パワーストーン資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
何が違う?パワーストーンと数珠の違いについて
占い・風水・スピリチュアルの資格

パワーストーン鑑定士W資格取得講座

パワーストーン鑑定士

何が違う?パワーストーンと数珠の違いについて

様々な願いを叶えてくれる女性に人気のパワーストーン。日本ではパワーストーンに似たものとして数珠があります。では、パワーストーンと数珠はどのような違いがあるのでしょうか。パワーストーンの代わりに数珠を身につけてもよいのでしょうか。今回はパワーストーンと数珠の違いについてご紹介します。

何が違う?パワーストーンと数珠の違いについて
目次

01パワーストーンとは?

パワーストーンと数珠の違いを見ていく前に、まずパワーストーンとは何かについておさらいをしておきましょう。
パワーストーンとは、神秘的なエネルギーを持っているとされる石のことです。
パワーストーンには様々な種類があり、もたらされる効果や効能も石の種類によって異なります。パワーストーンは持ち主がもともと持っている潜在能力に働きかけて、力をさらにアップ、願いが叶うようにサポートを行ってくれる石を指しています。
そのため、パワーストーンは金運、恋愛運、仕事運といった開運の目的で用いられることがあります。
また、パワーストーンにはブレスレットやネックレス、指輪といった様々な形に加工されて用いられます。そのため、アクセサリーとしての意味合いもあり、おしゃれでありながら運気をアップさせる存在として女性の人気を集めています。

02数珠とは?

法事やお葬式の場など、日本ではおなじみの数珠。数珠とはそもそも仏様の加護をいただくというための法具のひとつです。数珠はもともと僧侶などが唱えた念仏の回数を数えるための道具とされていて、念珠と呼ばれることもあります。
つまり、数珠は持ち主と仏様とのつながりを示すもの。そのため、数珠を身につけていることはこの世とあの世、自分と仏様とのつながりができているということになります。
そのため、数珠には災厄から身を守ってくれる厄除けとしても使用されますが、特に必要なのは敬意をもって大切に扱うということ。
もし数珠を粗略に扱ってしまうと、それは仏様とのつながり、ひいては仏様を粗略に扱うということ。
言い換えれば、数珠は自分専用のお守りのようなもの。そのため、大切に扱うことは必要です。
このように数珠は仏様とは切っても切り離せないものですが、その玉の数は本来は煩悩の数と同じ百八個とされています。
素材に関しては、木製、天然石、珊瑚など様々なものがありますが、これといった決まりはありません。
ちなみに、数珠のひもが切れてしまった場合、不吉なことが起きるといわれることもありますが、実はこれは迷信です。
数珠も消耗品なので、紐が切れることは珍しくはありません。
もしひもが切れた場合、新しいものに買い替えるか、修理を頼むかするとよいでしょう。もし処分したいという場合、古い数珠はお寺などに持って行くと供養してもらうことができます。
これまで自分を守ってくれた存在なので、ここでも粗略に扱うことがないように気を付けましょう。

03パワーストーンと数珠の違い

一見、非常によく似ているパワーストーンと数珠。しかし、目的をはじめ、基本的な考え方などには大きな違いがあります。

3-1目的

パワーストーンと数珠との最大の違いは目的です。パワーストーンにも、厄除けや魔よけといった意味があるものもありますが、パワーストーンの場合には石が特別な力を持っていて、持ち主の潜在能力を引き出してくれるのに対して、数珠は仏様とのつながりを示すもの。
お守りという点では似ていると考えてしまうかもしれませんが、数珠はアクセサリーではありません。
また、パワーストーンは複数の石を組み合わせたり、同時にいくつかのパワーストーンのアクセサリーを身につけても構わないのに対して、数珠の場合、身につけていいのはあくまでもひとつだけといった違いがあります。

3-2素材

パワーストーンと数珠では素材にも違いがあります。
実は数珠の中にも、水晶やラピスラズリ、アクアマリンなど、パワーストーンとしても用いられる素材で作られているものがあります。
そのため、パワーストーンと数珠が同じようなものと考えている人もいらっしゃるかもしれませんが、実はそうではありません。
数珠に意味があるのは、石ではありません。そのため、数珠の素材としては木製のものも一般的です。
逆にパワーストーンの場合、意味があるのは石そのもの。
そのため、ブレスレットやネックレスという形ではなく、様々な形に加工されて、身につけやすいような工夫が行われています。
つまり、パワーストーンと数珠は見た目が似ているだけで全く別ものということができます。

04数珠ブレスレットとは?

最近では、パワーストーンショップなどで「数珠ブレスレット」という商品を見かけるようになりました。ではこの数珠ブレスレットとはどのようなものなのでしょうか。

4-1ブレスレット型の数珠

数珠ブレスレットとは、簡単に言えばパワーストーンの一種で、形が揃ったパワーストーンをブレスレット型につなげたものです。
本物の数珠は厄除けなどといった御守りの意味もありますが、日常の生活ではなかなか気軽には身につけられないもの。しかしこの数珠ブレスレットは、数珠よりも手軽に、お守りとしてアクセサリー感覚で身につけることができます。
数珠ブレスレットは非常に略式の数珠だと考えることもできますが、葬儀や法事の場などではそぐわないかもしれません。

4-2パワーストーンと併せてつくられることも多い

数珠ブレスレットの特徴は、パワーストーンが用いられていること。そのため、本来はパワーストーンの役割を求めて身につけたり、分かりやすく「数珠ブレスレット」と名付けられて販売されたりということもあります。
この数珠ブレスレットは、魔除けや開運アイテムとしてつける人が多いようです。

05扱い方の注意点

数珠とパワーストーンはそれぞれ異なったものですが、取り扱いに際しては同じように注意すべき点も少なくありません。

5-1貸し借りは禁止

パワーストーンも数珠も、人との貸し借りは辞めたほうがよいでしょう。
数珠もパワーストーンも持ち主の念が宿るもの。人が触ったり使ったりしたものの場合、その人の念が混じって本来の力を発揮できなくなってしまいます。
特にパワーストーンの場合には、人の念やマイナスのエネルギーを吸収してしまうことがあります。
そのため、できるだけ人に触られないように注意しましょう。
なお、数珠でもパワーストーンでも、誰かのお下がりのものなどもなるべく避けた方がよいでしょう。

5-2ストーン同士の相性に注意

パワーストーンのアクセサリーでは複数の石が使われることもありますが、これは石そのものに意味合いや効果があることから、複数の願いや力をアップさせたいといったときに用いられます。
ただし、石の中には効果を打ち消し合ってしまうこともあるため、複数のものを組み合わせるときには注意が必要です。
たとえば、活動的になるためのパワーストーンとリラックスするためのパワーストーンを同時に身につけても、どちらの石も本来の力を発揮することができなくなってしまいます。
パワーストーンを身につける人の中には、いくつもの願い事や悩みがある場合、いくつものストーンのアクセサリーを使用している人も見かけますが、どれだけ願い事が多くても、一度に身につけるのは三種類程度に押さえて置いたほうがよいでしょう。

06まとめ

似ているようでも大きく異なるパワーストーンと数珠。正しい知識を身につけて、大切なときに恥をかかないように注意しましょう。

20,000人以上が受講申し込みしている諒設計アーキテクトラーニングの通信講座
あなたも早速受講して、資格を取得しましょう!
あなたも資格取得へ!
諒設計アーキテクトラーニングの通信講座で最短資格取得
関連記事を見る
無料資料請求
受講お申し込み