心理カウンセラー資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
メンタル心理ヘルスカウンセラーW資格取得講座
メンタル心理ヘルスカウンセラー

今人気の 心理カウンセラー資格 を通信講座で自宅にいながら 簡単に最短で資格取得できます

諒(りょう)設計アーキテクトラーニングの通信講座はメンタル心理ヘルスカウンセラー資格のメンタル心理ヘルスカウンセラー資格とメンタル心理インストラクター資格を家にいながら自宅で最短2か月で課題を提出するだけで2つの資格を通信講座で簡単に取得できます。

メンタル心理ヘルスカウンセラーW資格取得講座
20,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます
全講座資格取得対応!最短2ヶ月で資格取得が目指せる、アーキテクトラーニングの通信講座
諒設計アーキテクトラーニングの教材は、資格協会認定教材
諒設計アーキテクトラーニングスクールは、ゼネラルリサーチ調査により通信講座わかりやすさ・通信講座品質評価・資格取得者が選ぶ通信講座1位を2年連続3冠を達成しています。諒設計アーキテクトラーニングの教材は資格協会に認められた教材です。
諒設計アーキテクトラーニングの教材は、資格協会認定教材

名刺や履歴書に記載できる人気の
2つの資格を
同時に取得できます!

  • 取得できる資格1

    メンタル心理ヘルスカウンセラー

    メンタル心理ヘルスカウンセラー
    日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)主催
    心理学の基礎知識、様々なストレスから起きる症状、また症状別の治療方法を十分に理解しており、カウンセラーとして活動するレベルに至っているとされた方へ認定される資格です。資格取得後はプロのカウンセラーとして活動することができます。
    メンタル心理ヘルスカウンセラー資格
  • 取得できる資格2

    メンタル心理インストラクター

    メンタル心理インストラクター
    日本インストラクター技術協会(JIA)主催
    カウンセリングという相談援助知識、カウンセリングに関わる倫理、インテーク面接 共感的理解、転移、適応機制、カタルシス、心理アセスメント、チーム医療、地域精神医療、ケースカンファレンス、来談者中心療法、指示的カウンセリングなどを十分に理解したと認められた方へ認定されます。資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。
    メンタル心理インストラクター資格

最短2ヶ月で
資格が取得できます!

諒設計アーキテクトラーニングの通信講座カリキュラムは、1日30分程度の学習で、初心者でも約6ヵ月で無理なくメンタル心理ヘルスカウンセラー資格講座を学ぶことができます。空いた時間を活用して、自分のペースでメンタル心理ヘルスカウンセラー資格講座に取り組みましょう。短期集中で頑張りたい方のために、最短2ヵ月でメンタル心理ヘルスカウンセラー資格を取得することもできます。
20,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます

心理カウンセラーを目指すなら資格取得がおすすめの理由

心理カウンセラーを目指すなら資格取得がおすすめの理由
ストレス社会といわれる現代において、心理カウンセラーの需要はますます高まってきています。心理カウンセラーになるには、心理学の知識とカウンセリングスキルが必要不可欠ですが、それらはどのようにして学べば良いのでしょうか。
ここでは、心理カウンセラーが求められる背景や、心理カウンセラーが活躍できるフィールドのほか、心理カウンセラーの資格を取得する方法などについて解説します。

心理カウンセラーが必要とされる理由

心理カウンセラーが必要とされる理由
現代は、心理カウンセラーがとても身近な存在になっています。仕事や人間関係などに悩みを抱え、「カウンセリングを受けたい」と考えている人も少なくありません。心理カウンセラーが求められる背景には、次のような理由が挙げられます。

現代社会ではストレスを抱える人が増加している

パソコンやスマートフォンが普及した現在は、テクノロジーの発達により、生活や仕事が非常に便利になりました。一方で、過度の緊張や不安からストレスを溜め込んでしまうケースが増えています。
仕事や恋愛、人間関係、金銭問題など、現代社会においてはほとんどの人が何らかのストレスを抱えているといっても過言ではありません。

