製菓アドバイザーW資格取得講座

お菓子とは

お菓子とは

自宅でお菓子作りが学べる人気講座!
最短2ヶ月で2資格取得も!

人気の通信講座1位に選ばれました。

諒設計アーキテクトラーニングは
福岡ソフトバンクホークス株式会社の
オフィシャルスポンサーです。

福岡ソフトバンクホークスと共に
人々に元気や感動を与え
社会の活性化に努めてまいります。

20,000人以上が受講申込している今人気の通信教育!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

通信教育・通信講座の資料請求
お菓子資格取得講座資格取得通信教育・通信講座の受講申込み
今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!

お菓子の作り方やお菓子の種類、
基本から応用までじっくり学べます。

製菓アドバイザー

製菓アドバイザーW資格取得講座、イ製菓アドバイザーW資格取得スペシャル講座ではお菓子作りの基本的知識から材料の知識、お菓子の種類について学び、またテキストに沿ってお菓子作りを実践的に学ぶことが出来る講座となっています。
初心者の方でも問題なく進められるカリキュラムを採用しているのでどなたでも安心して受講できる内容となっています。

お菓子資格の種類は今人気の製菓アドバイザーとお菓子作りパティシエの2資格同時取得可能です!

本講座は日本安全食料料理教会(JSFCA)主催の「製菓アドバイザー」、日本インストラクター技術協会(JIA)主催の「お菓子作りパティシエ」の2資格に対応しています。お菓子作りインストラクターは、お菓子作りパティシエへ資格名称変更になりました。名称変更に伴う、試験範囲や合格基準などの変更は一切ありません。

資格1製菓アドバイザー
日本安全食料料理協会(JSFCA)主催

製菓アドバイザー

製菓アドバイザーとして、主に洋菓子に関する知識を有していることを認定されます。洋菓子作りに使われる卵、バターやチーズなどの乳製品、粉、砂糖、チョコレート、ナッツ類、フルーツ、スパイスなど、さまざまな材料について、種類や選び方、その材料を使うことによって洋菓子にどのような効果、メリット、味の変化があるのかなどを理解し、適切な調理、材料選びができる人に与えられる資格です。クリームや生地、スポンジにどのような種類があるのか、その性質や材料などの違いや実際に使う洋菓子について、その作り方に関する知識を有していることも証明されます。資格取得後は、製菓アドバイザーとして自宅やスクールで講師活動をすることができます。

資格2お菓子作りパティシエ
日本インストラクター技術協会(JIA)主催

お菓子作りインストラクター

お菓子作りパティシエとして、洋菓子に関するさまざまな知識を有していることが認定されます。お菓子作りに使うはかりや泡だて器など道具類、型、オーブンの選び方と使い方を理解し、適切に使用することができる人に認定されます。基本的な洋菓子の種類を理解し、実際に作るためのレシピや材料、作る際の注意点などの知識を有していること、クリームや生地など、お菓子に欠かせない素材について、作り方やどのお菓子に使われるかなど一定の知識を有していることが証明されます。また、濃度や糖度といった数値、酸やグルテンなどの成分について理解し、科学的な視点からもお菓子作りに関して一定の知識を有していることも証明されます。資格取得後は、お菓子作りパティシエとして自宅やスクールで講師活動ができます。

試験免除でお菓子資格が取れる!
資格協会指定のスペシャル講座も用意!

製菓アドバイザー

当スクール限定で各協会が指定するスペシャル講座を受講する事が出来ます。スペシャル講座では添削課題を全てクリアした後、卒業課題を提出する事と試験免除で「製菓アドバイザー」「お菓子作りパティシエ」の2資格が講座卒業と同時に認定されます。すぐにでも資格を取得したい方、確実に資格を取得したい方にお勧めのコースです。

通常の講座

自身で受験し、試験に合格する事で資格取得

製菓アドバイザー

「製菓アドバイザー」「お菓子作りパティシエ」の試験をそれぞれ受験し、試験に合格することで資格が認定されます。

スペシャル講座

卒業課題を提出する事で、卒業と同時に資格取得

製菓アドバイザー

添削課題を全てクリアした後、卒業課題を提出すると試験免除となり、
「製菓アドバイザー」「お菓子作りパティシエ」の2資格が講座卒業と同時に認定されます。

20,000人以上が受講申込している今人気の通信教育!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

通信教育・通信講座の資料請求
お菓子資格取得講座資格取得通信教育・通信講座の受講申込み
今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!

