紅茶資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
紅茶W資格取得講座
紅茶

今人気の 紅茶資格 を通信講座で自宅にいながら 簡単に最短で資格取得できます

諒(りょう)設計アーキテクトラーニングの通信講座は紅茶資格の紅茶アドバイザー資格と紅茶マイスター資格を家にいながら自宅で最短2か月で課題を提出するだけで2つの資格を通信講座で簡単に取得できます。

紅茶W資格取得講座
20,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます
全講座資格取得対応!最短2ヶ月で資格取得が目指せる、アーキテクトラーニングの通信講座
諒設計アーキテクトラーニングの教材は、資格協会認定教材
諒設計アーキテクトラーニングスクールは、ゼネラルリサーチ調査により通信講座わかりやすさ・通信講座品質評価・資格取得者が選ぶ通信講座1位を2年連続3冠を達成しています。諒設計アーキテクトラーニングの教材は資格協会に認められた教材です。
諒設計アーキテクトラーニングの教材は、資格協会認定教材

名刺や履歴書に記載できる人気の
2つの資格を
同時に取得できます!

  • 取得できる資格1

    紅茶アドバイザー

    紅茶アドバイザー
    日本安全食料料理協会(JSFCA)主催
    紅茶アドバイザーは、茶葉にはじまり、カップ、ソーサー、美味しい淹れ方、オリジナルのブレンドまで、紅茶についての基礎知識を身につけた人へ認定される資格です。
    紅茶アドバイザー資格
  • 取得できる資格2

    紅茶マイスター

    紅茶マイスター
    日本安全食料料理協会(JSFCA)主催
    紅茶マイスターは、自身が紅茶のオーナーになる上で、オーナーの知識とそれを実務で活かせる技術を身につけたとされる人へ認定される資格です。紅茶オーナーを目指す方、飲食関連会社で働いている方などに人気の資格です。
    紅茶マイスター資格

最短2ヶ月で
資格が取得できます!

諒設計アーキテクトラーニングの通信講座カリキュラムは、1日30分程度の学習で、初心者でも約6ヵ月で無理なく紅茶資格講座を学ぶことができます。空いた時間を活用して、自分のペースで紅茶資格講座に取り組みましょう。短期集中で頑張りたい方のために、最短2ヵ月で紅茶資格を取得することもできます。
20,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます

紅茶に関する資格取得のメリットとは?仕事や趣味に資格を活かそう!

紅茶に関する資格取得のメリットとは?仕事や趣味に資格を活かそう!
紅茶は、茶葉から楽しむものから、ティーバッグやペットボトルまで、日常生活のさまざまなシーンで飲まれています。しかし、それほど身近な飲み物でありながら、茶葉の種類や入れ方といった紅茶の正しい知識を持つ人は、意外と少ないかもしれません。
紅茶について効率良く学べる方法のひとつが、資格の取得です。紅茶に関する資格を取ることで、趣味や教養が深まるほか、キャリアアップにもつなげることができるでしょう。
ここでは、紅茶の資格を取得するメリットや、資格を活かせるフィールドなどについて解説します。

紅茶の人気と世界中で広く愛されている理由

紅茶の人気と世界中で広く愛されている理由
紅茶は、緑茶や烏龍茶と同じ「茶(チャノキ)」の葉から作られます。お茶の種類は、収穫した茶葉をどの程度発酵させるかによって変わり、紅茶は茶の若葉を摘み取り、低温で長く発酵させてから乾燥させた物です。英語で「tea」といえば紅茶を指すように、紅茶はお茶の中でも世代を問わず広く愛され、世界中では毎年1,000億杯以上の紅茶が飲まれているといわれます。
紅茶人気と多くの人に愛されている理由には、下記のようなものがあります。

世界で作られているお茶の7~8割は紅茶

紅茶は世界のさまざまな国で作られており、世界のお茶の生産量の約7~8割を占めています。産地のほとんどは熱帯・亜熱帯に位置し、この地帯は「ティーベルト」と呼ばれるほど。中でも、インドの「ダージリン」、スリランカの「ウバ」、中国の「祁門(キーモン)」は、世界三大紅茶といわれ、多くの人から愛飲されています。

