インテリアデザイナー資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
注目のお仕事・インテリアアドバイザーとは
建築デザイン・CADの資格

インテリアデザイナーW資格取得講座

インテリアデザイナー

注目のお仕事・インテリアアドバイザーとは

インテリアアドバイザーというお仕事をご存じでしょうか。インテリアアドバイザーはインテリアに関する仕事で、試験の難易度も高くないため、初心者にはぴったりです。今回はインテリアアドバイザーの仕事や資格についてご紹介します。

注目のお仕事・インテリアアドバイザーとは
目次

01インテリアアドバイザーとは?

では、インテリアアドバイザーとはどのような仕事なのでしょうか。
インテリアアドバイザーとは、簡単に言えばインテリアについてお客様やクライアントにアドバイスを行う仕事です。インテリアメーカーのショールームや、インテリアショップなどでお客様にアドバイスを与えることができる知識と能力が求められます。
そのため、仕事だけでなく、自分の趣味や家庭でのインテリアづくりにも役立ちます。
また、インテリアアドバイザーとは資格の名前でもあります。
インテリアアドバイザーは日本デザインプランナー協会が主催する「インテリアアドバイザー認定試験」に合格することでインテリアアドバイザーとしての認定が与えられ、インテリアアドバイザーとして勤めることもできます。
インテリアアドバイザーの資格があれば、インテリアの基礎知識を持っていることの証明となるため、就職などで有利になることがあるだけでなく、インテリア関係の仕事をしていくうえでのステップアップとしても役立ちます。

02インテリアアドバイザー認定試験

それでは、次にインテリアアドバイザー認定試験の詳しい内容について見ていきましょう。

2-1日本デザインプランナー協会が主催する資格

インテリアアドバイザー認定試験は日本デザインプランナー協会が主催する資格です。
日本デザインプランナー協会は、デザイン技術のスキルが一定以上の水準であることを認定するための期間で、デザインスキルの水準を示すことで、デザイン業界全体のスキル向上や、デザインスキルが必要な企業や事務所などが人材採用の際に客観的な評価基準を行い、デザインに関わる人たちの社会的地位の確率を計っている団体です。

2-2試験の難易度はそれほど高くない

インテリアアドバイザー認定試験はインテリア関連の中では非常に人気の高い資格です。
その理由としては、初心者でも比較的試験のハードルが低いということ。インテリアアドバイザー認定試験はインテリアの基礎的な知識を問う試験なので、インテリア業界未経験という人でも資格が取得しやすいという特徴があります。
また、インテリアアドバイザーは趣味や仕事にも役立てることができるという点でも人気です。そのため、インテリアアドバイザーの認定試験取得のための通信教材や講義などを提供している企業や専門学校も多く、独学でも合格しやすいというのがメリットです。
最短では二か月程度の学習でも合格が可能と言われていて、資格は取りたいけれど仕事が忙しくて時間がない、経済的・時間的な理由で専門学校に通うのが難しいという人にも、気軽に資格の取得を目指すことができます。

2-3在宅受験

インテリアアドバイザーが人気となっている理由として、在宅での受験が可能という点も見逃せません。通常、資格試験の場合には、指定された日時に会場まで出かけてそこで試験を受ける必要がありますが、会場から遠い場所に住んでいる人の場合、高い交通費や宿泊費を支払って受験会場まで出かけて試験を受ける必要があります。しかし、仕事などの都合でなかなか試験の日に予定を合わせるのは難しいもの。
さらに試験会場での受験は緊張するため本来の実力を発揮できないという人も珍しくありません。
しかし、インテリアアドバイザーの認定試験はインターネット受験という方法を採用しているため、家庭で気軽に試験を受けることができます。
自宅での受験であれば交通費や宿泊費も不要なので、不必要な出費を押さえれられるだけでなく、慣れた雰囲気の中で試験を受けられるため、本来の実力を発揮しやすくなります。

2-4受験料などの受験概要を紹介

インテリアアドバイザーの認定試験の受験に際して、特に必要な資格や制限などはありません。そのため、誰でも年齢や経歴などを気にせず試験を受けることができます。
試験の申し込みは、日本デザインプランナー協会のホームページから可能。受験料は税込み一万円です。受験料の支払いは、代金引換でも可能です。また、インテリアアドバイザーの検定試験は二か月に一度行われるため、もし一度失敗してもすぐに次のチャンスに挑戦することができます。
このようにインテリアアドバイザーの試験は受験者にとっては非常に手軽に受けることができますが、合格基準は正答率七割以上と、決して簡単なだけの資格ではありませんが、取得すると就職などでも有利になることが考えられるため、インテリア業界で働きたいというときには取得する価値があるといえるでしょう。

03インテリアアドバイザーの仕事とは?

それでは、実際にインテリアアドバイザーとして働くときには、どのような仕事を行うのでしょうか。

3-1インテリアのアドバイスを行う業務

インテリアアドバイザーは文字通りインテリアについてのアドバイスをお客様に行う仕事です。
インテリアアドバイザーとしての主な職場はインテリアショップや、インテリアメーカーのショールームなどです。そこで来店するお客様に、インテリアについてのアドバイスを行います。
このときに重要なのが、単に自分のインテリアの知識を披露するだけでなく、お客様のニーズを的確にくみ取ることです。
お店にやってくるお客様はインテリアについては素人。どのようなものを求めているのか説明できなかったり、そもそも自分がどんなものを求めているのか分からかったりという場合も少なくありません。そういったお客様に対して、お客様自身も気づいていない要望やニーズを掘り起こし、それに最適な商品を提案するのもインテリアアドバイザーの重要な仕事になります。
また、インテリアアドバイザーの仕事は接客だけではありません。売り場の管理もインテリアアドバイザーの仕事になることもあります。どのような商品が販売されているかはもちろん、どういった商品に人気が集まっているのか、今何が売れているのかを把握して、次の仕事につなげるというのもインテリアアドバイザーに求められる仕事です。
さらに、インテリアショップに勤務しているインテリアアドバイザー場合、インテリアメーカーと共同で仕事に当たる場合もあります。メーカーが開発・販売する新商品や季節のトレンドなどを知り、どうすればその商品が魅力的に見えるのかといったショップのディスプレイについて考えるのもインテリアデザイナーの仕事のひとつです。

3-2デザイナーとは違いアドバイス業務に特化した職種

 
インテリアの仕事というと、よく耳にするのがインテリアデザイナー。では、インテリアアドバイザーはインテリアデザイナーとはどのように異なる仕事なのでしょうか。
簡単に言うと、インテリアアドバイザーはインテリアの中でもアドバイスに特化した仕事。一方のインテリアデザイナーは、家具や照明器具といったインテリアグッズのデザインを行うほか、空間自体のデザインを行うこともあります。そのときには設計や建築の知識がありますが、インテリアアドバイザーにはこういった知識は必要ありません。

04まとめ

インテリアに興味がある人にとって、インテリアアドバイザーは比較的ハードルも低く、手の届きやすい資格。気になっているという人は、まず資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか。

20,000人以上が受講申し込みしている諒設計アーキテクトラーニングの通信講座
あなたも早速受講して、資格を取得しましょう!
あなたも資格取得へ!
諒設計アーキテクトラーニングの通信講座で最短資格取得
無料資料請求
受講お申し込み