味噌資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
講座の特徴
食・栄養食・健康食・美容食の資格

味噌エキスパートW資格取得講座

味噌エキスパート

初心者からでも大丈夫!
在宅で味噌エキスパートの資格が取れる人気講座!

味噌エキスパートW資格取得講座
講座の特徴
講座の特徴
  • メンタル心理ヘルスカウンセラー
  • 味噌の基本的な知識から味噌の種類、大豆について、味噌を使った料理や味噌の健康効果や美容効果など、味噌について一通り学べる講座となっています。
    初心者の方でも問題なく進められるカリキュラムを採用しているのでどなたでも安心して受講できる内容となっています。
  • 動画でわかる!
    味噌エキスパート
    資格
20,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます

2つの資格を同時取得できる!
本講座は講座を学ぶと同時に資格対策にもなるカリキュラムを採用しています。講座で学ぶ内容は 日本安全食料料理協会(JSFCA)の「味噌エキスパート」、 日本インストラクター技術協会(JIA)の「味噌栄養アドバイザー」 それぞれの資格試験対策としても有効です。

  • 取得できる
    資格その1
    味噌エキスパート
    味噌エキスパート
    日本安全食料料理協会(JSFCA)主催
    味噌エキスパートとして、味噌についての基本的な知識を有していることが認定される資格です。味噌について料理においての役割や選び方、様々な味噌の色や味、味噌の作り方などの違いを理解していることも証明されます。味噌の代表的な原料である大豆についても、健康効果、美容効果などの基本的な知識を理解していることも証明されます。また、北海道味噌、仙台味噌、信州味噌、越後味噌、江戸甘味噌、東海豆味噌、関西白味噌、九州麦味噌など、さまざまな種類の味噌について、味や特徴、歴史、使われている料理などを理解していることの証明にもなります。資格取得後は、味噌エキスパートとして味噌を取り扱う店や飲食店などで活躍することができます。
  • 取得できる
    資格その2
    味噌栄養アドバイザー
    味噌栄養アドバイザー
    日本インストラクター技術協会(JIA)主催
    味噌栄養アドバイザーとして、味噌や味噌料理に関する基本的な知識を持っていることが証明されます。味噌の種類や保存方法、美容や健康との関係、味噌の塩分について、また、大豆イソフラボンや大豆レシチン、ポリフェノール、乳酸菌など、味噌に含まれている栄養素などについても理解していることが証明されます。基本の味噌やアレンジ味噌の作り方などに関する知識を有しているほか、味噌を使った肉料理、魚料理、野菜の料理、鍋料理、ドレッシング、デザートなど、様々な料理の作り方についての知識を有していることも証明されます。資格取得後は、味噌栄養アドバイザーとして自宅やカルチャースクールで講師活動をすることができます。
最短2ヶ月で資格が取得できる!
  • 最短2ヶ月で資格が取得できる
  • スペシャル講座なら簡単100%資格取得
    好きな時間に自分のペースで学べ、進め方次第で最短2ヶ月で資格を取得することができます!
    また当スクールでは各協会が指定するスペシャル講座を受講する事ができ、添削課題を全てクリアした後、卒業課題を提出する事と試験免除で「味噌エキスパート」「味噌栄養アドバイザー」 の2資格が講座卒業と同時に認定されます。すぐにでも資格を取得したい方、確実に資格を取得したい方は当スクールでの受講がピッタリです!

諒設計アーキテクトラーニングは
ここが違う!
通学より効率的な完全個別指導、専属講師による回数無制限の学習サポートなど諒設計アーキテクトラーニングならではの学習サポートにより、資格を取得する方の学習を全面的にサポートし、確実に資格を取得できるようお手伝いいたします。

