、資格を取得しましょう!
あなたも資格取得へ!
諒設計アーキテクトラーニングの通信講座で最短資格取得
関連記事を見る
無料資料請求
受講お申し込み