パワーストーン資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
どうすればいい?パワーストーンの勉強方法について
占い・風水・スピリチュアルの資格

パワーストーン鑑定士W資格取得講座

パワーストーン鑑定士

どうすればいい?パワーストーンの勉強方法について

身につけると様々な効果を発揮してくれるパワーストーン。もっとパワーストーンにくわしくなるため、本格的に勉強してみたいという方も多いかもしれません。では、パワーストーンについて学ぶときにはどのような方法があるのでしょうか。今回はパワーストーンの勉強方法についてご紹介します。

どうすればいい?パワーストーンの勉強方法について
目次

01パワーストーンを勉強するには?

それでは、パワーストーンにくわしくなりたいと思ったときにはどのような勉強の方法があるのでしょうか。

1-1資格をとる、きちんと学びたい

パワーストーンについて学ぶとき、きちんとした知識を身につけたいという場合には資格を取るというのがおすすめです。
パワーストーンの資格には様々なものがありますが、どのような資格であっても取得のためにはある程度まとまった知識を身につける必要があります。
パワーストーンの資格取得について学ぶ場合、独学で知識を学ぶより、体系的な知識を効率的に身につけられるというのが大きなメリット。
もし独学で知識を身につけようとした場合、自分でネットや本などを選び、そこから知識を学んでいくことになります。しかし、ネットなどでは不正確な情報も少なくなく、結果として間違った知識を覚えてしまうという可能性もあります。
本の場合には専門家がしっかりチェックを行っているため、間違いは少なくなりますが、情報が古い可能性もあります。さらに本の場合には非常にたくさんの中から一冊を選ばなければならないという労力も必要です。
しかし資格取得の場合、テキストなどはスクールが用意してくれるため、勉強や記憶にエネルギーを集中させることができます。
資格のための勉強には通学講座や通信講座などふたつの方法があり、それぞれにメリットとデメリットがあるため、自分のライフスタイルに合った方法を選ぶとよいでしょう。

1-2趣味にしたい、手軽に始めたい

資格取得のための本格的な勉強には様々な長所があります。
しかし、この方法の場合にはある程度の費用が必要。もし勉強を始めようとしても、途中で向いていないと気づいた場合のことを考えると、どうしても敷居が高くなってしまいます。
また、それほど深い知識ではなく、自分が必要としている知識だけを学びたいということも少なくありません。
そういった場合、おすすめなのが独学による学習です。
独学はゆっくり自分のペースで学びたい、できるだけお金や時間を掛けたくないという人に最適。
特に資格取得の場合には、どうしてもある程度限られた時間で知識を身につける必要がありますが、独学なら時間の制限もありません。
手軽に始めたい、マイペースでゆっくり学んでいきたいという方にもぴったりの方法です。

02学ぶ内容

パワーストーンについて学ぼうとしたとき、その内容は大きく三つに分けることができます。

2-1パワーストーンの知識

パワーストーンには様々な種類があり、それぞれの石の意味や効果、特徴などは全く異なります。
特に、恋愛運や金運、仕事運などをアップさせたいという目的でパワーストーンを身につけたいなら、これらの知識は不可欠です。
さらにパワーストーンは組み合わせによって効果が高まったり、打ち消されたりするという特徴も持っています。
もしいくつかのパワーストーンを身につけたいという場合、石の持っている特性を知ることが必要。
そのため、パワーストーンについて学びたい場合には、まずは石そのものに対する知識を学ぶことが重要です。

2-2パワーストーンの取り扱い方

パワーストーンといえば、効果や効能といった面だけに関心があるという方も少なくありません。
しかし、パワーストーンはどれも鉱物の一種。そのため、取り扱い方も石によって異なります。
またパワーストーンを身につけるときには、「浄化」も重要になります。パワーストーンの浄化とは、石が吸い取ったマイナスのエネルギーをリセットすること。
浄化には水や太陽の光などが使われることがありますが、パワーストーンの種類によって浄化の方法も異なります。
パワーストーンについて学ぶときには、取り扱い方について身につけることも大切です。

