ガーデニングアドバイザー資格取得通信講座

ガーデニング 資格 園芸 資格 ガーデニング 講座

ガーデニング 資格

人気の通信講座1位に選ばれました。

諒設計アーキテクトラーニングは
福岡ソフトバンクホークス株式会社の
オフィシャルスポンサーです。

福岡ソフトバンクホークスと共に
人々に元気や感動を与え
社会の活性化に努めてまいります。

ガーデニング園芸の資格を取りませんか?
お家で園芸資格とガーデニング2つの資格を簡単に取得できます。わずか2カ月で!!

本講座ではガーデニングの基礎知識から
花木の種類、ガーデン図面の製図方法までを学び、
趣味でガーデニングを始めたい人はもちろん、園芸関係を目指す方にもオススメの講座です。

園芸 資格

20,000人以上が受講申込している今人気の通信教育!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

通信教育・通信講座の資料請求
ガーデニング資格取得講座資格取得通信教育・通信講座の受講申込み
今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!

スペシャル講座は1度の受講で
2つのガーデニング資格が簡単に取得!!

資格1ガーデニングアドバイザー
日本生活環境支援協会主催

ガーデニング 講座

ガーデニングアドバイザーとして基本的なガーデンデザインの知識・技術・技能を有している事を認定されます。試験ではガーデニングの基礎知識、花木の種類、植栽プラン、ガーデンの設計・施工、管理の方法などについて出題されます。

資格2園芸インストラクター
日本インストラクター技術協会(JIA)主催

ガーデン デザイナー

園芸インストラクターとして、多種多様な場面に通用するガーデンデザインの知識・技術・技能を有していることを認定します。ガーデン図面の製図方法、ガーデニングの基礎知識、ガーデニングの設計・施工などについて出題されます。

ガーデニングアドバイザー、園芸インストラクターの仕事

身近な空間で花や植物を楽しめるガーデニング。環境問題や自然回帰への意識が高まる昨今、地域の緑化や家庭菜園など、自分たちの身近な空間を育み潤いある生活を送るためのガーデニング技術に対する需要は高まっています。

ガーデニングアドバイザーは植物の知識と共に、庭を構成する土壌やエクステリア素材、給排水設備など様々な要素についての知識を持ち、設計や製図の技能を用いて依頼主の理想の「庭」を創り上げていく技術者です。

ガーデニング プランナー

仕事の流れとしては、まず依頼主との打ち合わせを重ね、依頼主の希望や現在の庭の状況を把握します。施工予定地の測量、園路計画、給排水の設備計画、植栽計画などをもとに、設計図を完成させ、依頼主に提案します。業者や職人の手により、完成した計画に沿って造園工事が進められます。庭は造園工事の完了と共に完成するわけではありません。工事が完了した地点からのアフターフォローが重要です。定期的な庭木の剪定など、長い年月依頼主と共に庭に関わり、依頼主と共に庭を理想の姿に育て上げていきます。

ガーデニング資格講座の流れ
カリキュラム通りに進むだけで、バッチリ資格対策!!

当スクールの学習カリキュラムは受講生一人一人が自分のペースで安心して学習する事ができるスタイルを採用し、すぐにでも資格取得を目指したい方は最短2ヶ月で、日々の空いた時間で少しずつゆっくり学習したい方は通常6ヶ月でW資格取得が目指せる内容となっています。

ガーデン コーディネーター

【テキスト学習】 ガーデニングアドバイザー
ガーデニングの基礎、ガーデンデザイナーという仕事について、ガーデンのデザインやガーデン工事・管理の仕方などを1つずつ学んでいきます。ここで学習した内容はガーデニングアドバイザーの資格試験対策となります。
【テキスト学習】 グリーン製図クリエイター
ガーデン図面の描き方や花店のマーケティング、ガーデンデザインの流れなどを一通り学習します。学習する内容は園芸インストラクターの資格試験対策となります。
【試験対策】 練習問題・模擬試験・添削課題
ガーデニングアドバイザー、園芸インストラクター、それぞれの資格試験対策として練習問題集や模擬試験に挑戦しましょう。添削課題では専属の講師からアドバイスを受ける事ができます。
卒業
座を卒業された方は、日本生活環境支援協会、日本インストラクター技術協会が主催する「ガーデニングアドバイザー」、「園芸インストラクター」の試験受験料がそれぞれ10%OFFになります。

履歴書に書ける講師資格が取得できる!
20,000人以上が受講した人気のガーデニング講座です!!

