ドッグトレーニングアドバイザーW資格取得講座

ドッグトレーニング

ドッグトレーニング

学びながら実践できるドッグトレーニング。
初心者からでも2資格取得が可能です。

人気の通信講座1位に選ばれました。

諒設計アーキテクトラーニングは
福岡ソフトバンクホークス株式会社の
オフィシャルスポンサーです。

福岡ソフトバンクホークスと共に
人々に元気や感動を与え
社会の活性化に努めてまいります。

20,000人以上が受講申込している今人気の通信教育!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

通信教育・通信講座の資料請求
ドッグトレーニング資格取得講座資格取得通信教育・通信講座の受講申込み
今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!

基本的なしつけ方から犬種別のトレーニングも。
ドッグトレーニングのプロが目指せる講座です。

ドッグトレーニングアドバイザー

ドッグトレーニングアドバイザーW資格取得講座、ドッグトレーニングアドバイザーW資格取得スペシャル講座では、子犬のトレーニングから道具を使ったトレーニング、犬種別のトレーニングや様々な日常生活でのしつけ方法、多頭飼育のトレーニング方法などドッグトレーニングのプロに必要とされる知識を一通り学習出来ます。
初心者の方でも問題なく進められるカリキュラムを採用しているので、どなたでも安心して受講できる内容となっています。

ドッグトレーニング資格の種類は今人気のドッグトレーニングアドバイザーと犬のしつけインストラクターの2資格同時取得可能です!

本講座はJLESA(日本生活環境支援協会)主催の「ドッグトレーニングアドバイザー」、日本インストラクター技術協会(JIA)主催の「犬のしつけインストラクター」の2資格に対応しています。

資格1ドッグトレーニングアドバイザー
JLESA(日本生活環境支援協会)

ドッグトレーニングアドバイザー

ドッグトレーニングアドバイザーとして、家庭の犬のしつけについて基礎的な知識・トレーニングの手順の知識を有していることを認定されます。例えば、アイコンタクト・ハンドサイン・おすわり・伏せ・待て・おいで・甘噛み・玄関のチャイムや来客への対応・室内トイレ・屋外用トイレ・散歩などのトレーニングに関するスキルを有していることが証明されます。例えば、アイコンタクトの場合、まずはオヤツでトレーニングし、次は名前を呼び、合図といったトレーニングの訓練手順を確実に身につけていることが証明されます。資格取得後は、ドッグトレーニングアドバイザーとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。


資格2犬のしつけインストラクター
JIA(日本インストラクター技術協会)主催

犬のしつけインストラクター

犬のしつけインストラクターとして、犬種によるしつけの違い、首輪・ハーネス・知育玩具など道具を用いたしつけの方法、犬の性格別によるしつけの方法、食糞・咥えた物を離させる・飛びつき癖・立ち入り禁止エリアの教え方・掃除機など音を出すものへの無駄吠えへの対策・室内での無駄吠えへの対策といった知識を有していることが証明されます。また、多頭飼いでの飼育方法・成犬や老犬の管理といった実践的なスキルも証明されます。また、動物病院・トリミングショップ・ペットホテル・ドッグカフェ・ドッグランでのしつけ方法・過ごし方といったマナー面に関する知識を有していることも証明されます。資格取得後は、犬のしつけインストラクターとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

試験免除でドッグトレーニング資格が取れる!
資格協会指定のスペシャル講座も用意!

ドッグトレーニングアドバイザー

当スクール限定で各協会が指定するスペシャル講座を受講する事が出来ます。スペシャル講座では添削課題を全てクリアした後、卒業課題を提出する事と試験免除で「ドッグトレーニングアドバイザー」「犬のしつけインストラクター」の2資格が講座卒業と同時に認定されます。すぐにでも資格を取得したい方、確実に資格を取得したい方にお勧めのコースです。

通常の講座

自身で受験し、試験に合格する事で資格取得

ドッグトレーニングアドバイザー

「ドッグトレーニングアドバイザー」「犬のしつけインストラクター」の試験をそれぞれ受験し、試験に合格することで資格が認定されます。

スペシャル講座

卒業課題を提出する事で、卒業と同時に資格取得

ドッグトレーニングアドバイザー

添削課題を全てクリアした後、卒業課題を提出すると試験免除となり、
「ドッグトレーニングアドバイザー」「犬のしつけインストラクター」の2資格が講座卒業と同時に認定されます。

卒業後は、資格を活かして
ドッグトレーニングのプロとして活躍!

