ペットシッター資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
どの程度あるの?将来性は?ペットシッターの需要について
ペット・動物・生き物の資格

ペットシッターアドバイザーW資格取得講座

ペットシッターアドバイザー

どの程度あるの?将来性は?ペットシッターの需要について

飼い主さんが不在のときにペットのお世話をするペットシッター。職業としてペットシッターを目指す場合、気になるのが将来性です。今後、ペットシッターの需要はどのようになるのでしょうか。今回はペットシッターの需要についてご紹介します。

どの程度あるの?将来性は?ペットシッターの需要について
目次

01ペットシッターの需要

実はペットシッターの需要は最近になって急上昇しています。では、ペットシッター需要がアップしている背景にはどのような事情があるのでしょうか。

1-1ペットの飼育数

ペットシッターの需要を支えている大きな原因がペットの飼育数の増加です。現在では、ペットの飼育数は二十歳未満の人口を超えているほど。
さらに高齢化が進む中で、今後もペットの数はますます増えていくと考えられています。

1-2ペットシッターの需要増加の背景

ペットシッターの需要が増加している背景には、ペット自体の数が増えていることだけでなく、飼育環境の変化も関わっています。
以前であれば、ペットといえば家族が揃った家で飼育するというイメージでしたが、最近では一人暮らしの家でもペットを飼育することが増えています。
一人暮らしの場合、外出するとペットが一人で留守番をしなければならないため、ペットシッターの存在は必要不可欠。
また、高齢者世帯の場合には、散歩などが負担になることも多く、飼い主さんが在宅の場合でも散歩や食事の世話などをペットシッターに依頼するケースも増えています。
それに加えて問題になっているのがペットの高齢化。医療技術の進歩でペットの寿命は長くなっていますが、高齢化したペットのお世話は非常に大変なもの。老犬ホームなどもでき始めていますが、どうしても家庭での世話が中心となるため、専門知識を持ったペットシッターに高齢ペットの介護をお願いするという依頼も増加しています。
さらに、ペットの世話を行うペットホテルが減少、その結果、ますますペットシッターへの依頼が増えることにつながっています。

02ペットホテル減少の背景

以前はペットを預ける中心だったペットホテル。ではなぜペットホテルは減少しているのでしょうか。

2-1トリミングサロンと併設のホテルが減少

ペットホテルの中でも、特に減少傾向が強いのがトリミングサロンと併設されたペットホテルです。以前はトリミングサロンの多くにペットホテルが併設、多くの利用者を集めていました。しかし今では併設のペットホテルは廃止され、トリミングサロン専門店となっています。
これは住環境の変化が大きく関わっているといわれています。
最近の賃貸物件の多くは「ペット飼育可」。これはペットを飼う人が増えてきたことによるものですが、一泊程度であればほとんどのペットは一人で留守番が可能です。
そのため、ペットホテルの利用者は減少、トリミングサロンが専門家する一つの要因になっていると考えられます。

2-2ペットホテル利用者の減少

ペットホテルの利用者が減少していることに対しては、別の理由もあります。
まず、ペットホテルはペットにとっては大きなストレスになるということ。ペットにとって、普段と違う環境で生活するということはなかなか安心できないもので、ストレスによって体調を崩すことも珍しくありません。
さらに利用者にとっては、あらかじめワクチン接種やダニやノミの予防などを行わなければならず、急に利用しようとした場合にはあまり使い勝手がよくありません。
それに加えて、送迎を行わなければならない、ホテルの開店時間や閉店時間に合わせなければならないといった問題も、ペットホテル利用者の減少の一因となっています。

03ペットシッターのニーズの多様化

ペットの増加やペットホテルなどの減少によって、ペットシッターへのニーズは増加しています。さらに最近では、ペットシッターへのニーズは多岐にわたっています。

3-1旅行中の留守番サポート

ペットシッターへの依頼の中で、もっとも多いのが飼い主さん不在の場合の留守番サポートです。以前であれば、一人暮らしでペットを飼育することが少なく、ペットがいることで旅行を我慢するといったことも珍しくありませんでしたが、最近ではライフスタイルの変化によって、ペットがいても旅行を楽しみたいという飼い主さんも増え、それがペットシッターへの依頼増加につながっています。

3-2残業・出張による長時間留守番

飼い主さんのライフスタイルだけではなく、ペット自体も大きく変化しています。特に増加しているのが子犬や子猫、高齢化したペット。子犬や子猫、高齢ペットの場合、短時間であっても一人で留守番をさせることは難しいもの。
もし急な残業や出張で家に帰れないという場合、ペットシッターは非常に頼りになる存在です。

3-3飼い主の入院や通院による散歩代行

あまり考えたくはないことですが、飼い主さんが高齢の場合、突然入院しなければならないといった事態も起こり得ます。
また、定期的な通院が必要と言うケースも少なくないもの。
ペットシッターに対しては、こういったタイプの需要増加も見込まれています。

04まとめ

様々な社会的な変化からペットシッターの需要は増加中。今後もこの傾向は続くと考えられているため、ペットシッターは非常に将来性豊かな仕事ということができるでしょう。

20,000人以上が受講申し込みしている諒設計アーキテクトラーニングの通信講座
あなたも早速受講して、資格を取得しましょう!
あなたも資格取得へ!
諒設計アーキテクトラーニングの通信講座で最短資格取得
無料資料請求
受講お申し込み