水耕栽培資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
知っておきたい!水耕栽培のメリットとデメリットについて
植物・花・園芸の資格

水耕栽培士W資格取得講座

水耕栽培士

知っておきたい!水耕栽培のメリットとデメリットについて

土を使わず、水と養分だけで野菜などを育てる水耕栽培。自分でも始めてみたいと考えている方も多いのではないでしょうか。しかしその前に知っておきたいのが水耕栽培のメリットとデメリットです。今回は水耕栽培のメリットとデメリットについてご紹介します。

知っておきたい!水耕栽培のメリットとデメリットについて" alt="知っておきたい!水耕栽培のメリットとデメリットについて">

01水耕栽培のメリット

水と水溶性の肥料で植物を育てる水耕栽培。実は水耕栽培には様々なメリットがあります。

1-1室内で栽培できる

水耕栽培は室内で行う栽培方法。もしベランダやお庭で野菜を栽培する場合、夏の暑さや冬の寒さ、大雨や風、台風など注意しなければならないことは少なくありません。さらに、それらにきちんと対処できない場合、せっかく育てた野菜がすべてダメになってしまうことも。
また、年によって気温や日照時間なども異なるため、きちんと育てるためには神経を使うことも必要です。
しかし室内で栽培する水耕栽培の場合、気候に影響されることがほとんどありません。

1-2少ないスペースでも栽培可能

ベランダで野菜を育てるときには、大きなプランターが必要になります。きちんと太陽に当ててあげるためにはプランターを移動させなければならないことも。
そのため、どうしてもある程度のスペースが必要になるもの。
しかし、水耕栽培は土が不要なので、少ないスペースでも栽培を始めることが可能。そのため、マンションやアパートといった環境でも気軽にスタートすることができます。

1-3土を使わず衛生的

土を使って野菜を栽培するときには、衛生面にも注意が必要です。土を触る前と後には必ず手を洗わなければならず、乾いた土が舞い上がったホコリを吸引することで、呼吸器系の病気に感染してしまう可能性もあります。
また、土を使った野菜作りの場合、どうしても発生するのが害虫。女性の中には虫が苦手という人も多いかもしれませんが、ベランダや畑で野菜を育てる場合、虫を見かけることは少なくありません。
しかし水で栽培する水耕栽培の場合、土を使わず衛生的。虫が発生することもほとんどありません。

1-4無農薬野菜が食べられる

お子さんがいるご家庭や、健康に注意しているという方の場合、野菜で気になるのが農薬です。どのような農薬が使われたのか分からない野菜を食卓に並べるのはどうしても不安なもの。
しかし、家庭で野菜を栽培すれば、どのような薬品を使ったのかしっかりと把握することができます。もちろん、まったく農薬を使わない無農薬野菜を育てることも可能です。

1-5お金をかけずに始められる

水耕栽培というと、専用の道具が必要と思っている方も少なくありません。しかし実際は、ペットボトルや空き容器、スポンジ、プラスチックのトレイなど、家庭にあるもので簡単に始めることができます。もし適当な容器が見つからないという場合でも、百円ショップで手に入るものがほとんどなので、他の栽培方法に比べて非常にリーズナブルに始めることが可能です。
また、水耕栽培には販売されている種を使うこともありますが、普段の料理に使った野菜のヘタや根っこを使っても野菜を育てることができます。このように、趣味として始めるときにお金がほとんどかからないというのも水耕栽培の大きなメリットと言えるでしょう。

1-6手間が少ない

野菜作りにはどうしても手間をかけることが必要です。野菜を育てる前には野菜が好む土壌を作り、季節に応じた適切な量の水やりを行わなければいけません。そのほかにも雑草抜きや害虫駆除といった作業は非常に多いもの。
ベランダやお庭だけでなく、レンタルで農園を借りた場合には往復にも時間がかかり、結局疲れ果ててしまうという結果になることも。
しかし家庭で行う水耕栽培の場合、土づくりや雑草と害虫対策、水やりなどの心配が不要。
ほぼ手間を掛けず、野菜の成長を楽しむことができます。

