ペットシッター資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
こんなトラブルに注意!ペットシッターと飼い主の間でよくあるトラブルについて
ペット・動物・生き物の資格

ペットシッターアドバイザーW資格取得講座

ペットシッターアドバイザー

こんなトラブルに注意!ペットシッターと飼い主の間でよくあるトラブルについて

ペットシッターの仕事をしているとトラブルに巻き込まれることもあります。中でも多いのが、飼い主さんとの間で起きるトラブル。今回はペットシッターと飼い主の間でよくあるトラブルについてご紹介します。

こんなトラブルに注意!ペットシッターと飼い主の間でよくあるトラブルについて
目次

01ペットシッターを利用するメリット

ペットシッターと飼い主さんとのトラブルの背景には、ペットシッターへのニーズが急上昇していることが挙げられます。では飼い主さんにとってペットシッターを利用することにはどんなメリットがあるのでしょうか。

1-1ペットホテルよりも良い点がある

急な出張や残業、旅行などでペットを預けなければならないとき、以前ならよく利用されていたのがペットホテルです。
ただし、最近ではペットホテルよりもペットシッターへ依頼するのが一般的になりつつあります。
というのも、ペットシッターにはペットホテルよりも優れた点が少なくないから。
ペットホテルの場合、ペットはどうしても慣れない環境で過ごさなければならず、不安に感じることがあります。特に周囲にたくさんの動物がいることで落ち着かず、それがストレスの原因にもなってしまいます。
さらに他のペットがいることで心配なのが感染症。ペットホテルを利用するためには、ワクチンの接種やダニやノミ対策などいくつかのルールがありますが、もしそれを守らない飼い主さんがいた場合、一緒に宿泊していたペットに病気が感染してしまうことがあります。

1-2ペットシッターは融通が利く

さらにペットシッターの場合、ペットホテルよりも自由で融通が利くというのも大きなメリットです。
まずペットシッターの場合、自宅でお世話をするのが基本になるため、送り迎えの心配がいりません。さらにペットホテルの場合には営業時間がありますが、ペットシッターにお願いするときには夜間でも早朝でもOK。さらに急なお願いでも、お世話を受け入れてくれることも珍しくありません。
それに加えて、サービス内容が柔軟に決められるというのもペットシッターの魅力。
日常の食事やトイレのお世話、散歩だけでなく、老犬の介護や子犬・子猫の預かり、緊急対応など、ペットホテルでは断られてしまうようなサービスもペットシッターによってはお願いできることもあります。
特に最近問題になっているのがペットの高齢化。高齢ペットの場合、視力や嗅覚なども衰えているだけでなく、投薬や通院といった特別なケアが必要なことも。そんなときでも、ペットシッターなら安心してお世話をお願いすることができます。

02ペットシッター利用時の飼い主の不安

このようにペットシッターは非常に頼もしい存在ですが、それでも飼い主さんにとって不安は消えないもの。
ペットシッターを利用するときの大きな不安としては、まず「どんな人が来るのか分からない」という点が挙げられます。事前に打ち合わせなどがない場合、お世話をお願いするときに初対面となることもあり、飼い主さんにとっては非常に強い不安を感じることに。
また、ペットシッターは家の中でお世話を行うものですが、飼い主さんが不在のときに他人に家に入られるため、セキュリティ面で心配になってしまうこともあります。
もちろん、ペットをきちんと世話をしてくれるのかといった点でも心配が残るもの。ペットの場合、言葉を話すことができないため、どのようにお世話をしてくれたのかは報告書などでしか知ることができません。
ペットを大切にしている人ほどこれらの不安は強く感じるもの。ペットシッターとして働くためには、これらの利用者の不安を解消するための工夫も必要になります。

03ペットシッターと飼い主の間でよくあるトラブル

できれば飼い主さんとのトラブルは避けたいものですが、それでも問題が起きてしまうことがあります。ではペットシッターと飼い主さんの間ではどのようなトラブルが起きるのでしょうか。

3-1お世話ができていない

ペットシッターと飼い主さんのトラブルの中でももっとも起こりがちなのがお世話に関するものです。
エサの食べ残しやトイレの汚れなど、期待していたお世話が十分にできていない場合、飼い主さんはどうしても不満を抱いてしまいます。

3-2ペットのケガ

ペットシッターと飼い主さんの双方にとって怖いのが、ペットがケガをしてしまうことです。ペットシッターはケガのないように十分注意してお世話を行いますが、それでも散歩中に飛び出してしまうといったことは起こってしまうもの。また、ペットに問題がなくても相手の不注意で事故が起きることもあります。

3-3不要なところまでの立ち入り、盗難

ペットシッターは飼い主さんの自宅でお世話をするもの。家の中には、飼い主さんにとって見られたくないものや入って欲しくない場所も少なくありません。もし実際に入っていなくても、そういった場所に入られたかもしれないと感じただけでもクレームになってしまうことも。
さらに大きな問題が盗難です。もし盗難が起きた場合、真っ先に部屋に入ったペットシッターが疑われることになってしまいます。

3-4トラブル回避には信頼関係を築くこと

ではこれらのトラブルを避けるためにはどうすればよいのでしょうか。
まず必要なのが、飼い主さんとの信頼関係を築くことです。
きちんと信頼関係を築くことができていれば、ほとんどのトラブルは事前に回避することができます。

3-5事前の打ち合わせと報告も重要

といっても、最初の利用で信頼を得ることは難しいもの。もし信頼関係を築く時間がないという場合には、事前の打ち合わせをしっかりと行うようにしましょう。
どのようなお世話をして欲しいのか、ペットの苦手なことはなにかといった基本的なことから、クセや性格、散歩のときの特徴まで、しっかりとヒアリングを行っておくことで、飼い主さんがどのようなことを望んでいるのか、どんなトラブルが起きる可能性があるのかなどを事前に知ることができます。また、その日にどんなことがあったのかなども細かく報告しましょう。

3-6鍵のかけ忘れ、リードを離さないなど、慎重な作業が必要

もちろん、部屋の鍵をかけ忘れたり、リードを離してしまったりなどのうっかりミスは厳禁です。
他人の大切なペットや自宅の鍵を預かっているということは常に忘れないようにしましょう。

04まとめ

ペットシッターと飼い主さんの間に起きるトラブルの多くは、事前の準備と慎重な行動で回避することができます。さらにペットシッターに関する資格を取得しておくと、飼い主さんからの信頼を得やすくなります。

20,000人以上が受講申し込みしている諒設計アーキテクトラーニングの通信講座
あなたも早速受講して、資格を取得しましょう!
あなたも資格取得へ!
諒設計アーキテクトラーニングの通信講座で最短資格取得
無料資料請求
受講お申し込み