卒業後はお菓子作りの先生として
料理教室を開くなどの副業ができます!

製菓アドバイザー

本講座で取得可能な「製菓アドバイザー」「お菓子作りパティシエ」の2資格は講師資格です。資格取得後は副業として自宅やカルチャースクールで料理教室などを開く事が出来ます。

製菓アドバイザー資格講座紹介

製菓アドバイザーW資格取得講座
初心者からでも大丈夫。最短2ヶ月で2資格取得!
製菓アドバイザー教材

受講証、受講マニュアル、完全攻略テキスト、練習問題集/解答用紙、練習問題解答集、模擬試験/解答用紙、模擬試験解答集、添削課題/提出用解答用紙、質問用紙、封筒

期 間 6ヶ月(最短2ヶ月) 添 削 5
受講料 一括 59,800円 分割3,300円×20回(初回4,276円)
製菓アドバイザーW資格取得スペシャル講座
試験免除講座100%2資格取得!!今すぐに資格が欲しい方に!
製菓アドバイザー教材

受講証、受講マニュアル、完全攻略テキスト、練習問題集/解答用紙、練習問題解答集、模擬試験/解答用紙、模擬試験解答集、添削課題/提出用解答用紙、質問用紙、封筒、卒業課題

卒業試験 卒業試験(提出にて資格認定)

期 間 6ヶ月(最短2ヶ月) 添 削 5回 卒業課題+1回
受講料 一括 79,800円 分割3,800円×24回(初回3,891円)

20,000人以上が受講申込している今人気の通信教育!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

通信教育・通信講座の資料請求
お菓子資格取得講座資格取得通信教育・通信講座の受講申込み
今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!