近年では「和紅茶」もブームに

これまでは、紅茶といえば海外が産地の物が主流でしたが、近年では、日本で作られた「和紅茶」が話題になっています。
かつて日本では、明治から昭和にかけて紅茶が作られ、海外への輸出も行われていましたが、輸入自由化の波に押されて国内生産は下火に。しかし、2000年代に入った頃から再び和紅茶が注目されるようになりました。産地ごとに異なる特色を感じられる和紅茶は、現在大きなブームになっているのです。

紅茶を飲むことで期待できる効果も

紅茶に含まれる成分のテアニンとカフェインには、頭をすっきりさせて集中力をアップさせる働きが期待できます。勉強や仕事に集中したいときや、朝の目覚めをすっきりさせたいときなどに、紅茶はぴったりの飲み物です。
また、興奮を鎮めて心の緊張をやわらげる、リラックス効果もあるといわれています。香りによる癒やし効果も相まって、紅茶はストレスやイライラ解消にも役立つでしょう。

紅茶の資格保有者が活躍できるフィールドは?

紅茶の資格保有者が活躍できるフィールドは?
紅茶に関する資格は、幅広い分野の仕事で活かすことができます。紅茶に関する資格を活かせるフィールドを見ていきましょう。

紅茶専門店

紅茶専門店のスタッフは、お客様においしい紅茶を提供し、紅茶選びのアドバイスをする仕事です。たくさんの茶葉を取り揃えている紅茶専門店には、紅茶に対してこだわりのあるお客様が多く訪れます。資格を通して身に付けた専門的な知識を、存分に活かすことができるでしょう。紅茶の資格があれば、就職の際にも大きなアピールポイントになるはずです。

カフェやレストラン

カフェやレストランのドリンクメニューにもある紅茶。最近では、こだわりの紅茶を提供するカフェやティーサロンも増えてきています。紅茶の資格を取得していれば、食事やスイーツに合わせた紅茶の提案もできるようになります。

紅茶を扱う商社

国内で流通している紅茶の多くは、海外からの輸入品です。紅茶を扱う商社で買い付けに携わるバイヤーには、紅茶の良し悪しをしっかり見極めるための深い知識が必須です。紅茶の資格があれば、専門的な知識とスキルを持っていることの証明になるため、就職や転職を希望する際の大きな武器になるでしょう。

飲食業界や食品業界

飲食メーカーや食品メーカーからは、さまざまな紅茶飲料や紅茶を使ったスイーツなどが販売されています。資格取得によって習得した紅茶の知識を、これらの商品開発やマーケティングなどに活かすことも可能です。

独立してカフェやティーサロンを開業

将来的に独立して自分でカフェを開きたいと考えている人にも、紅茶に関する資格はおすすめです。茶葉の種類やおいしい入れ方などをきちんと知っていれば、開業後に他店との差別化にもつながるでしょう。また、資格を活かして、紅茶について知りたい人のために紅茶セミナーを開くこともできます。

紅茶の資格を取る方法は?

紅茶に関する資格を取得するには、主に下記のような勉強方法があります。効率良く学びを深めるためにも、自分に合った方法を選ぶことが大切です。

書籍などで独学する

最も手軽な方法が、独学です。世の中には、紅茶についてまとめた書籍がたくさん販売されています。また、ウェブ上でも紅茶の知識が学べるサイトは多数あり、そのようなものを活用すれば、ある程度基本の知識を身に付けることができるでしょう。
ただ、紅茶の知識やスキルは、茶葉の選び方や適した入れ方、アイテムの使い方など学ぶ内容が多岐にわたり、教材としてどんな書籍を選べばいいのか戸惑うこともあるかもしれません。

専門スクールに通う

紅茶について学べる専門スクールに通うと、座学や実技を通して着実に技術を習得できるでしょう。同じ志を持つ仲間がいるのも、モチベーションを高める要因になります。一方、スクールに通うにはある程度まとまった費用と期間がかかるため、無理なく通学できる人に向いた勉強方法といえます。

セミナーやイベントで学ぶ

紅茶に関するセミナーやイベントに参加するのもひとつの方法です。紅茶専門店やティーサロンなどで開催されているイベントなら、初心者でも気軽に参加が可能です。ただし、セミナーやイベントは単発開催であることも多く、資格取得を目指す場合は別途対策が必要になる場合もあるでしょう。

通信講座で資格を取得する

まとまった時間を確保しにくい人や、無理なく確実に資格を取得したい人におすすめなのが、通信講座です。紅茶について学べる通信講座の中には、所定の講座を修了すれば試験免除で資格が認定されるものもあります。隙間時間に自分のペースで勉強ができるため、仕事や家事、育児などで忙しい人にもぴったりです。

