パワーストーン資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
パワーストーン資格おすすめ5選!資格の取得方法を徹底解説資格取得講座
パワーストーン鑑定士

パワーストーン資格おすすめ5選!資格の取得方法を徹底解説

「パワーストーンを深く知りたい」「アクセサリー販売に挑戦したい」「資格が気になる」
いざ勉強しようとしてもやり方がわからないと諦めてしまいますよね。
身に付けることで元気が出たり安心した気持ちになる「パワーストーン」。
恋愛や金運アップのお守りとして幅広い世代に人気があり、最近ではハンドメイドアクサセリーを楽しむ人も増えています。
パワーストーンを学ぶことで恋愛・仕事・人間関係・金運・健康など願いや悩み改善に効果があり、資格を持つことで仕事にもチャンスが生まれます。
この講座では「天然石とパワーストーンの違い」「パワーストーンの資格の種類おすすめ5選」「資格取得で目指せる仕事」をご紹介します。
趣味で学びたい方、パワーストーンの資格を取って独立したい方も参考にしてください。

目次

01天然石とパワーストーンの違いとは

「天然石」と「パワーストーン」は何が違うのでしょうか?
ブランドやショップに名称は任されているので、2つの分類に明確な違いはありません。同じ種類の石でもお店により「天然石」と表記されていたり、「パワーストーン」と書かれているところもあります。
「天然石」と「パワーストーン」は同義語として扱われることもありますが、異なる点もありますので解説したいと思います。

1-1天然石とは

鉱物など「人工石」以外の石全般を「天然石」といいます。
「天然石」は希少性が高く耐久性があるので、人工的に加工された「人工石」より価値があります。
市販されている「天然石」には「着色されたもの」「品質加工されたもの」も含まれています。

1-2パワーストーンとは

古代の人々は「天然石」に対し目に見えない不思議な力を感じており、一部の「天然石」には「ヒーリング」効果や「スピリチュアルな力」があると信じていました。
そのような不思議な力を持った「天然石」が「パワーストーン」と呼ばれるようになったのです。
代表的な「パワーストーン」は「水晶」「タイガーアイ」「アメジスト」「ラピスラズリ」などです。

02パワーストーンを学ぶには

パワーストーンについて学ぶにはいくつかの方法があります。
趣味でパワーストーンを学びたいという方は独学で十分でしょう。しかし仕事のためワンランク上を目指す場合は、資格が取得できる通学講座や通信講座がおススメです。
自分の目的に合った方法で学んでみてください。

2-1通学講座で学ぶ

通学講座は、同じ目的を持った仲間と一緒に学べるメリットがあります。
デメリットは時間割が決まっていること、パワーストーンを取り扱っている学校自体が少ないことです。

2-2通信講座で学ぶ

通信講座は自宅で簡単に学べるため、自分のペースで勉強を進められます。
費用も通学講座より安価なので始めやすいです。
さらに最近の通信講座はメールなどでフォローしてくれる講座が多く、つまずきを無くしながら学べますよ。

2-3独学で学ぶ

独学の場合はネット(動画)や書籍でパワーストーンについて学べます。
コツコツ自分で進められる人に向いています。
独学で学んだ後にもっと詳しく知りたい場合は「通信講座」や「通学講座」を始めてみてください。

03パワーストーン資格の種類 おすすめ5選

パワーストーン資格の種類 おすすめ5選
パワーストーンの知識だけなら独学でもある程度習得できますが、偏った知識が身に付いてしまう場合も。
資格取得はパワーストーンの知識を持ち、正しく使用できる証明になります。
ここから「パワーストーン資格の種類おすすめ5選」をご紹介します。

3-1パワーストーン鑑定士

「パワーストーン鑑定士」は「日本占い師協会(JFTA)」の認定資格です。
パワーストーンの「歴史」「種類」「プログラミング方法」「パワーストーンとジュエリーの関連性」などの知識の理解を深めた者を認定する資格です。

3-2天然石鑑定士

「天然石鑑定士」は「日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)」の認定資格です。
天然石の「種類」「色」「産地」「硬度」「取り扱い方法」「浄化法」「使用法」、水晶の「種類」「意味」「効果」、「天然石のパワー」などの知識の理解を深めた者を認定する資格です。