ガーデン デザイナー 資格

本講座は日本生活環境支援協会、日本インストラクター技術協会様より「ガーデニングアドバイザー」、「園芸インストラクター」の指定講座と認められており、試験免除で資格が取れるスペシャル講座を受講する事が出来ます。
資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動・自宅開業ができます

通常の講座

自身で受験し、試験に合格する事で資格取得

造園 資格

「ガーデニングアドバイザー」、「園芸インストラクター」の試験をそれぞれ受験し、試験に合格することで資格が認定されます。

スペシャル講座

卒業課題を提出する事で、卒業と同時に資格取得

ガーデン プランナー 資格

卒業課題を提出するだけで試験免除となり、「ガーデニングアドバイザー」,「園芸インストラクター」の2資格が卒業と同時に取得出来ます。

20,000人以上が受講申込している今人気の通信教育!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

通信教育・通信講座の資料請求
ガーデニング資格取得講座資格取得通信教育・通信講座の受講申込み
今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!

ガーデニング資格講座紹介

ガーデニングアドバイザーW資格取得講座(ガーデニングセット付き!)
スグに使えるガーデニングセットが付属する講座!!
ガーデニング 通信 講座

セット教材:完全攻略テキスト(ガーデニングアドバイザー/グリーン製図クリエイター 各1冊),出るぞ!練習問題集(問題集/解答集 計4冊),チェックテスト50(ガーデニングアドバイザー/グリーン製図クリエイター 各1冊),完全合格テスト(添削用/添削提出用 計4冊),ガーデニンググッズ

期 間 6ヶ月(最短2ヶ月) 添 削 6
受講料 一括 59,800円 分割3,300円×20回(初回4,276円)
ガーデニングアドバイザーW資格取得スペシャル講座(ガーデニングセット付き!)
試験免除講座ガーデニング資格が100%取れる講座です!!
グリーン コーディネーター

セット教材:完全攻略テキスト(ガーデニングアドバイザー/グリーン製図クリエイター 各1冊),出るぞ!練習問題集(問題集/解答集 計4冊),チェックテスト50(ガーデニングアドバイザー/グリーン製図クリエイター 各1冊),完全合格テスト(添削用/添削提出用 計4冊),ガーデニンググッズ

卒業試験 ガーデニングアドバイザー卒業試験(提出にて資格認定)
園芸インストラクター卒業試験(提出にて資格認定)

期 間 6ヶ月(最短2ヶ月) 添 削 6回 卒業課題+1回
受講料 一括 79,800円 分割3,800円×24回(初回3,891円)

20,000人以上が受講申込している今人気の通信教育!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

通信教育・通信講座の資料請求
ガーデニング資格取得講座資格取得通信教育・通信講座の受講申込み
今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!

