紅茶資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
紅茶を飲んでちょっと休憩する時に使ってみたい英語表現
講座コラムの資格

紅茶W資格取得講座

紅茶

紅茶を飲んでちょっと休憩する時に使ってみたい英語表現

お茶を飲んでほっとする・・・それは全世界共通のことでしょうね。
世界中の人たちとお茶できたらいいですね。そんな時のことを考えて、色々な国の人とお茶を飲むときに使えそうな英語表現を学んでいってみましょう。

紅茶を飲んでちょっと休憩する時に使ってみたい英語表現
目次

01Let us have a break. (Let’s have a break.) 「休憩しましょう」

休憩する時に使いたい言葉です。職場でも、学校でも使えますね。
レッツ~という言葉は日本語でもよく使われますが「何々しようよ」という時にも使えますね。気を付けて頂きたいのがLet’s=「レッツ」という言葉は「Let us」の省略形ということです。直訳すると「私たちを~させましょう」という意味です。
「us=私たち」ですから、自分一人の時や、その場にいない人や話に関係がない人も含むにはLet’s~は基本的には使えないので注意してください。ただし、その場にいなくても一緒に経験を共有する「私たち」であれば、そのまま使えます。
応用した例文:(テレビなどで視聴者に呼びかけて)「Let’s listen to the song!」=(みんなで)その曲を聴いてみよう!
ちなみに一人の時は
Let me~ 「(私に)何々させてよ」
という表現があります。強い意思表示になり、ちょっと丁寧ではない感じの表現になる場合があるので、注意してください。

例:
(紅茶を飲もうとしている時に急に話しかけられて)
A: Can I talk to you now?  (今話せる?)
B: Let me drink tea first! (まず先に紅茶を飲ませさせてよ!)

などという使い方があります。

I like this. 「これ好きです」
What kind of ~(例:Tea) do you like? 「どんな~(紅茶)が好きですか?」
休憩している時に、紅茶の味やお菓子の味が気に入ったらこう言ってみましょう。感想を色々と言ってみましょう。

Could I have one more biscuit? 「ビスケットをもうひとついただいても良いですか?」

お呼ばれしたり、お菓子を分けてもらったりして、おかわりする時などには、こんな感じで聞いてみましょう。
「Could I~?」で「~していいですか?」という丁寧な表現になります。
CouldはCanの過去形で、より丁寧な表現です。
「~できますか?(can)」と直接的に言うよりも「~できたでしょうか?=~できますでしょうか(Could)」と可能性を過去形で質問することによって婉曲な質問になりますよね。それが、英語では丁寧な表現となります。

<基本的な重要表現>
Yes, please. 「はい。お願いします。」
No, thank you. 「いいえ。結構です。」
イギリスで
「Yes」
「No」
とだけ言うと、ぶっきらぼうな印象になります。
人に何か頼むときは、「お願いします」
断る時にも、「ありがとうございます」
と日本語でも言いたいですよね。英語でも同じです。
PleaseとThank Youこの二つを加えるだけで、丁寧な英語表現になります。
英語を話す時には、日本人は全員、英語を母語としない外国人になります。外国人として他の国の人と接する時には、礼儀正しくしましょう。その時には、このPleaseとThank youを付け加えることを、どうぞお忘れなく。
英語を楽しく話して、休憩も楽しく過ごしてくださいね!

20,000人以上が受講申し込みしている諒設計アーキテクトラーニングの通信講座
あなたも早速受講して、資格を取得しましょう!
あなたも資格取得へ!
諒設計アーキテクトラーニングの通信講座で最短資格取得
関連記事を見る
無料資料請求
受講お申し込み