紅茶資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
水筒で紅茶を楽しむ為に、これだけは絶対に知っておきたい4項目
講座コラムの資格

紅茶W資格取得講座

紅茶

水筒で紅茶を楽しむ為に、これだけは絶対に知っておきたい4項目

近年の水筒は保温性に優れていて、温かい飲み物から冷たい飲み物まで好きな飲料を入れて持ち運べるのが特徴です。
そんな水筒に紅茶を入れて持ち運びをした時に、これだけは絶対に知っておきたい基礎知識や方法を紹介します。

水筒で紅茶を楽しむ為に、これだけは絶対に知っておきたい4項目
目次

01水筒に温かい紅茶を入れるとどうなる?

紅茶を水筒で持ち運びすると聞いて、最初に思い浮かぶ方法は、「紅茶をポットで入れてから、水筒に入れるだけ」だと思いますよね。
一聞すると、とても簡単で手軽に温かい紅茶を持ち運び出来るように思ってしまうのですが、実はそうではないのです。
温かい紅茶を長時間密閉容器で保存しておくと、紅茶に含まれている抗酸化物質が熱で反応して、紅茶自体が酸化が進んでしまい、渋みが出て味が変わったり、香りが変わったりしてしまうのです。
本来なら紅茶に含まれている良い成分の物が、水筒で長時間入れておくことによって、逆に品質を変化させてしまう事になってしまうのです。

02水筒の紅茶はどうすればが美味しく飲める?

では、温かい紅茶を持ち運ぶ事が出来ないなら、どうすれば水筒で紅茶を美味しく楽しむことが出来るのでしょうか?
一つは、最初にアイスティー用に紅茶を作っておいたのを冷やして、それを水筒に入れて持ち運ぶという方法です。
紅茶を淹れるには、まずは温かい湯を使っていれるのですが、その後にきちんと冷やしてから水筒に入れれば、熱によって抗酸化物質が反応することは無く、紅茶の味がキープされるのです。
また、どうしても会社などで温かい紅茶を飲みたい場合は、電子レンジなどで瞬間的に加熱をする方法や、元々濃い濃度の紅茶を冷やした状態で水筒で持ち運び、飲む時に温かいお湯で薄めてちょうどよい濃さにしてから飲む方法もあります。
>他には、ホットじゃなくても良いという場合は、水出しで紅茶を生成して、そのまま飲む方法です。
「水出し」という呼び名の通り「お湯」ではなく水で紅茶を抽出する方法で、ティーパックと冷たい水を水筒に入れておくだけで、ある程度時間が経つと自動的に紅茶が出来上がっているというお手軽な方法です。
お湯で抽出する製法と違って、紅茶の成分のカフェインやタンニンなどがあまり出てこない為、コクや渋味が少なく、すっきりとした味わいの紅茶が楽しむ事が出来ます。

03水筒でも美味しい紅茶の種類

紅茶には様々な茶葉の種類がありそれによって味や香りが違うのですが、水筒で紅茶をお手軽に楽しむという点においてはは「水出し」製法に合った茶葉を選ぶことが最も近道だと思います。
そんな「水出し」製法に最も合った茶葉とは……「ダージリン」です。
紅茶の中でも特にメジャーな茶葉で、茶葉の収穫時期によっても風味に違いがあり、なかでもファーストフラッシュと呼ばれる、一番摘みの茶葉が、味わいがすっきりしていて、水筒で「水出し」を行う製法に最も合います。

04水筒で紅茶を飲む時に気をつけておきたいこと

水筒で水出しをすると簡単に紅茶を楽しめる事がわかりましたが、しかし、お手軽な反面注意しておかないといけない事もあります。
一番気をつけないといけない点は、保存が効かない点です。
水筒に入れているので、長時間において持ち運びをするとは思いますが、基本的には早めに飲みきった方が雑菌の繁殖も少なく安全です。
次に気をつけたい点は、水出し紅茶を作る際には「水出し用」の茶葉を使う事です。
普通の茶葉と、水出し用の茶葉の違いは、熱で滅菌しているかしていないかです。
普通の茶葉でも水出し紅茶を作れない事は無いですが、身体の弱い方や、お子様が飲む場合などは、水出し用の茶葉を使用するほうがより安全に楽しめると思います。

05まとめ

いかがでしたか?
紅茶を水筒にいれて持ち運ぶ事で、いつでもどこでもティータイムを設ける事が出来ますよね。
とても便利な水筒での紅茶持ち運びですが、先程紹介した点を抑えておかないと、思った風味や味わいが楽しめなかったり、それどころか衛生面でも危険が生じてしまう可能性があるのです。
ぜひとも頭の片隅にでもいれておいていただければ、水筒でのお手軽ティータイムを、より楽しいものに出来るのではないでしょうか?

20,000人以上が受講申し込みしている諒設計アーキテクトラーニングの通信講座
あなたも早速受講して、資格を取得しましょう!
あなたも資格取得へ!
諒設計アーキテクトラーニングの通信講座で最短資格取得
関連記事を見る
無料資料請求
受講お申し込み