心理カウンセラー資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
どうすればいい?良好な人間関係を構築する方法
心理・カウンセラーの資格

メンタル心理ヘルスカウンセラーW資格取得講座

メンタル心理ヘルスカウンセラー

どうすればいい?良好な人間関係を構築する方法

学校や職場、近所づきあいなどでの人間関係の悩みを抱えているという方は少なくありません。誰もが良好な人間関係を築きたいと思っているものの、実際には非常に難しいもの。今回は良好な人間関係を構築するための方法をご紹介します。

どうすればいい?良好な人間関係を構築する方法
目次

01良好な人間関係を構築する基本

良好な人間関係がない場所はストレスがかかるものです。できればどのような場所であっても、よい人間関係を作り上げておきたいところ。良好な人間関係を構築するにはいくつかの基本的なポイントがあります。

1-1コミュニケーションをとる

当然のことですが、人間関係を築くためにはコミュニケーションが重要です。コミュニケーションがまったくない相手とは、どのような人間関係も築くことができません。
そのため、どのような方法であってもまず相手とコミュニケーションを取ることが必要です。

1-2相手の立場になって考える

良好な人間関係を築くためには、相手の立場になって考えることが必要です。
どのような人でも、それぞれの価値観を持っているもの。その価値観を尊重することが必要です。
簡単に言えば、相手と自分の価値観が違うということを前提にコミュニケーションを取ること。
そうすることで、相手を尊重するだけでなく、自分自身も大切に考え、ストレスを軽減することにもつながります。

1-3相手が不快に思う言動をしない

コミュニケーションの基本となるのは言葉のやりとりです。そのため、ひとつひとつの発言には慎重にならなければいけません。
人間関係が壊れてしまうときには、相手が不快に思う言葉を発しているかもしれません。
また、言葉だけでなく、態度や行動などにも注意しましょう。

1-4当たり前の思いやりが大切

良好な人間関係を構築するというと、非常に難しいことのように思えますが、基本となるのは当たり前の思いやりです。
まず相手を思いやることを第一に考えましょう。

02良好な人間関係を構築するポイント

それでは、良好な人間関係を構築するためには具体的にはどのように行動すればよいのでしょうか。

2-1積極的にあいさつをする

コミュニケーションは人間関係の基本ですが、そもそも他人とコミュニケーションを取るのが苦手という方もいらっしゃるかもしれません。
そんな方におすすめしたいのが「あいさつ」。あいさつ程度であれば、誰でも簡単に行うことができます。
特にちょっと苦手な人や上司などを相手にする場合、話しかけるのは難しいこともあります。そんなときにもあいさつなら簡単に行えます。
あいさつするときのポイントは、大きな声で、しっかり相手の顔を見てあいさつすること。小さな声の場合、相手に聞こえないこともあり、それではあいさつの意味がありません。
また、下を向いてあいさつしていては、誰に声を掛けているのか分からないということになってしまいます。
あいさつがきっかけになってコミュニケーションが始まることもあるため、しっかりと毎日のあいさつを行いましょう。

2-2苦手意識をもたずに会話する

どんな人でも苦手な人と言うのはいるものです。しかし、だからといって相手を避け続けていると良好な人間関係が築けないどころか、さらに相手との関係が悪化してしまうこともあります。
できるだけ苦手意識を持つことなく、相手との会話を行いましょう。
それまで苦手だと思っていても、話してみると意外と気が合ったり、共通の趣味が見つかったりということもあり、それをきっかけに友達になるという可能性もあります。
また、どんなにいやな人でも、話してみると良い部分がひとつぐらいは見つかるもの。
しっかり話をすることが良好な人間関係を築くことにつながります。