3-3パワーストーンセラピスト

「パワーストーンセラピスト」は「一般財団法人JADP」の認定資格です。
パワーストーンに関する知識だけではなく、カウンセリングスキルも必要とされます。
この資格は占い結果を元にしたパワーストーンの提供もできるようになります。

3-4ストーンコンダクター

「ストーンコンダクター」は「日本パワーストーン協会」の認定資格です。
パワーストーンの代表的な「石の効果」「組み合わせ」「ブレスレットの制作方法」を学びます。
天然石やパワーストーンの熟知が必要とされ、知識を有効活用できることが必須です。

3-5天然石検定

「天然石検定」は「天然石検定協議会」の認定資格です。
天然石は偽物が流行していることもあり、市場で適正な流通が損なわれるリスクがあります。
「天然石検定」は天然石の正しい知識を持ち、パワーストーンの適正な流通を行うことを目的とした資格です。
天然石の種類・意味・由来を熟知していることで、資格が認定されます。

04資格取得で目指せる仕事

資格取得で目指せる仕事
パワーストーンの専門資格取得により、知識やスキルはより強固になります。
パワーストーン関連の専門家になることを希望している方には資格取得は必須でしょう。
ここから資格取得で目指せる仕事についてご紹介します。

4-1パワーストーン鑑定士

「パワーストーン鑑定士」とはパワーストーンの魅力を引き出し、「どんな効果があるのか」「どういった人におすすめできるのか」を利用者に正確に伝えるスペシャリストのことです。
パワーストーン鑑定士はパワーストーンが持つ効果を伝えるだけではなく、パワーストーンの販売・輸入、インターネットでの情報発信まで行います。
利用者の相談に乗りながら知識を披露することもあるため、パワーストーン鑑定士には接客のスキルも必要です。

4-2天然石セラピスト

「天然石セラピスト」とはおすすめの天然石やパワーストーンを紹介し、その特性を解説する仕事です。
天然石セラピストはパワーストーンに関する知識を常にアップデートする必要があります。カウンセリングの中から顧客にとって最適な天然石を見つけます。
パワーストーンの販売をしながら、「どんな天然石があるのか」「どういったものに価値があるのか」などを顧客に教えます。
専門教室・講演・イベントなどの機会を利用し、パワーストーンや天然石の魅力をアピールすることで、仕事の機会を増やせるでしょう。

4-3パワーストーンスペシャリスト

「パワーストーンスペシャリスト」とは相手の要望や状況に合わせて、最適なストーンを選び助言をする仕事です。
パワーストーンスペシャリストは、パワーストーンの「歴史」「種類」「浄化法」「組み合わせ」「ジュエリーとの関連性」「風水との関連性」などの知識を習得します。
パワーストーンは何十種類とあり意味や効果が違うため、希望や願いに合ったストーンを使うことで運気が上がり効果も高まります。

例)恋愛運・結婚運:ローズクォーツ・サファイア
仕事運:翡翠・オニキス

パワーストーンスペシャリストは「ストーンショップ」「スピリチュアル関連のショップ」のスタッフとしても働けます。自宅やカルチャースクールで教室を開くなど、開業・独立を目指す方にもおすすめです。

4-4天然石アクセサリー販売

「天然石アクセサリー販売員」とは店舗で接客を行い、天然石やパワーストーンを販売する人です。
「在庫の確認」「お店の開け閉め」「新商品の入荷」「POPなどによるアピール」「顧客相手の営業業務」「客層に合わせた商品の品ぞろえの交換」「推す商品の変更」が仕事内容です。
天然石アクセサリー販売員には天然石やパワーストーンの知識・解説・アドバイスという大事な役割があります。
資格があれば販売員だけではなく、相談者やアドバイザーとしても活躍できるでしょう。

4-5宝石店スタッフ

「宝石店」で働く場合は、宝石の販売業務がメインの仕事内容です。
パワーストーンの専門資格をがあると「宝石店」での仕事に有利です。
宝石の販売業務のほか「お店の清掃」「商品管理」「顧客を引き入れるアピール」なども行います。
パワーストーンの資格だけではなく接客経験も重要なスキルであり、「立ち振る舞い」「言葉遣い」にも注意が必要です。

