犬猫ストレス資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
講座の特徴
ペット・動物・生き物の資格

犬猫ストレスケアアドバイザーW資格取得講座

犬猫ストレスケアアドバイザー

初心者からでも大丈夫!
在宅で犬猫ストレスケアアドバイザーの資格が取れる人気講座!

犬猫ストレスケアアドバイザーW資格取得講座
講座の特徴
講座の特徴
  • メンタル心理ヘルスカウンセラー
  • 犬猫のストレス症状や問題行動、ストレスの原因やペットストレスの解消方法、ペットとの接し方など、犬猫のストレスケアについて一通り学べる講座となっています。
    初心者の方でも問題なく進められるカリキュラムを採用しているのでどなたでも安心して受講できる内容となっています。
20,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます

2つの資格を同時取得できる!
本講座は講座を学ぶと同時に資格対策にもなるカリキュラムを採用しています。講座で学ぶ内容は 日本生活環境支援協会(JLESA)の「犬猫ストレスケアアドバイザー」、 日本インストラクター技術協会(JIA)の「ペットセラピーインストラクター」 それぞれの資格試験対策としても有効です。

  • 取得できる
    資格その1
    犬猫ストレスケアアドバイザー
    犬猫ストレスケアアドバイザー
    日本生活環境支援協会(JLESA)主催
    犬猫ストレスケアアドバイザーとして、犬と猫のストレスケアに関する知識を有していることが認定されます。犬と猫に関して、ストレスの原因になりうる様々な環境や状況、物などについて理解し、適切な解消方法を実践できると認められた人に認定されます。ストレスからくる行動や体調不良を察知し、その原因となるものを特定したり、原因を取り除くことで行動や不調を改善させたりすることができます。また、掃除機などの音や留守番など、動物によって異なるストレスの原因についても理解していることが認められます。資格取得後は、犬猫ストレスケアアドバイザーとして、犬や猫を扱う店やペットホテルをはじめとした、犬猫を取り扱う職業で活躍できます。
  • 取得できる
    資格その2
    ペットセラピーインストラクター
    ペットセラピーインストラクター
    日本インストラクター技術協会(JIA)主催
    ペットセラピーインストラクターとして、犬と猫のストレスの原因とその解消方法などに関する基本的な知識を有していることが認定されます。日常的な音に対するストレス、留守番や来客、引っ越しなどの環境によるストレス、多頭飼育によるストレス、病気によるストレス、子育てによるストレスなど、様々なストレスの原因について理解し、適切に対処できる人に認定される資格です。また、ストレス解消に有効なものについても理解していること、マッサージやエステなど、家庭でできるペットのリラクゼーションに関しても知識を有していることが認定されます。資格取得後は、ペットセラピーインストラクターとして自宅やカルチャースクールで講師活動をすることができます。
最短2ヶ月で資格が取得できる!
  • 最短2ヶ月で資格が取得できる
  • スペシャル講座なら簡単100%資格取得
    好きな時間に自分のペースで学べ、進め方次第で最短2ヶ月で資格を取得することができます!
    また当スクールでは各協会が指定するスペシャル講座を受講する事ができ、添削課題を全てクリアした後、卒業課題を提出する事と試験免除で「犬猫ストレスケアアドバイザー」「ペットセラピーインストラクター」 の2資格が講座卒業と同時に認定されます。すぐにでも資格を取得したい方、確実に資格を取得したい方は当スクールでの受講がピッタリです!

諒設計アーキテクトラーニングは
ここが違う!
通学より効率的な完全個別指導、専属講師による回数無制限の学習サポートなど諒設計アーキテクトラーニングならではの学習サポートにより、資格を取得する方の学習を全面的にサポートし、確実に資格を取得できるようお手伝いいたします。