ガーデニング園芸資格講座内容

ガーデニングの基礎
苗の選び方/良い苗・悪い苗の見分け方/種類別苗の選び方/草花/庭木/苗木の場合/成木の場合/イチゴの木の場 合/ツバキの場合/観葉植物/ピレアの場合/アグラオネマの場合/一年草と二年草と多年草/一年草の種類/鉢植えの 土/良い鉢土の条件/植物の根と鉢土の役割/基本用土をつくる/基本用土とは/赤玉土/腐葉土/基本用土づくりの手 順/基本用土のアレンジ/軽めの用土にしたい場合/山野草を植える場合(日陰に置く場合)/乾きやすい場所に置く場 合/基本用土が使えない植物/市販の用土/鉢土のリサイクル/水はけの悪い庭/コンテナ(鉢)/材質 /形状/鉢の種類/駄温鉢/素焼き/プラスチック、樹脂製の鉢/木製コンテナ/吊り鉢、壁掛けポット/鉢の各部の名称と 大きさ/鉢底ネット/コンテナを選ぶ時のポイント/飾る場所、飾り方/植え替えのコツ/植え替えがなぜ必要なのか?/鉢 への植え替え/コンテナへの植え替え/コンテナへの植え替え/植え替えのバランス/植え替えの注意点/一回り大きな 鉢への植え替え/植え替える手順/植え替えの適期/水やり/水やりのタイミング/留守中の水のやり方/底面給水鉢の 利用/腰水/タイマー式自動灌水装置/肥料の種類/肥料の役割/3要素/化成肥料/有機質肥料/肥料の与え方/元肥 とは?/追肥とは?/庭木への肥料/肥料切れの見分け方/肥料切れのサイン/活力剤と肥料の違い/日光の役割/植 物の養分/光と植物/日当たりを好む植物・日陰を好む植物/日照条件を知る/日陰、半日陰、明るい日陰とは/ベランダ の日当たり/短日植物・長日植物/種まき/発芽に必要な3つの条件/種まきの方法/挿し木/挿し木の手順/発根に必要 な条件/挿し木用の用土/挿し穂の選び方/挿し木後の管理/挿し木の種類/春ざし( 熟枝ざし)/春ざし( 熟枝ざし)/梅雨 ざし(緑枝ざし)/夏ざし(半熟枝ざし)/秋ざし/とり木/高とり法の手順/圧条法の手順/とり木後の管理/株分け/株のタイ プ別の株分け方法/観葉植物のスパシフィラムの株分け
ガーデンデザイナーという仕事
ガーデンデザイナーとは/ガーデンデザイナーの仕事/エクステリアとの違い/ガーデンデザイナーの活躍する場所/ガーデンとエクステリア/住む人にとっての庭の良さとは?/ガーデンデザイナーの仕事内容/仕事の流れ/図面の必要性
ガーデンのデザイン
ガーデンを設計する前に/どんなガーデンをつくるのか/現状把握/現状図の作り方/現状図の項目/敷地内の確認事 項/敷地外の確認事項/ガーデンのゾーニングと動線/ゾーニングとは?/園庭の区画割り/前庭/主庭/奥庭/裏庭/動 線/ガーデニングのプランニング/問題点と希望のすりあわせ/現状図に書き込み/植栽プランとシミュレーション/植栽 計画/四季の花壇のシミュレーション
ガーデン工事のポイント
石積み/板塀/竹垣/垣根/フェンス/建物とガーデンをつなげる/束石/縁石/雨落石/飛石/三番石/二番石/沓脱石/犬 走り/幅木板/束石/差石/ガーデンに配置していく/景石・捨石の配置/景石とは/捨石とは/景石、捨石のポイント/石造 品を配置する/石造品配置のポイント/石組を配置する/石組とは/石組のポイント/ガーデンに水を流す/小川をつくる/ 滝をつくる/ガーデンに道をつくる/駐車場のガーデニング/植物を植える/根回しとは/移植のポイント/植え込みの手順 /植え込みのポイント/生垣とは/生垣のポイント砂利を敷く/敷砂利のポイント
ガーデンの管理の仕方
剪定/剪定の目的/剪定の時期/剪定の方法/切り戻し剪定/間引き剪定/切り替え剪定/刈り込み剪定/透かし剪定/剪定が必要な枝
屋上でのガーデニング(ルーフガーデン)
