ファスティング資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
ダイエットに最適!プチ断食のやり方と効果
講座コラムの資格

ファスティングソムリエW資格取得講座

ファスティングソムリエ

ダイエットに最適!プチ断食のやり方と効果

美容や健康に効果が高いといわれる断食。女性の中には試してみたいという方も多いのではないでしょうか。断食の中でも、特におすすめなのがプチ断食です。今回はプチ断食のやり方や、効果についてご紹介します。

ダイエットに最適!プチ断食のやり方と効果" alt="ダイエットに最適!プチ断食のやり方と効果">

01プチ断食とは?

「断食」というと、ハードな修行というイメージですが、プチ断食は初心者でも取り組みやすい断食です。

1-1半日から3日だけ行う短期間の断食

「プチ断食」は短期間だけ食物の摂取を絶つという断食の方法です。期間は様々で、半日から三日程度でもOK。
「半日で効果が出るの?」と思うかもしれませんが、普段の食生活が乱れている、食べ過ぎの傾向があるという人の場合、たった半日でも十分な効果を実感することができます。

1-2気軽に断食の効果をえることができる

プチ断食のメリットは、手軽に取り組むことができるということ。平日は会社で働いているという人の場合、身体を整えるためには週末の限られた時間しか使うことができませんが、プチ断食なら週末だけでも十分。気軽に取り組み、同時に断食の効果を得ることができます。

1-3本来の消化吸収機能を取り戻す目的

修行などで行われる長期間の断食は、瞑想など精神的な目的で行われるのが多いもの。しかし、プチ断食の場合、目的は大きくことなります。
プチ断食では、疲れた胃腸などを休ませて、本来持っている消化吸収の機能を取り戻し、断食が終わったあと、よりスムーズに胃腸を働かせるということが大きな目的になります。

02プチ断食の効果

誰でも簡単に取り組むことができるプチ断食。しかし、その効果には様々なものがあります。

2-1不眠不休の胃腸を休ませる

プチ断食のもっとも大きな効果は「胃腸を休ませることができる」ということです。たとえば、年末年始などのパーティシーズンの場合、飲み会などが続くとどうしても胃腸に疲れを感じてあっさりしたものが食べたいと思うもの。
これは身体の正常な反応ですが、実は私たちの普段の食生活でもこれと同じことが起きています。
というのも、朝昼晩と三回の食事を取るだけでも、胃腸は常に働き続けている状態。さらに夜遅く食べる習慣がある人の場合では、眠っている間も胃腸は休むことができなくなります。
これは胃腸にとっては非常に辛い状態。しかし、一日三回食事を取るということが習慣になっているため、私たちは胃腸が悲鳴を上げていることになかなか気づくことができません。
そんな場合にプチ断食を行うと、胃腸はその間、消化や吸収を行う必要がなくなるため、しっかりと休息を取ることができます。

2-2腸内環境を整える

プチ断食には、腸内環境を整えるという効果もあります。
腸は消化された食べ物から栄養を吸収し、老廃物を排出するために非常に重要な部分。しかし、普段から働きすぎている場合、どうしても本来持っている能力を発揮できなくなってしまいます。
その結果、腸内環境は悪化、必要な栄養素を取り込めなくなるだけでなく、老廃物を排出することができなくなります。
しかしプチ断食を行うと、それ以上食べ物が入ってこなくなるため、腸はまず老廃物の排出に力を集中することができます。
その結果、便秘が改善するなどのデトックス効果はもちろん、蓄えていた脂肪をエネルギーに変えることでダイエットの効果を得ることもできます。
また、腸内環境は脳にも大きな影響があるもの。
プチ断食によって腸内環境を改善することで、精神的にも安定し、より健康な心と身体を手に入れることができます。

