メンタル心理ヘルスカウンセラーW 資格取得講座
メンタルヘルス セルフケア

メンタル心理ヘルス

初心者からでも大丈夫!!
在宅で心理の資格が取れる人気講座!!

人気の通信教育講座1位に選ばれました。
今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!

心理学の基本的な事から学び、
プロのカウンセラーが目指せるレベルまで学習できます。

本講座では、心理学の基礎知識から学び、心理的ストレスが招く症状や、その要因、回復するための治療法を学んでいきます。生活で心理学を役立てたい人はもちろん、プロのカウンセラーを目指す方にもオススメできる講座となっております。

「メンタル心理ヘルスカウンセラー」、
「メンタル心理インストラクター」の2資格同時取得可能!

本講座は心理学を学ぶと同時にW資格対策にもなるカリキュラムを採用しています。講座で学ぶ内容は日本アロマメディカル心理セラピー協会の「メンタル心理ヘルスカウンセラー」、日本インストラクター協会の「メンタル心理インストラクター」それぞれの資格試験対策としても有効です。

資格1メンタル心理ヘルスカウンセラー
JAAMP(日本アロマメディカル心理セラピー協会)主催

心理学の基礎知識、様々なストレスから起きる症状、また症状別の治療方法を十分に理解しており、カウンセラーとして活動するレベルに至っているとされた方へ認定される資格です。資格取得後はプロのカウンセラーとして活動することができます。

資格2メンタル心理インストラクター
JIA(日本インストラクター協会)主催

カウンセリングという相談援助知識、カウンセリングに関わる倫理、インテーク面接 共感的理解 転移 適応機制 カタルシス 心理アセスメント、チーム医療 地域精神医療 ケースカンファレンス、来談者中心療法、指示的カウンセリングなどを十分に理解したと認められた方へ認定されます。資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

試験免除で資格が取れる!
資格協会指定のスペシャル講座も用意!

当スクール限定で各協会が指定するスペシャル講座を受講する事が出来ます。スペシャル講座では添削課題を全てクリアした後、卒業課題を提出する事と試験免除で「メンタル心理ヘルスカウンセラー」、「メンタル心理インストラクター」の2資格が講座卒業と同時に認定されます。すぐにでも資格を取得したい方、確実に資格を取得したい方にお勧めのコースです。

通常の講座

自身で受験し、試験に合格する事で資格取得

「メンタル心理ヘルスカウンセラー」、「メンタル心理インストラクター」の試験をそれぞれ受験し、試験に合格することで資格が認定されます。

スペシャル講座

卒業課題を提出する事で、卒業と同時に資格取得

添削課題を全てクリアした後、卒業課題を提出すると試験免除となり、「メンタル心理ヘルスカウンセラー」、「メンタル心理インストラクター」の2資格が講座卒業と同時に取得出来ます。

卒業後、プロのカウンセラーとして
プチ開業や講師活動などの副業が出来る!

講座卒業後は、学んだ知識・スキルを活かしてメールや電話を使った在宅カウンセラーや、各種カルチャースクールなどで講師活動など、様々な副業を行う事が可能です。在宅カウンセラーは副業の中でも人気が高く、また需要も今後ますます広がっていくお仕事です。

メンタル心理講座紹介

メンタル心理ヘルスカウンセラー W資格取得講座
初心者からでも無駄なく心理学を覚えられます。
メンタルヘルス 資格

受講証、受講マニュアル、完全攻略テキスト2 冊、練習問題集/解答用紙、練習問題解答集、模擬試験/解答用紙、模擬試験解答集、添削課題/提出用解答用紙、質問用紙、封筒

期 間6ヶ月(最短2ヶ月)添 削5
受講料一括 59,800円 分割3,300円×20回(初回4,276円)
メンタル心理ヘルスカウンセラー W資格取得スペシャル講座
試験免除講座100%2資格取得!!プロのカウンセラーや副業を目指すアナタへ!!
メンタルヘルス 検定

受講証、受講マニュアル、完全攻略テキスト2 冊、練習問題集/解答用紙、練習問題解答集、模擬試験/解答用紙、模擬試験解答集、添削課題/提出用解答用紙、質問用紙、封筒、卒業課題

卒業試験 メンタル心理ヘルスカウンセラー&メンタル心理インストラクター卒業試験(提出にて資格認定)

期 間6ヶ月(最短2ヶ月)添 削5回 卒業課題+1回
受講料一括 79,800円 分割3,800円×24回(初回3,891円)
今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!