製菓アドバイザー講座内容

お菓子の材料/粉の性質を知ってお菓子のベースを作る/性質を把握し、使い分ける/薄力粉/中力粉/強力粉/灰分と小麦粉の質/小麦粉以外の粉/お菓子に食感を与える強力粉の選び方/小麦粉の故郷/小麦の種類/フランス産小麦の分類/グルテンとお菓子作り/保存法と取り扱いの注意点/膨張剤から見る生地が膨らむメカニズム/膨張とは/膨張剤の種類/ベーキングパウダー(複合膨張剤)/イーストパウダー(複合膨張剤)/保存方法/様々なイーストの種類と使い分け/発酵とは/イーストの種類と特徴/生イースト/ドライイースト/インスタントドライイースト/イーストを使ったお菓子/甘味料は甘みの質と機能性で使い分ける/分蜜糖/グラニュー糖/上白糖/粉糖/三温糖/含蜜糖/黒砂糖/和三盆/カソナード/砂糖がお菓子にもたらす効果/砂糖の保水性/砂糖のメイラード反応/保存性の向上/砂糖以外の甘味料/転化糖/水あめ/トレハロース/はちみつ/お菓子に欠かせないバターの基礎知識/バターができるまで/バターの栄養分と組成/バターの種類/発酵バター/無塩バター/低水分バター/バターの性質とお菓子作りへの生かし方/伸展性・可塑性/ショートネス性/クリーミング性/様々な風味のバター/溶かしバター/発酵バター/ブール・ノワゼット/お菓子に使われる様々な製菓用油脂/バター以外の製菓用油脂/マーガリン/コンパウンドマーガリン/ショートニング/太白胡麻油/オリーブオイル/ココナッツオイル/クリーム選びはお菓子の口どけと風味を決める/生乳生まれの生クリーム/クリームの種類とタイプ/生クリーム/純乳脂肪タイプの生クリーム/コンパウンドタイプの生クリーム/植物性脂肪タイプの生クリーム/クリームの代用品/お菓子にフレッシュさを与える乳製品/様々な種類のチーズ/カッテージチーズ/クリームチーズ/マスカルポーネチーズ/フロマージュブラン/クワルク/そのほかの乳製品/粉乳(脱脂粉乳・全粉乳)/ヨーグルト/練乳/お菓子に使われる卵の種類/活卵と加工卵の特徴/卵白/卵黄/液卵/凍結卵/乾燥卵/卵の鮮度の見分け方と保存の注意点/凝固剤を使い分けて様々な食感を表現する/凝固材の種類/動物系の凝固剤/ゼラチン/海藻系の凝固剤/寒天/カラギーナン(アガー)/ペクチン/チョコレート素材の選び方/産地や品種、産年で変わる味と風味/クーベルチュールチョコレート/カカオを使った素材/カカオマス/カカオバター/ココアパウダー/コーティングチョコレート/お菓子に華やかさを添えるフルーツピューレ/フルーツピューレができるまで/収穫、洗浄、選別/粉砕、メッシュ、加糖、殺菌/ピューレを選ぶポイント/使われている砂糖/添加物/殺菌の有無/フレッシュのフルーツとフルーツピューレの違い/食感のアクセントに重宝されるドライフルーツ/ドライフルーツの作り方/お菓子作りで使われるドライフルーツ/レーズン/オレンジピール/ドライアプリコット/フリーズドライ/風味とコクをもたらすナッツの力/ナッツの王様、アーモンド/そのほかのナッツ/ヘーゼルナッツ/栗/ピスタチオ/くるみ/お菓子に表情を付ける香料使い/代表的なスパイス、バニラ/バニラができるまで/バニラの種類/バニラの使い方/バニラの加工品/バニラエクストラクト/バニラエッセンス/そのほかの香料/様々なエッセンス/スパイスを使ってお菓子に奥深さを与える/スパイスのはたらき/香り付け/辛み付け/色付け/お菓子作りに使われるスパイス/シナモン/ジンジャー(ショウガ)/アニス/ペッパー(こしょう)/洋酒を使ったお菓子のワンランクアップ術/醸造酒の代表、ワイン/赤ワイン/白ワイン/ロゼワイン/スパークリングワイン/アルコール強化ワイン/蒸留酒/ブランデー/ウイスキー/スピリッツ/リキュール/洋酒の組み合わせ/食用色素の基礎知識/天然の色素/カラメル色素/クチナシ色素/パプリカ色素/合成の色素/さまざまな色素/チョコレート色素/粉末水性色素/液体色素/着色のコツ/飴細工の着色/チョコレートの着色/マジパン、プラチョコの着色/マカロンなど焼き菓子の着色/洋菓子に使われる和素材/米から作られた和素材/もなか/求肥/桜を使った素材/桜花の塩漬け/桜花シロップ、エキス/桜葉の塩漬け/お茶類/抹茶/ほうじ茶/餡/みりん/卵の性質とその特徴/卵の気泡性/気泡性と砂糖の関係/気泡性を妨げるもの/メレンゲの気泡と卵の鮮度/しっかりしたメレンゲを作る/卵の乳化性/卵の熱凝固性/お菓子作りにおける砂糖の役割/保存に関する役割/砂糖の防腐効果/でんぷんの老化防止/お菓子を形作る砂糖の役割/泡を安定させる/ペクチンと結びついてとろみを付ける/イーストの働きを活性化する/焼き色