犬・猫ペットブリーダーW資格取得講座
ブリーダーズ

ブリーダーズ

2種類のブリーダー資格が取得が出来て
ペットブリーダーの知識が身につく人気講座!

人気の通信教育講座1位に選ばれました。
今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!

ペットブリーダーに必要な知識を
徹底的に学べて2 資格も取得出来ます!

犬・猫ペットブリーダー

犬・猫ペットブリーダーW資格取得講座、犬・猫ペットブリーダーW資格取得スペシャル講座ではペットブリーダーに必要な基本知識から、ブリーダーの業務について、開業にあたっての準備や、犬や猫の種類別の繁殖方法などを学ぶことができます。
初心者の方でも問題なく進められるカリキュラムを採用しているので、どなたでも安心して受講できる内容となっています。

「犬・猫ペットブリーダー」、
「ペット繁殖インストラクター」の2資格同時取得可能!

本講座は日本生活環境支援協会(JLESA)主催の「犬・猫ペットブリーダー」、日本インストラクター協会(JIA)主催の「ペット繁殖インストラクター」の2資格に対応しています。

資格1犬・猫ペットブリーダー
日本生活環境支援協会(JSFCA)主催

犬・猫ペットブリーダー

犬・猫ペットブリーダーとして、家庭の犬や猫の繁殖や改良について基礎的な知識・ブリーダーとしての業務の知識を有していることを認定されます。例えば、ブリーダー開業に必要な設計・設備、開業準備、開業費用の目安(犬や猫の仕入れなど)、ブリーダーの経費と収入、宣伝や告知方法、ブリーダー業一日の流れ、ブリーダーの種類、健康管理(お手入れ、狂犬病、混合ワクチン接種)、交配の方法(外部委託、人工授精)、交配ビジネス、オークションの仕組み、ペットショップとの取引、個人顧客との直接売買、時期による価格変動、流行犬種の繁殖、ブリーダーの生産者責任などブリーダーとしてのビジネスに関する知識を有していることが証明されます。資格取得後は、犬・猫ペットブリーダーとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

資格2ペット繁殖インストラクター
日本インストラクター協会(JIA)主催

ペット繁殖インストラクター

ペット繁殖インストラクターとして、犬や猫の種類別の繁殖方法に関する知識を有していることが証明されます。例えば、交配の方法(外部委託、人工授精)、犬の妊娠周期、オスメスの飼育割合、出産可能期間と終生飼育、取引不成立事由の股関節形成不全・膝蓋骨脱臼・ラインブリーディング、ダックス繁殖の注意点、チワワ繁殖の注意点、トイプードル繁殖の注意点、フレンチブルドッグ繁殖の注意点、ヨークシャーテリア繁殖の注意点、ミックス犬繁殖の注意点、大型犬繁殖の注意点、日本犬繁殖の注意点、希少カラーの繁殖とリスク、性格のよい子犬を輩出するには、猫ブリーダー業準備、猫に適した飼育方法(完全室内飼育)、猫の健康管理(混合ワクチン接種)、猫の食事管理(肥満による妊娠へのデメリット)、猫の交配、劣性遺伝種繁殖の注意点(スコティッシュホールド)、尾の奇形出産から離乳・出荷までの流れなどに関する知識を有していることが証明されます。資格取得後は、ペット繁殖インストラクターとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

試験免除で資格が取れる!
資格協会指定のスペシャル講座も用意!

犬・猫ペットブリーダー

当スクール限定で各協会が指定するスペシャル講座を受講する事が出来ます。スペシャル講座では添削課題を全てクリアした後、卒業課題を提出する事と試験免除で「犬・猫ペットブリーダー」「ペット繁殖インストラクター」の2資格が講座卒業と同時に認定されます。すぐにでも資格を取得したい方、確実に資格を取得したい方にお勧めのコースです。

通常の講座

自身で受験し、試験に合格する事で資格取得

犬・猫ペットブリーダー

「犬・猫ペットブリーダー」「ペット繁殖インストラクター」の試験をそれぞれ受験し、試験に合格することで資格が認定されます。

スペシャル講座

卒業課題を提出する事で、卒業と同時に資格取得

犬・猫ペットブリーダー

添削課題を全てクリアした後、卒業課題を提出すると試験免除となり、
「犬・猫ペットブリーダー」「ペット繁殖インストラクター」の2資格が講座卒業と同時に認定されます。

卒業後は、実際にブリーダーの仕事のスキルアップ、
また、副業で講師活動も可能です!

犬・猫ペットブリーダー

講座卒業後、資格を活かして仕事に役立てることが可能です。また、取得可能な2資格は講師資格でもあるので、自宅やカルチャースクールで講師活動をするなどの副業が可能です。

ブリーダー講座紹介

犬・猫ペットブリーダーW資格取得講座
基本知識から開業の知識まで。2資格取得も目指せる!
犬・猫ペットブリーダー教材

受講証、受講マニュアル、完全攻略テキスト、練習問題集/解答用紙、練習問題解答集、模擬試験/解答用紙、模擬試験解答集、添削課題/提出用解答用紙、質問用紙、封筒

期 間6ヶ月(最短2ヶ月)添 削5
受講料一括 59,800円 分割3,300円×20回(初回4,276円)
犬・猫ペットブリーダーW資格取得スペシャル講座
試験免除講座100%2資格取得!!今すぐに資格が欲しい方に!
犬・猫ペットブリーダー教材

