手作りパン健康ソムリエW資格取得講座
パンとは

パンとは

最短2ヶ月で2資格取得!
本格的な美味しいパンが作れるように!

人気の通信教育講座1位に選ばれました。
今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!

パン作りの基本から実践まで、
自分のペースでプロレベルまで学べます。

手作りパン健康ソムリエ

手作りパン健康ソムリエ資格取得講座、手作りパン健康ソムリエW資格取得スペシャル講座ではパン作りの基本的知識からパンの歴史、パンの作り方や道具の使い方など、パン作りに関する事を一通り学べる講座となっています。
初心者の方でも問題なく進められるカリキュラムを採用しているのでどなたでも安心して受講できる内容となっています。

「手作りパン健康ソムリエ」、
「パン・ベーカリーアドバイザー」の2資格同時取得可能!

本講座は日本安全食料料理教会(JSFCA)主催の「手作りパン健康ソムリエ」、日本インストラクター協会(JIA)主催の「パン・ベーカリーアドバイザー」の2資格に対応しています。

資格1手作りパン健康ソムリエ
日本安全食料料理協会(JSFCA)主催

手作りパン健康ソムリエ

手作りパン健康ソムリエとは、パンの歴史、日本のパン、世界のパン、パンの材料、パンの製法とその分類、パンの作り方やパン作りに使う道具などに関する、あらゆる知識を有している方に認定される資格です。パンの起源やストレート法、ポーリッシュ法、発酵種法、中種法、サワー種法などの様々な製法、パンに使う小麦粉や天然酵母やイーストの種類と働き、発酵の過程や手順、ベンチタイムの必要性、パンを焼き上げる際のポイントなどに関して熟知していること、手作りパンに関するあらゆる知識を持っていることが求められます。飲食関係はもちろん、健康的なオーガニックや無添加の自家製パンを取り入れた生活を目指す方にも人気の資格です。

資格2パン・ベーカリーアドバイザー
日本インストラクター協会(JIA)主催

パン・ベーカリーアドバイザー

パン・ベーカリーアドバイザーとは、パンの種類や製法に関してあらゆる知識を有し、かつ実践的なパン作りの手順やポイントについての技能を有していることを証明する資格です。リーン系とリッチ系、食事パンと調理パンとバラエティブレッドとおやつパンの分類、クロワッサンやミルクパン、ブリオッシュなどの様々なパンのレシピ、ガス抜きや一次発酵と二次発酵の正しい方法、パンが膨らまないときの対処法など、さまざまな知識に加え、実際にパンを作る際の重要なポイントや技能も求められます。資格取得後は、講師としてパン教室を開催したり、自宅でより本格的なパン作りを実践したりすることも可能です。

試験免除で資格が取れる!
資格協会指定のスペシャル講座も用意!

手作りパン健康ソムリエ

当スクール限定で各協会が指定するスペシャル講座を受講する事が出来ます。スペシャル講座では添削課題を全てクリアした後、卒業課題を提出する事と試験免除で「手作りパン健康ソムリエ」「パン・ベーカリーアドバイザー」の2資格が講座卒業と同時に認定されます。すぐにでも資格を取得したい方、確実に資格を取得したい方にお勧めのコースです。

通常の講座

自身で受験し、試験に合格する事で資格取得

手作りパン健康ソムリエ

「手作りパン健康ソムリエ」「パン・ベーカリーアドバイザー」の試験をそれぞれ受験し、試験に合格することで資格が認定されます。

スペシャル講座

卒業課題を提出する事で、卒業と同時に資格取得

手作りパン健康ソムリエ

添削課題を全てクリアした後、卒業課題を提出すると試験免除となり、
「手作りパン健康ソムリエ」「パン・ベーカリーアドバイザー」の2資格が講座卒業と同時に認定されます。

卒業後はパン作り教室を開くなどの
活動・副業ができます!

手作りパン健康ソムリエ

本講座で取得可能な「手作りパン健康ソムリエ」「パン・ベーカリーアドバイザー」の2資格は講師資格です。資格取得後は副業として自宅やカルチャースクールで料理教室などを開く事が出来ます。

手作りパン健康ソムリエ資格講座紹介

手作りパン健康ソムリエW資格取得講座
初心者からでも大丈夫。最短2ヶ月で2資格取得!
手作りパン健康ソムリエ教材

受講証、受講マニュアル、完全攻略テキスト、練習問題集/解答用紙、練習問題解答集、模擬試験/解答用紙、模擬試験解答集、添削課題/提出用解答用紙、質問用紙、封筒

期 間6ヶ月(最短2ヶ月)添 削5
受講料一括 59,800円 分割3,300円×20回(初回4,276円)
手作りパン健康ソムリエW資格取得スペシャル講座
試験免除講座100%2資格取得!!今すぐに資格が欲しい方に!
手作りパン健康ソムリエ教材