を付けるはたらき/さまざまな形に変化する砂糖/飴細工/フォンダン/お菓子の基本/お菓子の土台となる生地の種類/スポンジ系/パータ・ジェノワ―ズ/ビスキュイ・アラ・キュイエール/パータ・シュクセ/パータ・ケーク/シュー生地/タルト生地/パート・シュクレ/パート・ブリゼ/パイ生地/フィユタージュ/フィユタージュ・ラピッド/クリームの種類と活用法/フレッシュクリームベースのクリーム/クレーム・フエッテ/クレーム・シャンティ/卵ベースのクリーム/クレーム・アングレース/クレーム・パティシエール/クレーム・オ・ブール/ガナッシュ/クレーム・ダマンド/基本のクリームの種類/クレーム・フエッテ/クレーム・シャンティ/クレーム・アングレース/クレーム・パティシエール/基本のパートの種類/タルト・パイの構成/タルト生地/クレーム・ダマンド/フルーツ/ムースの構成/ムース/センター/スポンジ/生地をメインにした構成/生地/シロップ/クリーム/基本のスポンジの種類/パータ・ジェノワ―ズ/ビスキュイ・アラ・キュイエール/パータ・シュクセ/パータ・ケーク/お菓子作りに役立つ知識/グルテンに注目すれば求めるお菓子に近付く/グルテンとは/薄力粉とグルテン/強力粉とグルテン/グルテンと他の材料の関係/油脂/塩/水の温度/オーブンを使ったお菓子作りのポイント/蒸し焼き/蒸気を入れる/蒸気を逃がす/乾燥焼き/天板の工夫/焼きを極めるためのオーブン選びのポイント/ガスオーブンと電気オーブン/ガスオーブン/電気オーブン/コンベクションオーブン/庫内の広さ/天板を差せるものを選ぶ/オーブンのクセを把握する/型選びでお菓子の仕上がりに差をつける/焼き型の種類/デコ型/角デコ型/タルト型/タルトリング/シフォンケーキ型/マドレーヌ型/カヌレ型/型の材質/ステンレス/スズメッキ、ブリキ/シリコン/銅/型を使う準備/ブリキ、スズメッキ/ステンレス/銅/はかる道具と混ぜる道具の選び方とお手入れ方/様々なはかり/上皿棹(さお)ばかり、上皿天秤ばかり/デジタル式電子卓上はかり/はかりの使用上の注意/計量カップ、メスシリンダー/温度計/アルコール温度計/デジタル温度計、赤外線レーザー温度計/糖度計/混ぜる、泡立てる道具/泡立て器(ホイッパー)/木べら/ゴムべら/煮る道具と焼く道具の選び方とお手入れ方法/鍋/ステンレス/アルミ/銅/大きさ、深さ/フライパン/表面を焦がす道具/ガスバーナー/キャラメライザー、焼きごて/お菓子作りにあると便利な道具とお手入れ方法/オーブンで使う道具/天板、鉄板/オーブンペーパー/ベーキングシート/シリコンマット/網/タルトストーン/装飾に使う道具/絞り口金、絞り袋/コーム/タルトピン(タルトパンセ)/茶こし/チョコレートフォーク/お菓子作りにおける濃度と糖度/お菓子作りにおける濃度/ゼラチン濃度/アガー/粉寒天/糸寒天、棒寒天/お菓子作りにおける糖度/Brix(ブリックス)/ボーメ/お菓子は混ぜ方次第で仕上がりが変わる/お菓子にとって混ぜるとは/ムースを仕込むときの混ぜ方/メレンゲを混ぜるときの注意点/生地を仕込むときの混ぜ方/比重/お菓子作りに重要な酸/ジャム作りにおける酸/ジャムができる仕組み/クエン酸/パート・ド・フリュイ作りにおける酸/メレンゲ作りにおける酸/道具の手入れにおける酸/アルミの道具/銅製の道具/フランスの地方菓子/マカロン・パリジャン(パリ)/ガトー・バスク(バスク地方)/クイニー・アマン(ブルターニュ地方)/カヌレ・ド・ボルドー(ボルドー地方)/ガレット・ブルトンヌ(ブルターニュ地方)/コロンビエ(プロヴァンス地方)/お祝いごとに使われるお菓子/イースターのお菓子/公現祭(エピファニー)のお菓子/結婚式のお祝い菓子/お菓子のレシピ/基本のパティシエールとアングレーズの作り方/クレーム・パティシエール/クレーム・アングレース/用途別基本のメレンゲの作り方と応用/ムラング・フランセーズ/ムラング・イタリエンヌ/軽くて濃厚基本のバタークリームの作り方/クレーム・オ・ブール/クレーム・オ・ブールのバリエーション/クレーム・オ・ブールの保存/口どけのよい基本のガナッシュの作り方/マスターしたいジェノワーズの作り方/失敗しないふんわりビスキュイの作り方/さくっと香ばしいダコワーズの作り方/応用が効く基本のカトルカールの作り方/基本のマドレーヌの作り方と応用/しぼまない基本のシュークリームの作り方/バリエーション豊富なエクレアの作り方/失敗しないマカロンの作り方/基本のムースの作り方/サブレのバリエーションと基本の作り方/ロールケーキの作り方と巻き方のポイント/基本のタルト生地の作り方/タルトシトロンの作り方