受講証、受講マニュアル、完全攻略テキスト、練習問題集/解答用紙、練習問題解答集、模擬試験/解答用紙、模擬試験解答集、添削課題/提出用解答用紙、質問用紙、封筒、卒業課題

卒業試験 卒業試験(提出にて資格認定)

期 間6ヶ月(最短2ヶ月)添 削5回 卒業課題+1回
受講料一括 79,800円 分割3,800円×24回(初回3,891円)

犬・猫ペットブリーダー講座内容

ブリーダーの開業/ブリーダー開業に必要な設計、設備/犬、猫兼業ブリーダー用施設、管理/開業準備/開業費用の目安(犬の仕入れ)/ブリーダーの経費と収入/計画的な宣伝、告知/ブリーダー業一日の流れ/ブリーダーの種類/健康管理(お手入れ、狂犬病、混合ワクチン接種)/ブリーダーの実務/交配の方法(外部委託、人工授精)/犬の妊娠周期/オスメスの飼育割合/交配ビジネス/出産可能期間と終生飼育/取引不成立事由①股関節形成不全/取引不成立事由②膝蓋骨脱臼/取引不成立事由③ラインブリーディングダックス繁殖の注意点/チワワ繁殖の注意点/トイプードル繁殖の注意点/フレンチブルドッグ繁殖の注意点/ヨークシャーテリア繁殖の注意点/ミックス犬繁殖の注意点/大型犬繁殖の注意点/日本犬繁殖の注意点/希少カラーの繁殖とリスク/性格のよい子犬を輩出するには/子犬の対応/出産時に用意する用品母犬の健康管理/母犬の育児放棄の対応子/犬の離乳と離乳食子犬に多い病気/ケンネルコフの対処方低血糖症の対処方/オークションの仕組み/オークションの禁止事項/ペットショップとの取引/個人顧客との直接売買/時期による価格変動/流行犬種の繁殖/空輸、陸送時の注意点/ブリーダーの生産者責任/販売直後に死亡した場合の対応近隣への配慮とゴミの課題/社会問題化された背景/猫のブリーダー業/猫ブリーダー業準備/繁殖用猫の入手/オークションの準備、査定基準/猫に適した飼育方法(完全室内飼育)/健康管理(混合ワクチン接種)/猫食事管理(肥満による妊娠へのデメリット)/猫の交配/劣性遺伝種繁殖の注意点(スコティッシュホールド)尾の奇形/出産から離乳、出荷までの流れ/離乳後の食事管理、与えてはいけない食べ物/取引不成立事由①耳ダニ/猫の爪とぎ/子猫に多い病気、体調不良/個人顧客への直接売買繁殖/チワワ/子犬/販売/動物/お祝い/生まれ/価格/購入/専門/ミニチュアダックスフンド/性別/仕事

3年連続口コミ評判ランキング1位を獲得した人気の通信教育!!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!

ブリーダーとは

繁殖家というのが、ブリーダーの役割ですが、外国では主に単一種の愛玩動物を主体に、その血統を引き継ぐために存在しています。どの愛玩動物も決められた毛並み、決めれた体格通りに厳格に決められ、多くのブリーダーはドックショーやキャットショーなどで、その飼育技術の高さを競って、その種類を繁殖し、取引しています。 ブリーダーとは「血統を守る」意味で、それぞれ種類別に、犬猫の繁殖を行い、時にはコンテストにそうした動物を展示して受賞、それによって血統でもその種類の見た目の美しさを販売に役立てています。単に繁殖するだけではなく、その種類の血統を守る意味合いもブリーダーにはあります。 ブリーダーは、ハムスター、うさぎ、フェレットなどの小動物から、オウム、小鳥や犬猫まで殆どの愛玩動物で存在します。その種類の特性と飼育のコツに熟知しており、日本生活環境支援協会の「犬・猫ペットブリーダー認定試験」では、犬猫のブリーディング技術と知識を問う認定試験となります。 単に愛玩動物の飼育から、繁殖を目指してブリーダーを目指す人も近年の日本では増えています。犬猫は昔から、洋犬、洋猫でも、国内のブリーダーによってその血統が維持されてきています。

ブリーダーの仕事

愛玩動物の飼育の他に、愛玩動物の妊娠、分娩、出産までに関わり、血統の維持と感染症予防、遺伝的な欠陥を防ぎ、そうした愛玩動物を販売業者に卸すのが、ブリーダーの役割です。 特定の種類の愛玩動物のオスメスを複数飼育し、妊娠を自然、あるいは時に人工的に行うことで、出産頭数を管理します。妊娠に必要な餌の選定、飼育に関する衛生管理など、ブリーダーは都道府県の許可などが通常は必要となります。繁殖した愛玩動物は、個人や販売業者に販売して、生計をたてていきます。 日本生活環境支援協会の「犬・猫ペットブリーダー認定試験」では、犬猫の繁殖に関わるあらゆる技術や知識を問う認定試験となります。ブリーダーを仕事として行うには、都道府県などの然るべき保健所などに、許認可を得る必要があります。 動物好きの最終的な形が、繁殖家、ブリーダーになることです。ブリーダーは犬猫では、オスメス共に同じ血統を複数頭飼育し、適正な方法で妊娠、出産や幼体の飼育に特化した技術や知識があることが前提です。ブリーディングに向けた飼育方法と、一般的な飼育とでは血統を守る意味では、大きく異なっている場合が多いです。

3年連続口コミ評判ランキング1位を獲得した人気の通信教育!!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!

3年連続口コミ評判ランキング1位を獲得した人気の通信教育!!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!
通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング資格講座Topへ