諒設計アーキテクトラーニングの紅茶講座を受講するメリット

諒設計アーキテクトラーニングの紅茶講座を受講するメリット
紅茶に関する資格は、「紅茶が好き」「紅茶に興味がある」という人から多くの注目を集めています。諒設計アーキテクトラーニングの紅茶講座を受講することで、どのようなメリットがあるのでしょうか。

紅茶の種類に詳しくなれる

紅茶には、アールグレイやアッサム、セイロンなど、とてもたくさんの種類があります。さらに、その中でも品種や茶葉の収穫時期によって呼び名が分かれるものもあり、それぞれの特徴を把握するには専門的な知識が必要です。紅茶の講座を受講すれば、茶葉の種類についてもしっかりと学ぶことができます。種類ごとの特徴がわかり、自分好みの紅茶を選べるようになるでしょう。

茶葉ごとのおいしい飲み方がわかる

紅茶は茶葉の種類によって葉の形状や大きさが異なり、それぞれに最適な飲み方があります。適した入れ方によって、紅茶本来のおいしさを引き出すことができるのです。紅茶の講座を受講し、紅茶への理解を深めることで、紅茶のおいしさを最大限引き出す入れ方、楽しみ方ができるようになります。

オリジナルのブレンド紅茶を楽しめる

紅茶の楽しみ方のひとつに、産地や香りの異なる複数の茶葉を組み合わせる「ブレンドティー」があります。紅茶を学び、茶葉の種類ごとの味わいや香りを知れば、ブレンドで自分の好きな味を作ることもできるでしょう。時にはハーブやスパイスも加えてオリジナルブレンドティーを作るなど、紅茶の楽しみ方が一層広がります。

教養が深まる

紅茶は、世界中で長く愛されてきた飲み物です。国や地域によって茶葉の種類や飲み方なども異なるため、紅茶を学ぶことは、世界各地の文化や歴史を知ることにもつながります。それによって教養が深まり、自分自身の視野も広がっていくでしょう。また、世代や性別、国籍を問わず紅茶好きな人は多いので、紅茶の話題は会話のきっかけとしても役立ちます。

キャリアアップや開業・副業に役立つ

カフェやレストランなど飲食に関わる仕事をしている人なら、紅茶の知識はキャリアアップに直結するでしょう。ほかにも、サービスやギフトとして、仕事の中で紅茶の知識を活かせるシーンはたくさんあります。紅茶の専門知識を活かして自分でカフェやティーサロンを開いたり、カルチャースクールなどで講師として活動したりする道も開けます。

初心者におすすめ!紅茶講座で取得できる資格

諒設計アーキテクトラーニングの紅茶講座は、自宅にいながら最短2ヵ月で、課題を提出するだけで取得することができます。ここでは、紅茶に関する資格についてご紹介しましょう。

紅茶アドバイザー

紅茶アドバイザー
紅茶アドバイザーは、日本安全食料料理協会(JSFCA)が認定する資格です。
資格取得によって、茶葉の知識からおいしい紅茶の入れ方まで、紅茶の基礎知識が十分あることが証明されます。また、カップ&ソーサーやオリジナルブレンドに関する知識も身に付きます。

紅茶マイスター

紅茶マイスター
紅茶マイスターも、日本安全食料料理協会(JSFCA)の認定資格です。
認定を受けるには、紅茶に関する知識はもちろん、経営学やマーケティング・店舗の装飾・メニューについての知識やスキルが求められます。紅茶オーナーに必要な知識や技術が学べるため、将来開業を目指す人にもおすすめの資格です。

紅茶に関する資格を取得して自分の世界を広げよう

紅茶について学ぶことで、自分に合った茶葉や入れ方がわかるようになり、紅茶の楽しみ方がぐっと広がります。飲食業界をはじめとする仕事をする上でも、紅茶の知識はキャリアアップに大いに役立つでしょう。
紅茶について学びを深めるなら、知識とスキルを客観的に証明できる資格を取得するのがおすすめです。「紅茶アドバイザー」と「紅茶マイスター」の資格は、どちらも諒設計アーキテクトラーニングの通信講座を受講することで取得が可能です。スクールなどに通うのが難しいという人でも、無理なく学べる通信講座で、紅茶に関する資格を取得してみてはいかがでしょうか。

資格協会指定のスペシャル講座も用意
課題を提出するだけで
簡単に資格が取れる
資格協会指定の
スペシャル講座をご用意!