メンタルケアの重要性が改めて見直されている

悩みを抱えながらも、医師の診察やカウンセリングを受けていない人は少なくありません。一人で悩みを抱えてしまうと周りもストレスに気付くことができず、うつ病や適応障害といった心の病につながってしまう可能性もあります。そのような事態を防ぐため、近年は企業や学校でも、心理カウンセラーによるメンタルケアの重要性が改めて見直されています。

大人だけでなく子供のケアも必要とされている

日常生活におけるストレスは、大人だけの問題ではありません。入学や進級、引越しなどによる生活の変化のほか、友人関係やいじめの問題などは、子供にとって大きなストレス要因になります。大人に比べて行動範囲や対人関係が限られている子供は、ストレスが深刻化しやすく、早い段階での適切なメンタルケアが求められているのです。

カウンセリング方法が多様化して身近になった

かつて、カウンセリングを受けるには、心療内科や精神科などの医療機関を受診するのが一般的でした。しかし最近では、民間のカウンセリングサロンが増えたことに加え、職場や学校でも心理カウンセラーに相談できるようになっています。さらに、電話やメール、チャットといったカウンセリング方法も多様化しており、受診に対するハードルが格段に低くなっていることも、心理カウンセラーが世の中に求められている要因と考えられるのです。

心理カウンセラーの資格保有者が活躍できるフィールドは?

心理カウンセラーの資格保有者が活躍できるフィールドは?
心理カウンセラーの資格保有者は、どのような場所で活躍しているのでしょうか。主に、次のようなフィールドがあります。

病院などの医療現場

心理カウンセラーは、精神科や心療内科、メンタルクリニックのほか、小児科や産婦人科、神経内科といった医療現場で活躍しています。その役割は、医師と連携をとりながら、心の病を抱えた人やその家族のメンタルケアを行うことです。加えて、医療従事者のメンタルケアを行うこともあります。

学校などの教育現場

学校で働く心理カウンセラーは、一般的に「スクールカウンセラー」と呼ばれます。カウンセリングは主に学校内の相談室などで行い、児童・生徒の心のケアや、子供のことで悩む保護者のサポートにあたります。

児童相談所、高齢者福祉施設などの福祉施設

児童相談所で活動する心理カウンセラーは、「児童心理司」と呼ばれる公務員です。児童心理司は、虐待やいじめに悩む子供や、子育てに不安を抱える保護者など、親と子の両方からの相談に対応します。
また、老人保健施設や精神保健福祉センターといった福祉施設では、施設利用者やその家族のメンタルケアを行います。

一般企業

企業内で働く心理カウンセラーは、「産業カウンセラー」と呼ばれます。多くの場合、企業内の相談室などで、社員のストレスチェックやキャリアに関するカウンセリングなどを行います。そのほか、メンタルヘルスに関する社内セミナーを担当することもあります。

民間のカウンセリングルーム

民間のカウンセリングルームは、仕事や人間関係、恋愛、家族の問題など、さまざまな悩みを抱えた人たちが訪れる場所です。世代や性別、立場の異なる人々からの相談に対して、適切に対応するためのカウンセリングスキルが求められます。

心理カウンセラーとして独立・開業

専門知識とスキルを身に付けた後に、独立して自分のカウンセリングルームを開く心理カウンセラーもいます。最近では、メールやチャットを使ったカウンセリングも人気を集めており、サロンなどを構えずに心理カウンセラーとして活動することも可能です。

心理カウンセラーの資格を取る方法は?

心理カウンセラーの資格を取る方法は?
心理カウンセラーになるために、必須となる資格はありません。そのため、資格がなくても心理カウンセラーを名乗ることは可能です。しかし、カウンセリングを行うには専門知識とスキルが欠かせないため、多くの心理カウンセラーは、何らかの資格を取得して活動しています。
心理カウンセラーに必要な知識を学ぶには、下記のような方法があります。

書籍などで独学する

心理学に関する専門書から、心理学やカウンセリングに関する基礎知識を学ぶことができます。ただし、一口に心理学といっても多くの分野があり、資格取得に必要な資料をそろえるのは手間がかかるかもしれません。また、目的とする資格の試験に向けては、別途勉強が必要になります。

