パワーストーン資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
好きを仕事に!パワーストーンセラピストになる方法
占い・風水・スピリチュアルの資格

パワーストーン鑑定士W資格取得講座

パワーストーン鑑定士

好きを仕事に!パワーストーンセラピストになる方法

女性に人気のパワーストーン。実はパワーストーンは趣味として楽しむだけでなく、仕事にすることも可能です。パワーストーンの仕事の中で特に注目されているのがパワーストーンセラピスト。今回はパワーストーンセラピストになるための方法についてご紹介します。

好きを仕事に!パワーストーンセラピストになる方法
目次

01パワーストーンセラピストとは?

パワーストーンを仕事にしたい方におすすめのパワーストーンセラピスト。それではパワーストーンセラピストとはどのような仕事なのでしょうか。

1-1パワーストーンの種類や効能に精通

パワーストーンセラピストといえば、簡単に言えばパワーストーンの種類や効能などに精通したパワーストーンのスペシャリストです。
パワーストーンには種類によってそれぞれ異なる効能を発揮するもの。パワーストーンセラピストはそれぞれの石の効能を選定、相手に対してベストなアドバイスを行います。

1-2カウンセリングに用いる

パワーストーンセラピストは、カウンセリングを用いて相手の悩みを聞き出し、本当に望んでいることや欲しいものなどを知ることが重要な仕事です。
どのような人でも、自分の悩みを言葉にして説明するのは難しいもの。そんなとき、パワーストーンセラピストはカウンセリングやコミュニケーションのスキルを用いて、相手が本当に考えていることを聞き出していきます。

1-3民間の資格

それでは、パワーストーンセラピストになるためにはどのような資格が必要なのでしょうか。
実はパワーストーンセラピストになるためには資格は必要ありません。パワーストーンに関する深い知識や経験があれば、誰でもパワーストーンセラピストとして働くことができます。
パワーストーンセラピストに関しては、様々な団体が資格を主催・認定していますが、これらはすべて民間の団体で、パワーストーンセラピストになるために絶対必要な資格というわけではありません。

1-4必須ではないが信頼度が上がる

それでは、パワーストーンセラピストの資格を持っていても意味はないのでしょうか。
実はそうとも言い切ることはできません。
確かにパワーストーンセラピストになるために資格は必須ではありません。
しかし、パワーストーンセラピストとして働くためには、パワーストーンに関する知識はもちろん、よい石の見分け方や、石の仕入れの方法、石の加工に関するものなど様々な知識が必要になります。
そのため、パワーストーンセラピストの資格取得を通じて様々な知識などを身につけることには大きなメリットがあります。
さらにパワーストーンセラピストとして開業する場合、資格を持っているとお客様からの信頼度をアップさせることができます。
もし本気でパワーストーンセラピストとして働きたいという場合、資格取得を目指すのは非常によい方法です。

02パワーストーンセラピストになるには?

現在、将来性のある仕事と言われているパワーストーンセラピスト。では、パワーストーンセラピストになるためにはどんな方法があるのでしょうか。

2-1資格の取り方

すでに説明したように、パワーストーンセラピストにとって資格は必須ではありません。しかし持っていても損はないもの。
パワーストーンセラピストの資格に関しては様々なものがありますが、それぞれ独学や通学、通信教育などで資格を取得することになります。
ただし資格の中には、講座の受講を義務付けているところもあるため、自分の住んでいる場所から近い場所で講座が開かれているかどうかなどを参考にするとよいでしょう。

2-2取得までのおおよその費用

パワーストーンセラピストの資格を取得するための費用は、どのような方法で資格を取得するかによって異なります。
通信講座であれば、一般的に40000円から60000円、スクールなどに通う場合、60000円から200000円程度が必要になります。
また、資格の取得には受験のための費用も必要になります。
これは平均5000円ほどといわれています。
ただし、パワーストーンセラピストの資格を取得するための学校の数はそれほど多くないため、家から通学できる範囲にスクールなどがない場合、通信での学習が中心となるかもしれません。

2-3資格取得にかかる期間

パワーストーンセラピストの資格を取得する場合、かかる期間も資格の取得方法によって異なります。
一般的に、学習に必要な期間は最低でも三か月と言われています。しかし、これはかなりのハイペースで学習を進めた場合で、初心者から学習をスタートすると、四か月から半年程度の期間が必要になります。
ただし、スクールによっては一週間の集中講座を設けているところもあります。
その場合、短期間で知識を詰め込むことから、実際に働き始めてからも学習を続ける必要があります。

03パワーストーンセラピストの主な仕事

パワーストーンが好きという方にとってパワーストーンセラピストのお仕事には興味津々のはず。ではパワーストーンセラピストは実際にはどんな仕事をするのでしょうか。

3-1主な仕事は石の選定

パワーストーンセラピストというと、相手に施術を行うというイメージですが、実はパワーストーンセラピスト自身は専門的な施術を行うことはありません。
というのも、パワーストーン自体が大きなエネルギーを持っているもの。パワーストーンは気の流れを整えたり、持っているパワーを発揮することでストレスの軽減や悩みの解消、こうなりたいと思っている願望などの手助けをしてくれる存在です。
言い換えれば、セラピーの施術自体はパワーストーンが行ってくれるということになります。

3-2カウンセリング相手にぴったりの石をおすすめする

では、パワーストーンセラピストはどのような仕事をするのでしょうか。
パワーストーンセラピストが行うのは、相手がどのようなものを欲しがっているのかや、相手の本当の悩みやストレスの原因を聞きだすこと。
相手の望みや困っていることなどを知り、それに必要な石を選ぶことがパワーストーンセラピストの仕事です。
また、パワーストーンに関するアドバイスを行ったり、どうすれば石を身につけやすいのかといった助言や、実際に身につけやすい形に石を加工することもあります。

3-3相手の望みや悩みを的確によみとることが大切

パワーストーンセラピストにとって重要なのは、相手の望みや悩みを適切に読み取ること。
パワーストーンに対する豊富な知識はもちろん必要ですが、それよりもパワーストーンセラピストに求められているのはコミュニケーション能力です。
そのため、人と接するのが好き、相手の話を聞くのが得意という人はパワーストーンセラピストに向いているかもしれません。

3-4パワーストーンセラピストの活躍の場

パワーストーンセラピストの活躍の場所として挙げられるのは、まずは独立開業するということ。
独立開業した場合、宣伝や営業、石の仕入れ、加工など一人で行うことになりますが、自分の好きな時間で働けるのが大きな魅力。
逆に一人で働くのは不安だという場合には、パワーストーンショップで働くという方法もあります。
パワーストーンショップでは、常に知識の豊富なスタッフを募集しているもの。お店によっては、パワーストーンセラピストがいることを売りにしているところもあります。
その他にも、パワーストーンセラピストの場合、講師としてスクールで教える側として働くという方法もあります。

04まとめ

パワーストーンセラピストは今後ますます需要が高まっていくとされる仕事です。興味のある方は、資格の取得を検討してみてはいかがでしょうか。

20,000人以上が受講申し込みしている諒設計アーキテクトラーニングの通信講座
あなたも早速受講して、資格を取得しましょう!
あなたも資格取得へ!
諒設計アーキテクトラーニングの通信講座で最短資格取得
関連記事を見る
無料資料請求
受講お申し込み