2-3聞き手になる、相手に喋らせる

人と話す機会は多いのに、どうしても良好な人間関係が築けないという場合、それは話の仕方に問題がある可能性もあります。
たとえば人の話を聞いているつもりで、実は自分ばかりが話している、どのような話でも自分の体験談や自慢話に持って行ってしまうという場合、話をしていてもコミュニケーションが成立していません。
良好な人間関係を築きたいなら、自分は聞き手となって相手にしゃべらせることが必要です。
どんな人でも、自分の話を聞いてくれる人が好きなもの。相手の話を聞くだけで、相手に好きになってもらう可能性も生まれます。

2-4give & giveの精神(見返りを求めない)

人間関係を築くときに重要になるのがgive & giveの精神です。人間関係は確かに仕事をスムーズにしてストレスを減らすことにつながるだけでなく、新たな人脈からビジネスが生まれることもあります。
しかし、見返りやメリットだけを求めて近づいてくる人は誰にも信用されません。
人とコミュニケーションを取るときは、見返りのことは考えず、相手を楽しませることを考えましょう。

2-5口角をあげる、笑顔で接する

コミュニケーションには言葉だけでなく、表情も重要になります。不機嫌な顔をしている人には誰だって声を掛けにくいもの。
そのため、人と話をするときには口角を上げて、笑顔で接しましょう。
笑顔が魅力的な人は誰にも好かれるもの。もし笑顔になれないという場合は、不機嫌な顔や怒っている顔を避けるようにしましょう。

03マイナスなイメージを与えないための注意点

自分ではきちんとコミュニケーションを取っているつもりでも、実は相手にマイナスのイメージを与えていることがあります。
では、どのような行動がマイナスのイメージにつながるのでしょうか。

3-1確証のないうわさ話は控える(ゴシップ)

相手と会話するときには、確証のないうわさ話は控えましょう。こういったうわさ話を広める人は非常に無責任な人だというイメージを抱かれてしまいます。
また、もしかすると自分のうわさ話をしているかもしれないとも考えてしまいます。
そのため、できるだけうわさ話は避けたほうがよいでしょう。

3-2時間やルールを守る(迷惑をかけない)

コミュニケーションを取るのは重要なことですが、忙しそうな相手に話しかけたり、帰る直前に声を掛けたりすると相手の迷惑になってしまいます。
話しかけるときには、時間やルール、タイミングを守りましょう。
そうしなければ、空気が読めない人、迷惑な人と思われて、そのうち周囲の人に避けられるようになってしまいます。

3-3批判や否定ばかりにならないこと

ときには仕事の愚痴をこぼすことはストレス解消に役立ちますが、そればかりになってしまうとちょっと困ったものです。
というのも、文句ばかり言っている人といつも一緒にいたいと思う人は少ないもの。たまには愚痴も結構ですが、そればかりにならないように注意しましょう。
また、誰かの批判をするときも注意が必要。文句ばかり言っているネガティブな人という印象を与える可能性があります。

04人間関係に悩んだ時の対処法

人間関係は非常に難しいもので、これまでご紹介したポイントをためしてみてもなかなか上手くいかないということもあります。
ではその場合、どう対処すればよいのでしょうか。

4-1ストレスを感じたら距離を取ることも大切

もしどれほど頑張っても人間関係が改善しないという場合、距離を取ることも大切です。
何よりも重要なのは自分自身。ストレスを感じる人間関係とは、できるだけ距離を置きましょう。

4-2どうしようもない時は仕事だからと割り切る

会社での人間関係は、基本的には仕事のためです。どうしようもないときには「仕事だから」と割り切りましょう。
もちろん、良好な人間関係を築くに越したことはありませんが、どうしようもないときには業務だけに集中して会話も最小限にとどめましょう。

05まとめ

人間関係の悩みを抱える人は多いものですが、ちょっとした行動で解決することもあります。もし人間関係に悩んでいるという方は、まず一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

20,000人以上が受講申し込みしている諒設計アーキテクトラーニングの通信講座
あなたも早速受講して、資格を取得しましょう!
あなたも資格取得へ!
諒設計アーキテクトラーニングの通信講座で最短資格取得
無料資料請求
受講お申し込み