大学や大学院で学ぶ

大学の心理学部や心理学科で学ぶと、心理カウンセラーに求められる専門知識を確実に習得することができます。そのほか、文学・教育学・社会学・人間科学系の学部でも、心理学や臨床心理学の専攻が可能な場合があります。臨床心理士など、心理カウンセラーの資格の中には、大学や大学院で学ぶことを必須条件としているものもあるため、確認が必要です。

専門学校や民間スクールに通う

専門学校や民間スクールでも、心理カウンセラーに関する勉強は可能です。スクールによっては、卒業生に向けて資格取得のサポートを行っている場合もあります。ただし、スクールに通うには、ある程度まとまった期間と費用が必要です。

通信講座で学ぶ

心理カウンセラーの資格の中には、通信講座で取得できるものもあります。通信講座なら、自宅で好きな時間に心理学を学ぶことができ、仕事や子育てなどで忙しい人でも無理なく資格取得を目指せるでしょう。通学に比べて費用もかからないので、初心者でも気軽に挑戦できます。

諒設計アーキテクトラーニングのメンタル心理ヘルスカウンセラーW資格取得講座を受講するメリット

諒設計アーキテクトラーニングのメンタル心理ヘルスカウンセラーW資格取得講座では、わかりやすい内容や隙間時間を活用できるカリキュラムなど、初心者でもスムーズに学習が進められるような工夫をしています。子育てや仕事をしながらキャリアアップを目指したい人も、通信講座なら自宅にいながら資格取得が可能です。

隙間時間で効率良く学べる

諒設計アーキテクトラーニングのメンタル心理ヘルスカウンセラーW資格取得講座は、初心者でも1日30分・約半年で修了できるカリキュラムになっています。仕事や子育てなどで忙しい人でも、隙間時間を活用して効率よく勉強を進めることができるでしょう。
さらに、学習ペースを速めれば、最短2ヵ月で資格取得を目指せます。通学も不要なので、「自分のペースで学びたい」「空いた時間を有効活用したい」という人におすすめです。

人間関係がスムーズになる

心理カウンセラーの資格を取得すると、相手の立場に立って、共感しながら話を聞く、傾聴スキルが身に付きます。相手の気持ちを考えながら話に耳を傾けることができ、職場やプライベートでも良好な人間関係を構築することが期待できるでしょう。

ビジネスの場で心理学の知識が役立つ

資格を通して学んだ知識は、心理カウンセラー以外の仕事にも役立ちます。例えば、営業や接客、マーケティングといった仕事のほか、職場でのマネジメントや人材育成など、人と関わるあらゆるシーンで心理カウンセラーのスキルを活かせます。取引先や顧客、上司、部下など、仕事上のコミュニケーションもスムーズに進められるようになるはずです。

プロのカウンセラーとして独立も可能

資格を取得後、さらにスキルを磨けば、心理カウンセラーとして独立することも可能です。自分のカウンセリングルームを開けば、悩みを抱える多くの人を、直接サポートすることができます。また、電話やメール、チャットでのカウンセリングを中心に、自宅で仕事をする心理カウンセラーもいます。

メンタルケアの専門職へのステップアップを目指せる

通信講座で心理カウンセラーの資格を取得し、メンタルケアへの興味が深まれば、さらに専門職へのステップアップも可能です。大学に通って臨床心理士などを目指す場合も、心理学の基礎知識が身に付いていれば、スムーズに学習を進められるはずです。

初心者におすすめ!メンタル心理ヘルスカウンセラーW資格取得講座で取得できる資格

諒設計アーキテクトラーニングのメンタル心理ヘルスカウンセラーW資格取得講座を受講し試験に合格すれば、「メンタル心理ヘルスカウンセラー」と「メンタル心理インストラクター」の2つの資格を取得することができます。
さらに、スペシャル講座なら、添削課題をすべてクリアしてから卒業課題を提出することで、試験免除で2つの資格の取得が可能です。

メンタル心理ヘルスカウンセラー

メンタル心理ヘルスカウンセラー
メンタル心理ヘルスカウンセラーは、日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)の認定資格です。心理学の基礎知識やストレスから起きる症状のほか、症状別の治療方法などを十分に理解している人が認定されます。