20,000人以上が受講申込している今人気の通信教育!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

通信教育・通信講座の資料請求
お菓子資格取得講座資格取得通信教育・通信講座の受講申込み
今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!

お菓子の作り方

お菓子の作り方ですが、まずは材料と道具の準備から始めます。道具としては、分量を量るためのはかり、泡立て器やヘラ、ボウル、ふるいといったものが代表的です。ケーキを作るなら焼くための型が必要ですし、クッキーなら抜型なども用意しておきます。材料は作りたいお菓子に合わせて揃えておきましょう。作るお菓子によって必要な道具、あったら便利な道具が異なりますので、どのようなものをどんな時に使うのか、事前に調べておくと安心です。 次にいよいよお菓子を作り始めますが、この時大切なのはレシピにある分量や、混ぜる時間、休ませる時間をしっかりと守ることです。お菓子作りはすべての工程において正確な作業が求められます。作業自体は混ぜる、こねる、切るという単純なものが多いですが、例えば混ぜたりないせいでケーキが膨らまない、粉が多すぎたせいでクッキーが硬いという結果に繋がってしまうのです。慣れるまではしっかりレシピを確認しながら進めるようにしてください。 ただお菓子を作っていると、部屋の温度や卵1個の大きさなんかによっても変化が出るのがわかります。なんだかレシピ通りにならないと思った時、臨機応変に対応できるようになるには、どんどん挑戦して経験を積むことが一番の近道です。

お菓子の種類

日本で食べられるお菓子は、大きく分けて和菓子と洋菓子の2種類あります。特に洋菓子は世界各国、各地で食べられているものがあり、とにかく種類が多いのが特徴です。 洋菓子は含む水分の量に応じて、生菓子、半生菓子、干菓子に分けられます。干菓子は私たちも普段良く口にしている、キャンディーやチョコレート、スナック菓子類のことです。ポテトチップス、ビスケットなども干菓子に属します。 生菓子はスポンジケーキ、シュークリームなど洋菓子屋さんで一般的に売られているものから、最近流行したパンケーキ、クレープ、ゼリーなど種類豊富です。ピザパイやミートパイは料理菓子と呼ばれ、こちらも生菓子の一種と考えられています。同じ生菓子でも、アップルパイはイギリスのお菓子、エクレアはフランスのお菓子です。 半生菓子は生菓子と干菓子の間に位置するお菓子で、一部のスポンジケーキやバターケーキ、タルトがこちらに分類されます。 和菓子は餡子や餅、上新粉を使ったものが多く、おだんごや大福はコンビニでも手軽に手に入るほど、老若男女問わず広く愛されています。冬ならお汁粉、夏ならぜんざいと、季節に合わせて変わるのも面白いところです。また日本のお菓子と言えば和菓子だけでなく、米を使ったおせんべいなど、醤油を使ってしょっぱい味付けのものも人気です。

20,000人以上が受講申込している今人気の通信教育!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

通信教育・通信講座の資料請求
お菓子資格取得講座資格取得通信教育・通信講座の受講申込み
今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!

