レジンアートデザイナーW資格取得講座
レジンアクセサリー 作り方 作品

レジンアート

初心者から始めるレジンアート。
W資格取得だって可能。

人気の通信教育講座1位に選ばれました。
今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!

UVレジンの扱い方から
レジンアート作成の様々なテクニックまで。

レジンアクセサリー

レジンアートデザイナーW資格取得講座、レジンアートデザイナーW資格取得スペシャル講座では、UVレジンの扱い方、レジンアートに必要な道具やその使い方、レジンアート作成における様々なテクニックを学べる講座です。
テキストのレシピに沿ってレジンアートを練習でき、また「質疑応答無制限」のサポートもありますので初心者の方でも安心して受講することができる内容となっています。

「レジンアートデザイナー」、
「レジンアクセサリークリエイター」の2資格同時取得可能!

本講座はJDP(日本デザインプランナー協会)主催の「レジンアートデザイナー」、日本インストラクター協会(JIA)主催の 「レジンアクセサリークリエイター」 の2資格に対応しています。

資格1レジンアートデザイナー
JDP(日本デザインプランナー協会)主催

レジンアクセサリー

日本デザインプランナー協会(JDP)主催。
自分のイメージしたものを形にすることができ自分好みにデザインしたオリジナルのレジンが作れるレベルに達成した方に認定されます。

資格2レジンアクセサリークリエイター
JIA(日本インストラクター協会)主催

レジンアクセサリー

日本インストラクター協会(JIA)主催。
レジンの基礎から理解し、手作り方法を完璧にマスターし応用する事が出来た方に贈られる資格となっています。

試験免除で資格が取れる!
資格協会指定のスペシャル講座も用意!

レジンアクセサリー

当スクール限定で各協会が指定するスペシャル講座を受講する事が出来ます。スペシャル講座では添削課題を全てクリアした後、卒業課題を提出する事と試験免除で「レジンアートデザイナー」「レジンアクセサリークリエイター」の2資格が講座卒業と同時に認定されます。すぐにでも資格を取得したい方、確実に資格を取得したい方にお勧めのコースです。

通常の講座

自身で受験し、試験に合格する事で資格取得

レジンアクセサリー

「レジンアートデザイナー」「レジンアクセサリークリエイター」の試験をそれぞれ受験し、試験に合格することで資格が認定されます。

スペシャル講座

卒業課題を提出する事で、卒業と同時に資格取得

レジンアクセサリー

添削課題を全てクリアした後、卒業課題を提出すると試験免除となり、
「レジンアートデザイナー」「レジンアクセサリークリエイター」の2資格が講座卒業と同時に認定されます。

卒業後は自分だけのレジンアートに挑戦!
資格を活かして副業も!

レジンアクセサリー

講座卒業後、学んだ知識を活かして自分だけのレジンアートを作ってみましょう!
副業として自分のレジンアートを販売している卒業生も少なくありません。
また、インストラクター資格である「レジンアートクリエイター」の資格を活かして講師活動などもできるようになります。

レジンアクセサリー講座紹介

レジンアートデザイナーW資格取得講座
初心者からでもOK。レジンアートの基本から様々なテクニックをマスター。
レジンアクセサリー教材

受講証、受講マニュアル、完全攻略テキスト、練習問題集/解答用紙、練習問題解答集、模擬試験/解答用紙、模擬試験解答集、添削課題/提出用解答用紙、質問用紙、封筒

期 間6ヶ月(最短2ヶ月)添 削5
受講料一括 59,800円 分割3,300円×20回(初回4,276円)
レジンアートデザイナーW資格取得スペシャル講座
試験免除講座100%2資格取得!!資格を活かした活動がしたいアナタに!
レジンアクセサリー教材

受講証、受講マニュアル、完全攻略テキスト、練習問題集/解答用紙、練習問題解答集、模擬試験/解答用紙、模擬試験解答集、添削課題/提出用解答用紙、質問用紙、封筒、卒業課題

卒業試験 レジンアートデザイナ-、レジンアクセサリークリエイター卒業試験(提出にて資格認定)

期 間6ヶ月(最短2ヶ月)添 削5回 卒業課題+1回
受講料一括 79,800円 分割3,800円×24回(初回3,891円)

レジンアートデザイナー講座内容

レジンを作るために/UVレジンとは/UVレジンの使い方/UVレジンと必要道具/UVレジンと便利道具/レジン作品の形を作る/UVレジンをカラフルにする//UVレジンに封入する/UVレジンをそのまま使う方法/フレームを使った基本テクニック/UVレジン用のフレームを自作する/シリコン型を使った基本テクニック/UVレジン用の型を自作する/ミール皿を使った基本テクニック/UVレジンでコーティングする/プラバン+UVレジンのテクニック/粘土+UVレジンのテクニック/作品をアクセサリーにしたい時/アクセサリーパーツのつけ方/レジンを作る難易度/ミニボトルのキーホルダー難易度/文字入りのネックレス難易度/ビーズ入りのネックレス難易度/押し花フレームピアス難易度/クローバーのチャーム難易度/マニキュア色ネックレス難易度/写真入りアクセサリー難易度/リバティ入りアクセサリー難易度/ビスケットのキーホルダー難易度/押し花のバッジ難易度/マスキングテープのリボン難易度/よくある失敗例 失敗しないためには難易度/天然石とパールのバッジ難易度/星のネックレス難易度/花付きアクセサリー難易度/カラフルゼリーのマグネット難易度/デコパージュペーパーミラー難易度/ドライフラワーアクセサリー難易度/懐中時計型キーホルダー難易度/切手イラストのキーホルダー難易度/よくある失敗例 失敗しないためには難易度/ステンドグラス風チャーム難易度/さくらんぼのイヤリング 難易度/きらきらジュエル/よくある失敗例 失敗しないためには/UV/硬化/アクセサリー/紫外線/レジンアクセサリー樹脂/レジンアクセサリー作品/レジンアクセサリー販売/材料/素材/着色/ライト/チャーム/レジンアクセサリー作り方/レジンアクセサリー手作り/雑貨/エポキシレジン/ピアス/オリジナル/照射/制作/クリア/デザイン/ネックレス//道具/uv/用品/レジンアクセサリーアイデア/工具/接着/クラフトレジン/品質/リア/レジンクラフト/太陽光/レジンアクセサリー/レジンアクセサリー手芸/ランプ/レジンアクセサリー初心者