メンタル心理インストラクター

メンタル心理インストラクター
メンタル心理インストラクターは、日本インストラクター技術協会(JIA)の認定資格です。資格保有者は、心理学やカウンセリングに関する専門知識に加え、さまざまな医療知識も身に付けていることが証明されます。また、家族との関係性やサポート方法、社会復帰に向けた生活改善方法、支援制度などに対する理解を深めることも可能です。

心理カウンセラーの資格をキャリアアップにつなげよう

ストレス社会と呼ばれる現代において、心理カウンセラーに求められる役割はますます大きくなっていくでしょう。また、心理カウンセラーとしてのスキルは、カウンセリングだけではなく、職場や家庭、日常生活など、人と関わるあらゆるシーンで活かすことができます。
心理カウンセラーを目指す人はもちろん、営業や接客、マーケティング、マネジメントなどの仕事に携わっている人にも、資格取得は有利に働くはずです。一見難しそうに感じる心理学の知識も、通信講座を活用すれば、無理なく自分のものにすることができます。興味のある人は、諒設計アーキテクトラーニングで心理カウンセラーの資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

資格協会指定のスペシャル講座も用意
課題を提出するだけで
簡単に資格が取れる
資格協会指定の
スペシャル講座をご用意!

当スクール限定で各協会が指定するスペシャル講座を受講する事が出来ます。スペシャル講座では添削課題を全てクリアした後、卒業課題を提出する事と試験免除で「メンタル心理ヘルスカウンセラー」、「メンタル心理インストラクター」の2資格が講座卒業と同時に認定されます。すぐにでも資格を取得したい方、確実に資格を取得したい方にお勧めのコースです。
 通常の講座
通常の講座の流れ
「メンタル心理ヘルスカウンセラー」、「メンタル心理インストラクター」の試験をそれぞれ受験し、試験に合格することで資格が認定されます。
 スペシャル講座
スペシャル講座の流れ
課題を全てクリアし、コースを卒業すると試験免除となり、「メンタル心理ヘルスカウンセラー」、「メンタル心理インストラクター」の2資格が講座卒業と同時に取得出来ます。
20,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます

大丈夫!プロの監修を受けた教材です!

講座のテキスト、問題集や添削課題は すべてプロの先生によって監修されています。
初心者の方でも安心。自信を持ってお勧めできる内容となっております。
あーちゃん 先生
精神科クリニック勤務
1992年生まれ。静岡市出身。精神科クリニック勤務と学校のスクールカウンセラーを兼任しており、普段はカウンセリングや知能検査を実施している。

100%資格が取れる
スペシャル講座
がおすすめ!

当スクールのメンタル心理ヘルスカウンセラー講座には基本講座とスペシャル講座の2コースがあります。
費用を抑えたい方は基本講座を、すぐにでも資格を取得したい方、確実に資格を取得したい方はスペシャル講座を選べます。
  •  
    メンタル心理ヘルスカウンセラーW資格取得講座
    基本講座
    59,800
    分割 3,300円×20回(初回4,276円)
    受講期間
    6ヶ月
    (最短2ヶ月)
    添削
    5回
    受講証・受講マニュアル・完全攻略テキスト2冊・練習問題集/解答用紙・練習問題解答集・模擬試験/解答用紙・模擬試験解答集・添削課題/提出用解答用紙・質問用紙・封筒
    基本講座
  • 試験免除講座
    メンタル心理ヘルスカウンセラーW資格取得講座
    スペシャル講座
    79,800
    分割 3,800円×24回(初回3,891円)
    受講期間
    6ヶ月
    (最短2ヶ月)
    添削
    5回
    +
    卒業課題1回
    受講証・受講マニュアル・完全攻略テキスト2冊・練習問題集/解答用紙・練習問題解答集・模擬試験/解答用紙・模擬試験解答集・添削課題/提出用解答用紙・質問用紙・封筒
    メンタル心理ヘルスカウンセラー&メンタル心理インストラクター 卒業試験(提出にて資格認定)
    スペシャル講座
20,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます
動画でわかる!
メンタル心理ヘルスカウンセラー
資格
おすすめコラム

Official Sponsor

20,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます
無料資料請求
受講お申し込み