空間資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
仕事は忙しい?稼げる?空間デザイナーの仕事内容と年収について
建築デザイン・CADの資格

空間ディスプレイデザイナーW資格取得講座

空間ディスプレイデザイナー

仕事は忙しい?稼げる?空間デザイナーの仕事内容と年収について

人気の職業である空間デザイナー。おしゃれな仕事としてあこがれているという方も多いかもしれません。では実際の空間デザイナーの仕事の内容とはどのようなものなのでしょうか。また、空間デザイナーとして働いた場合、年収はどの程度なのでしょうか。今回は空間デザイナーの仕事内容と年収についてご紹介します。

仕事は忙しい?稼げる?空間デザイナーの仕事内容と年収について" alt="仕事は忙しい?稼げる?空間デザイナーの仕事内容と年収について">

01空間デザイナーの仕事内容

空間デザイナーという職業に対してぼんやりとしたイメージしか持っていないという人も少なくないかもしれません。では空間デザイナーの仕事内容とはどのようなものなのでしょうか。

1-1住空間のデザイン

空間デザイナーは様々な空間をデザインする仕事です。その中には一般のマンションや邸宅、別荘なども含まれています。
その場合には、クライアントの希望を聞き取り、インテリアやファブリックなどを選んで理想的な住空間を作ることが主な仕事になります。また、新しい空間をデザインするだけでなく、すでにある空間をリノベーションすることも空間デザイナーの仕事です。

1-2商空間のデザイン

空間デザイナーの仕事としてイメージしやすいのが商空間のデザインです。商空間とは、主にビジネスに関わる空間のこと。
商空間は多岐にわたっていて、オフィスやショップ、ショールームなどが含まれています。
商空間のデザインを行うときに重要なのがコンセプト。コンセプトをどのように実現するのかというのが空間デザイナーの腕の見せ所です。
また、商空間のデザインにはイベントなどで使用されるイベントブースのデザインも含まれています。イベントブースの場合には、コンセプトを具体化することはもちろん、どうすればユーザーに喜んでもらえるか、立ち寄ってもらえるかといったマーケティングの要素も重要になります。
このように空間をトータルでプロデュースして価値を高めることも空間デザイナーの重要な仕事です。

02空間デザイナーの仕事の流れ

様々な空間を取り扱う空間デザイナー。それでは空間デザイナーの仕事の流れはどのようなものになっているのでしょうか。

2-1クライアントからのヒアリング

空間デザイナーの仕事のスタートはクライアントからの依頼を受けること。まず、どのような空間にしたいのか、何が必要なのかといったイメージをクライアントから聞き取ります。
このときに重要なのが、自分のセンスや見せたいものではなく、クライアントが何を望んでいるのかということ。
クライアントのイメージをしっかりくみ取ることも空間デザイナーには求められます。
また、ヒアリングを行う場合には、どのようなデザインにしたいのかということだけではなく、予算についても話し合うことが必要です。

2-2デザインを作成

クライアントの要望を聞き取ったら、次に具体的なデザインを作成します。
デザインの作成は、おおまかなラフスケッチから始まり、図面やCG、模型など、少しずつ具体的な形にしていきます。
このとき、複数の空間デザイナーの間でコンペになることもあり、その場合にはクライアントの前でプレゼンテーションを行うこともあります。

2-3施工業者やインテリアの選択

空間デザイナーのアイデアにクライアントが了承すれば、実際の作業に入ります。
どの程度の空間をデザインするか、空間はどのような用途に用いられるかによって異なりますが、実際の施工は専門業者が行うのが一般的。そのため、空間デザイナーが施工業者と打ち合わせを行うこともあります。
そのため、空間デザイナーには建設や設備の知識なども必要になることがあります。
さらに、内装や外装、使用するインテリアといった細かいチョイスも空間デザイナーが行わなければいけません。
また、空間デザイナーによっては実際にインテリアや装飾の取り付けなどを行うこともあります。特に、必要な装飾が見つからないという場合には、自分で装飾を手作りすることもあります。
その後、施工が終了し、クライアントに引き渡すことで空間デザイナーの仕事は終了します。

03空間デザイナーの活動

空間デザイナーの活動範囲は非常に多彩。そのため、空間デザイナーには様々な働き方があります。空間デザイナーを専門にしている人だけでなく、仕事の一環として空間デザインをしている人も少なくありません。

3-1勤務先

空間デザイナーの働き方として一般的なのが「インハウスデザイナー」です。インハウスデザイナーは、メーカーなどに勤務して、自社店舗の空間をデザインすること。
この場合、空間デザイナーの仕事の範囲はそれほど大きいものではありません。実際にはそのほかの業務の傍ら空間デザインを行うというイメージです。
また、空間デザイナーは建築会社や住宅メーカー、内装設計事務所、デザイン事務所などに勤務することもあります。
こちらもどのような会社に勤務するかによって取り扱う空間が異なります。さらに企業によって、どの程度の範囲に関わるのかといったデザインの範囲も異なります。

3-2独立開業

空間デザイナーの中には、インハウスデザイナーやデザイン事務所勤務で実力や実績を重ね、独立開業をするという働き方もあります。
この場合、依頼がなければ収入がゼロになるなど、収入面では不安定になりますが、メディアに紹介されるような有名デザイナーになると、一気に高収入も期待できます。
また、自分の都合によって仕事量を決められるため、結婚したあともフリーランスとして働き続けられる可能性も高くなります。
特に自宅などを事務所や仕事場にすれば、ほとんどの仕事を自宅で行うことができるため、子育てや家事をしながら仕事を続けることができるため、女性にとって働きやすい仕事と言えるでしょう。
空間デザイナーとして独立開業する場合には、最初からまったく一人で活動するほかにも、空間デザイナー数人が共同で事務所を設立するといった方法もあります。

04空間デザイナーの年収

デザインが好きな人にとってはやりがいの高い空間デザイナー。でも気になるのが収入です。空間デザイナーはどの程度の年収を稼げる仕事なのでしょうか。
空間デザイナーの収入は働き方によって大きく異なります。
企業に勤務している空間デザイナーの場合、収入は企業の規模によって異なるため、一般的な会社員や他の職業とほぼ変わらないといってよいでしょう。
ただし、企業に勤務している場合、空間デザインだけでなく、そのほかの仕事も行うこともあります。
一方、デザイン事務所に勤務している場合、年収は200万円から300万円程度と、企業に勤務している場合よりやや低め。
というのも、空間デザイナーは専門性の高い仕事。経験や知識のない新人の頃はどうしても給料が低くなります。
ただし、経験やスキルによっては収入が大幅にアップすることも。
特に、デザイナーを指名して仕事が入る、有名なデザイン賞を受賞するなど、目立った実績がある場合には、ある程度の高収入が期待できます。
さらに独立開業して働く場合、クライアントとの直接契約という形になるため、より高い収入を手にすることも可能です。
空間デザイナー全体の平均の場合には、年収は400万円から500万円程度が一般的です。

05まとめ

空間デザイナーはイメージとは異なり様々な分野に対応しなければならない仕事。そのため、専門の人だけでなく業務のひとつとなっているケースも少なくありません。もし興味があるという方は、さらにくわしいことを調べてみてはいかがでしょうか。

20,000人以上が受講申し込みしている諒設計アーキテクトラーニングの通信講座
あなたも早速受講して、資格を取得しましょう!
あなたも資格取得へ!
諒設計アーキテクトラーニングの通信講座で最短資格取得