2-3パワーストーンの歴史

実はパワーストーンの歴史は非常に浅いもの。そもそもパワーストーンという言葉が使われるようになってから、数十年程度と言われています。
しかし、その一方で石がエネルギーを持っているという考え方は人類の歴史の始まりにまでさかのぼることができます。
そのため、パワーストーンの解釈なども、ごく最近言われるようになったのか、それとも古い時代から伝わってきたものなのかといった点で違いが生まれることがあります。
さらに、パワーストーンの中にはごく最近、パワーストーンとして認められるようになったものも少なくありません。
もしパワーストーンについてよりくわしく知りたいという場合、パワーストーンの歴史についても学ぶ必要があります。

03パワーストーンを学ぶメリット

パワーストーンにくわしくなると、それぞれの効能についてさらに深い知識を身につけることができます。しかし、パワーストーンについて学ぶことにはより多くのメリットがあります。

3-1アクセサリー作りに役立つ

パワーストーンはブレスレットや指輪など様々な形で身につけることができるアイテム。色にも種類が豊富なため、パワーストーンについて学ぶことでファッション感覚を高めることも可能です。
さらに、おしゃれを意識することで、効果的に石をとりいれることにもつながります。

3-2趣味にも仕事にも出来る

実はパワーストーンは趣味だけでなく、仕事としても続けていくことができます。パワーストーンの仕事は販売や鑑定、その人に合った石をアドバイスするなど様々な分野に広がっています。
もし新しい仕事を探している、趣味と仕事を両立したいといった方にも最適の存在といえるでしょう。

3-3パワーストーン仲間が出来る

もし資格取得を目指してスクールなどに通って場合、大きなメリットが同じことを学ぶ仲間ができるということ。
共通する趣味を持った仲間ができることは心強いものですが、その中での情報交換などを通じて、得難い知識を得ることにもつながります。
さらにネットなどでもどんどん仲間の輪が広がっていくこともあり、多くの友達を作りたいという人にはぜひおすすめということができます。

04パワーストーンに関わる資格

パワーストーンに関する資格は非常に様々。自分のレベルや目的にあったものを選ぶことができます。

4-1パワーストーン検定

「パワーストーン検定」は一般社団法人パワーストーンカウンセラー協会が主催する資格です。
「パワーストーン検定」はパワーストーンの基礎的な知識から学ぶことができる資格で、一級から三級までが設けられているため、自分に合ったものを選べるというメリットがあります。
さらに資格の取得後はパワーストーン販売や講師として活躍の機会も増えるため、パワーストーンを仕事にしたいという方にもおすすめです。

4-2パワーストーン鑑定士

「パワーストーン鑑定士」は、日本生活環境支援協会が支援する資格です。子の資格は取得までの学習を通じて、パワーストーンの歴史や種類、浄化法、ジュエリーや風水との関連などの豊富な知識を身につけることができます。
こちらの資格も自宅やカルチャースクールなどで講師活動を行うことが可能となります。

4-3ストーンコンダクター

ストーンコンダクターは一般財団法人生涯学習開発財団が認定する「日本パワーストーン認定講座」を修了した人に与えられる資格です。
ストーンコンダクターは日本人に適したパワーストーンの知識や組み合わせ、アクセサリー作りなどのアドバイスを行います。
これらの知識は、パワーストーンの販売やスクールの開講、アクセサリーデザインなど多彩な分野で役立ちます。

05まとめ

趣味だけでなく仕事としての可能性も秘めたパワーストーン。興味のある方は、ぜひ資格の取得を検討してはいかがでしょうか。

20,000人以上が受講申し込みしている諒設計アーキテクトラーニングの通信講座
あなたも早速受講して、資格を取得しましょう!
あなたも資格取得へ!
諒設計アーキテクトラーニングの通信講座で最短資格取得
関連記事を見る
無料資料請求
受講お申し込み