心理カウンセラー講座内容

メンタル心理カウンセラーの基礎知識
メンタル心理カウンセラーとは/患者の状態を知る/発症の原因/心理的ストレスによる症状/心理的ストレスが招く 特徴的症状/症状の主なタイプ/本能性型/神経症型/心身症型/抑鬱型/倦怠感の持続/めまいや立ちくらみ/肩こ り/耳の閉塞感/ドライマウス/消化機能による食欲不振/顎関節症/目の疲れ/憂鬱/幻聴/妄想/興奮から暴力的 に/引きこもり/表情がなくなる
心理的ストレスの主な要因
年代別にみるストレスの要因と症状/乳・幼児期/学童期/思春期/青年期/成人期/中年期/成熟期/老年期/症状 はストレスによって起こる/適度なストレス/不規則な生活習慣/症状が起こりやすい性格/環境の変化/女性の心 理的症状/思春期のストレス
回復するための治療法
治療に関して知っておくこと/症状をよく確認すること/心身症/うつ病/自律神経失調症/診察を受ける医師を選ぶ/ 身体症状の改善/ストレスによる症候群/ストレスを溜めやすい人の特徴/クライアントとのコミュニケーション/病名 を告知する/治療は入院ではなく通院が基本/症状の経過における治療方針/前駆期/急性期/休息期/回復期/入 院するべきケース/施設症(ホスピタリズム)/精神保健福祉法/入院の形/任意入院/措置入院/緊急措置入院/医 療保護入院/応急入院
外部的治療法
マッサージなどの理学療法/もっとも基本的な薬物療法/薬を飲むときの注意/自律神経調整薬/抗不安薬/睡眠導 入剤/抗うつ薬/ビタミン剤(ホルモン剤)/漢方療法/リハビリテーション/抗精神病薬/コンプライアンス/薬物療法 の主な副作用/副作用が重い場合/薬の再発予防効果/無けいれん通電療法
内部的治療法
精神療法/支持療法/表現療法/洞察療法/訓練療法/芸術療法/認知行動療法/作業療法/社会生活技能訓練/ 社会生活技能訓練で得られること/施設を有効に活用する/在宅訪問の治療法
家族と共に治療する
患者と家族の関係性/理解とサポートが必要/心理的な症状への偏見/病気を受容すること/偏見がもたらす不利 益/安全で確実な入院治療/入院のメリット/入院までの過程/面会での注意点/「家族教室」への参加/自宅療養の 過程/自宅療養の進め方/精神科リハビリテーション/リハビリテーションでの目的/家族の接し方/適度なサポート/ 程よい距離感/過保護にしない/家族との関わり方/長期間の自宅療養/飲酒や喫煙/主治医への情報伝達/クライアントの精神的危機
社会復帰に向けて
予防のための生活改善/ストレスによる心身の反応/ストレスとの付き合い方/ストレスの軽減方法/毎日の生活を 見直す/体内時計に合わせる/睡眠での予防法/食生活/節煙・禁煙/運動不足のときはストレッチ/スイッチの切り 替え/感情を解放する/様々なリラクセーション
社会復帰を助ける支援制度
精神科リハビリテーション/疾病管理とリカバリー/包括型地域支援プログラム/様々な専門スタッフ/デイケア/前向 きな姿勢/復学・復職/結婚について/精神障害者保健福祉手帳/所得保障/国と自治体からの支給 /生活保護/自立支援法/医療費公費負担制度

地域・年齢・性別を問わず、どなたでも受講できます。

もし学習中にわからない事があったら、
専属のスタッフが回数無制限で学習のサポートを致します。

今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!

メンタル心理とは

メンタル心理という言葉は造語ですが、メンタルと心理という2つの言葉は、ほぼ同一のことを指しています。それは、人間が内在している精神的な部分のことです。 心理学が発達するにつれ、人間の身体的な機能だけでなく、その内側にある精神的な部分にも触れられるようになりました。たとえば、私たちが普段自分が自分であると自覚できるのは自我であり、これは自分の精神の中で自分が認知できる部分を言います。 この中には、私たちの純粋な欲望であるイドを含んでおり、またその自我を広く社会規範と照らし合わせて行動する超自我があります。反対に、私たちが普段意識しない、潜在的に感じている無意識という領域があるなど、様々な概念が出てきました。 そして、近年話題になっているメンタル系の諸疾患は、もちろん生得的な場合もありますが、その多くが日々の生活の中からこうした自分の心理面に不調を抱えているために起こるとされます。

カウンセラーについて

カウンセラーと聞くと、その印象に対して非常にさまざまな反応があります。ある人は、良く話を聞いてくれる、学校の保健室や相談室にいる人員を思い浮かべ、ある人は、心理的な疾患と結びつけて毛嫌いしたりします。 昨今、生活の欧米化が進むと共に、昔ながらの古きよき生活が変わり、人々の生活も人間関係が希薄化している兆候があります。こうした中で、謀らずも日々の生活に活力を失ってしまったり、悩みを自分だけで抱えてしまう人、そして精神的な疾患にかかってしまう人が多く出てきています。 カウンセラーは、健康な人もそうですが、特にこうした心理的になにかわだかまりを感じている人と、その対話技術をもって、より良い方向に導くのが仕事です。 カウンセラーは比較的ひざを引っ付き合わせておしゃべりな印象がありますが、実はカウンセリング中には自分自身の考えや自分に特化した話題で誘導してはいけない、という原則があります。つまり、できるだけその人の話を引き出し、その人が自分で考え、自ら解決策を見出せるように促すことこそが仕事なのです。

3年連続口コミ評判ランキング1位を獲得した人気の通信教育!!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!
通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング資格講座Topへ