コーヒーカフェ用語

カフェとコーヒー

うちカフェ

うちカフェ その名の通り「うち」で「カフェ」気分を味わう事。

アラビカ種

アラビカ種 エチオピア原産のコーヒー三大原種の1つ。三大原種の中では品質が一番よい。主に高原で栽培されている。

インスタントコーヒー

インスタントコーヒー ソリュブルコーヒー、可溶性コーヒーともいう。日本人科学者、加藤サルトリ博士によって発明された。コーヒーの原液から水分を取り除き固形化したもので、水を加えると溶解し、再び液体コーヒーになる。

ウォッシュト・コーヒー

ウォッシュト・コーヒー 水洗式で精製されたコーヒーのこと。異物や欠点豆の混入が少なく、精製度が高い。生産国の7~8割がこの方式をとっている。

カフェモカ

カフェモカ カフェモカの「モカ」はチョコレートを意味しており、多くはエスプレッソとミルクにチョコレートシロップを加えたものをさす。

カフェラテ

カフェラテ エスプレッソを抽出し、その液の上に蒸気で加熱したミルク(スチームドミルク)をのせて飲むイタリア生まれの飲み方。イタリアでは、主に一般家庭やホテルなどの朝食時に飲まれる。イタリア語のカフェ(caffe)はエスプレッソ、ラテ(latte)はミルクの意味。

カフェリーマン

カフェリーマン カフェとサラリーマンを組み合わせた造語。生活の中にカフェが定着し、サラリーマンがカフェでランチしたり一休みする光景も珍しくなくなった。そのカフェにたむろすサラリーマンの事を指す言葉。

カフェロンゴ

カフェロンゴ エスプレッソを長めに抽出したもの。

カフェ本

カフェ本 文字通りカフェに関する本。店舗紹介やレシピ集からオーナーの日記めいたものまでそのジャンルは様々。

カプチーノ

カプチーノ エスプレッソに蒸気で加熱したミルク(スチームドミルク)と同じく蒸気でクリーム状にしたミルク(フォームドミルク)を合わせたもの。このフォームドミルクの違いがカフェラテとの違い。

カリタ式ドリッパー

カリタ式ドリッパー ペーパードリッパー用の代表的な抽出器具。ドリッパーの底に抽出穴が三つあるのが特徴。

コーヒーチェリー

コーヒーチェリー コーヒーの果実は、外側に肉質の外皮、内側の果肉、さらに内果皮(パーチメント)と銀皮があり、最も中心部に種子が入っている。熟したコーヒー果実がさくらんぼに似ていることから呼ばれている。

コーヒーベルト

コーヒーベルト 世界のコーヒー生産地帯のこと。南北両回帰線(北緯25度、南緯25度)間のベルト地帯はコーヒーの栽培に適した気候と土壌を持っている。コーヒーゾーンとも呼ばれる。

ソリュブルコーヒー

ソリュブルコーヒー インスタントコーヒーの別名。

ダッチコーヒー

ダッチコーヒー 水出しコーヒーのこと。旧オランダ領東インド(現インドネシア)でオランダ人が考案したことから、水出しコーヒーをダッチ(オランダ人湖)コーヒーと呼ぶ。

ダブル焙煎

ダブル焙煎 同一の豆を二回に分けて焙煎すること。水分量が多いニュークロップの焙煎を容易にするため、ファースト焙煎で均等に水分を抜き、セカンド焙煎で本格的に仕上げる。豆面はよいが、香りが抜け、やや味が平坦になる。

チャイラテ

チャイラテ 紅茶にチャイスパイスを入れてスチームミルクを入れたもの。

ドリップ法

ドリップ法 1711年にはフランスでネルを用いて濾過する方法が試みらているが、19世紀初頭、ドウ・べロワのドリップ・ポットが開発されてドリップ法をされに決定的なものにした。

パティスリー

パティスリー ケーキ・ビスケット・パイなど小麦粉で作る菓子の総称。

フラペチーノ

フラペチーノ フラッペとカプチーノを組み合わせた言葉。コーヒーとミルクを氷とともに撹拌(かくはん)したコーヒー飲料。商標名。

フレーバーコーヒー

フレーバーコーヒー レギュラーコーヒー(粉)にシナモン、チョコレート、アーモンドなどのフレーバー(香)をつけたコーヒー。

ブランドカフェ

ブランドカフェ 大手企業がチェーン展開しているカフェ。スターバックスコーヒーやシアトルズべストやドトール、サンマルクなどに代表される国産のカフェがある。どのチェーンに行ってもしっかりしたマニュアル管理により変わらない味なのがウリ。

ブランドロイヤルティ

ブランドロイヤルティ 訳すれば、「ブランドへの忠誠心」というほかはない。簡単に言えば、そのブランドを欲しい気持ち、求める気持ち、憧れる気持ち。購入意向を数値化することによってブランド認識とともにブランドを測る基本指標でもある。

ポンプ式エスプレッソマシン

ポンプ式エスプレッソマシン スターバックスなどでも使われている電動のマシン。9気圧のものが標準。

マグカップ

マグカップ 受け皿のない大きめカップのことで、容量が300cc以上あるもの。

ミクスチャーカフェ

ミクスチャーカフェ カフェ+CDショップ、カフェ+フラワーショップなど、色々なジャンルのものとカフェを複合させた店舗の事を指す。これからのカフェの定番になるであろう店舗形態。

ミルクホイッパー

ミルクホイッパー カプチーノなどを作るときに必要なホイップドミルクを作る器具。

メリタ式ドリッパー

メリタ式トリッパー ドリップ式抽出器の一つ。旧西ドイツのメリタ夫人の創案によるもので、ドリッパーの底の穴が一つだけなのが特徴。

モカソース

モカソース チョコソースのこと。

リベリカ種

リベリカ種 コーヒー三大原種の一つ。西アフリカはリベリア原産の品種で、果実はロブスタよりも大きく、低地産で慣環適応性が高く病虫害にも強い。香味は苦味の強いことが特徴で、現在、ルべリアをはじめ、スリナム、ガイアナなどで少量が生産されている。

レギュラーコーヒー

レギュラーコーヒー 焙煎されたコーヒーのこと。また、粉状になったコーヒーで、ドリップなどをして濾して飲用する。

ロースター

ロースター 焙煎機のこと。または、焙煎者、焙煎業者をこう呼ぶこともある。

焙煎

焙煎 生豆に火力を加え煎り上げること。ローストともいう。

無脂肪乳

無脂肪乳 ノンファットミルクのこと。

生豆

生豆 コーヒーチェリーを精製加工し、商品として通用するように精製したコーヒーの種子。

コーヒー資格取得検定講座

カフェ・コーヒーについて

コーヒー資格取得検定講座
少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