ルーフガーデニングの効果/屋上でのガーデニングの注意点/床の防水/重量の問題/植え方/植え方/排水の問題/直射日光・強風の問題/樹木の選び方/屋上での野菜作り/植え方/適した野菜
元気な庭を保つために
病害虫早期発見と対策/病害虫の防除/薬剤の使い方/農薬を使用する時期/薬剤の種類/殺虫剤/殺菌剤/農薬散布のコツ/薬剤散布の注意点
病気の種類と対策・害虫の種類と対策・薬剤に頼らない対策法
根腐れセンチュウ/灰色か病/斑点性病害/もち病/立ち枯れ病/炭そ病/根頭がん腫病/青枯れ病/赤星病/うどん粉病 /さび病/黒星病/すす病/ベト病/ハダニ/ハマキムシ/センチュウ/ナメクジ/カメムシ/コナジラミ/グンバイムシ/スリップ ス/ケムシ・アオムシ/アブラムシ/カイガラムシ/エカキムシ/ミノムシ/コンパニオンプランツ/コンパニオンプランツになる とされる野菜&ハーブ/酢で病気を予防
寒肥
寒肥とは?/寒肥の種類/高木の場合/低木の場合/冬の落葉樹の生育サイクル
ガーデン図面の描き方
製図に使う道具/図面の決まり/図面の輪郭/図面への記載事項/線の種類/ガーデン図面に使う図面記号/ガーデン 平面図の描き方/製図の順序/縮尺を決める/図面の輪郭を定める/図面の位置を決める/図面を描く/平面図の描き方 /ガーデン立面図の描き方/製図の手順/ガーデン図面のトレース/ガーデン図面の製図
お花屋さんマーケティング・ガイド
立地・店舗づくり/まわりの環境をリサーチする/「商圏」を把握する/店舗タイプ別・商圏の設定方法/店舗づくり=雰囲 気づくり/売り場づくり/買いやすい売場とは?/商品が見やすい売り場にする/「お客様目線」で買いやすい売場に/花 は生鮮品なので、店頭に活気と変化を/花を長持ちさせるポイント/週単位の「提案コーナー」をつくる/接客・教育・人員 配置/集客力の高いお店の基本「QSC」/お客様のサインを読み取り、対応する/店長・スタッフの能力を高める努力を/ スタッフの役割分担を設定する/販売促進の2つの役割/仕入れ/仕入れ計画の一般的な流れ/さまざまな仕入れツー ル/仕入れ時の注意点/マネジメント/利益が出る、適切な経営を目指す/業務管理は計画的に実施を
ガーデンデザインの流れ
ガーデンデザイナー業務の流れ/受注に始まり、契約に終わる/調査(顧客情報)/測量(現状図)/基本計画その1「地割 計画」/基本計画その2「園路計画」/基本計画その3「施設計画」/基本計画その4「植栽計画」/基本計画その5「ラフス ケッチ」/実施設計その1「全体設計-平面図」/実施計画その2「全体設計-立面図-・断面図」/実施計画その3「全体 設計-透視図」/実施計画その4「細部設計-平面図・断面図・透視図」/積算、見積、仕様書作成/見積書、図面一式、 仕様書提出/契約完了
ガーデンに使える日曜大工
切る/接合する/加工する/測る・固定する/使用する材料/木材の種類/板材と角材/心材と辺材/柾目と板目/木表と木 裏/ガーデンアイテム作り/額縁ガーデンを作る/フラワースタンド(花台)をつくる/フラワースタンドのポイント/プランタ ーを作る/プランターのポイント
効果的に見える写真テクニック
カメラの使い方/撮影機材/撮影技法/撮影の時間帯/構図/撮影のモード/ガーデンを美しく見せるテクニック
有機野菜の作り方
野菜作りを始める前に/よい苗・種を選ぶ/野菜に合うプランターを選ぶ/培養土/自分で培養土をつくる方法/苗から育てる野菜/種から育てる野菜
ハーブの作り方
ハーブとは/ハーブの栽培/環境・土/種類別育て方/バジル/ペパーミント/レモンバーム/ローズマリー/ジャーマンカモ ミール/タイム(コモンタイム)/セージ(コモンセージ)/ラベンダー/イタリアン・パセリ/ナスタチウム/センテッドゼラニウ ム/ディル/ロケット/ハーブの利用法/ハーブティー/ハーブオイル/ポプリ/野菜とハーブをベランダで育てる時の注意点