3年連続口コミ評判ランキング1位を獲得した人気の通信教育!!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!

レジンアクセサリーについて

手芸の中でも、実用と趣味、時には販売でも活用できるオリジナル・アクセサリーとして近年、様々な人がレジン・アクセサリーを制作しています。「型」と材料さえ揃えば、自宅で空いた時間に取り組める素敵な趣味として、あるいはクリエイターとしても普及しているのがレジンアクセサリーです。 液体やその中間物質を混合して生成する「樹脂」のことを、総じて「レジン」と呼びます。取材と硬化剤に分けられ、この2つを等量、あるいは主剤に硬化剤を混ぜることで固化する、小さなパーツや模型、アクセサリーなどを制作する素材として古くから活用されています。 レジンで最も普及しているのが、「エポキシ系」で、これは接着剤でも応用される透明な液体で主剤と硬化剤を等量混ぜて硬化させるタイプが主流です。透明なタイプを使用して着色したり、あるいは内容物を加えたりしてアクセサリーなどを制作します。エポキシ系は劣化しやすいのが難点で、鮮度が非常に重要となります。 次に今使われているのが、UVライトを照射して硬化させるタイプのレジンです。扱いが簡単で硬化は紫外線を使うので、非常に扱いやすいのが特徴です。UVレジンはネイルサロンなどで、人工的なつけ爪で利用されることが非常に多いです。他にはウレタン系のレジンもあり、こちらは硬化が非常に早いのが特徴となります。 必要なものの基本は、レジンの種類によっても若干変わりますが、初心者であればシリコン製の「型」を購入するのが最もカンタンです。容器の種類も豊富で、キッチン用品でシリコン製であれば活用できる場合もあります。 他には、ペンダントやオーナメントの土台となるミール皿などで、こうしたものは手芸店や、アクセサリー用品店で入手することが可能です。またシリコンを自分で作るような本格的なケースでは、石膏や粘土、シリコンの主剤や硬化剤なども必要となります。 宝石や貴金属とは違って、手軽に自由な整形が可能なレジンアクセサリーは、ネイルサロンでもクリアエイターとして活躍する人が存在するほどです。材料費が安く、しかも手軽な点では趣味にし易い分野でもあります。

レジンの作り方

レジンアクセサリーは誰でも手軽に出来る点は良いのですが、作り方には幾つかのコツと注意点があります。最近では100均ショップでも、簡単なレジンキットが市販されています。作れるアクセサリーに大きさの制限はありますが、試しに使ってみてレジンの扱いに慣れておくのも良いですね。 作り方の基本は、レジンが固まるまでの間に、素材を閉じ込めるか、あるいは主剤に素材を混ぜておき、硬化剤を加えて混ぜて固めるなど、工夫は色々あります。 UVライト硬化型は太陽光に当てるだけなので、最もカンタンです。最近では、既にアクセサリー制作用にUVレジンも専門のボトルで通販で買うことが出来ます。 より透明度が高い非常に高品質なレジンを求めるのなら、低粘度エポキシ系レジンが良いのですが、化学反応で硬化する主剤と硬化剤混合なので、硬化にはやや時間がかかります。またホームセンターなどでも、こうしたレジンは最近取扱いが増えています。 取扱いで注意するのが、余った主剤や硬化剤の処理や失敗した場合などの処分方法です。原則主剤や硬化剤はそのまま下水に流してはダメなので、必ず余って使わない場合で処分する時は、硬化させてから燃えないゴミとして処分する事になります。加えて火気厳禁で、化学反応で硬化するので、換気や小さい子供がいたずらしないような場所に保管する必要があります。 レジンの作り方ですが、まずは手芸店で入手しやすい、UVレジンを使うのが良いでしょう。価格も1,000円程度である程度のアクセサリーが作れる製品が売られています。また効率的にたくさん作るのなら、UVライトもジェルネイル用の小型のものが市販されています。 作り方では、硬化前に素材を上手に入れて置くことは必須ですが、更に気泡を慎重につぶす必要が出てくるので、ピンセットや千枚通し、シリコンマットや爪楊枝なども必要です。硬化した後に加工するならピンバイスなども必要となります。 レジンは非常に扱いやすい材料ですが、成形後の加工はちょっと難しいところがあります。その意味では制作過程においては、ちょっとコツを掴んで上手に手早く作業を終わらせる必要があります。

3年連続口コミ評判ランキング1位を獲得した人気の通信教育!!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!
通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング資格講座Topへ