ドッグトレーニングアドバイザー

講座卒業後、「ドッグトレーニングアドバイザー」「犬のしつけインストラクター」の 資格を活かし、ドッグトレーニングのプロとして様々な現場で活動できます。
また、ドッグトレーニングの先生としてカルチャースクールなどで講師活動が可能です。

ドッグトレーニング資格講座紹介

ドッグトレーニングアドバイザーW資格取得講座
基本的なしつけから本格的なトレーニング方法までまるわかり!
ドッグトレーニングアドバイザー教材

受講証、受講マニュアル、完全攻略テキスト、練習問題集/解答用紙、練習問題解答集、模擬試験/解答用紙、模試験解答集、添削課題/提出用解答用紙、質問用紙、封筒

期 間 6ヶ月(最短2ヶ月) 添 削 5
受講料 一括 59,800円 分割3,300円×20回(初回4,276円)
ドッグトレーニングアドバイザーW資格取得スペシャル講座
試験免除講座100%2資格取得!!今すぐに資格が欲しい方に!
ドッグトレーニングアドバイザー教材

受講証、受講マニュアル、完全攻略テキスト、練習問題集/解答用紙、練習問題解答集、模擬試験/解答用紙、模擬試験解答集、添削課題/提出用解答用紙、質問用紙、封筒、卒業課題

卒業試験 「ドッグトレーニングアドバイザー」「犬のしつけインストラクター」卒業試験(提出にて資格認定)

期 間 6ヶ月(最短2ヶ月) 添 削 5回 卒業課題+1回
受講料 一括 79,800円 分割3,800円×24回(初回3,891円)

20,000人以上が受講申込している今人気の通信教育!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

通信教育・通信講座の資料請求
ドッグトレーニング資格取得講座資格取得通信教育・通信講座の受講申込み
今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!
ドッグトレーニング資格取得通信教育講座の口コミ評判はこちら

ドッグトレーニングの仕事

ドッグトレーニングとは、犬に対して人と同じ環境で生活していけるようにさまざまなルールや態度をしつけることです。それは、噛み癖を抑えたり、トイレの場所を押さえてそこでするようにしたり、といった、他の人に迷惑がかからないよう、安全に犬と人が暮らしていくために非常に大切なことです。 ドッグトレーニングの専門家としているトレーナーやブリーダーは、主に犬を育てることに特化した職種ですが、言葉を直接交わせない犬に適切な行動を促すためには、座学で詰め込んだ知識だけでなく、実際にそれを実践していく知識が必要不可欠となり、ある意味職人的な仕事であり、また確実に需要が存在する仕事です。 近年では、その長年培ってきた経験に裏打ちされたノウハウを最大限に生かしながら、専門学校などでこの技を学ぶことが出来、また民間でも資格を設立して、その地位向上が図られています。ドッグトレーニングには、知識はもとより、実際に自分が飼育するわけではない、他人の犬をしつけなくてはならず、その犬とのかかわり方がといわけ大切となります。 これは、先天的なセンスもそうですが、どれだけ普段犬とかかわっているか、触れているか、という経験値がかなりものを言うことで有名です。犬を愛し、それを仕事としていきたい人に関しては、とても魅力的な仕事といえるでしょう。

犬のしつけ方

ペットは昔から多くの人に愛されてきました。特に犬は、狩猟の際のよい相棒として人とのかかわりが長く、また飼い主に忠誠のを誓うその性格からも、人間社会との親和性が高く、一緒に生活していくにはかなり適しています。 非常に愛らしく、人懐っこいのが特徴の犬ですが、はじめから何の問題もなく生活していけることは稀です。人間社会で生活していくため、しつけが必要となります。しつけというとかわいそうと思う人もいるでしょうが、正しいルールを学ばないまま暮らしていくことになった場合、人を噛んだり、トイレをそこかしこでしたり、とペットとして飼うにはかなり難しい状態となり、結局はその犬にとってもよい結果をもたらしません。 人間の言葉をある程度理解できるとしても、直接言語で意思疎通がはかれない犬のしつけはかなり大変です。人間からすれば非常に簡単だと思うことを時間をかけて習得していかなくてはいけません。 このためにも、犬のしつけにはその犬の犬種やここの犬が持つ性格を深く理解したうえで、適切なしつけの方法に関する知識を持ち、それを実践していくことができる専門家が必要となります。近年のペットブームで室内飼や屋外での飼育を問わずペットとしての犬は増加していますから、ますますこうしたしつけの需要が発生しており、専門家の活躍の場も広がっています。

20,000人以上が受講申込している今人気の通信教育!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

通信教育・通信講座の資料請求
ドッグトレーニング資格取得講座資格取得通信教育・通信講座の受講申込み
今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!