20,000人以上が受講申込している今人気の通信教育!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

通信教育・通信講座の資料請求
ガーデニング資格取得講座資格取得通信教育・通信講座の受講申込み
今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!
ガーデニング園芸資格取得通信教育講座の口コミ評判はこちら

ガーデニングとは

ガーデニングとは、畑や庭を整えることを意味しています。花を植えるのが基本的なガーデニングの手法となりますが、近年はその意味も広義となりました。それゆえ、例えば煉瓦で花壇を作ったり、ウッドデッキを配置してスペースを確保したりすることもガーデニングと呼ぶようになっています。 畑や庭を作っていくということ全体をガーデニングと考えている方も多いです。また、作物を育てることも、一種のガーデニングとも言えます。その他、例えば生えている植物の配置を変えたり、樹木の剪定をしたり、季節に合わせて整えたりすることもガーデニングと言えます。それぞれ受け取る側によって、その意味は変わってきます。 一大ブームを巻き起こしているDIYなども取り入れて、総称としてガーデニングと呼ぶこともあれば、ガーデニングを含めてDIYとすることも多くなっているのです。自由な意味合いで、庭や畑をいじるのが好きな方の行為、それらを総じてガーデニングと呼ぶことが多いです。 近年、ガーデニングは趣味の一環としても考えられるようになり、さまざまなグッズやアイテムも登場しています。初めてみたい方は、ぜひトライしてみてください。

園芸について

園芸とは、もともと農業の一部門として考えられていたものです。概要としては、果樹や野菜、草花などを栽培することを総じて園芸と呼びます。この園芸に関しては、日本の技術が多々活用され、日本庭園などにも多く見られる技術です。 園芸という分野では、それ自体が技術や技能としても活用されることが多く、近年では一般の方も楽しめる分野になったことで、より身近になったとも言えます。園芸と聞くと難しいと思うかもしれませんが、実は植物を選定しながら育てること全般をそう呼ぶことも多くなっています。ぜひ、その点も含めて初めてみると良いです。 また、近年ではそういうことを家庭園芸とも呼ぶようになっていて、職業として園芸をやっている人とは違った感覚になっています。また、園芸も意味合いは広く、生産園芸などの農業の範疇を超えないものもあるのです。そういう意味では、とても意味が広いと言えます。 その点、園芸は誰でも楽しめるという意味にもなるかもしれません。初めてみたいという方は、初心者でも楽しめるものも多くなっているので、挑戦してみてはいかがでしょうか。庭や畑があるという方は、より楽しむことができるようになっています。ぜひ挑戦してください。

20,000人以上が受講申込している今人気の通信教育!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

通信教育・通信講座の資料請求
ガーデニング資格取得講座資格取得通信教育・通信講座の受講申込み
今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!

ガーデニングについて

20,000人以上が受講申込している今人気の通信教育!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

通信教育・通信講座の資料請求
ガーデニング資格取得講座資格取得通信教育・通信講座の受講申込み
今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!

ガーデニング初心者でも育てやすい植物

ガーデニング初心者にありがちなのが、せっかく育てた植物を枯らせてしまうこと。きちんとお世話をしていたはずなのに植物が枯れてしまうと、心に受けるダメージも大きく、そのままガーデニングをやめてしまおうかと思うことも少なくありません。しかし、もしかすると世話のやり方ではなく、植物選びが間違っていたのかも。今回は、ガーデニング初心者でも育てやすい植物についてご紹介します。

20,000人以上が受講申込している今人気の通信教育!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

通信教育・通信講座の資料請求
ガーデニング資格取得講座資格取得通信教育・通信講座の受講申込み
今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!

