インテリアデザイナー資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
あこがれの職業・インテリアデザイナーの仕事とは
建築デザイン・CADの資格

インテリアデザイナーW資格取得講座

インテリアデザイナー

あこがれの職業・インテリアデザイナーの仕事とは

おしゃれなお部屋やお店などに関わるインテリアデザイナーは、インテリアが好きな人にとって、興味のある仕事ではないでしょうか。しかし、実際には、インテリアデザイナーの仕事は非常に多彩。今回はインテリアデザイナーの仕事内容や、適性についてご紹介します。

あこがれの職業・インテリアデザイナーの仕事とは
目次

01インテリアデザイナーとは?

インテリアデザイナーというと、インテリアをデザインするというイメージを抱いている人も多いかもしれません。では実際にはインテリアデザイナーとはどのような仕事をしている人たちなのでしょうか。

1-1内装全般の企画・設計に関わる職業

インテリアデザイナーは、照明器具や家具、カーテンなど、内装全般の企画設計に関わる仕事です。といっても、インテリアデザイナーが実際に扱う仕事の範囲は人によって大きく異なります。
インテリアデザインの仕事は、ゼロの状態からインテリアを考える仕事。実際のインテリアに関わる前には、インテリアのコンセプトを行わなければいけません。このコンセプトの段階では、空間の雰囲気や与えたい色、明るさ、温度など、空間をトータルに演出することもインテリアデザイナーのお仕事です。
その中には、まだ誕生していない空間の演出を行うこともあり、その場合は空間の設計からインテリアデザインに関わることもあります。

1-2インテリアを設計・レイアウトする、空間を監修する、家具や什器のデザイン

インテリアデザイナーはインテリアの設計やレイアウト、空間の監修を行うのが主な仕事ですが、その際には家具や什器のデザインを行わなければいけないこともあります。
既製品の中ではその空間の雰囲気に合わないといった場合、まったく新しい家具や什器をゼロから作るのも、インテリアデザイナーの仕事となります。
このように、インテリアデザイナーの仕事の範囲は非常に広く、すべてをひとりで行う人もいれば、家具や什器のデザインのみを専門に行っているという人もいます。

1-3オフィス、店舗、ホテル、病院、住宅などさまざまな案件を扱う

インテリアデザイナーが取り扱う案件は実に様々。オフィス、店舗、ホテル、病院、住宅など、依頼に答えて空間のデザインを行うことがインテリアデザイナーの仕事です。
中には、美術館や商業施設、駅や空港といった公共の施設のデザインもインテリアデザイナーが請け負うこともあります。
もちろん、人によって得意・不得意もあり、個人の住宅や小規模店舗などを専門に請け負っている人や、逆に大規模施設のみを手掛ける有名デザイナーも存在します。

02インテリアデザイナーのやりがいは?

このように、非常に幅広い分野や空間を手掛けることもあるインテリアデザイナー。では、そのお仕事のやりがいはどのような点にあるのでしょうか。

2-1クライアントの理想を形にする

インテリアデザイナーの仕事は、クライアントからの注文によって始まります。もちろんクライアントはデザインの素人。そんなクライアントから理想を聞き取り、形にするのがインテリアデザイナーの仕事です。
いわば、クライアントの理想のイメージを形にするのがインテリアデザイナーの仕事。つまり、現在は存在しない空間を作り上げることになります。
当然、クライアントの要望は現実的なものばかりではなく、時には非常に苦労することもありますが、相手が考えている以上のものを形にして、クライアントに喜んでもらえることはインテリアデザイナーの仕事の大きなやりがいと言えるでしょう。

2-2たくさんの人と関わって作り上げる

インテリアデザイナーの仕事は、ひとりだけで行うものではありません。案件の規模にもよりますが、クライアントをはじめ、建築士や設計士、現場監督、大工といった多くの人が関わる仕事です。また、大規模な現場であれば、さらに多くの職種・業種の人が関わることになります。
もちろん、関わる人が増えれば増えるほど、作業は困難になりますが、それらの難関を乗り越えてひとつの仕事を達成させる喜びは他の仕事では決して味わえないものです。
さらに、ひとつの仕事で培われる人間関係や信頼関係も、インテリアデザインの仕事のやりがいのひとつです。

2-3自分の考えたデザインや図面が形になる

インテリアデザイナーの仕事は、最初はデザインや図面といった二次元からスタートします。それが実際の形になるのはインテリアデザイナーにとって想像以上の喜びです。
また、インテリアデザイナーの仕事はプロジェクトが終わったり、実際の形になったりといったことで終わるわけではありません。
お部屋やオフィスであれば、そこで生活したり、働いたりする人々がいます。商業施設の場合、多くの人がその場所を訪れ、それが評判になることもあるかもしれません。
むしろ、インテリアデザイナーにとって、自分のアイデアが形になってからが本当のスタートと言えるでしょう。
これら自分のセンスが認められる瞬間は、デザイナーにとっては最大のやりがい。それら仕事の実績やセンスが認められ、海外でも活躍できる可能性もあります。
このようにインテリアデザイナーは多くのやりがいや喜びを感じられる仕事を言えるでしょう。

03インテリアデザイナーに向いている人って?

それでは、実際にインテリアデザイナーを目指すときにはどのような適性が必要となるのでしょうか。

3-1細かいところまで気が配れる

インテリアデザイナーは、センスだけがあればいいと思われることもありますが、実際にはそれよりも重要になる要素もあります。
たとえば、細かい部分にまで気を配れるかどうか。
まずインテリアデザイナーの仕事は、設計やレイアウトを行う場合には製図を行い、細かい寸法を測定しますが、この段階で大雑把にしか考えられない人の場合、インテリアデザイナーとしては不向きです。
また、インテリアのことばかり考えてレイアウトを行っても、実際には建物や空間の関係で、自分が考えた家具がドアや窓から搬入できないとなると、どれだけ素晴らしいインテリアやレイアウトを考えても、まったく意味がありません。
さらに、インテリアデザイナーは他人のための住居やオフィス、施設などをデザインする仕事。そのため、自分の自己満足ではなく、その空間を使う人がどう感じるか、どうすれば使いやすいかといった点にも心を配らなければいけません。

3-2美的センスや色彩感覚のある人

デザイナーにとって、美的センスや色彩感覚は必要最低限の能力です。このセンスは生まれ持ったものでもありますが、努力によって身につけることもできます。インテリアだけに限らず、デザインの世界では常にどのようなデザインが求められているかを知ることも必要。そういった勉強も必要不可欠です。
さらにインテリアデザインの場合、基礎的な勉強や一緒に働いている先輩、有名デザイナーの技術を学ぶこともセンスを磨くためには重要。
このように努力を欠かさない真面目さもインテリアデザイナーには必要です。

3-3依頼者の要望を叶えるためのコミュニケーション能力

インテリアデザイナーの仕事の中でも特に大切なのが人とのコミュニケーションです。クライアントの要望を聞き取ったり、一緒に働く他の業者との折衝を行ったりするのはインテリアデザイナーにとっては非常に重要になります。
インテリアデザイナーは他の人がいなければ成立しない仕事なので、他人とのコミュニケーション能力は必須といっても過言ではありません。

04まとめ

人気の高いインテリアデザイナーの仕事は、やりがいも非常に多い仕事です。もし興味がある方は、思い切ってチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

20,000人以上が受講申し込みしている諒設計アーキテクトラーニングの通信講座
あなたも早速受講して、資格を取得しましょう!
あなたも資格取得へ!
諒設計アーキテクトラーニングの通信講座で最短資格取得
無料資料請求
受講お申し込み