20,000人以上が受講申込している今人気の通信教育!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

通信教育・通信講座の資料請求
ドッグトレーニング資格取得講座資格取得通信教育・通信講座の受講申込み
今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!

ドッグトレーナーになるための基礎知識について

犬が好きな方の中にはドッグトレーナーになりたいと考えている人も多いかもしれません。ではドッグトレーナーになるためにはどのような資格が必要なのでしょうか。今回はドッグトレーナーになるための基礎知識についてご紹介します。

20,000人以上が受講申込している今人気の通信教育!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

通信教育・通信講座の資料請求
ドッグトレーニング資格取得講座資格取得通信教育・通信講座の受講申込み
今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!

ドッグトレーナーになるには?

ドッグトレーナーとして働きたい。そう考えた場合、気になるのが資格は必要かどうかということ。ではドッグトレーナーになる場合、どのような資格が必要になるのでしょうか。

必須資格はない

実はドッグトレーナーになるためには、必須の資格はありません。資格には国家資格、民間資格の二種類があり、国家資格は医師や弁護士、看護師のように、その職業で働くためには絶対に必要な資格。しかしドッグトレーナーについての国家資格は存在しません。

そのため、ドッグトレーナーになるためには、資格を取得する必要はありません。

民間資格が存在する

しかし、ドッグトレーナーについては「ドッグトレーナーライセンス」といった民間資格が存在します。

この資格は国家資格ではないため、取得をしていなくてもドッグトレーナーとして働くことは可能です。しかし、資格取得のための勉強を通じて様々な知識を身につけることができるだけでなく、ドッグトレーナーとして就職する場合や、独立する場合には有利になることがあります。

生き物と関わるため、知識や技術が必須

ドッグトレーナーは犬と関わる仕事です。そのため、専門性の高い知識と技術が必須。また、犬は犬種によって個性や特徴、習性などが異なりますが、犬の犬種は非常に数が多いため、それらについての学習も必要になります。

もしドッグトレーナーとして働きたい場合には、これらの知識と技術を身につける必要があります。

20,000人以上が受講申込している今人気の通信教育!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

通信教育・通信講座の資料請求
ドッグトレーニング資格取得講座資格取得通信教育・通信講座の受講申込み
今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!

ドッグトレーナーライセンスについて

ドッグトレーナーに関する資格として代表的なものが「ドッグトレーナーライセンス」です。ではこのドッグトレーナーライセンスとはどのような資格なのでしょうか。

ドッグトレーナーライセンスは、日本ドッグトレーナー協会が主催・認定を行っている民間資格です。

日本ドッグトレーナー協会は、高い技術を持ったドッグトレーナー養成などを目的として設立された団体で、スクールでの指導や運営、海外ドッグトレーナー団体との交流、しつけ教育の普及など様々な活動を行っています。

そんな日本ドッグトレーナー協会が主催するドッグトレーナーライセンスは難易度によってA級からC級までの三段階に分かれています。

まず初心者が取得を目指すのはC級ライセンス。

C級ライセンスは三日間のスクーリングを受講し、協会認定試験に合格することで取得できます。

試験の内容は犬の観察や接し方、基本的な指示やその手順などで、三日間で75000円の受講料が必要です。

その後、B級では犬の特徴に合わせた接し方や、飼い主からの情報収集、A級では指示の出し方やタイミング、犬のレベルに合わせたトレーニングなど、少しずつ難易度が上がっていきます。

その他の犬に関わる資格

ドッグトレーナーライセンス以外にも、犬に関する資格は様々なものが存在します。

家庭犬トレーナー

「家庭犬トレーナー」は、国際家庭犬トレーニング協会が認定する民間資格です。家庭犬トレーナーは、一般家庭で飼育されている犬のしつけや飼育の相談に応じる知識と技術を学ぶ資格で、家庭犬トレーナー1級・2級、家庭犬トレーナーアドミニストレーター、家庭犬トレーナースーパーバイザー、ドッグマインダーなどの資格があります。

愛犬飼育管理士

「愛犬飼育管理士」は、一般社団法人ジャパンケネルクラブが設けている資格です。この資格は多くの自治体でも動物取扱業の登録要件のひとつとしても認められているもので、講習会に参加し、その後行われる筆記試験に合格すると取得が可能です。

ドッグハンドラー

「ドッグハンドラー」は一般社団法人ジャパンケネルクラブによって認定されている資格です。ドッグハンドラーは、ドッグショーに出場する犬を扱う仕事で、ドッグハンドラーの資格はこのドッグショーに関わる資格となります。

20,000人以上が受講申込している今人気の通信教育!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

通信教育・通信講座の資料請求
ドッグトレーニング資格取得講座資格取得通信教育・通信講座の受講申込み
今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!

