ペットシッター資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
どうすればいい?ペットシッターになるための勉強方法について
ペット・動物・生き物の資格

ペットシッターアドバイザーW資格取得講座

ペットシッターアドバイザー

どうすればいい?ペットシッターになるための勉強方法について

ペットのお世話をするペットシッター。ペットシッターとして働くためには様々な勉強が必要です。ではペットシッターにはどのような知識が求められるのでしょうか。今回はペットシッターになるための勉強方法についてご紹介します。

どうすればいい?ペットシッターになるための勉強方法について
目次

01ペットシッターとは

ペットシッターとは、仕事や旅行など、どうしても飼い主さんが留守にしなければならない間、飼い主さんに代わってペットのお世話をする仕事です。一人暮らしの人がペットを飼うことが増えた今では、非常に需要が高いお仕事。さらに高齢者がペットを飼育する場合、急に入院しなければならないときなど、ペットシッターは非常に重要な役割を果たします。
そんなペットシッターですが、働くためには特別な資格は必要ありません。動物に関する知識や経験があればペットシッターとして働くことは可能。
ただし、資格を取得することは、飼い主さんの信頼や安心の材料となるため、顧客獲得につながることも。また、ペットシッター会社などに就職する場合には、有利に働くことも少なくありません。
また、自分でペットシッターとして開業する場合には、「動物取扱業者」として登録が必要。この場合でも、ペットシッターに関連する資格を取得しておくと、登録をスムーズに進めることができます。

02ペットシッターになるための勉強方法

特別な資格は不要ですが、ペットシッターとして働くためには様々な知識が必要です。ではペットシッターの勉強にはどのような方法があるのでしょうか。

2-1専門学校、通信講座

ペットシッターになるための知識を学ぶためにおすすめなのが、専門学校や通信講座での学習です。
専門学校や通信講座の場合、学習のためのカリキュラムが充実しているため、短期間で効率的な学習を進めることができます。
また、卒業や修了と同時に資格を取得出来る場合もあるため、本気でペットシッターになりたいと考えている方には最適です。

2-2独学

ペットシッターに関する知識を身につけたいという場合、独学で勉強するという方法もあります。
独学の場合、自分で教材を探さなければならないため、効率的に知識を身につけることが難しく、分からないことがあっても質問できないといったデメリットもありますが、自分の好きな時間にお金を掛けずにできるという点が魅力。
もちろん、資格を取得する場合には、試験を受ける必要がありますが、まずペットシッターがどんな仕事なのか知りたい場合や、ペットシッターに興味があるという方にとって、最初のステップとしてよい方法だと言えるでしょう。

03ペットシッターに必要な知識

ペットシッターというと、ペットのお世話をする仕事。そのため、動物が好きならすぐにできるというイメージを持っている方もいらっしゃいますが、実際には様々な知識が必要になります。

3-1ペット動物に関する幅広い知識が求められる

ペットシッターがお世話をすることが多いのが犬や猫。きちんとお世話をするためには、犬や猫に関する行動学の基本を知っておくことが必要です。
また、ペットシッターの元には様々な動物のお世話をして欲しいという依頼が持ち込まれるもの。特に犬や猫に次いで多いのがリスやハムスターなどの小動物です。これらの小動物は犬や猫とは異なった特徴があり、当然お世話の仕方も異なります。そのため、ペットシッターになるためには小動物の生態についても詳しく知っておく必要があります。
さらに必要なのがペットの病気についての知識。ペットの病気の中には、命に関わるものも多いため、ペットの行動や状態から、すぐに病気の兆候を発見することが必要。その他にも、人間とペットの両方に感染する「人畜共通感染症」などについてもしっかりと学んでおく必要があります。

3-2子猫や子犬の世話、老犬介護に関する知識

ペットの中でも特に注意が必要なのが子犬や子猫、高齢のペットです。
子犬や子猫の場合には、常に誰かが世話をしてあげなければ生きていくことができません。身体も小さいため、ちょっとした変化で病気になることも多いもの。そのため、どのような世話が必要なのかをしっかり知っておくことが求められます。
また、最近増加しているのが高齢のペット。ペットに対する医療技術の進歩から、ペットの寿命は長くなっていますが、それと同時にペットに対する介護を行う機会も増えています。
高齢のペットの場合、目や耳の衰えや食欲の減退、認知症など様々な対応が必要になることもあり、専門の知識を身につけておくことが必要です。

3-3魚類や両生類など水生生物の飼育管理

ペットシッターの場合、犬や猫だけでなく、魚類や両生類など、水生生物のお世話をする機会も多いもの。水生生物の場合には水や温度の管理も重要になるため、ある程度の基礎知識は知っておくことが必要です。
その他にも、爬虫類や鳥類といった動物に関わることもあるため、あらゆる動物について学ぶ姿勢も重要になります。

3-4ペットシッターと同時にトリミングやしつけトレーニングを行う場合には

会社によっては、単なるお世話だけでなく、簡単なトリミングやしつけのトレーニングのサービスを提供することがあります。
これらの知識もペットシッターにとっては必要なものです。

04まとめ

ペットシッターは様々な動物を相手にするお仕事。さらに必要なサービスも年々増加しています。ペットシッターには、常に新しい知識を学ぶことが求められています。

20,000人以上が受講申し込みしている諒設計アーキテクトラーニングの通信講座
あなたも早速受講して、資格を取得しましょう!
あなたも資格取得へ!
諒設計アーキテクトラーニングの通信講座で最短資格取得
無料資料請求
受講お申し込み