  • 信頼と実績の通信講座!
  • 受講申込み20,000人以上!
数多くの卒業生から当スクールの通信講座を選んで良かったとのお言葉を頂いています!
  • 全ての講座が完全初心者対応!
    全ての講座が完全初心者対応!
    講座では初心者でも基礎から実践、更に応用まで1つずつ確実に学習できるカリキュラムを取り入れています。実用的なプロの知識を確実に覚え、また同時に資格取得対策にもなるので、効率的で無駄の無い学習が可能です。1つ1つの講座・学習カリキュラムは、その道のプロが手掛けたもので、毎年多くの資格試験合格者を出す実績を持っています。
  • 1日30分でOK!効率的に無駄なく学べるカリキュラム
    1日30分でOK!
    効率的に無駄なく学べるカリキュラム
    講座は1日30分のゆっくり学習ペースでも着実に資格取得が目指せる内容となっているので、日々の空いた時間を使って勉強するだけで資格取得が目指せます。また、ハイペースで学習した場合は最短1ヶ月~2ヶ月程の短期間で資格取得を目指すことも可能です。自分にあったペースで学習可能なのが当スクールの人気の秘密です。
  • 完全個別指導で、納得いくまで学習!
    完全個別指導で、納得いくまで学習!
    受講生一人一人に専門スタッフが付き、受講生一人一人の学習ペースに合わせた学習のサポートやアドバイスをさせて頂きます。学習の途中でわからない事があれば何度でも、質疑応答無制限で応対致しますのでつまずく事無く安心して進める事が出来ます。
  • 入学金無料。教材費込みの低価格受講料設定
    入学金無料
    教材費込みの低価格受講料設定
    通学にしても通信教育にしても、技術を身につけようと思ったときに壁となる受講料。当スクールでは低料金設定を心掛け、入学金も無料です。
20,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます

猫のストレス症状

猫のストレス症状

猫は気まぐれな動物であるということをよく耳にしますが、人間とは違い、言葉をしゃべることのできない動物であるからこそ、家で飼っているうちに思わぬストレスを与えていることもあります。猫は一般的にそのストレスがわかりにくいとされていますが、最も特徴的なのは、なんとなく元気がない、動かないといったものでしょう。
本来猫は多少弱っていてもそれを相手に気取らせないようふるまうのが一般的です。しかし、そんな猫がおかまいなしに弱さを出しているときは緊急である場合もあります。また、身近なところで行くと、普段とは異なる行動を見せるときです。トイレの位置を守らずマーキングしたり、突然引っかいたり噛んだり、といった変化がみられるときは、何らかのストレスがかかっているときと考えることもできます。
また猫に特徴的な行動として、尻尾を股の間に入れて固くガードしているときは、緊張していることが多いといわれています。あまり長くストレスが続くと、免疫系が弱ったり、さまざまな病気にかかりやすいだけでなく、最悪の場合ストレスで死んでしまうこともありますから、決して馬鹿にはできず、注意が必要です。
また時には、ラップ音のような変な音で鳴いたりといった症状が現れることもあり、かなり多種多様であるといえます。

犬のストレス症状

犬のストレス症状

屋外、室内を問わず、犬を自宅で飼っている人はかなり多いのが現状です。猫などと異なり、群れで行動する犬ならではの特徴として、非常に人懐っこく、主従関係を大事にする傾向があります。 しかし、そんな陽気な犬でもストレスを抱えてしまうことがあります。犬がストレスを抱えたときにあらわれる顕著な症状として、わかりやすいものはぶるぶると震えるというものです。文字通り怖がっているときにはこうした行動が見られます。 また、銅像のように身体を固くしているときも大変ストレスがかかっているといえるでしょう。またいつもピンと立てている尻尾をふにゃっと下げたままにしている、尻尾を股の間に巻き込んでいる場合などは、緊張し、おびえている状態ととることもできます。 このほか、普段と異なる様々な症状が出たときは、ストレスを疑うことも大切です。大きくはあはあと呼吸をしたり、やたらと身体を掻く、なめる、また部屋中をうろうろするなどといった少し奇異な行動の原因としてストレスが多大にかかっていることが多くあげられます。 人間とは異なり、言葉が話せないため原因を言語で問うことが難しいだけに、普段の様子を観察し、その対比で違和感にいち早く気づいて原因を取り除いてあげることが大切です。

20,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます
無料資料請求
受講お申し込み