ドッグトレーナーになる基本ルート

犬に関わる代表的な仕事であるドッグトレーナー。ドッグトレーナーになるためにはどのような方法があるのでしょうか。

高校→短大・専門・大学→公認スクール・試験→ドッグトレーナー

ドッグトレーナーになるためには必須の資格はありません。しかし多くの民間資格や専門学校が存在しています。

もしドッグトレーナーを目指すなら、高校卒業後専門学校や、短大・大学などで動物に関する学部・学科に入学するという方法が一般的です。

また、専門外の学部・学科に入学した場合でも、通信教育などで知識や技術を身につけるという方法があります。

その後、民間資格を受験、ドッグトレーナーとして就職するのが一般的な方法です。

高校からそのまま就職する

ドッグトレーナーになる場合、高校を卒業後、そのまま就職するという方法もあります。この場合、ドッグトレーナーが活躍している企業に就職する以外に、「弟子入り」という形ですでに活躍しているドッグトレーナーの下で働く方法もあります。

犬の知識が必要のためまずは資格を取得するひとが多い

ドッグトレーナーになるためには様々なルートがありますが、どちらにしても犬についての豊富な知識が必要になります。

また、企業に就職する場合にも様々な条件が必要になることも。そのため、まずは資格取得のための勉強をしながら、知識などを身につけるという人が多いようです。

20,000人以上が受講申込している今人気の通信教育!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

通信教育・通信講座の資料請求
ドッグトレーニング資格取得講座資格取得通信教育・通信講座の受講申込み
今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!

ドッグトレーナーに向いているひと

ドッグトレーナーになりたいと考えたとき、気になるのが自分は向いているのかどうかということです。どのような人ならドッグトレーナーに向いているのでしょうか。

まず基本的に必要なのが、「犬が好き」ということ。ドッグトレーナーは犬と関わる仕事であり、犬が好きというのは必須条件。

といっても、ドッグトレーナーは犬にしつけを行うのが仕事です。そのため、単に犬を甘やかしたり、可愛がったりするだけでなく、毅然とした態度で対応できることも必要になります。また、犬によってはなかなかいうことを聞いてくれないこともあります。特に成犬の場合、しつけには時間がかかるもの。そのため、根気強く犬と付き合える忍耐力も重要です。

その他にも、犬の状態や飼い主の態度などを読み取り、どこに犬の問題の原因があるのかを探るための観察力も求められます。

20,000人以上が受講申込している今人気の通信教育!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

通信教育・通信講座の資料請求
ドッグトレーニング資格取得講座資格取得通信教育・通信講座の受講申込み
今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!

ドッグトレーナーに向いていないひと

ドッグトレーナーになりたい人は犬が好きという人がほとんど。しかし犬好きであってもドッグトレーナーに向いていない人もいます。

なかでもドッグトレーナーに向いていないのが、感情の起伏が激しく、リアクションが大きい人。犬が好きすぎるあまり、犬と一緒にいるとテンションが上がってしまう人や、逆に威嚇する犬を怖がる人も、上手に犬をしつけることができません。

また、しつけは非常に難しいもの。落ち込むことや動揺することも少なくありません。しかし、犬は相手の様子を見抜くもの。落ち込んだり動揺したりといった人を前にすると、いうことを聞かなくなってしまうこともあります。

犬にいうことを聞かせるためには、落ち込んでいてもポジティブな態度を崩さない人のほうがドッグトレーナーには向いているでしょう。

20,000人以上が受講申込している今人気の通信教育!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

通信教育・通信講座の資料請求
ドッグトレーニング資格取得講座資格取得通信教育・通信講座の受講申込み
今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!

まとめ

ドッグトレーナーになるためには資格は不要ですが、非常に豊富な知識や技術、経験が求められます。もし本気でドッグトレーナーを目指すなら、まずは資格の取得から始めてみてはいかがでしょうか。

ページトップへ