20,000人以上が受講申込している今人気の通信教育!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

通信教育・通信講座の資料請求
お菓子資格取得講座資格取得通信教育・通信講座の受講申込み
今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!

お菓子作りの資格と勉強方法について

お菓子作りはとても奥が深いもの。お菓子作りを上達するためにも資格の取得を目指す人も少なくありません。それではお菓子作りの資格にはどのようなものがあるのでしょうか。今回はお菓子作りの資格と勉強方法についてご紹介します。

お菓子作りの資格とは?

趣味としてお菓子を作るためには特別な資格はありません。しかし、お菓子作りの資格を持っていると、お菓子作りを仕事にしたい、自分で作ったお菓子を販売してみたいというときにとても役に立ちます。

お菓子作りの資格を取得するメリットはそれだけではありません。

資格取得のための勉強をしていると、様々なスキルやテクニック、知識が身につくもの。

ゆくゆくは他の人にお菓子作りを教えたり、お菓子関連の会社に就職したり、ショップでアルバイトするといった場合には資格を持っていると有利です。

お菓子作りのいろいろな資格

お菓子作りには難易度や種類などで様々な種類があります。

菓子製造技能士

「菓子製造技能士」は、国が認定を行う国家資格です。菓子製造技能士の資格を取得するためには都道府県が実施する学科試験や実技試験に合格することが必要。決して簡単に取得できる資格ではありませんが、レベルの高いお菓子作りの知識や技術を持っているという証明になります。

菓子製造技能士には洋菓子、和菓子などの分野によって分かれ、さらにそれぞれ一級と二級があります。

筆記試験ではお菓子作りの知識だけでなく、食品関係の法律や食品一般についての知識などが出題、実技試験では実際に時間内でお菓子の製造と仕上げを行います。

受験には実務経験も必要なので、プロ向きの資格ということができるでしょう。

製菓アドバイザー

「製菓アドバイザー」は日本安全食料料理協会が主催する資格で、主に洋菓子の知識を持ち、活用が可能と認定された人に与えられます。

製菓アドバイザーの資格を取得するためには、洋菓子作りに必要な素材や、クリームや生地の種類の違いといった基本的な知識が必要となります。

資格を取得すると、講師としての活躍も期待できるため、お菓子を仕事にしたい人や、お菓子の基本的な知識をきちんと学びたい人に最適な資格といえるでしょう。

お菓子作りパティシエ

「お菓子作りパティシエ」は日本インストラクター技術協会が主催する資格です。主に洋菓子作りに関して、道具類の正しい使い方や、お菓子作りのレシピなど実践的な知識が必要になります。

こちらの資格も取得後は講師として活動することが可能で、お菓子作りを人に教えたいという人に向いた資格です。

和菓子ソムリエ

「和菓子ソムリエ」は和菓子に関する種類や道具、材料など幅広い知識の持ち主に与えられる資格です。そのほか、日本全国の郷土のお菓子についての知識も必要で、和菓子が好きな人や、日本の文化や歴史に興味があるという方におすすめです。

製菓衛生士

「製菓衛生士」はお菓子資格の最高位とも呼ばれる資格で、国が認定する国家資格です。

製菓衛生士は製菓の技術だけでなく、衛生管理に重点を置いた内容で、衛生学や添加物、食品学など専門的な知識が求められます。

受験するためには2年以上の実務経験、または製菓衛生師養成施設で1年以上学習した者という条件を満たすことが必要で、非常にハードルの高い資格のひとつですが、資格を取得すると本格的なパティスリーで仕事ができるなどのメリットがあります。