初心者にも育てやすい植物

植物には様々な種類がありますが、中には毎日の世話や手入れが欠かせないものだけでなく、植えっぱなしでも大丈夫なものも数多く存在しています。

一年草

一年草とは、種をまいたその年のうちに芽を出して花を咲かせる種類の植物です。種をつけたあとはそのまま枯れてしまいますが、ガーデニングで難しいのは、寒い季節をどのように乗り切るかという点なので、一年草であれば越年の心配をする必要はありません。

一年草には様々な種類がありますが、特におすすめはパンジーやビオラ。パンジーやビオラは大きく、鮮やかなお花を咲かせてくれるため、庭を華やかにしてくれます。さらに種から育てても比較的発芽させるのも簡単で、日当たりのよい場所に植えておけばほとんど手間もかからず花を咲かせてくれます。

一年草の中ではコスモスもおすすめ。コスモスは秋を代表するお花ですが、品種改良によって様々な季節に花を咲かせるコスモスが生み出されています。もともとは野に咲く花なので生命力も旺盛。肥料もそれほど必要ないため、ガーデニング初心者におすすめです。

もし日当たりの悪い場所でガーデニングを行うならインパチェンスもおすすめの花です。インパチェンスは別名アフリカホウセンカと呼ばれる花で、赤やピンクといった鮮やかな花が特徴。日当たりが少なくても元気に育ってくれるお花です。

春に開花する花

マーガレットは春を代表する花のひとつです。白い可憐な花ですが、実は非常に生命力の強い植物で、世話も他の植物に比べると難しくありません。さらにマーガレットは品種が豊富で、白以外にも黄色や赤など、花の色も非常に豊富。そのため、ガーデニング初心者が寄せ植えに挑戦するときにはまずおすすめしたいお花です。

夏に開花する花

夏に花を咲かせる植物の中で、初心者にも育てやすいのがゼラニウム。ゼラニウムは鉢植えとしてもポピュラーな花ですが、手入れの必要が少ないため初心者でも育てやすいと言われています。さらにゼラニウムには防虫効果もあるため、ひとつ置いておくと近くの植物を害虫から守ってくれるという効果もあります。ゼラニウムは春の花ですが、開花時期が長いのも特徴で、丁寧に育てると秋まで花を楽しむことができます。

秋に開花する花

秋の花であるマリーゴールドは種から植物を育てたいという人におすすめのお花です。種から植物を育てるのはなかなか難しいものですが、マリーゴールドは発芽率が非常に高いのが特徴。そのため、種から始めて植物を育てるという方には最適のお花です。さらにマリーゴールドの根っこには防虫の効果もあるため、害虫などが付きにくく、虫が原因で枯れることもありません。そのほかにも、他の植物や野菜などと植えておくと、虫がつきにくくなるというメリットもあります。

冬に開花する花

冬は植物を育てるのが難しい季節ですが、クリスマスローズなら安心して育てることができます。クリスマスローズは大きなお花を咲かせるのが特徴で、彩りの少ない冬には重宝する植物。日当たりが少なくても成長してくれるので、冬に咲く花を育てたいという人には最適です。

20,000人以上が受講申込している今人気の通信教育!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

通信教育・通信講座の資料請求
ガーデニング資格取得講座資格取得通信教育・通信講座の受講申込み
今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!

花以外の育てやすい植物

ガーデニングといえばまずお花というイメージですが、実は花以外にも初心者に最適な植物は少なくありません。

多肉植物

初心者でも育てやすい植物といえば多肉植物。多肉植物は熱帯の乾燥地域が原産である種類が多いため、乾燥に強く、水やりも少なくて済むため手間もかかりません。日当たりと風通しだけに注意しておけば、室内でも長く楽しむことができます。さらに生命力も旺盛で、多くの肥料も必要ありません。そのため、初心者でも安心してチャレンジできる植物と言えるでしょう。