1-7インテリアとしてのグリーンを楽しめる、癒される

実は水耕栽培は、様々な野菜や植物を育てることができるもの。もし部屋の中にグリーンが欲しい場合、その代わりにもなってくれます。
特にある程度の大きさになると、観葉植物もやや高価で、世話も難しくなることもありますが、水耕栽培の場合には、好きなだけ部屋のグリーンを増やすことができます。

02水耕栽培のデメリット

このように、水耕栽培には非常に大きなメリットがあります。では、逆に水耕栽培にはどのようなデメリットがあるのでしょうか。

2-1根菜類や大きく育つ野菜は栽培できない

実は水耕栽培には、あまりデメリットは少ないと言われています。ただし、実際にはいくつかデメリットと考えられるものも。
そのひとつが野菜の種類。
水耕栽培では様々な野菜を栽培することができますが、ダイコンやニンジンといった下に伸びるものや、ジャガイモなど地面の下に広がる根菜類はどうしても栽培することができません。
また、水耕栽培はあくまでもコンパクトな環境で行うもの。そのため、非常にサイズが大きくなる野菜を育てることはできません。
さらに水耕栽培はあまり虫がつかないもの。虫嫌いの人にとってはメリットですが、虫による受粉が必要な野菜を栽培する場合には、自分で受粉を行う必要があります。

2-2日照時間によっては栄養価に差が出ることも

水耕栽培は基本的に室内で行う栽培方法です。そのため、どうしても不足しがちなのが日照。日当たりのよい部屋であっても、日照時間によってはどうしても野菜にとっては太陽が不足する環境になってしまうことがあります。
野菜を始めとする植物は、水と土の中にある栄養分だけでなく、日光によって美味しくなるもの。
そのため、水耕栽培で作った野菜は日照時間によって、栄養価に差が出てしまうことがあります。

03水耕栽培野菜の特徴

メリットもデメリットもある水耕栽培の野菜。それでは、実際に水耕栽培で作られた野菜にはどのような特徴があるのでしょうか。
一般的に、水耕栽培で作られた野菜は歯が柔らかく、香りもソフトになると言われています。
というのも、土で作られた野菜の場合、風や雨に耐える必要があり、葉を柔らかい状態にしておくと、自然の影響を受けて傷ついてしまう可能性も。
さらに植物は香りを出すことで害虫を遠ざけることがありますが、室内で育てられた水耕栽培野菜の場合、害虫がほとんどつかないため、強い香りを出す必要がなくなります。
これは味にも同じような効果があり、春菊やホウレン草など、クセやえぐみの強い葉野菜でも水耕栽培で育てることで、クセが弱くなり、マイルドな味になると言われています。
また、水耕栽培は土を使わないため、調理に使いやすいという特徴も。土で育てた野菜の場合は、食卓に上るまでにはしっかりと洗う必要がありますが、室内での水耕栽培は土栽培に比べて非常に衛生的。根本を切ってすぐに食べることもできます。
野菜は長時間水にさらしていると、切った部分から栄養分が流出してしまうことがありますが、洗う必要がない水耕栽培の野菜は、土栽培に比べて栄養成分が野菜に残りやすいということができるでしょう。
また、水耕栽培は種をまいてから収穫するまでの期間がそれほど長くありません。そのため、必要な栄養素が凝縮されているともいわれています。

04まとめ

水耕栽培には、家庭にあるもので手軽に始められる、野菜が使いやすいなどのメリットがある反面、いくつかのデメリットも。両方を検討して、自分に合った方法を選ぶのがおすすめです。

20,000人以上が受講申し込みしている諒設計アーキテクトラーニングの通信講座
あなたも早速受講して、資格を取得しましょう!
あなたも資格取得へ!
諒設計アーキテクトラーニングの通信講座で最短資格取得