4-6アクセサリーデザイナー

「アクセサリーデザイナー」は指輪・ネックスレス・ブレスレット・ピアスなどアクセサリーのデザインをする仕事です。
資格は必要ではありませんが、学校や企業で必要な知識を習得し経験を積むことが大切です。
「アクセサリーデザイナー」は、会社の企画に沿ってデザインする「企業デザイナー」と、企業やお店から依頼されてデザインする「フリーデザイナー」の2つの道があります。
「フリーデザイナー」は個性的で完成度が高いデザインを要求されますが、自由な発想でデザインできます。「企業デザイナー」として経験を積んでから「フリーデザイナー」になる場合がほとんどです。

05パワーストーン資格取得後

パワーストーン資格取得後は、知り合いやクライアントのためにストーンを選んだりアドバイスできたりするため、雑貨店・ストーンショップ・宝飾店で勤務するケースが多いです。
フリーランスとして経験を積み、講演やワークショップを開き活躍する方もいらっしゃいますよ。

06パワーストーンを独学で最短2か月で取得する方法

パワーストーンや天然石について詳しく学び資格を取得して仕事に就きたい、そんなときには通信教育で学べる「パワーストーン鑑定士W資格取得講座」がピッタリです!
「諒(りょう)設計アーキテクトラーニング」の通信講座は、自宅でパワーストーンや天然石について学びながら就職や独立に役立つ2つの資格がわずか2ヵ月で取得できます。

①パワーストーン鑑定士
②天然石鑑定士

講座には「通常講座」と「スペシャル講座」があります。

通常講座:2つの資格試験をそれぞれ受験し合格すれば資格取得
スペシャル講座:課題を全てクリアすれば試験免除、同時に2つの資格取得

「諒(りょう)設計アーキテクトラーニング」の通信講座ではパワーストーンや天然石について基本的な知識が丸ごと自宅で学べます。
「パワーストーン鑑定士W資格取得講座」でパワーストーンや天然石の勉強しながら2つの資格取得を目指し今後の活躍の場を広げませんか?

6-1パワーストーン資格取得者の口コミ

もともと、パワーストーンが好きで集めたりアクセサリーを作ったりしていたのですが、知っているパワーストーンの意味や歴史なんかも深く知ることができ、楽しく受講する事ができました。
引用:「パワーストーン鑑定士W資格取得講座」より
タロットカード講座と並行して学んでいます。
重要点が凝縮されたテキストですので、集中して取り組む事が出来ました。
添削課題のルーティンも良かったので、焦らずに予想を上回る期間で卒業出来ました。
タロットカード講座の方も楽しんで学習しています。
将来は経験を積んだ後の自宅開業を目指していますので、最終的にはプロセスの相談をお願いしようと考えています。
これからも宜しくお願いします。
引用:「パワーストーン鑑定士W資格取得講座」より
パワーストーンのショップで働くことになりました。石のことを学んでおくために資格を探していたところパワーストーン資格を見つけ受講を決めました。パワーストーンの種類や歴史、きちんとした風水の意味など学ぶことが出来ました。仕事をしながらでしたので自分のペースで勉強ができ、かつ資格もきちんと取る事が出来たのがよかったです。資格があることで報酬にも反映されて自信にもなりました!
引用:「パワーストーン鑑定士W資格取得講座」より

07まとめ

恋愛・仕事・人間関係・金運・健康など願いや悩み改善にも効果があるパワーストーン。
資格を取得すれば「天然石」「パワーストーン」の違いや顧客にあったストーンを選べるようになります。
独学でも良いですが、パワーストーン関連の仕事を目指すなら資格は取得しておきたいところ。
資格取得で憧れのショップに就職したりスキルアップしたり、独立・開業をしたりなど仕事の幅が広がります。
さらに他の占い講座と並行して学べば、占い師としても活躍できますよ。
興味のある方はまずは資料を取り寄せてみましょう。

この講座は!プロの監修を受けています!

講座のテキスト、問題集や添削課題と共に、プロの先生によって監修されています。
あい 先生
スピリチュアルカウンセラー
1978年生まれ。北海道出身。某お笑い養成所で学んだトークスキル、占いコンサルタントの経験を活かし占いの世界に。日本最大級の占いイベント「占1グランプリ2016」にて優勝者。
あい

20,000人以上が受講申し込みしている諒設計アーキテクトラーニングの通信講座
あなたも早速受講して、資格を取得しましょう!
あなたも資格取得へ!
諒設計アーキテクトラーニングの通信講座で最短資格取得
関連記事を見る
無料資料請求
受講お申し込み