心理カウンセラー資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
まず深呼吸!感情をコントロールする方法について
心理・カウンセラーの資格

メンタル心理ヘルスカウンセラーW資格取得講座

メンタル心理ヘルスカウンセラー

まず深呼吸!感情をコントロールする方法について

日常生活で感情をコントロールすることは非常に重要。感情をコントロールすることができれば、仕事でも家庭でもあらゆる物事をスムーズに進めることができます。しかし、実際には感情をコントロールするのはなかなか難しいものです。今回は、感情をコントロールするメリットや、具体的な方法をご紹介します。

まず深呼吸!感情をコントロールする方法について
目次

01感情をコントロールするメリット

感情をコントロールできる人はあらゆる分野で成功しているイメージです。では、感情をコントロールすることにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

1-1円滑にコミュニケーションがとれる

感情のコントロールは円滑なコミュニケーションに欠かせないものです。たとえば、どのような人でもいつも怒っている人や、いつも不機嫌な人には話しかけたいとは思わないもの。
逆にいつも冷静な人や笑顔の人には、つい話しかけたり、相談を持ち掛けたりとできるだけコミュニケーションを取りたいと考えます。
また、感情がコントロールできないとき、つい発してしまった言葉によって相手の気分を損ねてしまうと、それが原因となって大きなトラブルに発展してしまうこともあります。

1-2良好な人間関係を築ける

職場や家庭、友人関係などの人間関係が充実している人は、ストレスを溜めにくく、精神的に健康な状態を保つことができます。
そのときに必要なのが感情のコントロールです。
感情のコントロールができないと、周囲の人は少しずつ離れて行ってしまうもの。気が付いたときには孤独に陥っていたということにならないためにも、しっかりと感情をコントロールすることは重要です。

1-3周囲だけでなく自分自身が落ち着いて過ごすことができる

感情をコントロールする最大のメリットは、自分自身が落ち着いて過ごすことができるという点にあります。
もし感情がコントロールできず、イライラを押さえられないと、冷静な判断を下すこともできません。
またマイナスの感情が積もっていくと、精神的な健康を損ねることにもなりかねません。
逆に感情がコントロール出来た場合、多少嫌なことがあっても簡単に受け流すことができるため、常に精神的に健康な状態を保つことができます。

02感情をコントロールできない人の特徴

できるだけ心静かに過ごすためにも感情のコントロールは重要です。しかし、それが分かっていてもすべての人が感情をコントロールできるとは限りません。では、感情をコントロールできない人にはどのような特徴があるのでしょうか。

2-1主に怒りのコントロールが出来ない

感情には様々なものがありますが、中でもコントロールできないのが「怒り」の感情です。
怒りには様々な種類がありますが、それらは動物としては自然な反応。
例えば敵と遭遇した場合、人間の身体は血流がアップして活動的な状態になり、とっさに行動できるようになります。
実はこれが怒りの正体。人間の場合には、自分の価値観や権利などが攻撃されていると感じたときに怒りの感情が起こりますが、生物としての本能に根差した感情であるため、なかなか抑えられないという特徴があります。

2-2ホルモンバランスが乱れている

といっても、すべての人が怒りの感情を抑えられないというわけではありません。また、同じような場面に遭遇しても、怒りを感じる人と感じにくい人がいます。
すでに説明したように、人間の怒りは動物としての本能的な反応ですが、もし怒りを抑えられないという場合、ホルモンのバランスが乱れている可能性があります。
ホルモンバランスは心身の健康を支える重要な存在ですが、同時に様々な影響からバランスを崩しやすいもの。
たとえば不規則な生活を送っているという場合、バランスが崩れやすく、結果として怒りの感情を抑えることができなくなってしまいます。

2-3ストレスや悩みを抱えている

どのような人でもストレスや悩みを抱えているものですが、もしそのストレスや悩みが多すぎる場合、普通なら我慢できる怒りを抑えきれなくなることがあります。
ストレス以外にも、不安や辛さといった感情が蓄積されると、やがてそれが抑えきれなくなり、ちょっとしたきっかけで爆発してしまうことも珍しくありません。

03感情のコントロールが出来る人の特徴

それでは、逆に感情のコントロールができる人にはどのような特徴があるのでしょうか。

3-1自分の感情を理解している

感情のコントロールに必要なのは、自分の感情を理解することです。どのような人でも自分の感情を理解していると思い込んでいますが、実際にはそれがあいまいなことも少なくありません。
まず自分の感情を理解して、それを表に出していいのかどうかを考えることは、感情をコントロールするときの基本となります。

3-2適度に手をぬくことができる

怒りっぽい人の特徴として、いつも完璧を目指しているという点が挙げられます。しかし、どんな人でも完璧ではいられません。しかし、完璧でいなければならないと思い込むと、ちょっとした失敗が許せなくなり、ストレスをため込むことにつながります。
逆に適度に手をぬくことができれば、それらのストレスとは無縁でいることができます。

3-3自分を客観視できる

怒りには様々な種類や原因がありますが、「なぜ自分は怒っているのか」「なぜ腹が立ったのか」といった形で自分を客観視することは感情のコントロールに重要です。
自分を客観視すると、怒りを感じているのは大したことではないと気づくことができます。

3-4他人を思いやっている

感情をコントロールできる人は、他人の立場を理解できる人です。逆に自分の考え方ややり方を押し付けようとすればするほど思うようにいかなくなり、怒りの感情が生まれる原因になってしまいます。
他人と自分は違うという基本的なことを受け入れることが感情のコントロールには有効です。

04感情をコントロールする練習方法

感情のコントロールはなかなか難しいものですが、普段から練習をしておくと、いざというときに感情をコントロールしやすくなります。

4-1イライラしても一旦待つ

怒りを解消するための最善の方法は、「待つ」ということです。一般的に怒りの感情のピークは約6秒間と言われています。
逆に、6秒間を過ぎれば怒りの感情は少しずつ収まっていきます。
もし突発的な怒りを感じたときには、深呼吸をしてゆっくり6秒数えましょう。
そうすると、怒りの感情は驚くほど静かになっているはずです。

4-2怒る価値があるのか考える

人間が怒りを感じるときには様々な理由があります。中には、怒ることで事態が改善されることもありますが、逆に起こっても状況はなにも変わらないということも少なくありません。
たとえば、渋滞などの場合はどれだけ起こっても何の意味もありません。
逆に部下や友人の遅刻や態度などは、方法によって改善することもあります。ただし、その場合に必要なのは「怒る」ことではなく「注意すること」。
このように、怒るときにはそれが価値のあることなのかを考えるだけでも、感情のコントロールはしやすくなります。

4-3溜め込まずに日頃から好きなことで発散していく

怒りの感情は我慢を続ければいつか爆発してしまうもの。それを避けるためにも、日ごろからできるだけ好きなことをして発散しておきましょう。
そうすることで怒りやストレスが爆発してしまうのを防ぐことができます。

05まとめ

感情の波は人によって異なりますが、訓練を続ければ誰でもコントロールが可能なものです。よりよい人間関係を築きたいと考えている方は、ぜひ実践してみてはいかがでしょうか。

20,000人以上が受講申し込みしている諒設計アーキテクトラーニングの通信講座
あなたも早速受講して、資格を取得しましょう!
あなたも資格取得へ!
諒設計アーキテクトラーニングの通信講座で最短資格取得
無料資料請求
受講お申し込み