ハンドメイド資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
講座の特徴
手芸・クラフトの資格

ハンドメイドマイスターW資格取得講座

ハンドメイドマイスター

初心者からでも大丈夫!
在宅でハンドメイドマイスターの資格が取れる人気講座!

ハンドメイドマイスターW資格取得講座
講座の特徴
講座の特徴
  • メンタル心理ヘルスカウンセラー
  • ハンドメイドマイスターW資格取得コースは、「初心者でも簡単に、実用的なモノを作る」ことを一番の目的としている講座です。「ハンドメイドに興味を持っているけど何から始めれば良いのか分からない」という方にオススメの講座です。
  • 動画でわかる!
    ハンドメイドマイスター
    資格
20,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます

2つの資格を同時取得できる!
本講座は講座を学ぶと同時に資格対策にもなるカリキュラムを採用しています。講座で学ぶ内容は 日本デザインプランナー協会(JDP)の「ハンドメイドマイスター」、 日本生活環境支援協会の「手芸アドバイザー」 それぞれの資格試験対策としても有効です。

  • 取得できる
    資格その1
    ハンドメイドマイスター
    ハンドメイドマイスター
    日本デザインプランナー協会(JDP)主催
    ある一定以上の水準の各種クラフトやハンドメイドの創作スキルを所持する人へ認定される資格です。資格取得後は講師活動など、資格を活かした活動が可能です。
  • 取得できる
    資格その2
    手芸アドバイザー
    手芸アドバイザー
    日本生活環境支援協会主催
    手芸アドバイザーとは、クラフトに関するカーピング、ギャザーなどの様々な知識、技術を理解していることを認定する資格です。。
最短2ヶ月で資格が取得できる!
  • 最短2ヶ月で資格が取得できる
  • スペシャル講座なら簡単100%資格取得
    好きな時間に自分のペースで学べ、進め方次第で最短2ヶ月で資格を取得することができます!
    また当スクールでは各協会が指定するスペシャル講座を受講する事ができ、添削課題を全てクリアした後、卒業課題を提出する事と試験免除で「ハンドメイドマイスター」「手芸アドバイザー」 の2資格が講座卒業と同時に認定されます。すぐにでも資格を取得したい方、確実に資格を取得したい方は当スクールでの受講がピッタリです!

諒設計アーキテクトラーニングは
ここが違う!
通学より効率的な完全個別指導、専属講師による回数無制限の学習サポートなど諒設計アーキテクトラーニングならではの学習サポートにより、資格を取得する方の学習を全面的にサポートし、確実に資格を取得できるようお手伝いいたします。

  • 信頼と実績の通信講座!
  • 受講申込み20,000人以上!
数多くの卒業生から当スクールの通信講座を選んで良かったとのお言葉を頂いています!
  • 全ての講座が完全初心者対応!
    全ての講座が完全初心者対応!
    講座では初心者でも基礎から実践、更に応用まで1つずつ確実に学習できるカリキュラムを取り入れています。実用的なプロの知識を確実に覚え、また同時に資格取得対策にもなるので、効率的で無駄の無い学習が可能です。1つ1つの講座・学習カリキュラムは、その道のプロが手掛けたもので、毎年多くの資格試験合格者を出す実績を持っています。
  • 1日30分でOK!効率的に無駄なく学べるカリキュラム
    1日30分でOK!
    効率的に無駄なく学べるカリキュラム
    講座は1日30分のゆっくり学習ペースでも着実に資格取得が目指せる内容となっているので、日々の空いた時間を使って勉強するだけで資格取得が目指せます。また、ハイペースで学習した場合は最短1ヶ月~2ヶ月程の短期間で資格取得を目指すことも可能です。自分にあったペースで学習可能なのが当スクールの人気の秘密です。
  • 完全個別指導で、納得いくまで学習!
    完全個別指導で、納得いくまで学習!
    受講生一人一人に専門スタッフが付き、受講生一人一人の学習ペースに合わせた学習のサポートやアドバイスをさせて頂きます。学習の途中でわからない事があれば何度でも、質疑応答無制限で応対致しますのでつまずく事無く安心して進める事が出来ます。
  • 入学金無料。教材費込みの低価格受講料設定
    入学金無料
    教材費込みの低価格受講料設定
    通学にしても通信教育にしても、技術を身につけようと思ったときに壁となる受講料。当スクールでは低料金設定を心掛け、入学金も無料です。
20,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます

ハンドメイドの作り方

ハンドメイドの作り方

ハンドメイドには様々な種類があり、当然何を作るかによってその工程も変わりますが、共通する手順として最初に行うのは道具や材料を用意することです。ティッシュカバーやクッションを作りたいと思ったら、布と糸、ミシンを使うならミシンも必要ですし、飾りを付けるならビーズなどの小物も必要になります。編んで何かを作る場合は、糸とかぎ針や編み棒が必要ですね。布や糸を自分好みの色に仕上げたいと思った場合は、染料も事前に用意しておかなければいけません。作り手のスキルにもよりますが、作り方の細かな指南書や型紙があると便利です。
そして材料や道具の準備が完了したら、いよいよハンドメイドを開始します。布を型紙に沿ってカットしたり、布を染めたりするところから進めていきましょう。ハンドメイドを始めたばかりの方なら、なるべく単純な形で、工程が少ないものから挑戦していくことをおすすめします。慣れてくると、細かな作業や複雑な編み方、縫い方も楽にできるようになります。
作業は仕上がりを考えながら、縫い代や編み終わりを丁寧に処理することも大切です。特にオブジェを作る時や、ステッチで柄を入れる時は、見た目が綺麗であることも求められますから、焦らずじっくり作り進めていきましょう。

手芸について

手芸について

手芸というのは、裁縫や刺繍、編み物を創作することを指す言葉です。ポーチやブックカバーなど小さなものからカーテンなどの大きな作品、カメラのストラップ、小物トレイ、モービルといった様々なものを作ることができます。材料や道具さえ集めてしまえば、後は室内で作業できるので、老若男女問わず、誰もが楽しめるものです。
作り方や素材については特に決まりがあるわけではなく、作りたいものや作りたい柄によって、縫ったり編んだり適した方法を選んで行います。どんなものを作るにしても、細部まで自分好みに作り上げることができるので、市販のもので中々思い通りの商品が見つからない、と思っている人にこそ向いている実用的な趣味ともいえるのです。
最近ではハンドメイド作品を、インターネットを通じで販売する活動も盛んになっており、より本格的なものを作りたいと考える人も増えてきました。確かに手芸と言えばある程度知識や技術が必要なものですが、もし誰かに使ってもらいたい、そう思ったら、自分で使う以上に綺麗に仕上がっている必要があります。
手芸に関する基本的な知識から応用まで幅広い手法を身につけておけば、将来的に商品を販売したいと思っている人や手芸教室を開きたいと思っている人、趣味をもっと楽しみたいと思っているすべての人の役に立つことは間違いありません。

20,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます
無料資料請求
受講お申し込み