ハーブ

ハーブは料理にも使えるだけでなく、広い庭がなくてもベランダのプランターで育てることができるため人気の植物です。さらにハーブは多年草で植え替えの手間がありません。通常の植物であれば、生育によって植え替えを行う必要があり、その際に根を傷める、鉢のサイズが合わないなどによって植物が弱ってしまうこともありますが、ハーブの場合、そういった心配はいりません。ハーブの種類によっては、乾燥や寒さに強い品種も少なくなく、水を与えると弱っても回復しやすいため、まず初心者が挑戦するには最適の植物です。

野菜や果物

野菜や果物というと初心者にはハードルが高く感じますが、実際には種類によっては非常に丈夫で育てやすいものも少なくありません。たとえばゴーヤなどは夏のグリーンカーテンにも利用されることもある植物で、生育のスピードが速いのが特徴。しっかりと大きくなり、実ったものも食卓に並べることができるため、ガーデニングの楽しさを味わうには最適です。また初心者にはミニトマトもおすすめ。ミニトマトは肥料が少なくても成長するだけでなく、水やりの回数も少なくて済むので非常に育てやすい植物です。

20,000人以上が受講申込している今人気の通信教育!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

通信教育・通信講座の資料請求
ガーデニング資格取得講座資格取得通信教育・通信講座の受講申込み
今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!

日当たりの悪い場所でも育ちやすい植物

ガーデニングでは日当たりが絶対に必要と思われがちですが、中には日当たりの悪い場所でも生育する植物があります。

日陰に強い植物といえば、有名なのがあじさいです。あじさいは梅雨でも成長するほど耐陰性が強い植物で、木陰などでもしっかりと成長してくれます。さらに日当たりが悪位と言う場合には、コケ類がおすすめ。コケ類は和風の庭には欠かせないものですが、日当たりが悪いほうが色鮮やかに育ってくれる植物です。コケの中でも種類によっては初心者でも簡単に育てることは難しくないものもあり、ちょっと個性的なガーデニングを楽しみたい人にはおすすめです。

ガーデニングを楽しみたいけれど、庭もないし、ベランダにも植物を置けないという方には、キッチンガーデンが最適です。たとえば豆苗などは、食材として使い残した根を水に漬けておくだけで新しい芽が生えてきます。豆苗以外にも、ネギや小松菜、ダイコンなどでも同様の栽培を行うことができます。

20,000人以上が受講申込している今人気の通信教育!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

通信教育・通信講座の資料請求
ガーデニング資格取得講座資格取得通信教育・通信講座の受講申込み
今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!

失敗しない管理のポイント

できればガーデニングの失敗は避けたいものです。では、どのようにすればガーデニングの失敗を避けることができるのでしょうか。植物を枯らさないためには、いくつか注意したいポイントがあります。

水やりの頻度は事前にチェック

初心者に限らず、植物を育てるときに失敗しやすいポイントは水やりです。植物の種類によっては水を上げすぎることで根が腐ってしまうこともあるため、まず自分が育てている植物がどれほど水を必要としているのか、しっかり調べておくのがいいでしょう。その際、鉢やプランターの素材にも注意。一般に、プラスチックのものは水が抜けにくいため、水が溜まりやすく与えすぎになってしまうことがあります。

植物を日々観察する

植物を弱らせないために必要なのは、植物の変化を見逃さないことです。ちょっと元気がない、なんだか色が悪いという場合は、その育て方や世話に仕方が間違っている可能性があります。その場合、急に肥料や水を与えたりせず、植物の周囲の環境を改めて見直してみましょう。

20,000人以上が受講申込している今人気の通信教育!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

通信教育・通信講座の資料請求
ガーデニング資格取得講座資格取得通信教育・通信講座の受講申込み
今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!

まとめ

植物を育てるのは簡単ではありませんが、植物は手を掛ければきちんとそれに応えてくれるもの。もし、何度も失敗してしまうという方は、この機会にきちんとしたガーデニングの知識を身につけてみてはいかがでしょうか。

ページトップへ