  • 信頼と実績の通信講座!
  • 受講申込み20,000人以上!
数多くの卒業生から当スクールの通信講座を選んで良かったとのお言葉を頂いています!
  • 全ての講座が完全初心者対応!
    全ての講座が完全初心者対応!
    講座では初心者でも基礎から実践、更に応用まで1つずつ確実に学習できるカリキュラムを取り入れています。実用的なプロの知識を確実に覚え、また同時に資格取得対策にもなるので、効率的で無駄の無い学習が可能です。1つ1つの講座・学習カリキュラムは、その道のプロが手掛けたもので、毎年多くの資格試験合格者を出す実績を持っています。
  • 1日30分でOK!効率的に無駄なく学べるカリキュラム
    1日30分でOK!
    効率的に無駄なく学べるカリキュラム
    講座は1日30分のゆっくり学習ペースでも着実に資格取得が目指せる内容となっているので、日々の空いた時間を使って勉強するだけで資格取得が目指せます。また、ハイペースで学習した場合は最短1ヶ月~2ヶ月程の短期間で資格取得を目指すことも可能です。自分にあったペースで学習可能なのが当スクールの人気の秘密です。
  • 完全個別指導で、納得いくまで学習!
    完全個別指導で、納得いくまで学習!
    受講生一人一人に専門スタッフが付き、受講生一人一人の学習ペースに合わせた学習のサポートやアドバイスをさせて頂きます。学習の途中でわからない事があれば何度でも、質疑応答無制限で応対致しますのでつまずく事無く安心して進める事が出来ます。
  • 入学金無料。教材費込みの低価格受講料設定
    入学金無料
    教材費込みの低価格受講料設定
    通学にしても通信教育にしても、技術を身につけようと思ったときに壁となる受講料。当スクールでは低料金設定を心掛け、入学金も無料です。
20,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます

味噌汁の具

味噌汁の具

味噌汁に入れる具には実に様々なものがあります。最も古くからあるものは豆腐とわかめ、ネギ、そしてじゃがいもなどですが、これは昔の貧しい暮らしの中でも手に入りやすい食材であったことが関係しています。
わかめは海の幸ですが、乾燥させることで日持ちして内陸でも食べられたことで、普及していきました。現在では、季節の野菜などを具として利用することが多く、にんじんや白菜、キャベツ、ナス、筍、ゴボウなどさまざまな具材が使われます。
また、味噌汁の中に豚肉や鶏肉を入れることで、脂ののった非常に栄養価の高い豚汁などへ変化させることもできます。特に多くの具材を使ったものの中には、地域によっては味噌汁という名前とは異なる別名がついていることもあり、単純な汁物というだけではない奥深さがそこにはあります。
数種類を入れることで素材の味を楽しむことができますが、同時に歯ごたえのあるもの、触感が面白いこんにゃくなどを一緒に入れると、さらに美味しさが増すので、具材一つとっても侮れないところがあります。
具材は適度な大きさに切ってから湯の段階で火を通しますが、ネギなど薬味系のものについては、最後にトッピングとして入れることで、より辛みを加えた旨さを引き出すことができ、これもまた地域によって特色のある部分となっています。

味噌の作り方

味噌の作り方

味噌汁は、日本古来から親しまれているオリエンタルフード、料理として有名であり、地域によってその味わいが異なる郷土料理の一部でもあります。しかし、基本的な味噌汁の作り方はおおよそ確立しており、これを学ぶことでよりおいしく味わい深い味噌汁を毎日楽しむことができます。
味噌汁を作るには、まずお湯を沸騰させるところから始まります。鍋に人数分が賄える水を張り、沸騰させましょう。沸騰を待つ間に具材を切っていきます。さまざまな具材がありますが、どれも分け隔てなく味噌汁にマッチするのが味噌汁のすごいところかもしれません。お湯が沸騰したら、野菜を入れて煮立てます。
具材に火が通ったところで一度火を止めて少し置きましょう。沸騰が静まったら、味噌をゆっくりと溶いていきます。少しずつ端で崩すようにしてなじませるとよいでしょう。溶き終わったら、弱火で煮込みます。この時沸騰させると味噌の風味が逃げてしまうので、絶対に沸騰させないように気を付けます。良い感じに煮立ったら、火を止めて少し寝かせるとよりうま味が広がるといわれています。
あとは、お椀にそっとよそって、ご飯やおかずと一緒においしく召し上がりましょう。一度味噌を入れて煮立ったところで味を確認すると濃さがわかりますから、より微調整が可能となります。間違っても、量が少ないからと言って水をあとから足さないように気を付けましょう。

20,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます
無料資料請求
受講お申し込み