ファッションデザイナー資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
意外と簡単!?アパレルブランドを立ち上げる方法
ファッション・カラーの資格

ファッションデザイナーW資格取得講座

ファッションデザイナー

意外と簡単!?アパレルブランドを立ち上げる方法

アパレルブランドを立ち上げるのはファッションが好きな人やセンスに自信がある人のあこがれです。実は、アパレルブランドを立ち上げるのは考えているより難しいことではありません。ではどうすれば、アパレルブランドを立ち上げることができるのでしょうか。今回はアパレルブランドを立ち上げるための方法や必要なことについてご紹介します。

意外と簡単!?アパレルブランドを立ち上げる方法" alt="意外と簡単!?アパレルブランドを立ち上げる方法">

01アパレルブランドの立ち上げやすさ

アパレルブランドを立ち上げることができるのは、限られた一部の人だけだと考えがち。でも、アパレルブランドを立ち上げるのは難しいことではありません。

1-1初心者でも起業しやすい

起業といえば、ITや飲食といった分野が思い浮かびますが、アパレルブランドはこれらのビジネスよりも簡単です。
というのも、ITや飲食には専門知識や技術が必要で、ある程度大規模な事業になりますが、アパレルには必要な資格がありません。
そのため初心者でも簡単に起業することができます。

1-2すぐに始められる

アパレルブランドの特徴は、すぐにビジネスを始められるということです。必要なのは販売する服だけ。昔であれば、販売するための店舗やスペースが必要でしたが、現在ではネットの発達で様々な方法で販売が行えるようになりました。
そのため、アパレルブランドも気軽に立ち上げ、販売を行うことができるのです。

1-3趣味の延長線でも始められる

アパレルブランドが行っているのは、「自分が好きな服を作り、それを販売する」ということ。
また、現在のファッションの世界ではカジュアルからハイブランド、大人向けから子ども向けなど、様々なジャンルが存在しています。
もし服を作るのが趣味だという人の場合、それがどのようなジャンルであれ市場が存在するということになります。
そのため、アパレルの立ち上げは趣味の延長戦でも始めることができるのです。

02アパレルブランドの立ち上げ方法

それでは、アパレルブランドを立ち上げるにはどのような方法があるのでしょうか。
アパレルブランドを立ち上げるとき、まず考えるのはそのブランドをどこで販売するかということです。

2-1ネットショップで開業する

自分でアパレルブランドを立ち上げたとき、もっとも簡単にできるのがネットショップでの開業です。
ネットショップを開業する大きなメリットは、資金が少なくでもOKということ。失敗したときのリスクも低いのが特徴です。
また、アパレルブランドを立ち上げたときには、どのように宣伝していくかが大きな問題となりますが、ネットショップの場合にはSNSを活用するなどの方法もあり、まずアパレルブランドを立ち上げたいという方にはおすすめです。

2-2実店舗での開業

一方、昔からあるのが実店舗で開業するという方法です。この方法はお店となるスペースや店舗を借りなければならず、かなりの資金が必要になりますが、その分、はるかに信頼感がアップするのがポイント。また、実際に商品を手に取ってもらえる、お客さんにアピールするチャンスがあるなど実店舗ならではのメリットも少なくありません。
必要な資金は高額になりますが、ブランドをさらに発展するためには効果的です。

2-3イベント・フリマでの販売

最近増えているのが、フリーマーケットやハンドメイドイベントなどでの販売です。
この方法はイベントのスペースを借りるだけなのでコストも低く、ネットショップのように商品の発送や顧客対応を行う必要もないので、時間と手間を節約でき、小規模からでもOK。
また、実際にお客さんと接することもできるため、自分が作った服への意見を聞くことができるというのも大きなポイントです。

あなたも資格取得へ!
諒設計アーキテクトラーニングの通信講座で最短資格取得

03立ち上げに必要なこと

自分でアパレルブランドを立ち上げようと思ったときには、事務的な作業も必要になります。
では、アパレルブランドを立ち上げるときにはどんなことが必要なのでしょうか。

3-1商標登録

アパレルブランドを立ち上げるとき、まず必要なのがどのようなブランドの名前にするのかということ。もし自分でいい名前を考えたとしても、それをすでに他の会社が商標登録して使用していれば、使うことができません。
この場合、小規模だしバレないと安易に思い込むのは危険。というのも、もしそれが明るみに出た場合には、巨額の損害賠償訴訟に発展することもあります。
そのため、まずブランドの名前を考えたら、それがすでに登録させていないかどうかしっかりと調べておきましょう。

3-2洗濯表示ネーム作り

アパレルブランドを立ち上げるとき、意外と見逃しやすいのが「洗濯表示ネーム」です。洗濯表示ネームは、生地の素材や洗濯の方法を記載したものですが、洗濯表示に関する法律が変わり、ネームには販売者の住所や電話番号も記載しなければならなくなりました。
この洗濯表示ネームについては、生地を購入するときや、縫製工場などで請け負っているところもあるので、相談してみるとよいでしょう。

3-3行政手続き

ショップを開業させたときには、法人でない場合でも事業が始まったことを知らせる「開業届」を地域の税務署に提出する必要があります。
この開業届は、申請書に記入して税務署に持参するか、郵送することで手続きが完了となります。
開業から一か月以内に手続きを行う必要があるため、忘れずに提出を行いましょう。

04アパレルブランド立ち上げの手順

アパレルブランドを立ち上げるときには、必要なことを順序良く行うことが重要です。
アパレルブランドを立ち上げるために必要な手順をまとめました。

4-1コンセプトを決める

アパレルブランドを立ち上げると決めたとき、最初に決定するのはブランドのコンセプトです。
コンセプトといっても、難しいことはありません。
まずはどのようなお客さんに売るのかを決め、そのお客さん像を掘り下げていきましょう。
たとえば子供服であれば、運動が好きな子やおしゃれな子、どういったお母さんたちが購入するのかなどをイメージしていきましょう。

4-2ブランドネームを決める

コンセプトが決まったら、次にブランドネームを決めましょう。
このブランドネームにもコンセプトが関わります。
たとえば親しみやすい印象を与えたいのか、クールなイメージにしたいのかなどによって、ふさわしいブランドネームも自然と決定していくでしょう。

4-3服をデザイン・製作する

いよいよ重要な服のデザインと製作がスタートします。こだわり派の人であれば自宅で手作りしてもよし、量産したいのであれば縫製工場にお願いするのもおすすめです。
現在では、イメージを伝えるだけで洋服のデザインから縫製までを行うサービスなどもあり、自分にもっとも合った方法を選ぶとよいでしょう。
なお、このときには服だけでなく、今後の販売に必要な名刺やタグなども忘れずに作っておきましょう。

4-4プロモーション・販売する

準備が整ったらプロモーションと販売を行います。
プロモーションは販売の方法によって異なりますが、最初から上手くいくことはほとんどありません。多くの場合、失敗を繰り返しながら少しずついい方法を学んでいくもの。
そのため、ちょっとした失敗で落ち込まず、粘り強く続けていきましょう。

05まとめ

オリジナルのアパレルブランド立ち上げは、実は非常に簡単。面倒な部分を代行しているサービスもあり、それを活用することも可能です。洋服づくりが趣味という方や、自分でビジネスを始めたいという方は、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

20,000人以上が受講申し込みしている諒設計アーキテクトラーニングの通信講座
あなたも早速受講して、資格を取得しましょう!
あなたも資格取得へ!
諒設計アーキテクトラーニングの通信講座で最短資格取得