受講証、受講マニュアル、完全攻略テキスト、練習問題集/解答用紙、練習問題解答集、模擬試験/解答用紙、模擬試験解答集、添削課題/提出用解答用紙、質問用紙、封筒、卒業課題

卒業試験 卒業試験(提出にて資格認定)

期 間6ヶ月(最短2ヶ月)添 削5回 卒業課題+1回
受講料一括 79,800円 分割3,800円×24回(初回3,891円)

手作りパン健康ソムリエ講座内容

パンの歴史/小麦の生まれた場所/発酵パンのはじまり/新たなパンの誕生/ローマ帝国におけるパン/中世から続くパン/日本のパンの歴史/日本のパンの伝承/日本のパンの発展/日本の歴史歴なパン/世界大戦とパン/現代までのパン/世界のパンの歴史/世界のパン/アメリカのパン/フランスのパン/ドイツのパン/イタリアのパン/イギリスのパン/オーストリアのパン/北欧のパン/ロシア・中国・インドのパン/中南米・中近東・アフリカのパン/日本のパン/パンの材料/小麦粉/小麦粉の種類/ライ麦/その他の粉/酵母/イースト/天然酵母/水/塩/油脂/油脂の種類/卵/乳製品/乳製品の種類/砂糖/その他/パンの製法と分類/パンの製法/ストレート法/発酵種法/ポーリッシュ法・その他/パンの分類/リーン系とリッチ系/その他/パンの作り方と道具/生地作り/一次発酵/ガス抜き・二次発酵/分割・成形/ベンチタイム/成形(型)/最終発酵/焼き上げ/パン作りの注意点/パン作りの道具/パン食のメリット/パンが膨らまないときは/パンの扱い方/パンと食中毒/パンの用語集/牛乳パンのレシピ/クロワッサンのレシピ

3年連続口コミ評判ランキング1位を獲得した人気の通信教育!!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!

パンの作り方

パンの作り方として、最初に行うのは材料選びです。強力粉一つとっても様々な種類があり、好みに合わせて選ぶことができます。材料は古いと上手く膨らまないこともあるので、できるだけ新しいものを用意するようにしてください。 材料をしっかり分量分量ったら、いよいよ混ぜていきます。ボウルの中に材料を入れ、最初はヘラや指先で、軽くまとまってきたら台の上に出し、手を使ってこねましょう。こねる時は手のひらの手首に近い部分を使って、奥へ奥へと伸ばすようにこねます。作るパンに合わせて、必要な時間分この作用を繰り返して行きます。パンによっては途中でバターを加え、生地が薄く伸びるようになったら完了です。 生地がまとまったら、カードやスケッパーで生地を切り分けます。1つ1つが同じくらいの大きさになるよう、慣れるまでは量りながら作業すると安心です。切り分けた生地は軽くたたいてガス抜きします。この間、ベンチタイムと呼ばれる発酵を待つ時間をはさむこともあるので、生地の様子を確認しながら焦らず生地を休ませることも大切です。 生地が出来たら好きな形に形成するか型に入れ、パンをオーブンに入れればいよいよ完成です。パンは様々な具材を混ぜたり、甘いもの、塩気のあるものなど種類も多いので、様々なパンの作り方を調べるのも1つの楽しみになります。

パン作りの道具

パン作りには、生地を作るための道具、生地を形成するための道具、焼成のための道具と、3種類の道具が必要です。 まず生地を作るために用意したいのが、材料の軽量に使うためのスケールです。パン作りの場合、数グラム単位で使う材料もあるので、できればデジタルで細かく測れるものがあると役立ちます。併せてスケールに乗せて使うために、小さなボウルをいくつか準備しておきましょう。水分を量るには計量スプーンと計量カップ、生地を混ぜる時用にゴムベラも必要です。 次に生地を形成するための道具ですが、パンをこねる時にペストリーボードやシリコンマットがあると作業しやすくなります。まな板で代用も出来なくはないものの、専用の道具を使うと滑りにくくできていたりするので、やはり用意しておきたいところです。その他、生地を伸ばす時にはめん棒、生地をカットできるカード、温度計、パンマット、型や型抜きを使ってパンを作ります。 最後に焼成のための道具です。こちらはオーブンで使う天板や、オーブンシート、ハケなど、焼く時に使える道具、焼いた後に使える道具を用意します。食パンを作るのであれば、パン切り包丁も揃えておくと、綺麗にカットしたパンを食べられますよ。 あってもなくても良い道具もありますが、やはり便利な道具を準備しておけば、パン作りが楽に、そして楽しくなることは間違いありません。

3年連続口コミ評判ランキング1位を獲得した人気の通信教育!!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!
通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング資格講座Topへ