2-3内臓を活性化させる

普段、「お昼の時間だから」とお腹も減っていないのに食事を取っている人の場合、どうしても内臓の機能が低下してしまいます。また、食べているうちについつい食べ過ぎてしまうということも少なくありません。
そんな人でもプチ断食を行うことで、正常な食欲を回復して、内臓機能を活性化させることができます。
また、摂取しているエネルギーが多すぎる場合、どうしても身体の中のカロリーがあまりがちになってしまいますが、プチ断食でお腹を減らすと、代謝がアップ、体内の血流量なども向上して、冷え性などの改善につながります。

あなたも資格取得へ!
諒設計アーキテクトラーニングの通信講座で最短資格取得

03プチ断食の基本のやり方

女性にとって様々な効果があるプチ断食。では、プチ断食は具体的にはどのように行えばよいのでしょうか。

3-1プチ断食中は水分のみ、固形物は口にしない

プチ断食中は、基本的には固形物は口にしません。ただし、水分なら摂取してもOK。
本格的な断食の場合、食べ物だけでなく水も飲まないというものがありますが、プチ断食の場合、修行ではないため、水分は積極的に摂取することがすすめられています。
ただし、摂取する水分は、水やミネラルウォーターが基本です。
野菜ジュースや砂糖が入った清涼飲料水は避けた方がよいでしょう。
また、お茶やコーヒーなども胃腸に負担を掛けることがありますので、こちらもプチ断食中はストップしましょう。

3-2準備期間、プチ断食日、復食期間の3ステップ

プチ断食で重要なのは、しっかりと準備をすることと、回復期間を取ることです。
プチ断食の目的は、胃腸を休めること。そのため、プチ断食を始める前の日の夕食は軽めにしておくと効果がアップします。
また、プチ断食に備えて少しずつ食事の量を減らしていくのも効果的です。
プチ断食の日は、食べ物は我慢。水だけで過ごしましょう。
さらにプチ断食を成功させるため、重要なのが回復期間。
短期間のプチ断食とはいえ、お腹の中が空っぽになっている状態で急に普通の食べものを摂取すると、余計に胃腸に負担がかかります。
断食の翌日は、重湯やおかゆ、具のない味噌汁などから始めて、ゆっくりと普通の食事に戻していくとよいでしょう。

04いろいろなプチ断食

一日水だけで過ごすのがプチ断食ですが、どうしても我慢できないという人のために、様々なプチ断食の方法があります。

4-1半日断食

断食なんて絶対できない、準備や回復のために使える時間がないという人におすすめなのが「半日断食」です。
半日断食はプチ断食の中でも最も手軽な方法。断食をする自信がないという人にもおすすめです。
プチ断食の方法は、半日だけ断食するということ。具体的には、朝と昼を抜く、夜だけを抜くという方法があります。目安となる時間は約18時間。
この程度の時間でも、消化や吸収に当てられていたエネルギーが老廃物の排出や代謝などに使われるため、十分に効果を実感することができます。

4-2限られた飲食物だけを食べながらおこなうプチ断食

プチ断食の中には、「限られた飲食物だけを食べながらおこなう」というものもあります。
この方法の場合、飲食物を摂取しているため、完全な断食に比べると効果は低下しますが、なによりも取り組みやすいというのが大きなメリット。
その場合、おすすめは「りんご」だけを食べる方法。りんごにはビタミンやミネラル、食物繊維も豊富でなにより低カロリー。
ひとつだけでも満足感を得られるため、どうしても食べたい人のプチ断食に最適です。

4-3炭酸水やグリーンスムージーでプチ断食

手軽なプチ断食の方法として、炭酸水やグリーンスムージーだけは摂取してもよいというものもあります。
炭酸水やグリーンスムージーなら満足感も高く、失敗することもありません。また、胃腸に対する負担も少ないため、まず断食を試してみたいという方にはおすすめです。

05まとめ

簡単に取り組めて効果の高いプチ断食。ただし、体力がない人や体調を崩している人、妊娠中の人の場合、十分に気を付けて行いましょう。

20,000人以上が受講申し込みしている諒設計アーキテクトラーニングの通信講座
あなたも早速受講して、資格を取得しましょう!
あなたも資格取得へ!
諒設計アーキテクトラーニングの通信講座で最短資格取得