お菓子作り資格の選び方

様々な種類があるお菓子に関する資格。もしお菓子作りの資格を取得したいと思ったときには、目的に合わせて資格を選ぶのがおすすめです。

趣味や日常に生かしたい

もしスイーツが好きで、自分でも作れるようになりたい、趣味としてスキルアップしたいという場合はまずは比較的ハードルが低く、取得しやすい資格を選ぶのがよいでしょう。

資格取得を通じてどのような知識が学べるのかなどを考えて資格を選びましょう。

お菓子作りを仕事にしたい

お菓子作りを趣味にしている人の中には、仕事にしたいと考えている方も多いはず。ただし、仕事といっても様々な種類があります。

製造のプロである菓子職人になりたい、カルチャースクールなどの講師になりたい。独立・開業したいなど、目的は様々。その場合には自分の目的に合った資格を選びましょう。

また、パティスリー開業やネット販売をしたいという場合には、販売許可も必要です。

飲食店経営中

もしすでに飲食店を経営している、お菓子作りに関する仕事をしているという方の場合には、メニュー開発などに役立つ資格がよいでしょう。その場合、スイーツだけにこだわらず、出来るだけ幅広い食の知識を身につけられる資格がよいでしょう。

お菓子作りの資格を取るメリット

それでは、お菓子作りの資格を取得すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

お菓子作りの資格を取得するメリットは、まず講師としての活動が身近になるということです。

資格によっては主催する団体での講師活動や、その他の講師活動をサポートしてくれるものもあり、講師を目指す人には便利。

また、資格を取得することでお菓子作りについての正しい知識を身につけ、より美味しいお菓子を効率的に作ることができるというメリットも。

さらに資格の学習を通じて、同じ趣味の人と知り合えるというメリットもあります。

20,000人以上が受講申込している今人気の通信教育!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

通信教育・通信講座の資料請求
お菓子資格取得講座資格取得通信教育・通信講座の受講申込み
今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!

お菓子作りの勉強方法

お菓子についての資格取得を決めたら、次に必要なのは勉強です。お菓子作りの勉強にはどんな方法があるのでしょうか。

独学(本・動画など)

お菓子作りの勉強としてもっとも手軽なのが本や動画などを参考にする独学です。

独学はほとんどお金がかからず、自分の都合のよい時間を使って勉強できるというのが大きなメリット。

ただし、独学の場合、分からないことがあっても質問できない、資格取得のために効率的な勉強を進めるのが難しいというデメリットがあります。

お菓子作り教室(実技メイン)

お菓子作りの実技を学びたいなら、おすすめしたいのがお菓子作りの教室です。お菓子作りの教室は、講師の先生から直接お菓子作りを学ぶことができる場所。

どうしても分からないところや、上手くできないことがあっても、その場ですぐに質問して疑問を解決することができます。

ただし、知識面の勉強ができないというのがデメリット。さらにある程度の参加費も必要になります。

資格講座を受講する

もしどの資格を取得したいのかが決まっているなら、資格講座を受講するのがよいでしょう。資格講座の場合、すでにテキストなどが揃っているため、短い時間で効率的に勉強を進められるというのが最大のメリットです。また、資格によっては講座の受講が受験資格になっていることもあります。

資格講座には在宅で勉強できる通信講座と、学校に通うスクーリングがあり、自分の時間的な都合や住んでいる場所を考えて選ぶとよいでしょう。

ただし資格講座の場合にはある程度の費用が必要になります。

製菓学校に通う

真剣にお菓子作りを学びたい、高度な知識を身につけたいという場合、製菓学校に通うのがベストです。製菓学校なら、レベルの高い知識を正しく身につけることができます。設備なども揃っているため、家庭ではできないお菓子にもチャレンジすることも可能。

ただし製菓学校の場合、時間と経済的な余裕が必要です。

まとめ

お菓子作りの資格を取得すると、お菓子作りの技術がアップするだけでなく、お菓子を仕事にできる可能性も高くなります。興味があるという方は、まずは思い切ってチャレンジしてはいかがでしょうか。

ページトップへ