ハンドメイド資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
レジンクラフトに挑戦してみませんか
手芸・クラフトの資格

ハンドメイドマイスターW資格取得講座

ハンドメイドマイスター

レジンクラフトに挑戦してみませんか

最近、アクセサリーや小物を手作りしてフリーマーケットやネットで販売することが流行っています。また、販売目的ではなくても、なかなか自分の思うようなアクセサリーがない、欲しいけど高くて手が出せないなどの理由から、自分用に手作りしている人も少なくないと思います。
そんな中、少し前からプラパンやレジンアクセサリーが流行っているのをご存知ですか?

レジンクラフトに挑戦してみませんか
目次

01レジンクラフトに挑戦してみませんか

最近、アクセサリーや小物を手作りしてフリーマーケットやネットで販売することが流行っています。
また、販売目的ではなくても、なかなか自分の思うようなアクセサリーがない、欲しいけど高くて手が出せないなどの理由から、自分用に手作りしている人も少なくないと思います。
そんな中、少し前からプラパンやレジンアクセサリーが流行っているのをご存知ですか?
プラパンはみなさん小学生のころ学校で流行って作ったことがあると思います。
薄いプラスチックのシートに絵を描いて、電子レンジで焼くとギュッと小さくなりペラペラだったシートが固く固まります。
自分の好きな絵を描いて、好きな形に切り取ることができるので、自分だけのアクセサリーを作ることができると、最近また流行り始めているようです。
そしてもうひとつ人気なのが、レジンクラフトです。
手作りが好きな方はもうすでにご存じだと思いますが、紫外線に当てると固まる樹脂を使います。
トロッとした透明の樹脂を好きなフレームや型に流し込み、太陽の光や専用のUVランプで固めます。
何回かに分けて固めることで立体感のあるものが作れるため、プラパンよりもより自分スタイルのものが作れます。
自分だけのアクセサリーを作ってみたいけど、難しそうだなと思ってためらっている方がたくさんいると思います。
そこで今回は、レジンアクセサリーの作り方をご紹介したいと思います。

02まずは材料集めから

何かを始めるにはまず材料を集めなければいけません。
レジンをするのに必要なのは下記の通り。
ちょっとわかりづらいですが、絶対に必要なのはUVレジン液のみ。
あとは自分のイメージする作品に必要な材料を集めたら大丈夫です。
そして、肝心のUVランプですが、実はこれもなくてもOK。
レジン液は太陽光でも固まります。なので、レジンをやってみたいけど、続ける自信がない方は、天気のいい日に太陽の光を利用して固めてみてください。ただし、時間がかかるのでそこだけは注意してくださいね。
写真の材料、ほとんど100円ショップで購入できます。あとは手芸屋さんやネットでも購入できるので探してみてください。
では、さっそく作っていきましょう!
まずはレジンを流し込むフレームに合わせて、背景となるシートを切り取ります。
次にレジンを流し込みます。
まずは薄く流し込むのがポイントです。ここでフレームの厚みスレスレまで入れてしまうと、間にラメやビーズを入れられず立体感が出せなくなってしまいます。
レジンを流し込んで気になるのが気泡です。これは爪楊枝など潰していけばきれいになります。
そしてここで一度レジンを固めます。
UVランプを使えば3〜5分程度。太陽光で固める場合は天気によりますが30分程度でしょうか。
爪楊枝でツンツンと表面を触ってみて、固まっていたらOKです。
固まったら表面にラメをかけます。見ての通り、飛び散ります。注意してくださいね。
そしてさらにレジン液を流し込みます。
この時、爪楊枝でレジン液とラメを混ぜ合わせ、自分の好きな具合にアレンジしてみてください。
暗い宇宙空間を表すためにラメを全体に広げてもよし、天の川のようにしてみてもいいですね!
うまい具合にラメを配置できたら固めます。
何度かレジ液の流し込み、固めるを繰り返します。ラメを入れるか入れないかは自分次第。
もちろん、ラメだけじゃなくビーズやスパンコールをいれても星のように見えて綺麗だと思います。
この作業を何度か繰り返し、最終的にはフレームスレスレまで液を流し込み固めます。
最後に表面がぷっくりなるようにレジン液を流し込み、さらにピンセットを使って石を飾ります。
ここで一番気をつけるところはレジンが流れ出ないように注意することです。できるだけぷっくりしているほうが綺麗ですが、あまり液を入れすぎると表面から流れ出てしまいます。石を置くことを考えながら、そ〜っと流しいれてくださいね。
うまく石を置けたら最後にもう一度固めます。
最後は少し長めに光にあてましょう。表面をしっかり固めてツルツルに仕上げるためには、10分から15分くらいでしょうか。時々表面を触ってみて、納得のいく仕上がりになるまでしっかり光にあててください。
これで完成です。
あとは、ストラップやペンダントトップなど、用途に合わせて紐などに通せば出来上がり!!
簡単なものだったら、しっかり集中してやれば、だいたい1時間程度でできますよ。
ぜひやってみてください。

20,000人以上が受講申し込みしている諒設計アーキテクトラーニングの通信講座
あなたも早速受講して、資格を取得しましょう!
あなたも資格取得へ!
諒設計アーキテクトラーニングの通信講座で最短資格取得
無料資料請求
受講お申し込み