当スクール限定で各協会が指定するスペシャル講座を受講する事が出来ます。スペシャル講座では添削課題を全てクリアした後、卒業課題を提出する事と試験免除で「紅茶アドバイザー」、「紅茶マイスター」の2資格が講座卒業と同時に認定されます。すぐにでも資格を取得したい方、確実に資格を取得したい方にお勧めのコースです。
 通常の講座
通常の講座の流れ
「紅茶アドバイザー」、「紅茶マイスター」の試験をそれぞれ受験し、試験に合格することで資格が認定されます。
 スペシャル講座
スペシャル講座の流れ
課題を全てクリアし、コースを卒業すると試験免除となり、「紅茶アドバイザー」、「紅茶マイスター」の2資格が講座卒業と同時に取得出来ます。
20,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます

大丈夫!プロの監修を受けた教材です!

講座のテキスト、問題集や添削課題は すべてプロの先生によって監修されています。
初心者の方でも安心。自信を持ってお勧めできる内容となっております。
片野圭子 先生
紅茶のけいこ運営
1979年生まれ。茨城県つくば市出身。紅茶専門店のスタッフを経験。その後紅茶メインの小さなお茶会を開催。 現在は日本ティーコンシェルジュ協会つくば校を開校。ティーコンシェルジュとしてお稽古教室や資格講座、お茶会を開催。

100%資格が取れる
スペシャル講座
がおすすめ!

当スクールの紅茶講座には基本講座とスペシャル講座の2コースがあります。
費用を抑えたい方は基本講座を、すぐにでも資格を取得したい方、確実に資格を取得したい方はスペシャル講座を選べます。
  •  
    紅茶W資格取得講座
    基本講座
    53,000
    分割 2,500円×24回(初回3,132円)
    受講期間
    6ヶ月
    (最短2ヶ月)
    添削
    6回
    受講証・受講マニュアル・完全攻略テキスト2冊・練習問題集・練習問題解答集・紅茶アドバイザーチェックテスト50・紅茶マイスターチェックテスト50・添削課題/提出用解答用紙・質問用紙・封筒
    基本講座
  • 試験免除講座
    紅茶W資格取得講座
    スペシャル講座
    73,000
    分割 3,400円×24回(初回5,312円)
    受講期間
    6ヶ月
    (最短2ヶ月)
    添削
    6回
    +
    卒業課題1回
    受講証・受講マニュアル・完全攻略テキスト2冊・練習問題集・練習問題解答集・紅茶アドバイザーチェックテスト50・紅茶マイスターチェックテスト50・添削課題/提出用解答用紙・質問用紙・封筒
    紅茶アドバイザー&紅茶マイスター 卒業試験(提出にて資格認定)
    スペシャル講座
  •  
    紅茶オーナーW資格取得講座
    基本講座
    69,800
    分割 3,300円×24回(初回3,951円)
    受講期間
    6ヶ月
    (最短2ヶ月)
    添削
    6回
    受講証・受講マニュアル・完全攻略テキスト2冊・練習問題集・練習問題解答集・紅茶アドバイザーチェックテスト50・紅茶マイスターチェックテスト50・添削課題/提出用解答用紙・質問用紙・封筒
    特別教材
    実践!ティーポットで淹れる
    家庭で楽しむアフタヌーンティー
    基本講座
  • 試験免除講座
    紅茶オーナーW資格取得講座
    スペシャル講座
    89,800
    分割 4,200円×24回(初回6,131円)
    受講期間
    6ヶ月
    (最短2ヶ月)
    添削
    6回
    +
    卒業課題1回
    受講証・受講マニュアル・完全攻略テキスト2冊・練習問題集・練習問題解答集・紅茶アドバイザーチェックテスト50・紅茶マイスターチェックテスト50・添削課題/提出用解答用紙・質問用紙・封筒
    特別教材
    実践!ティーポットで淹れる
    家庭で楽しむアフタヌーンティー
    紅茶アドバイザー&紅茶マイスター 卒業試験(提出にて資格認定)
    スペシャル講座
20,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます
動画でわかる!
紅茶
資格
おすすめコラム

Official Sponsor

20,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます
無料資料請求
受講お申し込み